バイクを売りたい方なら必見!売却相場・売る時期・必要書類など解説

バイクを所有している方の中には

  • 「バイクを売りたいと考えているけど、どこに売ればいいのかわからない」
  • 「バイクを売る際に必要な書類が知りたい

上記のような悩みを抱えている方はたくさんいると思います。そこで今回は、バイクの売却を考えている方向けに「売却相場」「売却時期」「必要書類」などを詳しく解説します。

 バイク買取業者によっては、「出張買取」や「下取り」に対応しています。

バイクを高く売りたい方や古くなったバイクを買い替えたい方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめバイク買取業者比較一覧表

バイク王
バイクランド
バイクブーン
バイク館SOX
rakuten car
バイク王
バイクランド
バイクブーン
バイク館SOX
楽天カー
利用料(税込)
査定料
無料
査定料
無料
査定料
無料
査定料
無料
査定料
無料
買取手数料(税込)
無料
無料
無料
無料
無料
入金スピード

即日
(3万円未満)

即日

即日

3営業日以内
対応地域
全国対応
※一部離島を除く
全国対応
全国対応
全国対応
全国対応
※一部地域を除く
主なキャンペーン
買い替えで
最大30,000円サポート
軽自動車税
還元キャンペーン

バイクの売却でおすすめの買取業者

バイクを高く売るためには、買取業者選びも大きなポイントです。ここからは、バイクの売却でおすすめの買取業者を5つ紹介します。

バイクを高く売りたい方は、ぜひ参考になさってください。

バイク王

バイク王

バイク王は、テレビCMでもお馴染みの買取業者です。買取実績は豊富で、業界ナンバーワンの150万台を誇っています。

バイク王の特徴

  • 買取実績業界No.1※公式HPより
  • 独自の流通網を駆使して高額査定を実現
  • 徹底したコスト削減による消費者への還元
  • 無料お試し査定全国無料出張買取可能(一部離島を除く)
  • バイクの最新相場をWEB上で確認できる
  • 24時間365日お問い合わせに対応
  • LINEに写真を送れば簡易査定も可能
  • バイク累計取扱台数200万台!2002年8月~2019年9月までのバイク王累計取扱台数
バイク王は、「中古バイクオークション」と「全国のバイク直営店」という2つの流通網を利用して売却しています。
 オークション相場の最高額を基準に査定額を算出しているため、高価買取を実現可能にしています

またバイク王では、累計販売台数200万台を超える豊富な数量のバイクの取り扱いがあります。これにより、在庫管理コストや配送費などの一台あたりの経費を削減。

その分を買取額に反映させ、他店に負けない高額買取を実現しているんですね。
査定料  無料
買取手数料  無料
下取り対応  可能
出張買取 対応
出張買取手数料 無料
動かないバイクの買取 可能
受付時間 24時間

バイクランド

バイクランド

バイクランドは、全国無料出張買取できるバイク買取店です。

バイクランドの特徴

  • 業界規模No.2※公式HPより
  • 無料出張査定可能!条件次第ではその場で買取可能
  • 不動車・事故車・ローン返済中のバイクもOK
  • 手数料・諸費用が全額無料
  • 入力30秒オンライン査定
  • バイク以外にもさまざまな車種の買取が可能

 

バイクランドでは、事故車や不動車も買取可能動かないバイクや使っていない中古バイクも、無料で出張査定してくれます。

また、ローン中の買取にも対応しています。ローン残高があっても、組み替えできるため「ローン中だから売却できない…」と諦める必要はありません。

名義変更など面倒な書類手続きは全て無料代行してくれます。

フォロー体制が整っており、安心して買取依頼できますね。
査定料 無料
買取手数料 無料
下取り対応
出張買取 対応
出張買取手数料 無料
動かないバイクの買取 可能
受付時間 24時間

バイクブーン

バイクブーン

バイクブーンは、東京・神奈川・名古屋・大阪に店舗を構えるバイク買取店です。

バイクブーンの特徴

  • 全額現金一括支払い可能
  • 軽自動車税還元キャンペーン中
  • 事故車買取の実績多数
  • 30秒簡単バイク査定
  • ハーレーダビッドソンの買取に強み
  • 買取の流れは動画で確認できる

旧車からカスタム車両まで、幅広いジャンルのオートバイに対応。事故車買取も積極的におこなっており、買取実績が豊富にあります。

 また、バイクブーンではハレーダビッドソンの買取にも力を入れています。

相場より20%以上高い金額で買取に至ったケースもあります。

ハレーダビッドソンの売却を検討している方は、とくに必見のバイク買取店です。
査定料 無料
買取手数料 無料
下取り対応
出張買取 対応
出張買取手数料 無料
動かないバイクの買取 可能
受付時間 24時間

バイク館SOX

バイク館SOX

バイク館SOXは、初めてでも安心のオンラインや電話で査定が可能です。

バイク館SOXの特徴

  • オンライン・電話査定可能
  • 全国51店舗をかまえている
  • 自社販売のため中間コストがない為、高価買取を実現
  • 事故・故障車も買取!
  • 類家買取台数10万台以上!5月26日現在
  • バイク館SOXで買取から整備・販売まで

今のバイクがどのくらいで売れるのか、気になるけど店に持っていくのはハードルが高いという方は、オンライン自動査定がとても便利です。

さらに全国に51店舗もあることで、地方によってバイクの種類での買い取り価格のばらつきが出ず、常に高い買取価格を提示できる仕組みです。

査定料 無料
買取手数料 無料
下取り対応 可能
出張買取 対応
出張買取手数料 無料
動かないバイクの買取 可能
受付時間 WEB24時間

Rakuten Car

rakuten car

Rakuten Carは楽天株式会社が運営する中古車の買取一括査定サイトです。

Rakuten Carの特徴

  • 一括査定で5ポイント、成約で1,000ポイントもらえる!
  • 最短90秒で一括査定!
  • 一度に最大5社へ査定依頼可能!
  • ご利用は完全無料!PC、スマホから

Rakuten Carの特徴は、査定やご成約で楽天ポイントが貯まる※という点です。査定をすると5ポイント、ご成約で1,000ポイントがもらえます。

 さらに一括で最大5社を比較することで最高額で売却することができます。

※楽天会員IDでログインした状態で査定依頼された方のみ付与対象となります。
※査定ポイント及び成約ポイントは、期間限定ポイントとなります。

査定料 無料
買取手数料 無料
下取り対応
出張買取 対応※離島など一部対応できない地域がある場合もございます。
出張買取手数料 無料
動かないバイクの買取 可能
受付時間 WEB24時間

バイク売却相場はどう決まる?査定ポイントと最新相場を紹介!

バイクを売ることを考える場合、まず気になるのが「売却相場」です。

バイク売却相場はどう決まる?査定ポイントと最新相場

ここでは、「バイク査定のポイント」と「バイクの最新売却相場」を紹介します。バイクを売りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

バイクの売却査定に影響するポイント

バイクの売却査定では、以下3つのポイントがチェックされます。

  1. 車種
  2. 年式
  3. コンディション

以下、それぞれ詳しく確認していきましょう。

1車種

車種は査定額に大きな影響を与えるポイントです。

 「人気が根強い車種」は年式が古くても高く売れる可能性が高いです。

その理由は、人気が根強い車種は需要が落ちず、時間が経過しても欲しいと思う人が多いからです。

具体的には、ドラッグスター250、ZEPHYR750、シャドウ400などが挙げられます。

バイク 買取人気車種

これらの車種は販売からかなりの時間を経過していますが、中古買取市場において高値で取引されています。希少性があればあるほどプラス査定が期待できると考えておきましょう。

年式

基本的には、年式が新しいものほど売れやすく、査定額も高く設定されています。

 例えば、中古バイク買取市場で人気の「XL1200X」は、2016年式と2017年式では後者の方が買取額が高くなりがちです。

しかし、「人気が根強い車種」「生産台数が少ない車種」などは、年式に関係なく高く売れる可能性があります。

上記の特徴を持った車種は、マニアの間で高い需要があり、販売から時間が経過すればするほど価値が上がります。

その結果、年式が古くても中古買取市場で高く取引されます。

コンディション

同じ年式や車種でも、コンディションによって査定額が大きく変わってしまいます。またバイクの場合は、純正パーツの有無も査定に影響を与えます。

 

 プラス査定 マイナス査定
エンジン
  • 年式に応じた走行距離
  • 定期的なオイル交換をしている
  • 動かない
  • アイドリングが不安定
  • 異音がする
  • 年式の割に走行距離が少ない
フレーム
  • 事故歴がない
  • フレームに手を加えていない
  • 曲がりや歪み、加工をしている
  • カスタムなどでフレーム加工をしている
外装
  • 日々のワックスがけを行っている
  • 転倒による傷
  • 立ちゴケの傷
足回り

  • サスペンションの低下
  • タイヤの消耗が大きい

 

上記以外にも、純正パーツが揃っている場合には、高額査定を得やすいです。基本的にカスタムなど加工を施してしまうと、査定額はグッと下がってしまうと頭に入れておきましょう。

【最新】バイクの売却相場

最新バイクの売却相場

バイクの査定金額は、需要と供給のバランスによって日々変化しています。2020年10月現在の人気車種の売却相場は以下の通りです。

 

 排気量 査定相場
ホンダ ズーマー 50cc 1,0万円〜15,0万円
ヤマハ ビーノ 50cc 1,0万円〜11,0万円
ホンダ スーパーカブ 50cc 1,0万円〜14,0万円
ホンダ PCX 125cc 1,0万円〜25,6万円
ヤマハ Nmax125 125cc 3,0万円〜28,0万円
ホンダ クロスカブ 125cc 7,0万円〜26,0万円
ホンダ ホーネット 250cc~ 1,2万円〜65,2万円
カワサキ Ninja250 250cc~ 7,0万円〜50,2万円
カワサキ ゼファー 250cc~ 5,0万円〜50,0万円
ホンダ CB400SF revo 250cc~ 5,0万円〜76,0万円
カワサキ ZX10R 250cc~ 17,0万円〜170,0万円

 

 同じ車種でも、バイクのコンディションや年式によって査定額が大きく変わります。

そのため、バイクの売却相場には大きな開きができています。

バイクを高く売りたいなら!売却時期が大切

バイクの売却で高額査定を手に入れるためには、「バイクの売却時期」がとても大切です。価格相場は需要と供給のバランスによって決まります。そのため、需要が多く供給が少ない時期こそ、バイクを高く売る最適な時期だと言えます。

バイクを高く売りたいなら!売却時期が大切

バイクの売却でおすすめの時期(タイミング)は以下3つです。

  1. 長期休みが始まる直前
  2. 3月〜4月
  3. 悪天候

それぞれどのような理由があるのか確認していきましょう。

1長期休みが始まる直前

ゴールデンウィークなど長期休みの前はバイクの需要が伸びます。

その理由は?

長期休みを利用してツーリングに行く人が増えるからです。特に排気量が大きなバイクはその傾向が顕著です。

販売店は、高く仕入れても十分利益を確保できると考えるため、長期休みが始まる前は高く売れる可能性が高いと言えます。

3月〜4月

バイクユーザーの約半数は、「通学」「通勤」にバイクを使用しています。そのため、3月〜4月など新生活が始まるシーズンはバイクの需要が高くなります。

また5月のゴールデンウィークに備えてバイクの購入を検討する方も多いです。

 さまざまな要因から、3月〜4月が最もバイクが高く売れる可能性がある時期だと言えるでしょう。

悪天候

バイク買取 季節

どうして悪天候だと売却査定額が高くなるの?と思われる方は多いでしょう。

その理由は?

悪天候な日はバイクを売りに来るお客さんが少ないからです。ライバルが少ない分、査定額アップが期待できます。

特に梅雨など長期間天気が悪い時期は、通常よりも高く査定される可能性が高くなります。悪天候の日ほど査定額が高くなる点は、覚えておきたいポイントです。

バイクを売る手続き・方法を紹介!

ここからは実際にバイクを売る「手続き」と「方法」を紹介します。

バイクを売る手続き・方法を紹介!

バイクを売る方法は大きく3つあり、それぞれ方法が異なります。

バイクをどのように売るか考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

買取業者・販売店

バイクを売る際、ほとんどの方が買取業者や販売店を利用しています。なぜなら、手軽にバイクを売却できるからです。面倒な手続きなどはすべて業者が行ってくれるため、とにかく早くバイクを売りたい方はおすすめの方法です。

買取業者・販売店でバイクを売る流れ
  1. 売却手続きで必要な書類を準備する
  2. 買取査定を依頼する(出張or持参)
  3. 査定額に納得すれば売買契約を結ぶ
  4. 現金を受け取る

買取業者や販売店では、壊れて動かなくなったバイクも買い取ってくれます。また出張買取を行ってくれる業者も多いため、時間がない方でもスムーズにバイクを売ることが可能です。

友達

バイク売買 友達に売る

友達や知り合いにバイクを売る場合の最も大きなメリットは、買取業者よりも高い値段で売ることができる点です。中間マージンや人件費などの費用がかからないため、基本的には高く売ることが可能です。

 一方、売却の手続きはすべて自分で行う必要があります。

名義変更などの手続きがスムーズに行われない場合、不利益を被る可能性も。バイクの売却は本当に信頼できる人だけに行うのが良いでしょう。

友達にバイクを売る流れ
  1. 友人と売買契約を結ぶ(契約書があれば安心)
  2. 売却するバイクの廃車手続きを行う(原付の場合のみ)
  3. 売却するバイクの名義変更を行う
  4. バイクを譲渡し現金を受け取る

原付は名義変更ができません。そのため一度廃車手続きを行ってから、名義変更手続きを進めることになります。

バイクの名義変更は手続きがとても大変です。個人間での売買はリスクがあるため、本当に信頼できる人同士で行うことをおすすめします。

オークション

バイク売買 オークションに出す

オークションサイトでバイクを売却する方法もあります。基本的な手続きの流れは、友達に売却する場合と同じです。

オークションで売却するメリットは、通常よりも高い相場で売却できる可能性があることです。一方、見知らぬ人と売買手続きを行うことになるため、トラブルに発展する可能性もあります。

バイクを売る場合に必要な書類

バイクを売る際には、さまざまな書類を「作成」「準備」しなければいけません。

ここからは、バイクの売却で必要になる書類をシチュエーション別に紹介します。

バイクを売りたい方は、ぜひ参考になさってください。

必要な書類

以下3つの書類は、売却するバイクの種類に関係なく必要です。

  • 本人確認書類
  • 印鑑
  • 自賠責保険証明書

本人確認書類は、バイクの免許証で問題ありません。印鑑はシャチハタ不可となっている場合が多いため、認印を準備しましょう。

売却するバイクの排気量によって必要な書類

バイクの売却では、基本的に「車検証」が必要です。バイクの車検証は、排気量によって名称が異なります。

バイクの排気量によって用意する書類
  • 標識交付証明書(原付・125cc以下)
  • 軽自動車届出済証(軽二輪・126cc〜250cc)
  • 自動車検査証(小型二輪・251cc以上)

上記のように、売却するバイクの排気量によって用意する書類の名称が異なります。事前にどんな書類が必要になるかしっかりと確認しておきましょう。

個人間で売却する場合に必要な書類(モノ)

友達やオークションなどでバイクを売る際、場合によっては以下の書類(モノ)が必要になります。

  • ナンバープレート
  • 廃車証明書(原付・125cc以下のみ)
  • 譲渡証明書
  • 軽自動車税申告書並びに標識交付申請書(原付・125cc以下のみ)
  • 軽自動車届出済証記入申請書(軽二輪・126cc〜250ccのみ)
  • 軽自動車税申告書
  • 自動車検査証記入申請書(小型二輪・251cc以上)
  • 軽自動車納税証明書
  • 手数料納付書(小型二輪・251cc以上)
上記の通り、個人間で売却手続きを行う場合は、たくさんの書類を準備しなければいけません。バイク屋さんによっては、手続き代行サービスを実施している場合があります。

手続きが煩わしい場合は、代行サービスを利用しましょう。

買取の窓口おすすめ!

バイクを最高額で売る5つの裏技

  • 定期的にメンテナンス・洗車をしておく
  • 相見積もりをする
  • 事故歴・修復歴は正直に伝える
  • 売ると決めたら早く売る
  • 純正パーツを使用する
バイクはメンテナンスや交渉によって高額査定を引き出せる可能性があります。高く売れやすい時期があるので、タイミングをうまく狙いましょう。
高値買取を目指す場合には、必ず一社のみならず複数の業者から相見積もりをしましょう。
他社同士競わせることで、最高額を引き出すことに繋がります。
バイクを売るなら買取専門店!おすすめはバイク王です!

まとめ

今回はバイクを売りたい方向けに、「バイクを売る方法」や「売却時に必要な書類」について詳しく解説しました。

今回の記事のポイントは以下3つです。

バイクを売る際のポイント
  • バイクの売却査定は、「車種」「年式」「コンディション」「時期」に左右される
  • バイクの売却では、たくさんの書類を提出する必要がある。(買取業者は書類の作成や手続きを代行してくれる)
  • バイクを売却する場合は「出張買取」を、買い換える場合は「下取り」を利用した方がスムーズに行える

上記3点を参考に、バイクの売却は賢く進めましょう。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事