TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

初めてでもできるバイクメンテナンス講座 NO4:エンジンオイル交換

  • バイクのメンテ記事
  • 2016.06.14

「初めてでもできる」軽作業。作業道具はどれもホームセンターでも入手できるものばかりです。まずは一度やってみましょう

潤滑、密封、冷却、洗浄、防錆の5つの役割を果たすエンジンオイルは、

汚たり劣化すると、バイクの故障のもとになるため、最低3,000㎞に1回の交換が必要です。


作業は簡単にできますので、自分で交換できるようにしてみましょう!

  • エンジンオイルの分類

私のバイクのメーカー推奨エンジンオイルは、

10W-40と言うタイプです。


この表記はSAE(米国自動車技術者協会)が定めた規格で、

10Wは低粘度、40は高粘度を表しています。

一般的にはメーカー推奨でOKですが、

SAE規格のオイルでも使用環境によっては、

オイルを変更した方がよい場合もあります。

  • 必要なものを準備


エンジンオイル、オイルジョッキ、軍手、ドレーンボルトと同径のレンチ、

ワッシャー、廃油の受け皿、新聞紙、ウエスなど。


エンジンオイルは、サービスマニュアルを見て、適切なものを適量用意。

レンチは車載工具よりも、メガネレンチか、トルクレンチが使いやすいです。


ワッシャーは、ドレーンボルトと同径をチョイス。


廃油の受け皿は、オイルを吸ってゴミとして捨てられるタイプがお勧めです。

オイルが漏れないよう、少し大きめを選んでください。

  • いざ作業へ

サイドスタンドを立てて作業をすると、

適正なオイル量になりませんので、必ず垂直にして作業します。

サイドスタンドがあればそれを立てて、なければ壁に寄せてなるべく垂直を作ります。


1.エンジンの下に新聞紙を敷き、オイルが落ちる位置に廃油の受け皿をセットする。

2.エンジンオイルが抜けやすいように、少し暖機してからドレーンボルトを抜く。

3.全部抜けたら、中に残っているオイルを流すため、1、2分エンジンをかけて止める。

4.ドレーンボルトをパーツクリーナーで洗浄し、新品のワッシャーをはめる。

5.ドレーンを取り付け、適量のエンジンオイルを、オイルジョッキを使って入れる。

6.オイルが付着した部分を綺麗に拭き取って終了。


オイルフィルター交換時には、オイルの量が異なるので、

エンジン横の表示か、サービスマニュアルで確認してください。


浮いた工賃分で、オイルの交換回数を増やしたり、

オイルのグレードを上げることも可能。


入れ過ぎや少なすぎに注意すれば、難しい作業ではありませんので、是非トライしてみてください。

制作・協力

バイクの窓口編集部

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す