TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【今週のレア車】Vol.21

  • その他の記事
  • 2016.06.29

毎週木曜日に行われる業者間バイクオークションに、全国から出品される中古バイクの中から、レア車をピックアップしてご紹介するこのコーナー。

今回は、「スズキ ホッパー50」です。



ホンダが国内最初の市販モンキーZ50Mを1967年に発売し、

原付レジャーバイクのマーケットが広がってきた頃、

スズキが対抗馬として1971年に出したのがこのホッパー50です。

当時のモンキーはまだリアサスがリジッド(Z50A・Z)でしたが、

ホッパーはメカ的には進んでいて、前後サス付、2スト3psで登場しました。

他にもハンドル折り畳み式なだけでなく、シート高調整可能など結構考えられてます。

しかしながら人気を得ることはなく、数年で姿を消したようです。


このホッパーは、輸出用にあったトレールホッパーという車種を国内向けに仕立て直したそうですが、

そういえばモンキーも、まずは海外で人気に火が付いて国内投入したんでしたね。


ちなみにスズキが原付レジャーバイクに再参入するのは、

1979年のエポまで待たなくてはなりませんでしたが、

エポもまたモンキーの牙城を崩すことが出来なかったことはご承知の通りです。


恥ずかしながら私、このバイクの存在を知りませんでした。

「ホッパー」とは“ぴょんぴょん跳ぶ虫”という意味でバッタ類などを指すそうですが、

確かにそんなイメージのデザインで、今見てもポップでかわいいデザインだと思います。

新車価格は72,000円だったようですが、果していくらで落札されるのでしょう…

制作・協力

バイクの窓口編集部

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す