TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【千葉県】お手軽っ!秋の房総半島ツーリング

  • バイクのツーリング記事
  • 2016.11.09

バイクの窓口編集部で温暖な房総半島をツーリングしてきました。11月5日(土)12時、勝浦市の気温は20℃、ツーリング日和のレポートです。

<参加マシン>

 CB1300スーパーボルドール(レンタル)、KTM1190アドベンチャー、ZX-10R、MT09トレーサー、

 BMWF800ST、F800S、F650GS、CB400スーパーボルドール(レンタル)、CB400SS、(排気量順)

 レンタルバイク2台を利用した合計9台で、のんびりと温暖な房総半島を走ってきました。


<ルート紹介> 海ほたる → ②木更津東IC → ③養老渓谷→ ④勝浦ランチ

  → ⑤道の駅鴨川オーシャンパーク → ⑥道の駅保田小学校 → 金谷港 → 横須賀PA解散

  • 海ほたるPA~木更津~養老渓谷

(9:30)海ほたるPAでメンバー全員合流

運良く、トレーラースペースに誘導され最初の1枚。

穏やかなツーリング日和の始まりです。


久しぶりに乗るペーパーライダーもいるので、ゆっくりとしたペースでスタートします。

千葉の名所と言ったら養老渓谷?、最初の目的地である養老渓谷を目指します。


アクアラインから木更津東ICまではあっと言う間、快適な高速道路でしたが、

一般道に下りると、朝方まで降っていた雨で路面はウエット状態。

さらにダンプカーの往来が多く、落としていったと思われる土で路面はドロドロ状態・・、

バイクの下回りはしっかり汚れてしまい、走行にも気を使いました。



(10:45)養老渓谷到着。

バイクの駐車料金200円を払い、渓谷散策に向かいます。

ここでも雨上がりのため、足元を気を使いますが、

雨上がりのモヤと、せせらぐ清流がなんともいい雰囲気。


温暖な房総半島ですので、予想はしていましたが、紅葉は少し早い状態。

11月下旬位が紅葉のピークとのことでした。


残念なみどころ「弘文洞跡」

今からおよそ140年前、耕地を開拓するため、養老川の支流である蕪来川を川まわしして造った隧道。

弘文帝と十市姫にゆかりの深い高塚や筒森神社の傍を流れ本流にそそぐ合流点にあることから、

「弘文洞」と命名され、景勝地、釣り場の代表として世に紹介されましたが、

昭和54年(1979)5月24日未明、頭頂部が崩壊しました。(大多喜町HPより引用)


【感想】残念な話ですが、その歴史を知ることで、先人のすごさを感じ取れました。

  • B級グルメ「勝浦タンタン麺」を目指し

養老渓谷を後に、おまちかねのランチに向けて勝浦市に移動です。

このあたりの風景はいかにも千葉の内陸といった丘陵地。

ツーリング先を房総半島に決めた時からモメていたメニューですが、(笑)

 勝浦タンタン麺 VS 海鮮料理

どちらのメニューも選べて評価3.5の「いしい」に決定しました。


しかし! 各人のメニューを取ると、全員タンタン麺(800円)をチョイス。

なんじゃそりゃ、って感じです。(笑)