【わかりやすく解説】バイク保険の種類と選び方!主なポイントを紹介

バイクに乗るときには、事故に遭う可能性があります。万が一事故に遭遇した場合を考えて、保険に加入する必要があります。

はじめてバイク保険に加入する人や、バイク保険の見なおしをする人にとって自分に合ったバイク保険選びというのはひとつの悩みです。

この記事ではバイク保険の種類や、バイク保険を選ぶために押さえておくべきポイントをご紹介します。また、複数の保険会社に、バイク保険の見積もりを依頼する方法もご紹介します。

バイク保険にはじめて加入する方、保険の見なおしを検討している方はぜひとも参考にしてください。

自賠責保険と任意保険

バイク保険をネットで選ぶ

バイクの保険は大きくわけて、自賠責保険と任意保険の2種類です。それぞれの保険の補償範囲と、任意保険へ加入する重要性について紹介します。

自賠責保険とその補償範囲

自賠責保険とは、バイクを購入するときにかならず加入しなければならない保険です。そのため「強制保険」とも呼ばれています。

バイクの自賠責保険は、自動車の自賠責保険と基本的には同じです。補償の対象となる範囲は、交通事故の相手に対する保障つまり対人賠償のみです。

事故により壊してしまったもの、自分や同乗者のケガなどは補償の対象外となります。表にまとめると以下のようになります。

自賠責保険での補償の有無
対人賠償
対物賠償
搭乗者賠償
自損事故
人身障害

さらに自賠責保険の対人保障では、支払われる保険金の限度額が決まっているのです

対人賠償に含まれるもの 支払いの対象となる損害 限度額(被害者1名につき)
傷害による損害 資料関係費・文書料・休業損害・慰謝料 120万円
後遺障害による損害 障害の程度に応じた逸失利益・慰謝料など 常時介護を要する場合:4,000万円

臨時介護を要する場合:3,000万円

死亡による損害 葬儀費・逸失利益・被害者および遺族への慰謝料 3,000万円

出典元:国土安全省「自動車総合安全情報」

任意保険とその補償範囲

任意保険は自賠責保険でカバーできない補償範囲を、カバーする目的があります。

 たとえば自賠責保険では、事故の相手に対する保障はカバーできます。しかし自分のケガや、壊れたバイクの修理費用などはカバーできません。

そうした自賠責保険では補償できない部分、自賠責保険で補償される対人賠償の限度額以上の部分に不安もあるでしょう。その場合任、意保険でカバーすることで、事故への備えとなりより大きな安心を得られます。

バイクの任意保険では以下の表にあるように、自賠責保険ではカバーできない部分も補償されるのです。

任意保険での補償の有無
対人賠償
対物賠償
搭乗者賠償
自損事故
人身障害

バイクの任意保険に加入すべき理由

保険加入で安心のバイクライフ

バイクを所有する人が自賠責保険だけでなく、任意保険にも加入すべき理由として、次の3つがあります。

バイクの任意保険に加入すべき理由
  • 事故致死率や重症率の割合が高い
  • 事故により多額の慰謝料や修理費を請求されるケースもある
  • 事故の相手が任意保険未加入のケースもある

バイクは車のように、周囲をルーフやドアで覆ってはいません。そのため事故致死率や重症率の割合が高くなります。自賠責保険だけでは、自分のケガの補償はされません。それが任意保険加入をおすすめする理由のひとつです。

ふたつ目の理由は、事故により多額の慰謝料や修理費を請求される事例があるという点です。

 自賠責保険の補償範囲では億単位の慰謝料、壊してしまった車や物の修理費はカバーできません。

3番目の理由は事故の相手が、任意保険未加入の場合もあるという点です。こうした相手との事故では、治療費や慰謝料を支払ってもらうのが難しい場合もあります。

 しかし任意保険で搭乗者傷害保険を付けていれば、保険契約時に定めた補償額が事故後すぐに支払われます。

さらに弁護士特約を付けていれば、任意保険未加入者との示談交渉などもお任せできるためトラブルを回避できるでしょう。

バイクの任意保険と車の任意保険の違い

バイクの任意保険と、自動車の任意保険の主な違いについても説明を加えておきます。

バイクの任意保険と車の任意保険の主な違い
  • 搭乗者傷害保険の保険金が低い
  • 基本補償に人身傷害保険が含まれないケースもある
  • 車両保険に盗難補償がついていないケースもある

バイクに乗って事故に遭えば、搭乗者のダメージも大きなものになる可能性が高いでしょう。それゆえに、バイクの任意保険では、特徴があります。

 事故による搭乗者の死傷に対して支払われる、搭乗者傷害保険の保険金が、車の任意保険における額より低いといわれています。

さらに同様の理由で、車の任意保険の基本補償には含まれている人身傷害保険にも注目です。バイクの任意保険では含まれていないケースがあるため、注意が必要です。

くわえてバイクの車両保険には、盗難補償がついていないものもあります。これはバイクが車よりも、盗難に遭いやすいというのがその理由です。

バイクの保険で盗難補償をつけたいときは車両保険に最初からついているのか、別に加入する必要があるのかを確認してください。

ダイレクト型か代理店型かを選ぶ

ダイレクト型か代理店型かを選ぶ

任意保険加入の重要性についてはご理解いただけたでしょう。しかし「数が多すぎて、どの会社の保険を選べばよいのか悩む」という意見があります。

そうした悩みを解決する際における、簡単な最初の一歩があります。保険をダイレクト型にするか、代理店型にするかを選ぶという方法です。

 ダイレクト型は保険会社のホームページなどから、インターネットで契約する保険です。対して代理店型は、保険代理店を通じて契約する保険を意味します。

ダイレクト型と代理店には、それぞれメリット・デメリットがあるのでそれぞれを理解してどちらの保険が自分に合っているのか考えましょう。

ダイレクト型のメリット・デメリット

保険のダイレクト型のメリットには次ものがあります。保険料が節約できるというのは大きなメリットでしょう。

ダイレクト型のメリット・デメリット

メリット
・代理店型よりも保険料が安い
・インターネットから見積もりや、申込が簡単にできる
・必要な補償内容の選択が自分で可能

デメリット
・代理店の担当者からのアドバイスやサポートが受けにくい
・必要な保険の選択から契約までの手続きを自分で行う必要がある

ダイレクト型バイク保険は、補償内容や範囲を選択し保険の内容を自分で設計できるのが特徴です。この点は、逆にある程度の知識がないとどれを選べばいいのかわからないという悩みにもなる可能性があります。

本記事では補償内容や範囲についても解説しています、ある程度理解できるようにしておきましょう!

代理店型の型のメリット・デメリット

代理店型のバイク保険のメリットには次のものがあります。

代理店型のメリット・デメリット

メリット
・対面で担当者と相談できる
・担当者から補償内容や保険料などについてアドバイスがもらえる
・面倒な手続きは担当者にお任せできる

デメリット
・保険料は割高になりやすい

ダイレクト型は自分で保険を設計するイメージでしたが、代理店型は契約希望者の意見を聞いて、担当者が保険の設計を手伝ってくれるというイメージです。

担当者がつき保険について相談に乗ってくれたりきちんとしたアドバイスをしてくれるため、ダイレクト型と比較すると代理店型は保険料が割高になるというデメリットが生まれます。

ダイレクト型と代理店型のメリット・デメリットを踏まえて、自分に合ったバイク保険を探してください。

補償内容を考えて任意保険を選ぶ

慎重に保険を検討する

次の保険選びのポイントは、保険会社が提供するさまざまな補償内容から自分が必要とするものを選ぶという点です。

そのときに受け取れる保険金額をどれくらいに設定するか、考えなければなりません。以下ではバイクの任意保険を選ぶときに、注目すべき補償内容として代表的な5つを紹介します。

対人賠償保険

対人賠償保険は一般的に任意保険の基本補償へ含まれます。これは保険契約をしているバイクの運転をし「他の人にケガをさせた」「他の人を死亡させた」などの場合に有効です。

 このような法律上の損害賠償責任を負った場合に、相手への治療費や慰謝料を保障する保険です。自賠責保険の対人賠償保険ではカバーできない支払額を、任意保険の対人賠償保険でカバーします。

対人賠償保険金額を下げれば節約ができます。しかし人身事故による、高額な賠償金の支払いを求められるケースなどもあるため、無制限の対人賠償保険がおすすめです。

対物賠償保険

車の修理に備える保険

対物賠償保険は保険契約しているバイクによる事故で、他の人の自動車やバイク・家屋や所有物を壊した場合に有効です。その修理費などの、弁償費用を保障する保険です。

 他人の車やバイク以外にも、信号・電柱・ガードレールなどの公共物を破損した場合もこの保険は適用できます。

店舗・家屋・高級車などを壊した場合は、損害額が高額になります。

対物賠償保険の保険金額は、無制限に設定することがおすすめです。

人身傷害保険

人身傷害保険では、保険契約しているバイクの事故で乗車している人がケガや死亡した場合に、保険金が支払われます。人身傷害保険も、一般的には任意保険の基本補償です。

 これまで紹介した3つの保険は、事故した相手に対する保険でした。しかし人身傷害保険は保険契約者や搭乗者のための保険になります。

人身傷害保険の特徴は示談交渉の結果や過失割合に関係なく、設定した保険金額を限度に保険金が受け取れるという点です。受け取れる保険金は、事故で受けた損害額をもとに計算されます。

次に紹介する搭乗者傷害保険と一緒に加入すれば、両方から補償を受け取れるのです。

搭乗者傷害保険

ケガや入院に備える保険

搭乗者傷害保険は契約しているバイクでの事故で、乗車している人がケガもしくは死亡したときに保険金が支払われます。保険金の支払い対象となる出来事は、人身傷害保険と同じです。

搭乗者傷害保険と人身傷害保険の違いは、支払われる保険金額の計算方法です。

各保険の違い

  • 人身傷害保険は、治療費などの事故でこうむった損害額をもとに計算
  • 搭乗者傷害保険は、契約時に定められた補償額をもとに支払い

このように搭乗者傷害保険の支払額は、ケガや症状などと関係ありません。保険契約時に定めた医療保険金、後遺障害保険金・重度後遺障害保険金、死亡保険金が支払われます。

車両保険

車両保険は保険契約しているバイク本体、アクセサリーが破損した場合にその修理費用が補償される保険です。

他の自動車やバイクとの事故のみを、補償範囲としている車両保険もあります。また単独事故での破損・地震や津波を除いた、自然災害による破損を含めて補償している車両保険もあります。

車両保険のカバーする範囲が広がればそれだけ保険料も高くなるのです。どこまで車両保険でカバーするかは、保険料と合わせて検討してください。

特約を組み合わせて補償範囲を広げる

保険の特約でさらに安心

保険会社が提供しているバイクの任意保険には、補償範囲を広げられる特約があります。必要と考える特約があれば、それをつけることも保険選びにおけるポイントのひとつです。

特約をつければ保険料は高くなるものの、補償範囲が広がるためより安心感を得られます。

以下では代表的なバイク保険の特約を、いくつかご紹介します。

対物超過特約

対物賠償保険で補償される事故です。事故の相手の車やバイクに、時価額を超える修理代が発生したときの補償です。時価額とは現時点における、そのものの価値を指します。

相手から相手の車両における、時価額を超える修理代の請求をされるケースもあるでしょう。この特約をつけるかどうかの、判断が必要です。

対物超過特約で保険金額が、どのように支払われるのか以下のケースで示します。

対物超過特約のケース例

  • 年式の古い車と衝突事故を起こした。
  • 過失割合は自分が100%で相手は0%
  • 相手から修理代として150万円請求された
  • 相手の車は年式が古いため新車価格は240万円だったが、現在の時価は90万円
  • 自分は対物賠償保険と対物超過特約(無制限)に加入している

上記の例では、相手から請求された修理代が150万円で時価が90万円です。そのため60万円分の修理費が時価額よりも超過しています。

対物賠償保険で時価額分の90万円までは、保険金額が支払われます。もし対物超過特約をつけていなければ、超過分の60万円は支払われません。

しかしこのケースでは対物超過特約(無制限)をつけているため、時価超過分の60万円も支払われます。このように対物超過特約は、高額な修理費を請求されたケースに備えるためのものです。

対物超過特約には支払額に限度が設定されているものと無制限のものがあります。この支払額の設定も保険料に影響するためよく検討しましょう。

自損事故傷害補償特約

自損事故傷害補償特約は、相手のいない単独事故・相手に過失のない事故でケガや死亡した場合の補償です。

 この特約が適用されるケースとしては、たとえばバイクの運転操作を誤ってガードレールに接触し、ケガをした場合などがあります。

自損事故や相手にまったく過失のない事故に遭った場合に、備える保険です。自分の運転技術・移動距離や範囲などを考慮して、付帯するかどうかを検討してください。

携行品補償特約

アクションカメラ

携行品補償特約とは外出中の記名保険者が、偶然の事故に遭い身の回りの品に損害が生じた場合に補償するものです。

たとえばバイクで走行中に事故に遭い、バイクにつけていたアクションカメラが壊れてしまった、というケースがあります。

 注目すべきポイントは「外出中」という点です。バイクで走行中だけでなく、自転車や電車での移動中における事故でも補償の対象となります。

補償に該当するケースであれば、保険契約であらかじめ設定されていた保険金額を上限に、保険金が支払われるのです。ツーリングの様子を撮影するためにGoProなどのカメラをつけている方もいるでしょう。

そのようなケースであれば、携行品補償特約をつけることがおすすめです。

弁護士費用補償特約

弁護士費用補償特約は事故で被害を被り、相手方への損害賠償請求を弁護士に依頼する場合に発揮されます。その際における法律相談費用や弁護士費用を、保険金で支払うものです。

保険契約者にまったく責任のない損害事故の場合、弁護士法第72条により保険会社が示談交渉は行えません。保険契約者自身で進める必要があります。こうしたケースに備えるものが、弁護士費用補償特約です。

保険会社によっては自転車など、バイク事故以外のケースも対象としているものがあります。

ロードサービスの内容をチェックする

ロードサービスでアクシデント対応

補償内容と特約に加えてバイクの任意保険を選ぶときにチェックすべきポイントは、ロードサービスの内容です。一般的なバイクの任意保険で提供されるロードサービスには、どのようなものが含まれるのかをご紹介します。

バイクの任意保険に含まれるロードサービス

バイクの任意保険に含まれている代表的なロードサービスには、以下のようなものがあります。

一般的なバイクの任意保険に含まれるロードサービス
  • 自力走行不能となった場合の修理工場までのレッカーサービス
  • レッカー搬送後の帰宅や宿泊にかかる費用の負担
  • バッテリー上がりやガス欠などの車両トラブル緊急対応

ロードサービスのチェック項目

こうしたロードサービスをチェックするときに、確認すべきポイントをご紹介します。

確認すべきポイント

  • レッカーサービスで無料にて搬送してくれる距離
  • 帰宅や宿泊にかかる費用の支払限度額、移動手段や宿泊施設の範囲

ロードサービスには自力走行不能となったバイクを、修理工場までレッカーで搬送してくれるサービスがあります。保険会社により、無料でレッカー搬送する距離に違いがあるのでチェックしましょう。

設定されている距離以上をレッカーで搬送すれば、超過した距離分の費用は自己負担となるからです。同じようにレッカー搬送後の帰宅や宿泊にかかる費用についても、保険会社により支払われる限度額が違います。

おすすめは一括見積もりと個別見積もりの併用

ネットで保険を探す

「保険の数が多くてどれを選べばよいのかわからない」という方もいるでしょう。その場合はバイク保険の一括見積もりサイトと、保険会社各社への個別見積もりを併用するのがおすすめです。

まずは保険一括見積もりサイトを活用

最初に保険一括見積もりサイトを利用します。一括見積もりなため一度情報を入力して送信すれば、いくつかの保険会社からおおまかな見積もりがきます。

そのなかから補償範囲や保険料など、自分の条件を満たしてくれる保険から2社~3社程度を選んでください。次にその保険会社へ、個別に詳細な見積もりを依頼できます。

こうした順番で保険会社を取捨選択し、自分にあったバイク保険をみつけられるでしょう。

よくある質問

バイクの保険は自賠責保険の加入だけで大丈夫ですか?

自賠責保険だけでは、バイク事故による自分のケガやバイクへの補償はされません。さらに事故で多額の慰謝料や、修理費を請求される事例があります。

自賠責保険の補償範囲では、高額の慰謝料や修理費はカバーできません。こうした理由で自賠責保険に加えて、任意保険への加入をおすすめします。

バイクの任意保険のダイレクト型と代理店型の違いはなんですか?

ダイレクト型は、保険会社のホームページなどからインターネットで契約する保険です。また代理店型は、保険代理店を通じて契約する保険です。

ダイレクト型は代理店型よりも保険料が安い、自分で補償範囲や特約などを設定しなければならないという特徴があります。

代理店型は保険代理店の担当者と、相談しながら補償の範囲を設定できます。保険料については、ダイレクト型より高いことが特徴です。

安心できるバイクの保険を選ぶため、なにに注目すべきですか?
補償内容とその範囲に注目し、必要なものを選んで設計してください。対人賠償保険・対物賠償保険、人身傷害保険・搭乗者傷害保険・車両保険といった、補償をベースにしましょう。さらに自分の必要とする、別の補償や特約をプラスできます。
もらい事故に遭う可能性を考えた場合、どういった特約をつけるのがおすすめですか?
弁護士特約です。もらい事故では自分の加入している保険の保険会社は、示談交渉の場に出られません。そのようケースで力になれるのが弁護士です。法律相談費用や弁護士費用を負担してくれる、弁護士特約をつけることがおすすめとなります。
バイクの任意保険をできるだけ安くしたいと考えています。車両保険はつけた方がよいのですか?

車両保険は自分のバイクにおける、損害に備えるための保険です。事故に遭ってバイクを修理する必要がある場合、災害などでバイクが壊れた場合に保険適用となります。保険によっては自損事故による、バイクの修理にも対応しています。

新車のバイクに乗っている・バイク運転初心者といった方は、万が一の事故に備えて車両保険をつけることがおすすめです。

任意保険のロードサービスをチェックするときのポイントはなんですか?
修理工場まで無料でレッカー搬送してくれる距離、帰宅や宿泊のかかる費用の支払い上限額をチェックしてください。
バイクの任意保険の数が多くてどれにすればよいのか悩んでいます。どうすれば自分に合った保険がみつかりますか?
バイク保険の一括見積もりサイトが便利です。たった1回の情報入力で、複数社からの保険見積もりを取り寄せられます。

まとめ

本記事ではバイク保険の選び方を紹介しました。ダイレクト型か代理店型かの選択補償内容と範囲の選択、また特約の選択ロードサービスにおける内容のチェックといったポイントがありました。

保険は多くの種類があります。どの保険が自分にあっているか悩むこともあるでしょう。そのときには保険の一括見積もりサイトを活用するのもひとつの方法です。

複数の保険会社からあなたのニーズに合った保険プランの提案を受け取れれます。無理のない保険料で安心を獲得しバイクライフを満喫してください。

一括見積もりサイトを利用した後に個別に見積もりを依頼すれば、保険の内容や保険料をより精査できます。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事