TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【一葉的バイクの小窓】vol.6 海外からのお客様をバイクでおもてなし。

  • おすすめコラム
  • 2016.11.25

訪日外国人の夢を叶えるパワフルウーマン。FRJ代表の松林由紀子さんにお話を伺った。

  • 代表は元JALの国際客室乗務員

ここ数年、日本に観光で訪れる外国人が増えている。


昨年2015年は、19,737,409人。

今年2016年は、1月10月までで、すでに昨年を超えて20,113,000人。

2000万人を超えたのは初めての快挙だという。

(*出典:日本政府観光局(JNTO))


これだけたくさんの方が訪日しているのなら、

「日本でツーリングしたい」

と願うバイク好き外国人も多そう。


そんな外国人の夢を叶えてくれる会社がある。

訪日外国人向けモーターバイクツアー専門旅行社。

Fun Ride Japan ファン・ライド・ジャパン(以下FRJ)。


代表の松林由紀子さんは、神奈川県葉山町在住の主婦。

前職は日本航空国際線CA。

(私の世代ではスチュワーデスと言ったほうが馴染み深い)

松林さんは、子供の頃から英語が得意で、

英語を使った職業に就きたいとCAになった。といっても簡単になれるものでは無く、

ものすごい倍率を勝ち抜いて選ばれたひとりである。

  • 感動を外国人に伝えていきたい

松林さんが二輪免許を取得したのは、56歳の時。

「バイクは、30年前に原付で転んで以来、乗ったことがありませんでした」


CA時代、アメリカで見たハーレーダビッドソンに興味を持った。

あのバイクに乗りたい。

そんな気持ちを抱くようになった。


「教習所では、一気に大型二輪免許まで取りましたよ」

56歳の女性が一気に大型二輪を取ったと言うから驚きだ。

(2回も繰り返してゴメンナサイ)


愛車は、ハーレーダビッドソン1200スポーツスター。


免許を取った後、最初に行ったのは青森県。

「ねぷたが見たくて青森まで行きました。私、青森が好きなんです」

それから、2~3年はひとりで日本全国をグルグル走っていたと言う。

北海道から九州まで日本地図を埋め尽くす勢いで走り回った。

なんて素晴らしいのだろうと感動の連続だった。


 


全国をツーリングして強く感じた。

「この感動を海外の人にも伝えたい」


定年まであと2年のとき、ある決断をした。

「人生について考えたとき、何か自分らしいことをやりたいと思ったんです」

35年間勤め上げた会社を早期退職した。


退職後、旅行業の免許を取得。準備期間を経て今年3月にFRJを立ち上げた。


フライトで培ったサービスマナーと英語力を武器にバイクで日本の魅力を伝えて行く。

何せ、おもてなしのプロだ。


FRJでは、リクエストに応じてツーリング行程を組み立てていく。

バイクレンタル、宿泊宿、食事処etc.

「お客様の都合に合わせ、時間と予算の中で、何を見たいか、何をしたいか。

どのようなことを求めているのか、それに応えて行きたいです」


 


  • 外国人の目で日本の良さ再発見

松林さんは、自身も海外でのツーリングを楽しんでいる。

バイクをレンタルし、気ままにツーリングする。

ラスベガス、ハワイ島、オアフ島…。

どこへでも独りで行くのだと言う。

「最初は右と左が違ったりして、慣れるまで怖いこともあるけど、楽しいですよ」


外国人と国内ツーリングをしていると、着眼点に驚かされることがあるのだとか。

「日本人が気に留めないようなことに興味を示したり、

見過ごしている美しい風景に気づかせてくれます。

そのような“外国人の目”からヒントを得て、地域創生の手助けをしていければいいなと考えています」


 


松林さんと話をしていると、おのずと姿勢を正している自分がいる。

立ち居振る舞いは美しく、発言は明確。見習うべきところばかり。


笑顔が素敵で、さすがスチュワーデスといった感じ。

話が盛り上がるにつれ、機内では見せなかったであろう屈託の無い笑顔を見せてくれる。

私は彼女のそんなところに、女としてますます魅力を感じてしまう。

制作・協力

(協力・写真)ファンライドジャパン 代表:松林由紀子 http://www.funridejapan.com/

(文・写真)中村一葉(なかむらいちよ)

 

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す