TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【女性ライダーを応援するバイクの窓口】Vol.2 しばらく乗らない時、バイクどうする?

  • バイクのメンテ記事
  • 2017.03.03

主に女性ライダー目線のバイク情報をお届けするシリーズ。今回のテーマは「長期保管」です。

  • バイクに乗らない時期はどうする?

メンテナンスは何から始めたらよいかわからない!という女性ライダーさん。

(もちろん女性以外のライダーも!)

日々、バイクを愛している皆さん、とはいえ、一年のうちに乗らない時期、ありませんか?


毎日乗っています!という方もいるでしょう。しかしそれ以外の方で、冬の間は乗らない、とか、

仕事や勉強や体調などでしばらく乗れないという時も、


長いバイクライフの中ではありえることです。


乗らない時期が数ヶ月続く時、どうしたら良いのかわからないあなた!


どのようにバイクを保管したら良いのでしょうか?

  • バイクの保管のキホン!

ガソリンを満タンにしましょう!


ガソリンがあまりないと、タンク内に結露ができて、


中が錆びていってしまうのです。


バイクは長期保存の場合、室内で保存することが望ましいです。


倉庫に入れたときも、カウルにカバーやタオルケットなど、


軽くて空気を通すものをかけておきましょう。

ほこりや傷、錆び防止です。


センタースタンドで立てるのが良いと言われますが、センタースタンドがない場合は


普通にサイドスタンドで置いておいても大丈夫です。


何十年も放置するわけではありませんよね?

  • バッテリーについて!

長い期間、バイクに乗らないでいると、バッテリーは少しずつ放電して、


そのうちにセルを回すのに必要なだけの電力がなくなって、エンジンがかからなくなります。


いざ乗ろうとしてエンジンがかからないと・・・悲しすぎますね。


というわけで、バッテリーは、バイクからはずして室内保管しておく!


完全にバイクから出して、家の中で保管しておきます。

バッテリーは、寒さに弱いのです。


ただ、最近のバイクでは、自力ではバッテリーを外すことが難しいバイクも増えて来ています。


そんな時は、バッテリーのマイナス端子を外しておく。これだけでも放電が防げます。


バッテリーがあがってしまった時のために必要なのが、バッテリーチャージャー。


頻繁に使うものではありませんが、一つあると、バッテリーがあがってしまった時に使えます。


ここで、バッテリーを外さなくても良い素敵な方法をひとつ!


保管の時にも、バイクに繋ぎっぱなしにしておくだけで、充電が終わってからも、


電圧を監視してくれてバッテリーに少しずつ補充してくれるタイプがあります。


バイクショップでも買えますし、アマゾンなどのネット通販でも手に入れることが出来ます。



バイクの長期保管は


・ガソリンを満タンにしておく


・できる限り室内で保管する


・バッテリーを外して室内保管する

または、バッテリーチャージャーでメンテナンスしながら保管する


保管前には、一度洗車または掃除をして綺麗にしておくとより良いでしょう。


最終手段は、信頼の置けるお店に預かってもらうこと!


お金はかかりますが、安心な上に、乗り出す時にも点検やメンテナンスを頼めますよ。


長いバイクライフ、乗らない時もしっかりメンテナンスしましょう!

制作・協力

バイクの窓口事務局

カキウチミチコ

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す