TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【静岡県】伊豆半島横断ツーリング

  • バイクのツーリング記事
  • 2016.11.29

関東で54年ぶりに初雪が観測される中、伊豆方面へツーリングに行ってきました。伊豆といえば「伊豆スカイライン」がメジャースポットですが、 今回は、初雪の影響で箱根ターンパイクや伊豆スカイラインは楽しめないだろうと踏んで、海沿いを走る国道135号線ルートをメインにしました。

今回は西伊豆を1泊2日で廻るツーリングです。総距離:約140km

小田原厚木道路平塚SA→熱海港→道の駅マリンタウン→体感型動物園iZOO→松崎温泉を廻りました。



  • 海沿いの国道135号線を走る!

24日の降雪でターンパイクや伊豆スカは楽しめないと踏んで、国道135号で伊豆を南下しました。この国道の残念な所は、折角の伊豆半島ながら富士山が見えない点です。その代り、東名や小田厚道「平塚PA」からの富士山はまあ見事でした。


海風を冷たく感じつつ、小田原・湯河原を抜けて熱海ビーチラインに入ります。。急ぐ旅ではないので旧135号で良かったのですが、青い案内看板だったので「無料になった?」と思って走っていったら、今まで通り¥200でした。



熱海港で小休止。

トイレ休憩でしたが、トイレの目の前にブランコがあり、童心に立ち戻り、思いっきり堪能していました。熱海港は大島や初島行のターミナル港なので、利用者も沢山居てちょっとウキウキします。

フェリーの周りに海鳥が群れを作ってました。隣接の公園の電話ボックスの中、小さい棚上で猫が日向ぼっこしてました。公衆電話の利用者が無く穴場なんでしょう。

  • 伊豆名産ランチを食べて、iZOOへ


昼食は、伊東の道の駅「マリンタウン」にて。伊豆牛やらラーメン、丼物、そば・うどんと数多くのレストランが入っており、多数決で海鮮丼の店「ばんばん食堂」にて。まかない丼や日替わり海鮮丼。¥1000前後です。


海沿いの道の駅でランチも美味しいので、お昼時の休憩スポットとして最適。この日も多くのライダーが集まっていました。




お腹も満たされたので、再度出発。続いてアトラクションとして選択したのは、

河津の爬虫類に特化し体感型動物園「iZOO(いずー)」という所。(入場料¥1500也)

結構なお値段しましたが、内容には全員が納得。リクガメが園内を闊歩しており、亀頭メインで触るのは自由。餌やりは¥300。噛む力はヤバイ位でした。トングの先がガタガタになるんですね。手であげたら指先が簡単になくなるでしょうね。もう遠足気分です。ヘビ・トカゲの類も沢山いるので、嫌いじゃない方は写真をどうぞ


女性客が平気そうに見て触っていたのは意外でした。三角頭の毒蛇・大蛇も沢山居て、県知事の許可証が各々ケージに貼って有りました。これ、逃げ出したら大事件でしょう。


県道14号~国道414号~県道15号と半島を横断し西伊豆の松崎へ。

ここのちょっとした峠が有ります。海沿いをノンビリ走るのも良いですが、クネクネした峠道を走るのもやっぱり楽しい。


  • 松崎温泉でゆったりマッタリ。

宿は素泊まりの民宿「ヴィラ扇」という所、今回¥3600(季節で変動)。夕食を豪華にしたい場合はベストな宿です。風呂は小さいながら本当の松崎温泉で24時間入浴自由。到着後すぐに入って、食事後にも又入りました。


夕食は、徒歩で旧メインストリート沿いの一角にある「松翆(しょうすい)」にて、アジのたたきや・イカげそ・かき揚げ・わさび茎等と、普段飲めない地ビール・地酒を頂きました。




翌朝は、明け方5時頃の伊豆半島では雨雲が掛かっており、カッパ必須だったようです。この雨は6時過ぎにはあがって、後発組はカッパ無で帰京出来ました。・・・前走車の水しぶきはかぶったので、シールドとバイクはどろどろになってしまいましたが。


R136~修善寺道~伊豆縦貫道~新東名にて、昼ごろには帰京しました。R136の船原峠を越える際は、路肩に雪が残っていたので、旧西伊豆スカも積雪で楽しめなかったと思います。

制作・協力

バイクの窓口編集部

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す