バイク下取りおすすめ業者4選|査定相場価格がすぐ分かる方法も徹底解説
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

大切なバイクを売る際、方法として下取りと買取の2種類があります。場合によっては、下取りの方が買取よりお得に売却できることを知らない人も多いのではないでしょうか。

 下取りと買取にはどういった違いがあるかを知っておくことも、大切な愛車を売るにあたって必要です。

そこで今回は、バイクの下取りと買取の違いについて徹底解説します。あわせて、すすめの査定業者や下取りのメリットなども紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

15秒でわかる!
下取りで愛車を高額売却!
バイク買取ー下取り

  • バイク王なら下取りも買取も都合の良い方を選べる!
  • 今なら購入費用サポートで最大3万円キャンペーン中!
バイク王の基本情報
バイク買取店
バイク買取店選びに迷ったら
バイク王

バイク王のおすすめポイント

バイク買取利用率No.1
メーカー・車種問わず高価買取
全国無料出張買取

バイク王はバイク買取利用率No.1、年間取扱実績10万台と、多くの方から利用されているバイク買取店です。さらに全国無料出張買取を行っています!初めての方でも安心して依頼できるバイク買取店です。
買取手数料/査定料無料
不動車・事故車買取可能
受付時間24時間
出張買取エリア全国
※一部離島を除く

本コンテンツ内で紹介しているサービスの一部もしくは全てに、広告が含まれております。ただ、広告が各サービスの評価に影響をもたらすことは一切ございません。詳しくは、買取の窓口コンテンツポリシーをご確認ください。

監修者:福田博介

監修者
福田 博介
株式会社オークネット・モーターサイクル 代表取締役社長

会員制業者間オークション「オークネットバイクオークション」、中古バイク検索サイト「バイクの窓口」、レンタルバイクサービス「モトオークレンタルバイク」など、さまざまなバイクサービスの運営を統括する。また、2022年より日本二輪車オークション協会(JABA)の会長を務める。

記事一覧

監修・編集・著者情報
小野

2016年より車の買取やバイクの買取に関する記事の制作等に従事。皆様に最新の情報を提供するため、国民生活センター一般社団法人 日本自動車購入協会などの情報をはじめ、一次情報としてのアンケート調査の実施と公開に努めています。

【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則って運営しています】

バイクの下取りにおすすめの買取専門業者4選徹底比較!

バイク王
バイクワン
株式会社バイク館イエローハット
レッドバロン
バイク王
バイクワン
レッドバロン
提携買取業者数
-
-
-
306社
利用料(税込)
無料
無料
無料
無料
買取手数料(税込)
無料
無料
無料
無料
入金スピード

即日
(3万円未満)

即日

3営業日以内
3万円未満:
当日受渡し
3万円以上:
4営業日以内に振込
対応地域

全国対応
※一部離島を除く

全国対応
全国対応
全国対応
※一部離島を除く
廃車買取
-
-
-
主なキャンペーン
バイク買い替え・乗り換え・売却した方に最大3万円の費用サポート!
乗り換え最大
3万円
支援!
ご来店でノベルティプレゼント
-

バイク王

バイク王の下取りの特徴

バイク王のおすすめポイント

  • バイク買取利用率No.1※公式HPより
  • 無料お試し査定全国無料出張買取可能(一部離島を除く)
  • バイクの最新相場をWEB上で確認できる
  • 24時間365日お問い合わせに対応
  • バイク累計取扱台数200万台!2002年8月~2019年9月までのバイク王累計取扱台数
  • 買い替え応援キャンペーンを実施中
  • はじめての人でも安心してバイクを売れるようサポート
  • LINEで簡単に査定ができる

バイクを売る・買うに定評がある全国規模の業者です。バイクを買い替えを検討している人向けに、30,000円の購入費用サポートが受けられるキャンペーンを開催しています。

  • 126cc以上のバイクを購入:30,000円の購入費用サポート
  • 125cc以下のバイクを購入:バイク用品等をプレゼント

例えば、848,000円のバイクを購入する際に今まで乗っていたバイクを650,000円で売ります。そこに30,000円の購入費用サポートが付くと168,000円で乗り換えられるため大変お得です。

 また、査定から売却までの手順はきちんと案内してくれるため、はじめての人でも安心して任せられます。

そして、今バイク王ではLINEで写真を送るだけで査定ができるサービスを提供しています。1週間以内に撮影した車体の左右写真とメータまわり、そして車台番号がわかる書類の写真4枚を送るだけと簡単です。

プロによる徹底したサポートも受けられるため、不安なことがあれば気軽に相談してみましょう。
査定料 無料
買取手数料 無料
受付時間 24時間365日
買取強化車種
  • ドラッグスター250
  • YZF-R1
  • ZEPHYR750
  • CT125ハンターカブ
  • カワサキZ900RS
  • レブル250
主な買取事例
  • CB400SFVAボルドール:53万円
  • CB400SF-S:15万円
  • CB400SF:10万円

出典:公式サイト

バイクワン

バイクワン

バイクワンのおすすめポイント

  • バイク全車種に対応している
  • リアルタイムな相場情報からお客さま目線で有利な価格を提示
  • 24時間365日専門オペレーターが対応
  • 手数料等は一切無料

バイクワンではリアルタイムな相場情報をもとに価格を決定するため、お客さま目線に立ち有利な金額を提示することが特徴です。

 また、査定料やその他諸々の諸費用は一切かからないため、無駄な出費もなく安心して利用できます。

バイク査定士による親切・丁寧な対応もバイクワンの魅力です。そして、国産車や外車、あるいはカスタムバイクなど全車種に対応しているため幅広い方のバイクを下取りに出せます。

バイクワンでは、オークション相場や業者間取引相場、あるいは中古バイクの流通相場などをもとにデータを蓄積して価格を算出しています。
査定料無料 
買取手数料 無料
受付時間 24時間365日
買取強化車種
  •  ホンダCBR1000RR-R/RR/600RR/250RR
  • カワサキZ900RS&カフェ/ZRX1200D
  • ホンダCB1300SF/SB/SP/400
主な買取事例
 –

今だけ!お得なキャンペーン情報

バイクワン 乗換支援キャンペーン
バイクワン LINE限定クーポンで最大3万円プレゼント

  • 売却日の前後3ヶ月以内にバイクを購入された方対象!排気量に応じて最大3万円をプレゼント※1
  • LINE限定クーポンで最大3万円プレゼント※1

※1:終了日未定
※2:終了日未定
キャンペーン情報:バイクワン公式サイト

出典:公式サイト

株式会社バイク館イエローハット

バイク買取

株式会社バイク館イエローハットのおすすめポイント

  • オンライン・電話査定可能
  • 全国51店舗をかまえている
  • 事故・故障車買取!
  • 自社販売のため中間コストがかからず高額査定が期待できる
  • 類家買取台数10万台以上!5月26日現在
  • 全国にバイク販売網を持っているため高額査定を提示
  • 電話もしくはオンラインで無料査定が可能

株式会社バイク館イエローハットは自社販売をしているため、中間コストは一切かかりませんそのため、高額な査定が期待できる点が特徴です。

 また、全国に51店舗を展開しているため販売網が広く、バイクを売る実績があることからも高額査定を提示できます。

査定については電話もしくはオンラインで実施しており、気軽に利用可能です。店舗での査定も受け付けているため、より正確な売値を知りたい人は一度問い合わせてみましょう。

株式会社バイク館イエローハットは買取から整備、さらには販売まですべてを自社で行っていますよ。
査定料 無料
買取手数料 無料
受付時間 24時間
買取強化車種
  • スズキGSX1300Rハヤブサ
  • カワサキZX-14R
  • ホンダCBR1000RR
  • ヤマハYZF-R1
  • ハーレーダビッドソンXL883
主な買取事例
  • カワサキ250CCストリートファイターZ250:33万円
  • ホンダCB1300Super Four-2003:45万円
  • ヤマハTT250R-1993:16万円
  • トライアンフストリートトリプルRS-2017:96万円

出典:公式サイト

RED BARON

RED BARON

RED BARONのおすすめポイント

  • RED BARONで購入したバイクはすべて下取りを保証
  • ローン中でも下取り可能
  • 希望のバイクを直営店から無料で探してくれる

RED BARONで購入したバイクはすべて下取りが保証されています。会員のバイクは特に高く評価する傾向にあるため、RED BARONで買ったバイクをお持ちの場合は要チェックです。

 また、現在乗っているバイクがローン中でも下取りが可能なため、乗り換えたいがまだ支払いが残っている人でも安心です。

買い替えて新たに乗りたいバイクも直営店から無料で探してくれるため、ぜひ気軽に依頼してみましょう。

プライベート工場の整備をはじめとしたアフターサービスに定評がありますよ。
査定料 無料
買取手数料 無料
受付時間 24時間
買取強化車種 –
主な買取事例

出典:公式サイト

バイクの下取りと買取の違いとは?どっちがお得?

バイクの下取りと買取の違い

バイクを売る際、下取り買取という2つの方法があります。耳にしたことがあっても、実際どういった違いがあるかを知らない人は少なくありません。

では、同じ売るということでもそれぞれ何が違うのか。わかりやすいようまとめていますので見ていきましょう。

下取り買取
バイクを売りその金額を新車バイクの購入代金と相殺することバイクを売り査定額分のお金を手にすること

つまり、下取りは新たなバイクを買うために今所有しているバイクを売り費用の足しにすることを意味します。一方で、買取はバイクを売って得たお金は、何に使おうが自由ということです。

下取りと買取はどちらがお得?

下取りと買取は、どちらも自分の愛車を売ることには変わりません。では、どちらがお得になるかを解説します。

 下取りに関しては新たに購入するバイクの金額に充当することから、買い取りに比べて高値で売れない傾向にあると言われています。

もちろん買取でも業者によって金額はまちまちなので下取りよりも高く売れるとは一概に言えませんが、一般的な査定状況として頭に入れておくべきです。

下取りは「値引きする」という感覚であることから、高額査定はあまり期待できないと理解しておきましょう。

買取と下取りの収益モデルの違い

バイクの買取と下取りは一見同じようにバイクを売るだけのように思えますが、収益モデルを考慮して考えると大きく異なります。買取と下取りには一般的に以下のような収益モデルの違いがあると考えられています。

買取と下取りの収益モデルの違い

  • 買取:大量のバイクを業者オークションにて売る、薄利多売をメインとしている
  • 下取り:あくまで新車を売るためのサービスであり、メインではない

バイク買取業者は買取を積極的に行っており、直営店やオークションにて確実にバイクを売ることができるルートを確立しています。そのため、多くのバイクを引き取り、安くてもいいので大量に売ることを目的にしているのが特徴です。

対して下取りはバイク販売店にて多く見られますが、新車を買ってもらいやすくするために下取りを行っていることがほとんどです。下取りしたバイクは売れないリスクを抱えており、売却ルートも確立していなことが多いので店頭で行われる査定は厳しくなりやすいでしょう。

バイク販売店の場合、下取りは収益のメインではないため実施していないこともあります。

下取りに向いている人

バイクの下取りに向いている人

では、下取りに向いている人にはどういった特徴があるのでしょうか。新しいバイクに乗り換えを検討しており、かつ買い替える日まで今のバイクを乗っておきたいと考えている人は下取り向きです。

また、今まで乗っていたバイクと新たなバイクを納車する日は同一にすることが一般的なため、移動手段を失いたくない人にとっては下取りは最適な売却方法と言えるでしょう。

そして、下取りの場合は新車を購入するとなれば査定アップが狙える可能性もあります。

販売する側にとって新車を売ることは利益に繋がりやすいため、下取りを積極的に受け入れてくれる場合がありますよ。

バイクの下取りをする流れ

バイクの下取りをしたいという方の中には具体的な手順や流れについて知らない方も多いのではないでしょうか。以下はバイクの下取りをする際の具体的な流れとなります。

バイクの下取りをする流れ

  1. バイク販売店にて購入したいバイクを見つける
  2. 購入と同時に下取りしたい旨を伝える
  3. 下取り査定をしてもらう
  4. 下取りを含めた見積書をもらう
  5. 商談成立

バイクの下取りをするときは新車の購入をセットで行いますが、バイク販売店では古いバイクの見積もりと新しいバイクの見積もりを一体化していることが多いです。お店によっては別にしてもらうことも可能ですが、基本的にはセットであると覚えておきましょう。

また、下取りバイクの査定額によっては新車から値引きではなく、増額という形になってしまう可能性もあります。そのため、下取り査定の際はなぜそのような価格になるのかしっかり確認しておきましょう。

大きく値引きをしたいなら、価格交渉をしっかりすることが大切となります。

価格交渉をする際は、他店の下取り価格を使って値段の駆け引きを行うとよいです。また、バイクの買取相場などを参考に下取り交渉することでより値引きしてもらえる可能性が高まるでしょう。

バイクの買取・下取りの前にしておくべきこと

バイクの買取や下取りの前にしておくべき項目は以下が挙げられます。

バイク下取りの前にしておくべきこと
  • バイクの清掃とメンテナンス
  • 必要書類の準備
  • カスタムパーツやアクセサリーの確認
  • バイクの所有権の確認
  • 市場価格の調査

    バイクの清掃とメンテナンス

    バイクを買取・下取りしてもらうにはどちらも査定員による査定が行われ、バイクの価格が決まっていきます。そのため、査定時のバイクの状態というのは査定価格に大きく影響してしまいます。

    バイクの査定額を少しでも上げたいなら清掃とメンテナンスを査定前にしておくとよいでしょう。特にメンテナンスをしておくことは非常に重要で、事前にバイクの状態を良くしておくと査定額が上がりやすいです。

     雑に修理などをしてしまうと、逆に査定額が下がってしまうため自分での修理はやめるようにしましょう。

    また、バイクの洗車をして汚れを落としておくことで、査定員がバイクを見たときの第一印象が良くなります。きれいなバイクほど査定額は高くなりやすいので洗車は重要です。

    必要書類の準備

    バイクの買取や下取り前には手続きに必要な書類の準備をしておくことをおすすめします。具体的に必要となる書類は以下の通りです。

    バイクの買取・下取りの必要書類

    1. 標識交付証明書
    2. 身分証明書
    3. 自賠責保険証明書
    4. 印鑑

    必要になる書類はバイクの排気量によって異なるので注意が必要です。126cc~250ccのバイクなら軽自動車という扱いに、251cc以上のバイクであれば自動車としての扱いになるのであらかじめ用意する書類は確認しておきましょう。

    さらに、車検証が無かったり自賠責保険証明書を紛失してしまった場合は必要になる書類が異なりますので、書類が用意できるかどうか確かめてみてください。

    カスタムパーツやアクセサリーの確認

    バイクの買取や下取りを依頼する際はカスタムパーツやその他アクセサリーなどを用意しておくとよいでしょう。カスタムしているバイクを売る場合は、純正パーツがないと査定額が下がってしまうことがあります。

    なぜ査定額が下がるのかというと、カスタム車は欲しがる人が少ないからです。純正車のほうが需要は高いため、需要と供給の面からカスタム車は査定額が下げられやすいです。

    わざわざ純正車に戻さなくても、純正パーツを準備するだけでよいので用意しておきましょう。

    また、ヘルメットやジャケットなども同時に売ることが可能であり、希少性が高ければ高額査定に繋がります。

    バイクの所有権の確認

    バイクの所有権については、愛車の登録書類(標識交付証明書、軽自動車届出済証、車検証)の所有者欄の氏名に書いてあります。所有者欄の氏名がバイク店ならローンが残っている証拠となるので、残債処理の方法について確認しておきましょう。

    所有権が自分以外の場合は、名義変更をしたり廃車手続きをすることができませんので注意してください。バイク買取業者によってはローン残債が残っているバイクでも対応してくれるところもあるのでそちらの利用がおすすめです。

     バイク買取業者でローン残債のあるバイクを売る場合は、ローンの借り換えという形になることを覚えておきましょう。

    市場価格の調査

    バイクの買取・下取りをしたもらう際は、売却をするバイクの市場価格について事前に調べておくことをおすすめします。特に買取を依頼する場合は、バイクの買取相場がある程度決められているので売却の際に価格交渉をすることが可能です。

    下取りの時も同様に、他店での下取り価格を引き合いに価格交渉することで高額買取に繋がりやすくなります。また、バイク買取査定サイトではオンライン査定をしてもらうことが可能で、愛車の概算価格について知ることが可能です。

    市場価格の調査は最低限しておくようにしましょう。

    バイク下取り相場価格がすぐわかるおすすめの方法【匿名OKも!】

    自動査定で必要となる情報

    店舗に足を運ぶ時間がないという忙しい人は、各業者にて提供されている「自動査定」にて下取り価格を算出しましょう。

    あくまで目安となりますが、WEB上で気軽に利用できるため大変便利です。自動査定をする際に、主に必要となる情報を確認しておきましょう。

    バイクに関する簡単な情報を入力するだけで、売却する際の金額がわかります。そして、自動査定の特徴は非常にスピーディーに算出できることです。

    なんと査定額を出すのに1分も必要ないくらい簡単な作業なため、日々の空いた時間でサクッと利用してみてはいかがでしょうか。
    バイク下取り相場価格がすぐわかるおすすめのサイト

      KATIX

      KATIX

      KATIXの特徴

      • 写真を撮るだけで買取査定を申し込める
      • 業者からしつこい営業電話が来ない
      • 面倒な手続きはすべて任せられる
      • ネットから手軽にバイクを売れる

      KATIXの大きな魅力はオンライン上でスマホを使ってバイクの査定を申し込むことができるという点です。バイクの前面や背面といった写真を6枚以上提出し、必要情報を入力するだけで査定してもらえます。

      査定後はKATIXのスタッフの指示通りに行動したり、返答するだけなので非常に手軽にバイクを売却できます。バイクはオークション形式にて売却され、オークションには300社以上の業者が参加しているため買い取り手が見つからないということはありません。

      買取価格に納得がいかなかったら、売却契約成立前であればいつでもキャンセル可能です。

      また、その後の手続きもKATIXがすべて行ってくれるため、基本的にバイクを動かすことなく売ることができるでしょう。

      バイク下取り査定業者の選び方

      バイク下取り査定業者の選び方

      バイクを下取りに出す際、当然ですが次に乗るバイクを購入するために少しでも高く売り足しにしたいと考えるでしょう。

      今ではさまざまな業者があり、各社で提供するサービス内容は異なるためどこに依頼すべきか迷ってしまう人は少なくありません。ここからは、下取りを依頼する際、どのように査定業者を選べばよいかを解説します。

      下取り実績は豊富か

      下取り実績が豊富であれば、今までの査定額を参考にしやすいです。各サービスでは過去の査定金額を掲載している場合もあるため、事前に必ずチェックしておきましょう。

       また、下取り実績が豊富ということは、それだけ多くの人が提示された価格に納得したことを意味します。

      つまり、他の業者よりも査定額が高かったとも推測できるため、そういった観点からも実績のリサーチは極めて重要です。

      バイクの状態や年式など、さまざまな要素により価格は決まるためあくまで参考となりますが情報収集も重要ですよ。

      キャンペーンを開催しているか

      キャンペーンを開催しているか

      業者によっては乗り換えを推奨しているが故に、買い替えキャンペーンなどと銘打って下取りを積極的に実施している場合があります。

       キャンペーンを利用することで、査定額にいくらかプラスで上乗せされるため、お得に新しいバイクを購入可能です。

      なお、キャンペーンは随時開催しているものもあれば期間限定の場合もあるため、事前に確認したうえで下取りを検討しましょう。

      例えば、バイク王では最大30,000円の購入費用サポートという「買い替え応援キャンペーン」を開催しています。

      査定の透明性

      バイクの査定業者を選ぶときは、査定基準が明確かどうかをあらかじめ確認しておくことが重要です。買取業者によっては提示した査定額は高いのにも関わらず、余分な手数料や費用を差し引かれることもあります。

      結果的に、他のバイク買取業者を利用したほうが最終的にもらえるお金は多かったということになりかねませんので注意しましょう。査定時にどのような費用がかかるのかは公式サイトで確認したり、査定員に直接聞くことでわかります。

      出張査定時に手数料がかかったり、名義変更や廃車手続きに費用がかかることがあるので確認しておきましょう。

      対応の速さと利便性

      バイクの査定をしてもらうときはなるべく期間をかけずに売りたいですよね。そのため、査定申し込みから査定結果が出るまでのスピード感について比較することは非常に大切と言えるでしょう。

      バイク買取業者によっては査定申し込みをしてから即日対応してくれるところもあり、その日のうちにバイクを売却してお金を受け取れることも。利便性を重視したいならそのような業者を使うことをおすすめします。

       時間をかける買取業者はその分丁寧に査定や手続きをしてくれることが多いです。

      また、バイクを査定してもらう際は出張査定に対応しているか、オンライン査定などが利用できるかを確認しておくとよいでしょう。

      査定価格の比較

      バイク買取業者を選ぶときは複数の業者に依頼し、査定価格を比較することがとても大切です。業者によって査定の基準が異なったり、手数料やその他費用が変わるので最終的な査定額も応じて変化します。

      複数の業者を比較することで一番高い査定額を出してくれた業者を選べるので損しなくなります。複数の業者の査定価格を比較したいなら、バイク一括査定サイトを利用することで、手間と時間を省くことが可能です。

      しっかり比較して自分で納得できるところを選びましょう。

      買取後のサポート

      買取をした後のアフターサポートも、買取業者を選ぶ上で重要な指標となります。代表的なのはバイク買取後の名義変更の処理や廃車手続きの代行といったサポートでしょう。

       バイク店によってはローン残債の処理までしてくれるところもあります。

      また、アフターサポートについて無料で実施してくれるかどうかも確認しておきましょう。費用がかかる場合、査定額から引かれていることもあるので注意が必要です。

      買取後に面倒な手続きがないとバイクの引き取りをしてもらった後にお金を受け取るだけなので、売る側としては非常に楽なのが特徴的です。

      査定中の対応やサポートも良いところを選ぶとストレスなく売却できるでしょう。

      地域性

      バイク買取業者を選ぶときは、地元の買取業者か全国に展開している業者かでサービス内容が異なる可能性があります。一般的に地元の業者は地域のバイク買取情報や相場について詳しいため、地域の適正価格を提示してくれます。

      対して全国に展開しているバイク買取業者は、サービス内容や買取後のサポートなどが充実していることが多いです。

       それぞれの買取業者によって特徴があるので、どちらを優先するか決めておくとよいでしょう。

      バイク下取り査定のメリット

      バイクを下取りに出すことで、新たなバイクを購入する際に充当できるため買い替えを検討している場合は利用すべきです。

      バイク下取り査定のメリット

      では、買い替えではなく下取りにするメリットとは一体どういったものがあるのでしょうか。ここからは、下取りに出すからこそ体感できるメリットをいくつか紹介していきます。

      手続きの手間が少ない

      今まで乗っていたバイクを売り、その場で新しいバイクを購入するため手続きが少なく済みます。売却する店と販売店が同じなので、その場でさまざまな手続きを一気に済ませられるのです。

      バイクに乗れない期間がない

      基本的にはバイクを下取りに出す日と新たに購入する日は同じです。そのため、バイクに乗れない期間がないため普段からメインの移動手段として使っている人にはメリットです。

      店舗に向かう際は古いバイク、帰るときは新しいバイクとなるため、納車の日も普段通りに利用できます。

      バイク下取り査定のデメリット

      バイク下取り査定のデメリット

      バイクの下取りは良い部分が多くありますが、一方でデメリットとなる面も知っておきましょう。あえてデメリットを挙げるとすれば、下取りしてもらえない場合があることです。

       買取の場合は故障している、あるいは事故車でも買取可能な業者は少なくありません。

      しかし、下取りの場合は買取をしたバイクはその店で販売することになるため、状態が悪ければ断れる可能性があります。

      今乗っているバイクの状態に不安を感じる場合は、事前に自動査定を利用する、あるいは査定士に相談するなど対策を講じましょう。

      バイクの下取りと買取のメリット・デメリット比較

      バイクの下取りと買取において、どのようなメリット・デメリットがあるのか比較した表をご紹介していきます。

      メリットデメリット
      バイクの下取り
      • 手続きの手間が少ない
      • バイクに乗れない期間がない
      • 早期の売却が可能
      • 安全性が高い
      • 下取りしてもらえない可能性がある
      • 店舗に持ち込まないといけない
      バイクの買取
      • インターネットから申し込める
      • 出張買取が可能
      • 高額買取を期待できる
      • 手続きに手間がかかる
      • 乗り換えはすぐにはできない

      バイク下取りと買取にはそれぞれにメリットとデメリットがあり、手間がかかるところが変わります。下取りの場合は、買取と異なり購入したバイクにすぐに乗り換えることができるというメリットが大きいです。

      ただし、バイクの状態によっては価格が付かないことから下取りしてもらえないということもあり、その場合はお金を払って引き取ってもらうという形になります。

      下取りの場合は店舗に持ち込まないといけないため、少し手間がかかります。

      対して買い取りの場合は、自宅にいながらバイクの査定~売却までを行うことが可能です。インターネットから気軽に申し込めたり、一括査定サイトを利用して手軽に売却することができるでしょう。

      バイクの買取・下取り両方の査定がおすすめ

      バイクを効率よく売却したいなら、買取と下取りどちらも利用するのがおすすめです。買取の場合、インターネットを利用すれば手軽に申し込める上に、出張買取なら自宅で査定してもらうことができます。

      その後にバイク販売店にて下取りを依頼すれば、買取で出た査定額をもとに交渉したり、買取にするか下取りにするか判断することが可能です。

       買取と下取りは両方を並行して行うことも可能です。

      そのため、効率的かつ少しでも高く売りたいなら買取と下取りの両方をうまく活用することが重要といえるでしょう。

      バイク下取り業者の査定相場や買取に関するよくある質問

      下取りする際におすすめの業者は?
      バイク王は実績が豊富な点はもちろん、買い替えキャンペーンとして条件を満たせば最大30,000円の購入費用サポートが受けられます。そのため、今のバイクを売って新たなバイクを購入しようと考えている人は要チェックです。
      下取りを依頼する業者の選び方は?
      お得に下取りができるよう、キャンペーンを実施しているかは選び方として重要です。また、下取り実績が豊富であれば多くの人に選ばれている証拠となるため、他よりも高額査定が付いている傾向にあると推測できます。買取実例が紹介されている場合もあるため、事前にチェックしておきましょう。
      下取りと買取の違いは?
      下取りとは、古いバイクを売った際の査定額を新しく購入するバイクの費用に充当することです。つまり、査定分は値引きするといったニュアンスになります。一方で買い替えはバイクを売って現金化することです。どちらも売るという点は同じですが目的は異なります。
      バイクを下取りに出す際の相場価格を調査する方法は?
      各サイトで提供されている「自動査定」を活用してみましょう。自動査定とはバイクのメーカーや車種、走行距離や年式といった情報を入力することで、瞬時に査定額を算出してくれるサービスです。オンライン上で気軽に利用でき、かつ短時間でサクッと調べられるため隙間時間を活用できます。
      ボロボロのバイクでも下取りに出せる?
      バイクの状態にもよりますが、あまりにもひどい場合は下取りを断られる可能性はゼロではありません。下取りでは買い取った古いバイクはその店で販売するため、売り物にならない場合は断られる場合があるのです。買取では事故車や動かないものでも売却可能としている業者はあります。
      バイクを下取りに出すメリットは?
      売却と新たな購入を同じ店舗で実施するため、手続きが少ない点は手間がかからないためメリットとなります。また、基本的に売るときと納車日は同じに設定されるため、一定期間バイクを失うことがありません。普段から移動手段としてバイクを使っている人は、何ら影響なく新しいバイクを購入できます。
      バイクの下取りに向いている人は?
      下取りの目的でもある、新しいバイクへの買い替えを検討している人は向いているでしょう。また、新車の購入を検討している人も下取りに向いています。その理由としては、新車は販売店の利益に繋がりやすいため、下取り価格を少しでも高くして何とか納得してもらおうとするケースがあるからです。

      まとめ

      この記事では、バイクの下取りと買取の違いについて解説しました。大切な愛車を売って手放す点は同じですが、下取りは新たに購入する際に買取額を充当するもの、買取はバイクを現金化するものと区別しておきましょう。

      また、下取りしてもらう業者を選ぶ際はキャンペーンを開催しているかをチェックすべきです。場合によっては買い替えの足しにできる現金プレゼントといった内容があります。

      そして、基本的に売る日と買う日は同じなので、一定期間バイクに乗れないといった状況はありません。

      普段からバイク移動をしている人にとってメリットとなるため、ぜひ覚えておきましょう。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
      ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
      ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
      おすすめの記事