TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【一葉的バイクの小窓】vol.16 『NEOPASA清水』バイク展示のあるパーキングエリア

  • おすすめコラム
  • 2017.03.17

新東名高速にあるNEOPASA清水では、常時バイクの展示が行われている。

  • サービスエリアはオシャレになって快適

一昔前は、高速道路のパーキングエリアといえば、

女性は利用しにくくて肩身の狭い場所だった。

食堂のメニューは、ガテン系男性が喜びそうな定食メニュー。

ひとりで食事をしているとき、妙に落ち着かなかったことを覚えている。

おひとりさま女子には、優しくない場所だった。

それが、数年前から少しずつ変化。


お洒落なレストランが増え、トイレも見違えるように綺麗になった。

食堂のメニューも、何を食べようか迷うくらい増え、

食後のデザートも種類豊富に揃っている。

私のようなおひとりさまも、

注目されるなんてことはなく、

幅広い年齢層の人が、気軽に立ち寄れる楽しい空間になった。


テレビや雑誌でも、紹介されることがあって、

週末のパーキングエリア(サービスエリア)は、たくさんの人で賑わっている。

活気があるって、なんかいい。

ついつい買い物したくなってしまう。

  • 車とバイクのある暮らしを提案してくれる

以前、静岡方面へ行く途中、

新東名高速道路の清水PAで休憩をしたときに、

パーキングエリアで車が展示しているのを見た。

それまで、高速道路にあるパーキングエリアで

車の展示を見たことがなかったので驚いた。

そのときは、よくわからなかったけれど、

おそらく、F1に参戦したレーシングカーだったのではないかと思う。


数ヶ月後、また新東名経由で静岡方面へ。

清水PAで休憩した。

今度はレーシングバイクが展示されていた。

そのときはまだ、自分が二輪免許を取ってバイクに乗るようになるなんて

少しも考えていない頃だったけど、

展示していたバイクには興味が沸いた。

かっこいい。

写真を撮っていると、近くにいた男性数名も写真を撮り始めた。

その場がミニミニモーターショーみたいな感じ。


清水PAは、『NEOPASA清水』という名称で、

平成24年に新東名高速、御殿場JCT-三ヶ日JCT間開通に伴いオープン。

上下線集約パーキングエリア。

上り線と下り線、同じ施設を使うことができる。


テーマは、『くるまライフ・コミュニテイーパーク』

車とバイクを通じたライフスタイルの提案をしている。


この日の展示は、

『ロイヤルエンフィールド』ウィングフット株式会社

http://www.royalenfield.co.jp/

現存する世界最古のオートバイメーカー。イギリス発祥。

イギリス全盛期スタイルを残したままインドで生産されている。3月24日・25日・26日 東京モーターサイクルショーに出展。

訪れたのは、展示車両の入れ替え日。

ショップ、レストランの営業時間が終わってから作業開始。

  • クシタニによるバイク展示

バイクの展示は、

株式会社クシタニによる企画提案。


パーキングエリア内には、株式会社クシタニのパフォーマンスストアとカフェがある。

パフォーマンスストアは全国で三店舗。



ライディングウエア、グッズ、ジャケット、革小物類など品揃えが豊富。

パフォーマンスストアでしか買えない限定商品も販売。


■廃棄タイヤ製品:破棄されたタイヤチューブと

浜松注染そめ手拭の裏地を使って仕上げたパフォーマンスストア限定品。


「ツーリングがてら寄ってくださる方がいらっしゃいます」

とストアの女性スタッフ。

「展示は、モトGPで戦ったバイクなど、

季節のイベントに合わせて提案しています。

ブログで情報を発信しているので、

そちらを見て来てくださる方もいます」




買い物を楽しんだ後は、クシタニカフェで

coffee break

カフェ内にもバイクの展示がある。

展示バイクを眺めながら雰囲気を愉しむ。


NEOPASA清水は、

今よりもっとバイクが好きになるパーキングエリア。


■NEOPASA清水 http://sapa.c-nexco.co.jp/sapa?sapainfoid=189

高速道路の外、一般道(国道52号線)からもエリアに入ることが可能。

清水側からと甲府側からの2か所の入り口がある。


■株式会社クシタニ http://www.kushitani.co.jp/

静岡県浜松市に本社及び自社工場があるバイク用品メーカー。


■KUSHITANI 清水店ブログ http://shimizu.kushitani.jp/

ライディングスクールなどイベントが目白押し。

制作・協力

(文・写真)中村一葉(なかむらいちよ)

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す