車の運転免許は何歳から取得できる?免許取得の年齢制限について解説

車の運転免許には、年齢や運転経歴などによる取得条件が定められています。

 たとえば、普通免許であれば満18歳以上、中型免許であれば満20歳以上でなければ運転免許を取得することはできません。

新しく車の運転免許の取得を考えている方の中には、年齢について疑問を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、車の運転免許の年齢制限について詳しく解説します。

新しく運転免許の取得を考えていたり、ほかの種類の運転免許の取得を検討している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

車の運転免許は何歳から取得できる?

車の運転免許は何歳から取得できる?

車の運転免許は、満18歳以上であれば誰でも取得することが可能です。

 この年齢制限は道路交通法で決められていることなので、いかなる理由があっても18歳以下の方は運転免許を取得することはできません。

免許取得は18歳からですが、条件を満たせば教習所には17歳からでも通うことが可能です

入校の時期やタイミングが定められているところが多く、18歳以下の方は入校の条件を満たしているかどうかを確認しましょう。

高校生でも車の運転免許は取得できるのか

高校生でも車の運転免許は取得できるのか

「18歳になったら、すぐにでも車を運転したい!」と考えている方も多いはずです。

日本では、18歳以上であれば誰でも車の運転免許は取得できます。そのため、もちろん高校生であっても免許の取得は可能です

実際に、進路を決定したたくさんの高校生が、冬休みから春休みにかけて教習所に通い詰めている姿をよく見かけますね。

進学や就職で忙しくなる前に教習所に通えるので、高校生は教習を受けるベストな時期であるといえるでしょう。

 校則によって運転免許の取得について制限があったり、教習所によっては入校のタイミングが定められていることもあります。

高校によっては、校則で運転免許の取得についてルールが定められているところもあります。もし校則を違反してしまったら、停学処分などの罰を受ける可能性もあるでしょう。

車の運転免許の取得を考えるのは、大事な進学や就職などが決まる高校3年生の時期なので、この時期に処罰を受けないように注意が必要です。

 また、教習所によっては18歳になる誕生日の1ヶ月前から入校可能などのルールが定められていることもあります。

さらに、公道で教習を受ける際に必要な「仮免許」は、18歳以上でなければ取得することはできません。18歳になる前に入校できたとしても、実際に運転免許が取得できるのは18歳になってからとなります。

18歳の誕生日が待ち遠しいですね。

運転免許の種類によって取得できる年齢制限は異なる

運転免許の種類によって取得できる年齢制限は異なる
実は、運転免許にはさまざまな種類があり、その免許によって取得できる年齢制限も異なります。ここからは、運転免許ごとの取得できる年齢をご紹介します。

普通自動車運転免許以外の免許取得を考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

第一種運転免許を取得できる年齢

第一種運転免許とは?
公道で主に自家用自動車を運転する際に必要となる免許です。

第一種運転免許には、以下の10種類の免許があります。

第一種運転免許の種類
  • 普通免許
  • 準中型免許
  • 中型免許
  • 大型免許
  • 原付免許
  • 小型特殊免許
  • 普通二輪免許
  • 大型二輪免許
  • 大型特殊免許
  • けん引免許

今回は、この中から6種類の運転免許の年齢制限について解説します。

普通免許

一般的に車の運転免許を取得するとなると、この普通免許を取得します。普通免許は、満18歳から免許取得が可能です。そして普通免許を取得すると、以下の車を運転することが可能になります。

運転可能な車
  • 普通自動車
  • 小型特殊自動車
  • 原動機付自転車

運転できる車については詳細な制限が設けられていて、3.5t未満の車両総重量で10人以内の人を乗せられる車と決まっています。2t未満の荷物であれば、車に積み込むことが可能です。

そして、普通免許にはAT限定免許という区分も存在します。

 AT限定免許はAT(オートマチック)車のみ運転できる免許で、AT限定免許ではMT(マニュアル)車は運転できません。

現在の自家用車はほとんどがAT車なので、AT限定免許でも不自由はありません。

準中型免許

準中型免許

準中型免許は、平成29年3月12日に新設された比較的新しい運転免許です。準中型免許を取得できるのは、満18歳以上の方に限ります

準中型免許を取得すると、以下の車を運転することができるようになります。

運転可能な車
  • 準中型自動車
  • 普通自動車
  • 小型特殊自動車
  • 原動機付自転車

準中型免許を取得することで、車両総重量3.5t~7.5t未満で、乗車定員10人以下」の車が運転できるようになります。
そして、最大積載量は4.5t未満と定められています。

普通免許よりも大きな車が運転できるようになりますね。
 準中型免許を取得すると、2人世帯程度の荷物が積めるトラックが運転できるようになるので、引っ越しの際はとても便利になります。

中型免許

中型免許は、満20歳以上で取得可能になる運転免許です。さらに、年齢だけではなく普通免許や準中型免許などの運転免許を2年以上保有していることが取得の条件となります。

ただし、免停などの処罰を受けた期間は通算期間から除外されるので注意しましょう。

中型免許を取得すると、以下の車を運転することができます。

運転可能な車
  • 中型自動車
  • 準中型自動車
  • 普通自動車
  • 小型特殊自動車
  • 原動機付自転車

車両総重量が7.5t〜11t未満で、11人〜29人が乗れる車を運転することができるようになります。これらの車には、マイクロバスや中型トラックが該当します。

大型免許

大型免許は、満21歳以上で取得可能です。また、「普通免許や中型免許などの運転免許を2年以上保有していること」が取得の条件となります。

大型免許を取得すると、以下の車が運転可能です。

運転可能な車
  • 大型自動車
  • 中型自動車
  • 準中型自動車
  • 普通自動車
  • 小型特殊自動車
  • 原動機付自転車

車両総重量が11t以上で、乗車定員30人以上と、とても大きな車を運転できるようになります。

大型特殊免許

大型特殊免許

大型特殊免許は、満18歳以上の方が取得できる運転免許です。

大型特殊免許の取得についてはこれまでの運転経歴などの条件は定められていないので、18歳を迎えると誰でも取得することができます。

大型特殊免許を取得すると、以下の車が運転できます。

運転可能な車
  • 大型特殊自動車
  • 小型特殊自動車
  • 原動機付自転車

主にホイールローダー、フォークリフト、ブルドーザーなどが運転できるようになります。

しかし、大型特殊免許のみでは、乗用車を運転することができません。乗用車も運転したい場合は注意が必要です。

乗用車も運転する場合は、普通免許を取得しましょう。

けん引免許

けん引免許は、満18歳以上で取得可能です。

 けん引免許を取得すると、車両総重量750kgを超える車をけん引することができます。

けん引免許は少し特殊で、普通免許や中型免許、大型免許などのほかの運転免許を持っていなければ、取得することができません

ただし、750kg以下の車をけん引する場合は、けん引免許は不要です。

けん引する車の重量を確認し、必要に応じてけん引免許を取得しましょう。

第二種運転免許を取得できる年齢

第二種運転免許を取得できる年齢

第二種運転免許とは、事業目的として車を運転する場合に必要な免許です。

バスやタクシーなどのドライバーが取得している免許ですね。

事業用に必要な運転免許なので、年齢制限などの取得条件も第一種運転免許とは異なります。第二種運転免許は、主に以下の5つです。

第二種運転免許の種類
  • 普通二種免許
  • 中型二種免許
  • 大型二種免許
  • 大型特殊二種免許
  • けん引二種免許

今回は、この中から4種類を抜粋して解説します。

普通二種免許

普通二種免許は、満21歳以上の方が取得可能です。取得条件は年齢だけではなく、普通免許を取得してから通算で3年以上の運転経歴が必要です

普通二種免許で運転できる車の代表例として、タクシーやハイヤー、介護送迎車などがあります。

中型二種免許

中型二種免許は、満21歳以上で取得できます。中型二種免許も普通二種免許と同じく、第一種免許を取得してから通算で3年以上の運転経歴が必要です

中型二種免許では、介護送迎バスや緑ナンバーのマイクロバスが運転できるようになります。

大型二種免許

大型二種免許は、満21歳以上で取得可能です。大型二種免許の取得には、第一種免許を取得してから通算で3年以上の運転経歴が必要です

大型二種免許を取得すると、路線バスや観光バスが運転できるようになります。

大型特殊二種免許

大型特殊二種免許は、満21歳以上で取得できます。大型特殊二種免許を取得するには、第一種免許を取得してから通算で3年以上の運転経歴が必要です

大型特殊二種免許では、フォークリフトやショベルカー、キャタピラー車が運転できます。

現在は大型特殊自動車を使って旅客を運送することはほとんどないため、大型特殊二種免許を取得する人は少ないといわれています。

車の運転免許の取得には年齢の上限設定がある?

ここまでさまざまな運転免許の年齢制限を見てきましたが、運転免許の年齢の下限は満18歳以上となっています。では、車の運転免許取得における年齢の上限設定はあるのでしょうか。

車の運転免許の取得には年齢の上限設定がある?

現在の道路交通法では、運転免許取得における年齢の上限は設定されていません。そのため、何歳になってからでも運転免許を取得することが可能です。

 運転免許の更新についても、年齢の上限は定められていません。

しかし、運転免許の更新日が満70歳以上となる場合は、高齢者講習の受講が必要です。さらに、満75歳以上になると認知機能検査も受ければいけません。

最近は高齢者の事故が多発しているので、安全運転のために講習や検査を受けることが必須となっているのです。

 何歳になってもチャレンジはできますが、高齢になると講習や検査の機会が増えることを留意する必要があります。

国によって車の運転免許の年齢制限は異なる

世界でも、国によって車の運転免許の年齢制限は異なる
運転免許の年齢制限は世界で統一されているものではなく、国によって異なります。ここまでご紹介した運転免許の年齢制限は日本でのケースですが、世界では運転免許の年齢制限がバラバラなのです。

国ごとに年齢制限が違っていると、少しややこしいですね。

ここからは、国ごとの運転免許が取得できる年齢についてご紹介します。

海外で運転免許の取得を考えている場合は、年齢制限に注意しましょう。

アメリカでの車の運転免許が取得できる年齢

アメリカは、多くの州で満16歳以上から運転免許の取得が可能です。ただし、一部の州では16歳以下でも運転免許が取得できるなど、州によって年齢制限は異なるので注意が必要です。

たとえばアラスカ州では、条件付きで14歳から運転ができるようになります。

 アメリカだけ運転免許の年齢制限が緩い理由として国土が広いため車が生活必需品であり、1人で外を歩いて事件に巻き込まれるリスクを減らすためということがあげられます。

アメリカは、日本よりもかなり若い年齢で車の運転ができるんですね。

イギリスでの車の運転免許が取得できる年齢

イギリスでは、車の運転免許は満17歳以上から取得できます。

そして、実はイギリスには「教習所」がなく、自分で教官を予約してレッスンしてもらう必要があるのです。日本では当たり前の教習所内のコースもないので、いきなり路上での実習となります。

イギリスでの運転免許の取得は、かなり実践的といえます。

イギリスでは、日本より1年早く運転免許を取得できます。

ドイツでの車の運転免許が取得できる年齢

ドイツでは、車の運転免許は満17歳以上から取得することが可能です。

実は、ドイツでは最近になってから運転免許取得の年齢制限が改正され、17歳で運転免許が取得できるようになりました。

 元々は、本と同じく満18歳以上でなければ運転免許の取得はできませんでした。

従来よりも1年早く運転免許が取得できるようになりましたが、満17歳以上で運転免許を取得した場合は、車の運転には制限が設けられます。

その制限とは、運転の際には免許取得から5年以上または30歳以上の免許保有者が同乗することです。

この制限を守らなければ満17歳以上であっても車の運転はできないので、注意が必要です。

中国・タイ・韓国での車の運転免許が取得できる年齢

中国・タイ・韓国では、日本と同じく満18歳以上から運転免許が取得できます。

アジア圏では車の免許取得は満18歳以上からと定めている国が多く、日本の運転免許の年齢制限はアジア圏のスタンダードであるといえます。

 運転免許取得の年齢制限は同じですが、免許の区分が日本とは違うことがあるので注意しましょう。

年齢によって教習所の費用に違いはある?

年齢によって教習所の費用に違いはある?

基本的に、年齢が原因で教習所の費用に大きな違いが出ることはありません。年齢が上がるにつれて費用が加算される、ということも基本的にはないといえます。

 しかし、学生には学割を適用する教習所が多く、学生であれば費用が割安で済む場合があります。

また、年齢が高くなるにつれて加齢によって運転能力が落ちることがあるので、教習で失敗した分追加で教習費用がかかってしまうというケースも

年齢によって費用の違いはありませんが、補講などで別途費用がかかることもあるので注意しましょう。
 最近では、卒業までは補講を受けても追加料金がかからないコースを用意している教習所もあるので、チェックしてみましょう。

おすすめ免許合宿サイト5選

1運転免許センタードリーム

運転免許センタードリーム
運転免許センタードリームのおすすめポイント
  • 最低価格を保証
  • キャンペーンで安く免許が所得できる
  • 安心サポートシステムで心配事や悩み事を相談できる
  • 仮申し込みのキャンセル料は無料
  • 免許の種類出発地域行きたい地域から合宿免許を探せる
  • 企画や目的に合った合宿免許も検索できる
  • 教習所探しから入校の本申し込みまで手続き可能 ※公式ページ参照
運転免許センタードリームは、合宿免許を検索、申し込みまでできるサービスです。細かく条件を設定して検索できるので、自分にぴったり合う合宿免許が選べます。

検索項目
  • 免許の種類
  • 出発地域
  • 行きたい地域
  • 企画内容・目的
自分が行ってみたかった地域に旅行も兼ねて、合宿免許に行きたい方におすすめです。
 運転免許センタードリームでは、価格保証もしているのでプランや合宿先の比較、検討もしやすいです。
カップルや友人で免許を取ろうとしている方向けのプランも用意されています。運転免許センタードリーム限定で普通車+2輪車のセットプランも提供されています。
ご自身で普通自動車免許の入会を申し込むよりも、お得な金額で入校できます。
会社名 株式会社ドリーム(ドリーム運転免許センター)
電話番号 0120-911-592
対応エリア 全国

2合宿免許受付センター

合宿免許受付センター
合宿免許受付センターのおすすめポイント
  • インターネット申込なら5,000円オフ
  • 免許取得でTポイントが貯まる
  • 全国各地の合宿免許を紹介している
  • 早割、学割、グループ割などお得な割引制度を提供
  • 二輪お得コースならバイクとAT限定免許をお得に取得可能
  • 5つの補償が付いたあんしん傷害保険を1,000円で加入できる
  • フリーダイヤルで入校時・合宿中の不安や疑問の相談に乗ってくれる ※一部教習所のみ対応
合宿免許受付センターは、全国各地の合宿免許の紹介、仲介をしています。
 東北地方から九州地方までの教習所が紹介されているので、希望のエリアを選択可能です。
合宿免許受付センターはお得なプランを多数用意している点が魅力です。

プラン例
  • 自炊&お食事フリーコース
  • ひとりでおすすめコース
  • グループおすすめコース
  • 限定日お得コース
  • 二輪お得コース
  • ツインお得コース
また合宿免許受付センターでは、コールセンタースタッフが入校前や入校中の不安や疑問に丁寧に対応してくれます。
「検定に落ちてしまってどうしよう」「一人で入校している人は多い?」など些細な疑問にも相談に乗ってくれますよ。
会社名 株式会社aruku 
電話番号  0120-44-0016
対応エリア 東北、関東、甲信越、北陸、東海、関西、中国、四国、九州

3免許合宿ライブ

免許合宿ライブ
免許合宿ライブのおすすめポイント
  • これまで免許合宿に参加した方は2,230人以上
  • 入校の21日前までならキャンセル料は無料
  • 卒業者限定で往復交通費も補助してもらえる
  • 早割・学割・グループ割、延長保証付きのプランあり
  • 3食分の食事代+ケーキバイキングや温泉チケットなど特典付きのプランも
  • 国内旅行傷害保険に加入できる
  • リアルタイムで合宿所の申し込み状況を確認できる ※公式ページ参照
免許合宿ライブは、リアルタイムで合宿所の申し込み状況が確認できるサイトです。
 人気の合宿所や評判が良い合宿所を探したい方にぴったりのサービスです。
免許合宿ライブは、パック料金の中に教習に必要な費用が全て含まれているのも魅力となっています。
費用の中には宿泊費教習代金はもちろん、3食の食事代も含まれています。

合宿免許の中には自炊プランなどで食事代が含まれていないケースもあります。教習代金に毎食の食事代も加えたら高くついた、なんて失敗も減らせます。
免許合宿ライブは、プラン内容も豊富で好みのエリアや宿泊先や特典付きのプランを探すことが可能です。
会社名 株式会社ナンバメイト 
電話番号  0120-997-654
対応エリア  全国

4合宿免許プラス

合宿免許プラス
合宿免許プラスのおすすめポイント
  • 分割払いは24回払いにまで対応可能
  • ローンなら最大60回払いまで可能
  • 全国公安委員会指定の厳選した合宿教習所を紹介してもらえる
  • 普通二輪と普通自動車免許のセットプランも提供中
  • グループで利用できるツインプラン、トリプルプランもあり
  • 卒業生向けの特典として往復交通費を補助※ ※一部の教習所を除く
合宿免許プラスは今すぐまとまった現金が用意できない方にも向いているサービスです。 合宿免許プラスでは以下の支払い方法が用意されています。

  • 銀行振込
  • クレジットカード払い(一括・分割)
  • 運転免許クレジット(ローン)
ご自身でクレジットカードを所有していない方でも、運転免許クレジットであればローンが組めます。
 学生は保証人不要なので、時間に余裕がある在学中に免許を取っておきたい方にもぴったりです。
お手持ちのクレジットカードの分割払いは最大24回まで、ローンであれば最大60回までの分割払いが可能です。
合宿免許プラスは、全国公安委員会指定の厳選した合宿教習所を紹介してもらえるので安心できます。
会社名 株式会社ナンバメイト 
電話番号  0120-956-129
対応エリア  全国

5ユーアイ免許

ユーアイ免許
ユーアイ免許のおすすめポイント
  • 全国52校の合宿免許プランを紹介
  • 入校時期別の割引プランも提供中
  • プランへの申し込みでTポイントが貯められる※一部のプランのみ
  • 早割、学割、グループ割で最大13,000円割引可能
  • インターネットでの申し込みなら5,000円割引
  • 卒業時には規定分の往復交通費が支給される ※公式ページ参照
ユーアイ免許は一部プランへの申し込みでTポイントが貯まります。様々な割引制度が用意されているところも特徴です。

割引制度の例
  • 学割
  • 早割
  • グループ割
  • インターネット申込割引
上記の割引を全て利用すれば最大18,000円も教習代金が割り引かれます。

また上記の割引とは別に普通自動車免許と普通二輪のセット受講ができるプランも用意されています。別々に2つの免許を取得するよりも時間もお金もお得です。
 二輪同時特別プランは普通自動車がAT限定もしくはMT車を好みで選択できるので、ご自身が欲しい免許が取得可能です。
ユーアイ免許では、入校日ごとにおすすめのプランが用意されていますので、ご都合に合わせて入校日を設定しやすいですよ。
年末年始や授業、ゼミの繁忙期など一時帰宅できるプランも用意されています。
会社名  株式会社ユーアイ
電話番号 0120-677-604 
対応エリア  全国
※公式ページ参照

まとめ

車の運転免許の年齢制限や、日本と海外での運転免許取得の年齢制限の違い、そして年齢による教習費用の違いの有無について解説しました。

日本では、基本的に車の運転免許は満18歳以上で取得することができます。

 旅客を運送することを目的としている第二種運転免許は、年齢制限も少し厳しくなります。

たとえ18歳の誕生日を迎えていなくても、誕生日の数ヶ月前から入校できる教習所もあるので、なるべく早く運転免許を取得したいという方は、各教習所の情報をチェックしましょう。

運転免許の種類によっても年齢制限は異なるので、教習を受ける前に必ず確認しておきましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事