車の処分方法には何がある?コストを削減して手放す方法を紹介

車の処分が必要とされるケースはいくつかあります。たとえば廃車にする・乗り換える、車を売却して現金化するなどです。

いずれのケースでもなるべくコストをカットして処分したい、売却ならばできれば高く買取してほしいでしょう。

この記事では、車を廃車にするときのコスト、廃車する場合のコスト削減方法を解説します。さらに買取・下取り処分の場合、利用おすすめの買取査定サービスを紹介します。

この記事を参考に、なるべくコストをかけずに車を処分する方法を探してください。

車を処分する際にかかる費用

ボンネットを開けている車

まずは車を廃車処分する場合に、必要とされる処分費用を紹介します。基本的には次の3つのコストが発生します。

廃車するときに必要な費用
  • 車の引取・解体費
  • 運搬費(自走不可の車の場合)
  • リサイクル料金

車の引取・解体費

廃車の引取・解体費は業者により、設定金額に違いがあります。相場は10,000円~20,000円程度です。

廃車買取業者や中古車買取業者が自社で解体工場を所有しているなら、中間業者に支払うコストをカットして引取・解体ができます。

廃車処分をなるべく安くして廃車処分をしたいなら、自社で解体工場を持っている廃車買取業者・中古車買取業者がおすすめです。

運搬費(自走不可の車の場合)

処分される車

廃車する車の車検が切れている、自賠責保険が満期を迎え更新していない場合もあるでしょう。また事故や故障でエンジンがかからないといったケースでは、レッカーで車を運ぶ必要があります。

 レッカーによる運搬費は、一般的に運ぶ距離に応じて課金されます。

自走できない車を廃車にする場合、なるべくガレージから解体工場が近い業者を選ぶとコストをカット可能です。

一般的に廃車買取業者に依頼すると、自走不可の車でも運搬費用0円で廃車にできます。

リサイクル料金

リサイクル

リサイクル料金はエアバックやエアコンのフロン類など、車を解体するときにでるゴミをリサイクルし、適正に処分するために必要な費用です。

平成17年(2005年)以降に新車登録した車については自動車リサイクル法により、購入時にリサイクル料金が前払いで支払いが完了しています。

それ以前の車については、廃車の際にリサイクル料金が発生します。リサイクル料金は車種により違いがあり、軽自動車は約8,000円・普通自動車は約10,000円、外車は約20,000円が相場です。

廃車にはある程度のコストがかかるため、廃車専門買取業者や中古車買取業者へ値段をつけて買取してもらえるか尋ねてみましょう。

車を処分する4つの方法

車の鍵を引き渡す

車を処分する4つのケース
  • 年式が古い車や乗れない車は廃車にする
  • 知人などに譲渡する
  • ディーラーで下取りする
  • 買取してもらう

年式が古い車や乗れない車は廃車にする 

車を廃車にするには手続きをしなければなりません。

 廃車にするには「一時抹消登録」と「永久抹消登録」の2種類があります。

「一時抹消登録」は一時的に車の登録を抹消する手続きなので、再度車に乗ることがある人は一時抹消登録がおすすめです。永久抹消登録」は、車を解体処分することが前提で車両データが削除されるのでその車に乗ることは二度とできません。

永久抹消登録後に「解体届出」を提出する必要があり、解体から15日以内に解体届出の提出が必須になっています。一時抹消登録の際は「登録識別情報等通知書」が発行されます。

車の再使用の際に必要になる書類ですので必ず保管しておきましょう。

永久抹消登録後の廃車手続きの方法を紹介します。

  1. 車を解体する業者を探す
  2. 必要書類を揃える
  3. 現住所を管轄する運輸支局で手続きをする
  4. ナンバープレートを返却する
  5. 書類を提出し還付金手続きを行う

車を廃車にするには、事前に準備をしておかなければなりません。準備する書類も多く、申請する運輸支局は平日のみしか申請を受け付けていません。

手続きに関する手間を考えると、これらの手続きを代行してくれる「廃車買取業者」に依頼する方がいいでしょう。

知人などに譲渡する

車を売る

知人で車を必要としている人がいれば譲渡する方法もあります。

 業者が間に入ることがないため、マージンを取られることがなく安くで処分することができます。

知人だけでなく親子間で車の持ち主が変わる場合も、所有者変更の手続きが必要です。車の譲渡に関する方法はこちらを参考にしてみてください。

  1. 必要書類の用意
  2. 陸運局で名義変更の手続き
  3. 任意保険の名義変更の手続き
  4. 車の引き渡し・売却金額の受け取り

車を譲渡する場合の必要書類は、譲渡する側と受け取る側で異なります。譲渡する側の必要書類はこちらです。

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車損害賠償責任保険証
  • 自動車税納税証明書
  • 自動車リサイクル券
  • 印鑑登録証明書(※軽自動車の場合は不要)

車を受け取る方は、印鑑登録証明書(※軽自動車の場合は不要)車庫証明書を用意します。書類がそろったら、陸運局で車の名義変更を行います。

名義変更の際に5,000円程度費用が必要となります。任意保険の名義変更も忘れずに行いましょう。名義変更後に、車の引き渡しと売却金額の受け取りを行います。

トラブルを避けるために、車の引き渡しとお金のやり取りは同じタイミングがいいでしょう

車を知人などに譲渡する場合は、引き渡しまでに時間と手間がかかるのと金銭面のトラブルが起きやすいので注意が必要です。

ディーラーで下取りする

TOYOTA

車を処分する方法として、ディーラーで車を下取りしてもらうことも可能です。

 ディーラーでの下取りは「新しい車の購入と引き換えに現在の車を交換する方法」のため必ず「新車を購入することが条件」になっています。

下取り価格は、基本価格 + 加点(装備、車検残、色) - 減点(ダメージ、内外装、修理歴)によって算出されています。一般社団法人日本自動車査定協会

ディーラーで下取りをするメリットとしては、下取りから新車購入まで一貫してできるため、手続きが簡単である点です。現在の車を下取りに出すことで、新車の購入を安くで済ませることができます

買取とは違うので手元にお金が残ることがないので注意しましょう。

他社のメーカーでも下取りは可能ですが、金額が低くなりやすいのがデメリットと言えます。この理由としては、ディーラーの目的が「車を売ること」であるのと「下取りする車のメーカーによって得意不得意がある」ことです。

ディーラーで下取りをする際に、店舗によって下取り価格が異なる場合もあります。

少しでも高値で車を売りたい人は、ディーラー下取りに出す前に中古車査定をして買取価格を把握しておくことがおすすめです。

車を買取してもらう

車の値段

車を買取専門店などで買取してもらうことで処分することができます。車を処分する際、廃車や下取りよりも買取の方がオトクです。

 理由としては、下取りと違って売却代金として手元に残るのが特徴です。

業者によって査定額に差があることや車の状態が悪いとマイナスの査定になってしまうこともありますので注意が必要です。車を買取にする際は、車一括査定を利用すると愛車の買取相場額を一度に比較することができます

1社のみの査定の場合、価格相場が分からず損をしてしまうこともあります。

一括査定の場合、複数社の見積額の中から1番高額の買取額を提示してくれた会社に査定依頼をすることができるので、おすすめです。車買取業者を選ぶ際は、「買取実績があるか」「全国から買取を受け付けているか」などをチェックしてみるといいでしょう。

良い口コミや評判が多い業者や公式サイトで買取実績を公表している会社だと、利用状態が分かるので初めてでも安心して依頼ができます。

全国から買取を受け付けている業者は、中古車市場のニーズを反映した査定額になるので高額買取が可能になることがあります。

車買取査定を行っている業者を5つ紹介しているので、買取の際の参考にしてみてください。

買取・下取り処分の前に使える買取査定サービス

車一括査定サイトの仕組み

車の買取・下取り処分を検討しているなら、買取査定サービスの利用がおすすめです。Webでの簡単な情報入力、もしくはお電話での依頼で愛車の現在における買取価格の相場を調べられます。

 買取査定サービスを利用すると、複数の買取業者からの相見積もりの取得が可能です。

また、出張査定に対応している買取業者や、一番高く買取してくれる買取業者などのリサーチも簡単にできます。おすすめの買取査定サービスを5つ紹介しましょう。

カーセンサー

カーセンサーnet

カーセンサーの特徴
  • 処分を検討している車の買取価格の相場がわかる買取査定一括サイト
  • 査定の申込は約1分30秒で完結
  • たった1回の情報入力で最大30社に査定依頼ができる

カーセンサーは処分を検討している車の買取価格の相場、一番高く買取してくれる買取業者が、簡単にリサーチできる買取査定一括サービスです。

 一括査定の申込は、入力フォームに車の情報と個人情報を入力もしくは選択するだけです。

簡単な情報入力だけなので、査定の依頼は1分30秒あると完了します。一括査定では、同時に最大30社の買取業者に査定を依頼可能です。

カーセンサーの公式サイトでは五十音や都道府県から、近くの買取業者の情報を調べられます。
提携業者数 1,000社以上
サービス利用料 無料
同時査定依頼社数 最大30社
運営会社 株式会社リクルート

出典:カーセンサー公式

カーネクスト

カーネクストトップページ

カーネクストの特徴
  • 手間を省いて車を処分したいという方におすすめ
  • 電話で簡単に査定の依頼ができる
  • 10年落ち・10万km以上走行の車でも0円以上の買取保証

カーネクストは電話1本で出張査定が依頼できるので、パソコン入力が苦手という方におすすめです。

カーネクストでは車種や年式・走行距離、車の状態についてお客様からお聞きした情報をもとに査定をしてくれます。

 実車査定はなく電話だけで査定が終了するため、手間を省いて気軽に査定を依頼したいという方にぴったりです。

カーネクストは実店舗を持たない車買取業者です。店舗運営費や人件費をコストカットでき、カットした分を高価買取価格という形でお客様に還元しています。

カーネクストでは10年落ち、走行距離10万km越えの車でも0円以上で買取可能です。
提携業者数 13,000社以上
サービス利用料 無料
同時査定依頼社数
運営会社 株式会社カーセブンディベロプメント

出典:カーネクスト公式

ナビクル車査定

ナビクル

ナビクルの特徴
  • 愛車の買取処分にふさわしい時期がチェックできる
  • 口コミランキングで近くの買取業者の評判がわかる
  • 一括査定は最大10社同時に依頼可能

    車の買取・下取り処分を考えている方は、一番高く売れる時期に車を買い取ってほしいと考えるでしょう。ナビクルには、そのような方にピッタリのサービスがあります。

     「買取・査定相場 簡易シミュレーション」というページで必要な情報を入力すると、愛車の過去・現在・未来における買取価格の相場がチェック可能です。

    こうした情報を参考に、高く売れそうな時期を狙って車を処分可能です。さらにナビクルの「買取業者の口コミランキング」のページをチェックしましょう。

    自分の住んでいる地域の車買取業者について、ユーザーからの口コミ情報を読めます。

    ナビクルの買取査定一括サービスでは、同時に10社まで依頼が可能です。
    提携業者数 約150社
    サービス利用料 無料
    同時査定依頼社数 最大10社
    運営会社 株式会社エイチームライフスタイル

    出典:ナビクル公式

    ズバット車買取比較

    ズバット車買取比較

    ズバット車買取比較の特徴
    • 今から6か月先までの愛車における買取価格の相場が調べられる
    • Webからの一括査定の依頼は40秒未満で作業完了
    • 最大10社に一括査定のが可能依頼
    • 「エリア別 車買取業者一覧・口コミ」で買取業者の評価をチェックできる

      ズバット車買取比較を利用すると、今から半年後までの愛車における買取価格の相場がチェックできます。

      ズバット車買取比較の「中古車の相場査定」というページで、メーカー・車種・年式・走行距離・利用頻度・ボディカラーを入力しましょう。

      今から半年後までの買取価格の予測をしてくれます。買取価格の予測情報を参考に、買取処分する時期を判断可能です。

       一括査定の依頼は、わずか8項目の情報を入力するだけです。40秒未満で作業は完了します。

      284社の買取業者のなかから、最大10社への査定を依頼できます。見積りを提出した業者から、一番高い買取価格を提示した業者を選ぶと、期待上の値段が売却できるかもしれません。

      「エリア別 車買取業者一覧・口コミ」のページから、ユーザーによる買取業者の口コミ評価をチェックできます。
      提携業者数 284社
      サービス利用料 無料
      同時最大査定依頼社数 最大10社
      運営会社 株式会社ウェブクルー

      出典:ズバット車買取比較公式

      ユーカーパック

      ユーカーパック

      ユーカーパックの特徴
      • オークション形式で車を売却処分できる
      • 査定は1回のみで手間がかからない
      • 入札業者は最大8,000店
      • 入札業者が競り合うことで買取価格アップを期待できる

      ユーカーパックは、車買取業者に車を売却して処分するのではなく、車をオークションに出品して売却処分する形になります。

      オークションに出品するため、利用者はユーカーパックに査定を依頼し、実車査定してもらいます。

      査定後のオークションへの出品、落札後の車の引き渡しといった面倒な手間は、ユーカーパックにおまかせできるので非常に便利です。

       査定は1回のみです。複数の買取業者が査定に来ることはありません。

      オークション形式なので、入札業者同士が落札価格を競い合うなら、買取価格がアップします。期待上の値段で、愛車が売却処分できるかもしれません。

      ユーカーパックでは、最大8,350社(2020年5月現在)がオークションに参加します。
      提携業者数 8,350社
      サービス利用料 無料
      オークション参加業者 最大8,350社
      運営会社 UcarPAC株式会社

      出典:ユーカーパック公式

      車を処分する前に調べておきたいポイント

      パソコンで調べ物をする男性

      廃車処分により返還されるお金

      廃車処分したときに、帰ってくる可能性のあるお金には次のものがあります。廃車処分する前に、それぞれについてお金が返ってくるかどうか忘れずに調べてください。

      廃車処分により戻ってくるお金
      • 自動車税
      • 自動車重量税
      • 保険料

        自動車税

        税金の計算

        自動車税は毎年4月1日の時点で、車の車検証での所有者が納税義務のある税金です。

        4月から翌年3月末までの1年分の税金を納めることになります。しかし廃車にした場合、抹消登録した翌月から3月までの月数に応じた月割りの金額が還付されるのです。

        自動車税の還付について、請求手続きは必要ありません。陸運局での廃車手続きが完了すると、情報が自動的に税務署に伝わるからです。

        還付金は金融機関の窓口もしくは口座振込で受け取れます。軽自動車の場合、自動車税は後払いなので自動車税の還付はありません。

        自動車重量税

        自動車重量税は自動車の新規登録もしくは、車検のときに支払う税金です。自動車の重量により課税される額が変化する税金で、自家用乗用車ならば0.5tごとに課税される金額が変わります。

        軽自動車の場合は、重量に関係なく一定額の課税です。自動車重量税の還付金は、廃車つまり抹消登録してから車検の残存期間が1か月以上あると受け取れます。

        還付金の受取は廃車の手続きのときに、永久抹消登録申請書または解体届出書と一体となった様式の還付申請書に、必要事項を記載します。

        運輸支局などの窓口へ提出することで可能です。

        ※出典:国税庁

        保険料

        保険

        廃車処分してから自賠責保険の解約し、その際に保険の有効期間が1か月以上あると残金が返還されます。自賠責保険の解約手続きには、以下の書類が必要です。

        主な必要書類
        • 登録事項等証明書、または登録識別情報等通知書(一時抹消登録書)のコピー
        • 自賠責保険証明書の原本
        • 認印
        • 還付金の振込先となる金融機関の口座情報

        ※必要書類等は保険会社により異なる場合があるので、事前に確認してください。

        廃車の手続きが済んでから、なるべく早く保険会社の窓口で還付金の申請をおこなってください。還付金の計算は廃車した日ではなく、自賠責保険の解約日から計算されます。

        廃車買取業者へ売却処分するのがおすすめ

        お金を受け取る

        ディーラーや一部の中古車販売業者に廃車処分を依頼すると、冒頭で紹介したように処分費用がかかります。

        処分費用を抑えて車を廃車したいなら、廃車するのが妥当な車でも買取してくれる廃車買取業者に売却するのがおすすめです。

        保険料廃車する車も海外輸出やパーツの再利用で利益がでる

        廃車買取業者が廃車処分の妥当な車にも0円以上の値段をつけて、買い取れるのには理由があります。

        海外へ輸出販売できるルートを持っている、パーツを取り出してパーツ販売できる流通網を持っているといった点です。

        家に年式が古い、走行距離が10万kmを超えているといった車があるかもしれません。処分するにはお金を払わないといけないと諦めず、一度廃車専門買取業者に査定を依頼してください。

        いらない車でも売却可能な買取業者

        ナビクル廃車買取

        ナビクル廃車買取トップページ

        ナビクル廃車買取の特徴
        • 全国どこでも出張買取が可能
        • 他社にて断られた車でも買取可能
        • レッカー代・解体費などすべて無料

        ナビクル廃車買取では全国どこでも出張買取に出掛けるサービスを提供しています。近くに廃車専門買取業者がないという方、他社で買取を断られた方におすすめです。

         ナビクル廃車買取では、10年落ち・走行距離10万km越えの車でも買取した実績があります。

        ナビクル廃車買取では、廃車処分に必要な引取手数料・レッカー代・解体費、手続き代行費用がすべて無料です。

        公式サイトから買取額のチェックもできます。
        買取可能な車 事故車・故障車・低年式・多走行など、通常の買取業者で買い取れない車
        依頼方法 公式サイト
        査定料金 無料
        運営会社 株式会社エイチームライフデザイン

        出典:ナビクル廃車買取公式

        ハイシャル

        ハイシャルトップページ

        ハイシャルの特徴
        • どんな状態の車でも0円以上で 買取保証
        • 最短20秒で査定価格を教えてくれる
        • レッカー代や書類代行費用などが一切無料

        ハイシャルでは年式の古い車・事故車、動かない車・車検切れの車でも買取可能です。ディーラーでの下取り処分を断られたといった方は、ハイシャルでの売却処分をおすすめします。

         ハイシャルでは電話での査定が可能です。最短20秒で買取価格を教えてくれます。

        ハイシャルでは、レッカー代・引取費、廃車手続きの代行費用などが無料です。車検切れや保険切れ・故障などにて動かせない車でも、レッカー代が無料なので気軽に出張買取を依頼できます。

        ハイシャルでは、契約完了後の減額や実車確認後の減額などはありません。安心してできます。
        買取可能な車 低年式・事故車・不動車・車検切れの車など
        依頼方法  電話・公式サイト
        査定料金  無料
        運営会社 ユニオンエタニティ株式会社

        出典:ハイシャル公式

        はなまる

        はなまるトップページ

        はなまるの特徴
        • 事故車・廃車の査定ノウハウをきちんと身につけたプロが査定してくれる
        • 全国20の営業所より査定から引取までスピーディーに対応
        • 配送コスト削減を実現し、コストカット分を高価買取価格でお客様に還元

        はなまるだと廃車処分する車だけでなく、事故車・故障車・水没車でも買取が可能です。

        事故車や廃車の査定に精通したプロの営業マンが、愛車をきちんと査定してくれるので安心して利用できます。

         花丸は全国に20か所の営業所があり、最寄りの営業所より査定から引取まで迅速に対応してくれます。

        はなまるは自社で物流システムを確立しているのです。配送コストをカットでき、コストカットした分を高価買取価格という形でお客様に還元しています。

        はなまるは自社運営のネットオークションがあるので、どんな状態の車でも買取が可能です。
        買取可能な車 低年式・過走行・事故車・故障車・水没車
        依頼方法 電話・公式サイト・KINE
        査定料金 無料
        運営会社 株式会社はなまる

        出典:はなまる公式

        まとめ

        この記事では車を廃車処分するときの費用、買取・下取り処分するときに少しでも買取価格をアップさせるための方法などを紹介しました。

        買取・下取り処分の場合は、買取査定サービスを利用して、愛車の買取価格の相場をチェックしてください。

        買取査定サービスや廃車買取業者などを上手に利用すると、車の処分費用を削減できるだけでなく、場合によってはお金が戻ってくるかもしれません。

        お金を払い廃車処分をする車でも、廃車専門買取業者に買取を依頼すると値段が付くケースもあります。

        車買取関連記事

        車種別関連記事
          ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
          ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
          ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
          ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
          ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
          おすすめの記事