TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

仮面ライダーマシン特別展示取材/仮面ライダーエグゼイドショーも 開催!

  • その他の記事
  • 2017.03.09

お子さまから大人の方まで幅広い層に人気の仮面ライダーシリーズでは、 Honda車がベース車両として採用されています。 今回はHondaウエルカムプラザ青山にて仮面ライダーマシン特別展示の取材です!

  • 仮面ライダーマシン特別展示が開始!まずはサクラハリケーン(仮面ライダー鎧武<ガイム>)から!

Hondaウエルカムプラザ青山にて本日から仮面ライダーマシン特別展示が始まりました!


早速取材に行きましたのでレポートします。



今回の特別展示は3台展示されており、それぞれご紹介します。


まずはこちら

サクラハリケーンです!


仮面ライダー鎧武<ガイム>は「ライダー戦国時代」をキャッチコピーにしているのもあり、


全体的に和のテイストになっていますね。



鎧武<ガイム>で使われていたこのバイク、


もとになっている車輌はCRF250Lで、いたるところにサクラのデザインが施されています。


もともとの配色である赤・白・黒からガラッとイメージが変わりますね!

正面から見た時でもサクラのデザインが目を引きます。


もとのCRF250Lフロントフォークの色がサクラの豪華さを


後押ししていると感じるのは私だけでしょうか?




ホイール部分もよく見るとサクラの柄が採用されている。

細かいところも気が使われているデザインだ。

仮面ライダー鎧武<ガイム>で登場するバイクには


「LV-(数字)」のナンバリングがされている。

サクラハリケーンにも「LVー01」の記載がある。

  • 続いてライドマッハ― !!

2台目は仮面ライダーマッハ で使われた

ライドマッハ―です!



このバイクはのベースは

Honda NM4-01を使用しております。


存在感あふれる外観をしているバイクなので


仮面ライダーが乗るにはピッタリのバイクかもしれませんね!

元々のNM4-01にはフロントスクリーンがついているのですが、


ライドマッハーにはフロントスクリーンの代わりに銃のようなパーツが組み込まれています。



デザインも白を基調としているので白バイみたいで

正義の匂いがします!



リア部分のボディは通常に比べ

かなりゴツいデザインになっている。

この辺りが仮面ライダーらしさを感じる。

マフラーとエンジン部分も全体の雰囲気を崩すことなく

見事な仕上がりになっていた。

デジタルメーターの自動変色も映えるだろう。

  • 最後はマシンゴーストライカー!!!

最後にご紹介するのは

仮面ライダーゴースト より、マシンゴーストライカーです!


ご覧くださいこの大迫力のデザイン!!


ベース車両はCRF250Xなのですが、


まるで生き物のような斬新な仕様になっております!

緑に光る眼のような部分(グリーントーチアイと呼ぶ)もあり、


一見悪役が乗るようなバイクに見えますが、


ヒーローがまたがるバイクです!


サクラハリケーンとは対照的でホイール部分はあまり弄らず、

シンプルな作りとなっています。


ボディ全体も鱗のようなデザインになっていて、とてもクールですね!

シートの部分はオレンジに変更。

全体が黒のため差し色として

良いアクセントとなっている。

ボディの一部に半透明な素材が使われており、

これも仮面ライダーならではといえるだろう。

エンジンとの一体感も抜群だ。


以上3台おレポートをお届け致しました!

仮面ライダーシリーズは近年は子供だけではなく大人のファンが増えています。

12日の日曜には仮面ライダーエグゼイドショーも同場所で開催されるので、

お子さんと一緒に行ったら、自分自身が予想以上に楽しめた...なんてことがあるかもしれませんよ!


バイク自体もショーの日には中央に移動するとのことで、より間近に見ることが出来ます。




以下、仮面ライダーマシン特別展示/仮面ライダーエグゼイドショー の詳細です。

おすすめです!


<仮面ライダーマシン特別展示>

・展示期間 2017年3月8日(水)~12日(日)

・展示車輌 サクラハリケーン(仮面ライダー鎧武<ガイム> / ベース車両:Honda CRF250L)

        ライドマッハ―(仮面ライダーマッハ / ベース車両:Honda NM4-01)

        マシンゴーストライカー(仮面ライダーゴースト / ベース車両:Honda CRF250X)

<仮面ライダーエグゼイドショー>

・開催日     2017年3月12日(日)

・開催時間   11:00~、14:00~

・定員数     100名(座席数)

・入場料     無料


※その他注意事項や詳細はホンダ本社のHPからご覧ください。

制作・協力

バイクの窓口事務局

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す