TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【女性ライダーを応援するバイクの窓口】Vol.3 バイクメンテナンス チェーンを綺麗にしよう!

  • バイクのメンテ記事
  • 2017.03.10

主に女性ライダー目線のバイク情報をお届けするシリーズ。今回のテーマは「チェーンを綺麗にしよう」です。

メンテナンスは何から始めたらよいかわからない!

という女性ライダーさん。(もちろん女性以外のライダーも。)


バイクの見た目を綺麗にするのが、バイクメンテナンスの一歩です。


チェーンを綺麗にしよう

用意するものは、


チェーンクリーナー

チェーンルブ

柔らかいタオルを数枚

あれば使わなくなった歯ブラシ

汚れて捨てても良いようなタオルがあれば、用意しておきましょう。


チェーンの状態を見る→チェーンクリーナーで綺麗に掃除する→チェーンルブ(チェーンオイル)をつける



簡単、3ステップです。

  • まずチェーンの状態をチェック!

チェーンが黒い汚れやゴミなどでドロドロになっていれば、掃除です。


また、チェーンを触ってみると動きが固い、またはカラカラで油分が感じられない、

などであれば、綺麗にしてチェーンオイルをつけてあげる必要があります。


黒い塊になった油汚れやゴミがついてチェーンが見えないくらいになっているなら、

まず木ベラなどを使ってそれを取り除きましょう。アイスの棒が最適ですよ!


ドロドロだからといって、高圧洗浄機などを使わないようにしましょう。

パッキンやゴムで保護されたところなど、水が入ってはいけないところに入ってしまう恐れがあります。


高圧洗浄機はチェーンだけでなく、バイク全体にも使わない方が良いでしょう。

  • チェーンクリーナーを吹き付けて汚れをとる

チェーンクリーナーをチェーンに吹き付けます。


この時、バイクのボディやホイールに付かない方が良いです。


気になる人は、汚れてもいいタオルやビニールなどを使って、保護してからが良いでしょう。


もし汚れや油が付いてしまったら?

すぐに拭き取ればよいだけ。


汚れが浮き出るようにして流れて来ますので、

それをタオルで受けて、拭き取っていきます。


汚れがひどいところは歯ブラシでゴシゴシして取ります。


ここで、センタースタンドがある、

またはメンテスタンドを持っていてバイクを立てられる、という人は良いですが、

無い場合はどうしたら良いでしょう?


バイクをズラしてチェーンも動かし、地道に作業をしていくことになります。

  • チェーンルブを吹き付けて完了

汚れが取れて綺麗になったら、あとはチェーンルブ(チェーンオイル)を吹き付けます。


チェーンルブは白くて粘りがあるものから、無色でサラッとしたタイプもありますので、

お好みの物を使いましょう。


つける場所は、内側から!

走り出せば遠心力で外側にオイルが行きますので、チェーンの円の内側に吹き付けましょう。


この時も、ボディやホイールなどについた場合はすぐに拭き取れば大丈夫。

嫌な人は、事前にタオルなどで保護しておいてください。


こちらがbofore(左) after(右)。汚れの部分が減っているのが分かる。

チェーンクリーナー・チェーンルブの効果は絶大だ。





チェーンを綺麗にすることはとても大切。

そしてそれは、安全にバイクに乗るということと同じです。


そして綺麗な足回りで、快適に走りましょう。

制作・協力

バイクの窓口事務局

カキウチミチコ

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す