TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第24回 ヤマハ・CZ125トレーシー

  • おすすめコラム
  • 2017.04.11

イラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。 今週の珍車は1983年に発売されたハイパワー原2スクーター『ヤマハ・CZ125トレーシー』です。

■ヤマハ・CZ125トレーシー  ■エンジン:水冷2サイクル単気筒 123cc

■最大出力:16ps/7,000rpm  ■最大トルク:1.7kg-m/6,500rpm


1980年代はスクーター百花繚乱の時代。

どんなモデルが売れるかという定番もまだ定まらず、

各メーカーは様々なスクーターを発売しています。

主婦向け、ヤング向け、男性向け、高級仕様、そして高性能版…。


その高性能スクーターの中に、ヤマハ・CZ125トレーシーがありました。

ズバリ、トレーシーは凄いスクーターでした。


エンジンは2ストの単気筒ながらも水冷で、

最高出力はなんと16ps。

ヤマハのトレールモデルDT125と同じパワーでした。

トルクに至っては勝っていたほどです。

高回転寄りにパワーバンドがあるという、およそスクーターらしくない

ピーキーなパワー特性を持っていました。


それでいて車重は97kg。

うっかりアクセルを大きく開けようものなら、

ウイリーしちゃうほどに速かった!


ラジエターを収めた大きなグリルを持つフロントカウルや、

SFチックなキャストホイール、

全体的にカクカクしたデザインが

いかにも80年代的なトレーシーは、

「なんでもあり」なあの時代ならではの過激なモデルだったのです。


…ただ、このバイク、速いのはいいのですが

ブレーキが貧弱で、とにかく停まらない。

そんなめちゃくちゃな設計や性格も、

これから先、二度と生まれ出ない乗り物の魅力なのかもしれません。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す