TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【一葉的バイクの小窓】vol.4 レンタルバイクで気ままに島探検

  • おすすめコラム
  • 2016.11.11

沖永良部島(おきのえらぶじま)は、鹿児島から飛行機で70分、面積93.8k㎡の隆起珊瑚礁の島。 レンタルバイクで島の風を満喫した。

  • 初レンタルバイクはホンダジョルノ

沖永良部島和泊港近くにあるバイク屋さん、谷山モータースで50ccのスクーターを借りた。

和泊港は、えらぶゆりの島空港から車で15分程。(タクシーだと2000円でおつりがくる)

店へ入り、スミマセンと大きな声で店の人を呼んだ。

しばらく待っていると、優しそうなおばちゃんが奥の方から顔を出した。

電話で予約をしていたと名前を告げると「あ~、はいはい」と対応してくれた。


おばちゃんは、グレーがかった髪を頭のてっぺんで小さなお団子、

11月だというのに半袖のワンピース姿。

おばちゃんの可愛いらしさと対応のゆるさが、いかにも島っぽい。




普段スクーターに乗っているかと聞かれたので、もう少し大きいのに乗っていると言った。

それなら大丈夫だと、ろくに説明もなく行ってらっしゃいと見送られた。


スクーターは教習所以来。

緊張していることを、悟られないように発進。

うん、全く問題ない。

すぐにアクセルの感覚に慣れた。


レンタルしたのは、ホンダジョルノ。茶色とクリーム色のあずきブラウン。

まるっこいフォルムが可愛らしい。

ヘルメットも貸してくれて半日たったの1000円。

一日まるまるレンタルしても2000円とのこと。

安いっ。


島をグルリと一周すると、1時間半ぐらいかかるらしいのだが、2時間しか余裕がなかった。

あまり遠くまで行かずに、気が向いたら止まってみることにした。

〒891-9112

鹿児島県大島郡和泊町和泊1207

谷山モータース

電話番号 0997-92-0180

営業時間 8:00~19:30(年中無休)

◆レンタルバイク

 2000円/1日 1000円/半日

 ※ガソリン満タン返し

◆レンタサイクル

 800円/1日

  • えらぶゆりの島を貸し切り気分♪

沖永良部島空港は今年2月から『えらぶゆりの島空港』という愛称で呼ばれるようになった。

えらぶゆりとは、この地の特産品である鉄砲ユリのこと。深い歴史のある花。純白の楚々とした姿が美しい。

“立てば芍薬、 歩けば牡丹 歩く姿は百合の花”


この百合の花は、カサブランカのような大きなオリエンタル系と呼ばれる

豪華なユリをイメージしている人も多いようだが、

実はこの鉄砲ユリのことを指す。



島の至る所にえらぶゆりをモチーフにしたものが見られる。

島の人は、この花を見て育ち、この花に想いを馳せるのだ。


島の道は、ほとんど信号が無い。

地元の人によると、島全体でも四箇所くらいしかないらしい。(うる覚えだそうだが)

表通りから一本脇道へ入ると、ほとんど対向車がいない。

まるで貸し切りみたい。


しばらく貸し切り気分を楽しんでいると、

トリコロールカラーのCBR1000とすれ違った。

島の人だろうか…。それともフェリーで来たのだろうか…。

大きなバイクがちょっと羨ましかった。


途中、度々パトカーとすれ違った。島で目にする車の数を考えたら、

パトカー遭遇率は高い。どうやら取り締まりは厳しいようだ。

CBRさん、スピードの出し過ぎには注意してくださいね。

バックミラー越しに、そうつぶやいた。

国頭小学校にある日本一のガジュマル。

新日本名木百選の一つ。

島バナナを軒下にぶら下げて

熟れさせているお宅が多い。

  • リアルザワワで深呼吸

時間が経つにつれ、畑の赤い土と青い空のコントラストが目に馴染んで来た。

ジョルノの運転にもすっかり慣れた。

もう少し細い道へ入ってみよう。

もう少し奥まで行ってみよう。


島には様々な作物の畑が広がる。えらぶゆりの他に、

グラジオラス、ソリダゴ、スプレーギクなどの花の栽培が行われている。

花畑の他には、ジャガイモやサトウキビや畑が大部分を占めている。


サトウキビ畑の真ん中で休憩した。


2メートルを超える高さのサトウキビは、ゆらゆらと風に揺られている。

ついその気になって、森山良子さんの『さとうきび畑』のサビ部分を繰り返し口ずさんだ。


辺りを見渡しても誰もいない。

目を閉じて本物のザワワに耳を傾ける。


何も考えない。

大きく吸って吐くことに集中した。

身体がスーッと軽くなったようだ。


ジョルノのおかげで、心も身体もリフレッシュ。


あっという間に時間が過ぎた。

あと少しだけ走ってみたい。

後を引く感じがほどよい加減の2時間だった。

笠石海浜公園展望台からの眺望。

四季を通して亜熱帯の花々をみることができる。

東洋一の鍾乳洞・昇竜道があり、

鍾乳洞郡を探検するケイビングが人気。

制作・協力

(文・写真)中村一葉(なかむらいちよ)

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す