TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【岩手県】八幡平~盛岡で食う・浸かる、走るツーリング

  • バイクのツーリング記事
  • 2016.04.27

ツーリング雑誌などで「読者が選ぶ絶景ロード」上位にランクインするのが、 【八幡平アスピーテライン】

秋田県鹿角市~岩手県八幡平市を結ぶ約47㎞の山岳ルートです。


冬期間の閉鎖が解けた4月中旬には、

雪の回廊が側に立ちふさがり、

夏は雲海が立ち込める自然美豊かなルートを走ってきました。


<ツーリングルート>

鹿角市→アスピーテライン→後生掛温泉

→松尾鉱山跡→盛岡冷麺→三石神社


  • 東北随一のワインディング

アスピーテとは、

楯を伏せたような形の火山を示す名称で、

その名の通り、深い緑の中に時折荒涼とした水蒸気を登らせています。


ワインディングを潜り抜けて高度を増すと、

見事な雲海に迎えられました。

このエリアは温泉の宝庫なので、

どこか一か所でゆっくりするのもいいですし、

湯めぐりをするのもいいですね。


アスピーテラインを少し外れてやって来たのは後生掛温泉。

「馬で来て足駄で帰る後生掛」

といわれる治療効果のある温泉だとか。


木の香りがすがすがしく、

泉質も申し分なし。


  • 雲上の楽園

大自然を楽しんでいる途中に、

ひときわ不自然な人工物が見えてきました。


松尾鉱山跡地です。


ひところは硫黄の採掘で賑わいを見せていましたが、

1972年(昭和47年)に閉山。雲上の楽園と謳われ、

最盛期に1万3594人が暮らしていた街は無人で、

崩壊の恐れがあるため、中への立ち入りは禁止されています。


案外、マチピチュ遺跡もこんな感じで放置された街だったのでは?!

盛岡冷麺はうまい

食べログをリサーチしたところで、

本当に美味しいかは分からないので、

チェーン店のぴょんぴょん舎に入って見ました。


「辛さの中にも酸味と甘みがあり、

なんとも深い味わいではないか!」と、

思わず食レポをかましたくなる美味さ!


盛岡冷麺と名付けたのが、

ぴょんぴょん舎の前身のぴょんぴょん亭と知り、

さらに納得!

  • 岩手発祥の地

最後に伝説の残る三ツ石神社に立ち寄ってみました。


神社には、岩手山が噴火したときに飛んできた巨石があり、


「三ツ石様」と呼ばれて人々の信仰を集めています。


大昔、この辺りには羅刹


「鬼が岩に手形を押した」と言うことから、

その地方を「岩手」と呼ぶようになったとさ。


今では住宅に囲まれた小さな神社ですし、

巨石に鬼の手形も見当たりませんが、

何ともいえないパワーを感じるスポットでした。


アスピーテラインは、いつも感動できますし、

入りたい温泉もいっぱいあるので、何度でも楽しめるのがいいところ。


ただし、

ルート上にはガソリンスタンドやバイクショップなどは少ないので、

ガス欠や故障に備えた準備を忘れないで下さい。

制作・協力

バイクの窓口編集部

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す