TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第25回 スズキ・カーナ

  • おすすめコラム
  • 2017.04.21

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。今週の珍車は、ハイパワー50㏄スクーターの草分け的存在となったスズキ・カーナ50です。

■スズキ・カーナ  ■エンジン:2ストローク単気筒49cc

■最大出力:6.5ps/6,500rpm  ■最大トルク : 0.72kg-m/6,000rpm


すっかりかつてのスクーターを掘り起こすコーナーになっておりますが、

今回の一台は名前が消え去って久しいモデルのひとつ、

50ccスクーターの「スズキ・カーナ」をお送りしましょう。


1980年代当時流行だった、エッジの効いたボディを持っていたカーナは、

ダブルの強制空冷ファンを備えた6.5psのハイパワーエンジンを搭載、

49kgしかない車重も相まって痛快な加速を楽しめる

若者向けのスクーターでした。


参考までにスズキ・ジェンマは3.5psで車重は68kgもあったことを考えると、

カーナの速さが想像出来るのではないかと思います。


カーナにはヨシムラ・スズキチームでロードレースに参戦していた辻本聡を

イメージキャラクターに採用し、ボディを赤白に塗り分けた「F3」、

テニスやスキー用品で有名な「ロシニョール」仕様などの他に

性能とのギャップが激しいパステルカラー

(ピンク×ミントブルーといういかにも1980年代っぽい色)

の「スペシャルエディション」、

赤×黒のヨシムラカラーをまとった「リミテッドエディション」など、

様々なバリエーションが用意されたのも特徴でした。


スズキのハイパワー50ccスクーターはその後

「ハイ」「アドレス」「セピア」「ZZ」などに継がれていくことになります。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す