車の個人売買の方法とは?手続きに必要な書類・トラブル回避方法を紹介

車を売り買いする方法の1つが個人売買です。しかし、車の売却・購入を検討するなかで、個人売買の方法や流れ、買い手側・売り手側の注意点などを知りたいという方も多いでしょう。

さらに、リスクを軽減するためにも車の個人売買にまつわるトラブルについて事前に知っておく必要があります。

そこでこの記事では、車を個人売買する方法について解説。また、個人売買の流れや買い手・売り手双方の注意点などについても詳しく紹介するため、参考にしてみてください。

個人売買で車の取引を検討されている方は、確認しておくことをおすすめします。

車を個人売買するケースとは?

車の鍵をもらう

車を個人売買するケースは主に2つに分けられるので、それぞれの方法と注意点について簡単に紹介します。

車を個人売買する場合の主なケース
  • 知り合い同士での売買
  • 知らない相手同士での売買

知り合い同士で売買するというのは、以前から行われてきた車の個人売買の方法です。知り合いとやり取りするため、車の状態や名義変更などの手順をきちんと確認せずに、後でトラブルになるケースもあります。

一方、知らない相手同士の個人売買は、利用が一般的になってきた「ヤフオク!」「ジモティー」などのオークションサイトフリマサイトを使って個人売買する方法です。

 知らない相手同士の個人売買ではお金の振り込みがきちんとされない、実際の車両状態が説明と違う、名義変更がされていないなどのトラブルが起こることがあります。

リスクを避けるためにも、知らない相手同士の個人売買では代金の支払い方法車両状態の確認をきちんとしましょう。また、売買契約後の名義変更手続きなどについて、双方同意のもとに契約することも必要です。

車を個人売買するメリット

おすすめ

車を個人売買するメリット
  • 売り手・買い手双方の希望に沿った売買価格が実現しやすい
  • 業者より高く売れる、業者より安く買える可能性がある
  • 税金・各種手続きにかかる費用をカットできる
  • 入手困難な希少車が見つかる可能性もある

オークションサイトでは希望落札価格を設定して、購入希望者側も設定された金額に納得して落札します。そのため、双方が納得した金額で売買できる点はメリットです。

さらに、中古車買取業者を仲介して車を売買する場合は、間に入る業者の数だけ経費や手数料・業者の利益といった中間マージンが発生することから、車体以外の費用が発生していまいます。

 個人売買では間に介入する業者の中間マージンが発生しません。業者に売るよりも高く売れる、業者から買うよりも安く買える可能性があります。

また、個人売買では消費税がかからず、名義変更などの手続きも基本的に自分たちで行います。業者に依頼したときの代行手数料なども発生しないため、取引にかかる費用を大幅に抑えられるでしょう。

オークションサイトでは、中古車販売店では見かけないレアな車と出会える可能性もあります。

【買い手側】車を個人売買するときの流れ

車を個人売買で購入する場合の流れ
  1. 車の状態の確認
  2. 契約手続き
  3. 代金の支払い
  4. 車両の引き渡し
  5. 車両・自賠責保険の名義変更
  6. 任意保険の手続き

    車の状態の確認

    質問

    オークションサイトなどで車を見つけた場合は、実際に車を見てキズ・へこみやエンジンの状態・足回り・内装、電装系・修理歴の有無などを確認することが重要です。

     可能であれば試乗して、走行状態をチェックをしておくと安心して取引できるでしょう。

    さらに、現在の車の所有者に自動車税の未納があるなら、車を購入しても車検を受けられません。そのため、自動車税の未納があるか確認しておくことも必須です。

    契約手続き

    書面で契約

    個人売買が成立した後のトラブルを回避するためにも、書面で売買契約を交わすことがおすすめです。たとえ知り合い同士の個人売買でも、口約束だけでやり取りするのはトラブルの原因に繋がります。

    そして、契約書には少なくとも、以下の項目が含まれているのが望ましいでしょう。

    車契約書に含めるべき項目
    • 目的物(対象となる車)
    • 個人売買で発生する代金
    • 代金の支払い時期と支払い方法
    • 受け渡しの日程と受け渡し方法
    • 車両本体代金以外にかかる費用(税金・受け渡し前の整備費・陸送費など)

    上記の項目に加えて、引き渡し完了前に災害や盗難で車が損傷・紛失した場合、どちらが負担を背負うのかを決める危険負担の項目を追加しておくと安心です。

    車の引き渡し後に不具合が発覚した場合、売り手側に責任を負ってもらえる契約不適合責任の項目も追加できます。

    代金の支払い

    お金と車

    契約を取り交わした後は、指定の期日までに指定された方法で代金を支払います。代金の支払い期日やその方法については、契約のタイミングで書面に残すことが大切です。

    実際に、代金の支払いをめぐって期日までに代金が振り込まれていない、クレームをつけられて代金を無理やり減額させられたなどのトラブルが起こる可能性も少なくありません。

    金銭トラブルを避けるためにも、代金の支払い期日や方法はきちんと書面に残しましょう。

    車両の引き渡し

    ボンネットを開けてみる女性

    車両の引き渡し日や支払い方法も契約書内で取り決められるため、指示通りに車の受け渡しが行えます。しかし、車を受け取ったらすぐに車両を確認することが重要です。

     契約前に確認したときにはなかったキズ・へこみ、その他の不具合があればすぐに陸送を依頼した会社や売り手側に確認する必要があります。

    車の受取が終わってからしばらくして、車に問題があることに気づくかもしれません。それが売り手側に原因があるのか、陸送時に起こったものなのか判断することは難しいものです。

    トラブルを回避するためにも車を受け取ったら、すぐに車両状態を確認しましょう。

    車両・自賠責保険の名義変更

    車検証

    車を受け取ったなら、なるべく早く車両の名義変更自賠責保険の名義変更を行いましょう。基本的には買い手側が新しい所有者として、名義変更するケースが多いです。

    名義変更は、売り手側から譲渡証明書・名義変更のための委任状が必要です。また、車検証印鑑登録証明書といった必要な書類も受け取らなければなりません。

     自賠責保険の名義変更手続きについては、加入している保険会社により手続きが違います。なお、手続きの方法は公式サイトや最寄りの営業所などで確認可能です。

    そして、車両・自賠責保険の名義変更が終わったなら、手続きが終わったことを売り手側に伝えましょう。

    任意保険の手続き

    保険

    これまで自動車保険に加入していなかったのであれば、新規で任意保険を契約する必要があります。

     既に自動車保険に加入しており、今回の個人売買で増車するケースもあるでしょう。その場合は、自動車保険料が安くなることもあります。

    また、今まで乗っていた車を処分して今回購入した車に乗り換えるという場合は、契約車両の変更(車両入替)手続きが必要になることも確認しておくべきポイントです。

    【買い手側】車を個人売買するときに必要なもの

    書類を読む男性

    買い手側が揃えるもの
    • 自動車保険場所証明書
    • 印鑑登録証明書
    • 委任状(手続きを第三者に依頼する場合)

      自動車保管場所証明書は車庫証明のことで、発行後1カ月以内の書類を用意する必要があります。なお、車庫証明の発行は、車庫のある最寄りの警察署で自動車保管場所証明申請書に必要事項を記入して手続きが可能です。

      そして、保管場所の所在図・配置図などの必要書類と一緒に提出すれば、後日警察署で受け取れます。

       印鑑登録証明書は、車の名義変更に必要な書類です。印案登録証明書の有効期限は3か月なので、マイナンバーカードでコンビニ発行、もしくは役所で名義変更の手続き前に取得しておきましょう。

      さらに、名義変更を売り手側もしくは第三者に委任する場合は委任状が必要です。委任状は国土交通省の公式ページから、様式をダウンロードして利用できます。

      ※:国土交通省公式

      【売り手側】車を個人売買するときの流れ

      車を個人売買で売却する場合の流れ
      1. 車を出品する
      2. 購入希望者への対応
      3. 契約手続き
      4. 代金の支払い確認
      5. 車両の引き渡し
      6. 車両・自賠責保険の名義変更
      7. 任意保険の手続き

        車を出品する

        車をネットに出品する

        知らない相手に車を個人売買で売る場合は、オークションサイトやフリマサイトに車の画像や商品説明をアップして、購入希望者を探します。その際は車の情報について正直に伝えることが重要です。

         車を高く売りたいため、キズやへこみ・修理歴などについては隠す人もいます。しかし、実車確認のときに、車の知識がある人が見れば隠している部分が発覚するでしょう。

        また、車の引き渡し後に、不具合がないかを確認するために整備工場での点検や中古車買取店での査定を依頼する方もいます。そのため、トラブルを回避するためにも、最初から車の情報は買い手側にきちんと伝えることが重要です。

        購入希望者への対応

        車を運転する人

        買い手側も、個人売買でのやり取りに不安を感じている場合があるでしょう。不安を解消するためには連絡を取り、価格や支払期日、支払い方法・車の引き渡し費用などの条件をすり合わせることが重要です。

        また、取引時には値引きを要求する人がいるため、交渉が必要なケースもあるかもしれません。そのため、正当な価格で車を売却するためにも、車の買取相場を知っておくことをおすすめします。

        車の適正価格を知っておけば、無理な値引きにもうまく対応できるはずです。

        契約手続き

        買い手側の流れの中でも述べたように、契約書を作成して契約するのがトラブルを避ける最善の方法です。契約書を作成する際の売り手側の注意点は、車両情報を詳細に記載することでしょう。

        買い手・売り手で一緒に車両を見て状態を確認しても、不具合などについて後から「聞いていない」とクレームを付けられる可能性があるため、車両情報を詳細に記載しておくことをおすすめします。

        代金の支払い確認

        支払い

        代金の支払いに関するトラブルも、個人売買では起こりえます。そのため、車両代金支払い期日支払い方法などを書面に記す前に、支払い方法を確認して合意した内容を契約書に記載することが重要です。

        さらに、陸送名義変更などの手続きについてもどちらが費用を負担するのか、どちらが手続きを行うのか決めておく必要があります。

        車両の引き渡し

        車両の引き渡しなどで陸送業者を利用する場合は、事前にレッカーを依頼しておきましょう。そして、陸送業者に車を渡す前に、車の状態を業者と一緒に確認することが重要です。

         車の確認をしていなければ、陸送のときに飛び石などで車体にキズがついたとしても、責任がどこにあるのか明確に判断できなくなる可能性が考えられます。

        また、「車が届いていない」とクレームをつけられたり、車の所在がわからなくなったりというトラブルを避けるためにも、納車が完了したならきちんと連絡をしてもらうように陸送業者に伝えることも重要です。

        車両・自賠責保険の名義変更

        書類の記入

        車の名義変更や自賠責保険の名義変更は、一般的に買い手側が行います。そのため、買い手側はすぐに名義変更の手続きができるように、必要な書類を早めに渡すことを心掛けましょう。

         個人売買で起こるトラブルとして、買い手側が名義変更をしないまま放置するというものがあります。

        買い手側が名義変更をしないなら、自動車税の納付書が売り手側にそのまま郵送されてしまうのです。そして、買い手側が事故を起こした場合、売り手側に連絡が来るなどのトラブルが起こり得ます。

        買い手側が新所有者としての名義変更を行ったら、連絡をもらえるようにお願いすると安心です。

        任意保険の手続き

        保険

        車を売り乗り換える場合は、契約車両の変更(車両入替)手続きが必要です。そのため、車を売却した後で次の車に乗り換える予定がないのであれば、解約手続きを行いましょう。

         解約する際自動車保険の有効期間が残っているなら、既に支払っている残期間分の保険料が戻ってくる可能性があります。

        また、近い将来また車に乗る可能性があるなら中断証明書の発行を依頼できることも確認しておきましょう。中断証明書とは、手続きから10年間は自動車保険を新規契約した際に以前の等級が適用される書類です。

        もし、車を売却した後に自動車保険の解約を忘れると無駄な保険料を払い続けることになります。解約手続きの申請を忘れていたからといって、過去にさかのぼって解約もできません。

        【売り手側】車を個人売買するときに必要なもの

        売り手側が揃えるもの
        • 自動車検査証
        • 自賠責保険証明書
        • 自動車納税証明書
        • 自動車リサイクル券
        • 譲渡証明書
        • 委任状(第三者に依頼する場合)
        • 印鑑登録証明書
        • 住民票・戸籍附票・戸籍謄本(住所や名前が変わっている場合)

          自動車検査証・自賠責保険証明書

          車検証

          自動車検査証とは車検証のことで、車のダッシュボードの助手席側の物入れに保管していることが一般的でしょう。車を売る時には、自動車検査証が必要なのできちんと保管されているか確認することが重要です。

          また、自賠責保険証明書に保険の残存期間がある場合は、名義変更の手続きを行わければなりません。自賠責保険証明書は車検証と一緒にファイルに入れて、ダッシュボードに保管されることが多いです。

          車両引き渡しの前に、車検証と自賠責保険証明書がセットであるかどうか確認しましょう。

          自動車納税証明書

          自動車納税証明書は自動車税を納付したことを証明するための書類で、自動車税を納付したとき控えとしてもらいます。名義変更などの手続きのために、自動車納税証明書が必要なわけではありません。

          しかし、自動車税もしくは軽自動車税の未納があると買い手側が車検を受けられない可能性もあります。そのため、準備しておけば滞納していないことを証明できるでしょう。

          自動車リサイクル券

          オレンジの車

          リサイクル券は、3枚の券が縦に並んだ状態で構成された淡いグリーン色の紙です。A・B・C券があり、A券は預託証明書で預託金の合計額が記載されています。

           B券は使用済自動車引取証明書で、使用済自動車の解体やリサイクルをすることを認可されている業者が、車を引き取って解体する時に切り取るものです。

          C券は資金管理料金受領証といい、リサイクル料金を支払う際の手数料に該当する資金管理料金が記載されています。なお、リサイクル券は、買い手側が将来車を廃車するときに必要です。

          リサイクル券も車検証や自賠責保険証明書と一緒に保管されているケースが多いでしょう。

          譲渡証明書

          車の鍵

          譲渡証明書は、売り手(旧所有者)から買い手(新所有者)へ車が譲渡されたことを証明する書類です。譲渡証明書の記載例・様式は国土交通省の公式ページから確認できます。

          なお、譲渡証明書に押す印鑑は印鑑登録証明で登録している印鑑と同じ印鑑を押されなければなりません。譲渡証明書に認印は使えないので注意しましょう。

          ※:国土交通省公式

          委任状(第三者に依頼する場合)

          委任状は、名義変更の手続きを買い手側や第三者に依頼する際に必要です。そのため、買い手側に名義変更の手続きをお願いする場合は、売り手側の実印が押された委任状を用意しましょう。

          委任状の記載例・様式についても、譲渡証明書と同じく国土交通省の公式サイトから入手できるので、書類を記載する際は参考にできます。

          印鑑登録証明書

          契約書

          名義変更に必要な書類の中には、実印を押す必要があります。そして、押された実印が本物であることを証明するために、印鑑登録書を提示することも確認しておきたいポイントです。

          印鑑登録証明書は、コンビニ交付に対応している市区町村であれば、マルチコピー機を使いマイナンバーカードで発行できます。また、役所の窓口で発行を依頼することも可能です。

          住民票・戸籍附票・戸籍謄本(住所や名前が変わっている場合)

          車検証に記載されている住所と現住所が違う場合は、転居したことを証明できる住民票もしくは戸籍附票が必要です。また、車検証に記載されている名前と今の名前が違うという場合は、戸籍謄本を用意しましょう。

          なお、住民票は住んでいる市区町村の役所、戸籍附票と戸籍謄本は本籍地のある市区町村の役所・役場で取得可能です。

          車の個人売買でよく起こるトラブルとは?

          落ち込む男性

          車の個人売買でよく起こるトラブル
          • 【買い手】購入してからすぐに車が故障した
          • 【買い手】輸送費として高額請求された
          • 【売り手】車の代金が支払われない
          • 【売り手】名義変更が行われない

          購入してすぐに車が故障するというトラブルに巻き込まれないためにも、買い手側と売り手側の双方が一緒に実車確認試乗することが重要です。

          そして、高額な輸送費を請求されるというトラブルに巻き込まれないように、輸送費の内訳やどちらが負担するのかを確認しておくことも忘れないようにしましょう。

           車の代金が支払われないことを未然に防ぐために、契約するときに代金の支払いを確認してから車を引き渡すことを記載しておくことがおすすめです。

          また、名義変更をしてくれないというトラブルを解消する方法として、可能であれば売り手側と買い手側が一緒に陸運局に行く方法を試せます。ただし、両方の都合が合わなければ一緒に行くことは難しいでしょう。

          少しでも車を高く売るために必ずすべきたった1つのこと

          大切な愛車を1円でも高く買い取ってほしいと考えたとき、車専門店に査定の依頼も良いですが、多くの車買取店が出してくれる買取価格を一括で査定してくれる「車買取一括査定サイト」の利用をおすすめします。

          車一括査定サイトの仕組み

          車買取一括査定サイトとは、大手から中小の車買取専門店と多数提携しており、いくつかの質問に答えていくだけで一括で同時に愛車の買取価格を査定してくれる無料サイトです。

          多い会社だと最大30社もの車買取専門店に一括で査定依頼をしてくれるので、あなたはそこで提示された「一番高くで買ってくれる」買取会社を選ぶだけ!

          ネットでの査定ならたった3分、電話ならたった1本でいずれも来店不要です。
          買取相場から120万円もお得に売れた事例もありますので、使わない手はないでしょう。車の一括査定を利用すると、時間や労力を使わず、個人情報も渡さずに店舗査定額より高価買取をしてもらえる可能性があります。
          車一括査定のメリット
          ここからは、当サイトが厳選しておすすめできる車買取一括査定サイトを5選紹介します。大切な愛車です。納得がいく買取価格で売れるよう徹底比較してくださいね。

          表は右にスクロールできます。

          おすすめの車買取一括査定サイト
          名称 カーセンサー ナビクル車査定 セルトレ ズバット車買取比較

          ユーカーパック

          カーセンサー ナビクル セルトレ ズバット車買取 ユーカーパック
          同時
          査定数
          最大30社 最大10社 最大8社 最大10社
          提携
          業者数
          1000社以上 49 300社以上 200社以上 最大8,000社
          ※オークション形式
          詳細

          ※記事内でおすすめとして紹介したサービスの中で比較しています ※各公式サイトで2022年9月9日に公開されている数字を参考にしています。最新の情報とは異なる可能性があります。

          1カーセンサー

          カーセンサー

          カーセンサーのおすすめポイント

          • 無料で30社からの一括査定できる
          • 提携会社1000社以上あり
          • 運営元がリクルートグループだから安心
          • 電話対応は1社からのみ
            ※公式サイト

          カーセンサーは名前を聞いたことがある人も少なくない、大手の自動車一括査定業者で有名です。事故車や不動車などの買い取りにも積極的です。

           他社では査定額がつかないときもカーセンサーなら買い取ってくれる場合が多いようです。

          また、一度に査定依頼出来る業者の数についても、他社は10社前後の場合がほとんどですが、カーセンサーでは最大30社のため大きな強みだと言えます。

          提携している買取業社はなんと1000社以上、その中から一度に最大30社まで一括査定の申し込みをすることができます。申し込みの入力は3分もあれば簡単に終わってしまいます。

          大手ならではの実績と信頼。事故車や不動車にも強いです。

          2ナビクル車査定

          ナビクル

          ナビクル車査定のおすすめポイント

          • 売却時の業者満足度92.1%
          • 最大10社の査定額を比較
          • ご利用実績400万件以上
          • 最新相場をWEBでチェック
          • 97.7%のお客様がお申込み後1ヶ月以内に売却
            ※公式サイト参照

          ナビクル車査定は、最大10社の価格を比べられるため、高額査定が出る業者を比較できるが特徴です。

           2021年6月時点で400万件以上となる、豊富な買取実績があります。

          匿名・個人情報なし、営業電話なしで調べられることが、シミュレーション機能を使うメリットです。

          また、査定に出してから売却するまで1ヶ月以内で完了するスピーディーさも魅力的ですよ。

          3【セルトレ】海外輸出も扱っているからどんな車も高額買取!

          セルトレ

          セルトレのおすすめポイント
          • 国内売却・海外輸出で最高額の査定額
          • 廃車や不動車も買取対象
          • 相場額がすぐわかる
          • 査定依頼は全国無料で来店も不要
          • 手続き無料で年中無休で受け付け

          セルトレは海外へ中古車を輸出しているサービスで、どんな車でも査定・買取をすることができます。買取店舗や引き取り業者と連携することで、高額な査定額を提示することが可能です。

           国内で売却した車を海外に輸出しているため、他社よりも高い査定額を出せるのがセルトレの特徴です。

          買取査定で金額が付きにくい廃車や不動車、他社で断られた車も0円以上の買い取りを目指しています。査定から契約まで、電話1本で完結する点も魅力でしょう。

          全国に対応している会社なので、どこに住んでいても査定を受けることができます。

          「オールインワン査定」で簡単に車の売却ができます。ネットからメーカー・年式・走行距離などの車両情報と本人情報を入力するだけです。

          査定後、すぐに買取業者から査定案内の電話があるので相場額がすぐに分かるのも嬉しいですね。査定時にかかる手取り手数料や手続きの代行費用などもすべて無料にて行ってくれます。

          ズバット車買取比較

          ズバット車買取比較

          ズバット車買取のおすすめポイント

          • シンプルで申込にかかる時間は1分未満
          • 年中無休の電話サポートサービス
          • 10年以上続く信頼と豊富な経験・実績

          ズバット車買取比較は、日本マーケティングリサーチ機構の調査によると、2020年1月調べで顧客満足度、高価買取、信頼と安全の比較サイトの3つの部門でNo.1を達成しています。

          査定時に役立つ情報が多く、自動車の専門家による中古車市場の分析や相場の説明、査定に出す自動車のここ数ヶ月の相場の変動などをチェックしてベストなタイミングで自動車を売却することができます。

           10年以上前からある老舗一括査定業社である「ズバット車買取比較」は累計利用者数200万人以上という実績と経験を持っています。

          口コミでもズバット車買取比較のいい点として挙げられているのがカスタマーサポートサービス。電話対応で不明な点から買取業社へのクレームまで幅広く対応してくれることで評判です。

          何かあったときのカスタマーサービス対応の良し悪しは重要ですよね。

          今だけ!お得なキャンペーン情報

          ズバット

          • キャンペーン期間中にズバット車買取比較経由で車を売却した方の中から抽選で現金10万円を1名様に、1万円を10名様にプレゼント!

          ※キャンペーン期限:2022年9月1日〜12月1日15時まで
          キャンペーン情報:ズバット車買取比較公式サイト

          ユーカーパック

          ユーカーパックLP

          ユーカーパックのおすすめポイント

          • オークション形式で最大8,000店からの入札あり
          • 営業電話は一切なし!連絡はユーカーパック1社のみ
          • 査定を行うのもユーカーパック1社のみ!複数業者との日程調整必要なし

          ユーカーパックは一括査定業車でも一風変わったシステムで、ユーカーパック自体がオークションを行うというシステムになっています。

          本来ならば一括査定申し込み後、複数の業者の出張査定を同じ日時に設定し、業者同士をはちあわせにすることで実質オークション形式を作り出すのが一般的です。

          しかし、ユーカーパックは申込後にまずユーカーパックの査定士が出張査定を行います。その情報をもとに提携している全国で8,000社以上の買取業社がオークション形式で競り合うという方法を採っています。

           この特徴的なシステムの大きなメリットが、複数の買取業者とやりとりをする必要がないということです。

          ユーカーパックは、電話一本・査定一回で済んでしまうので、他社よりも手間が省けることはもちろん、気楽に申し込めます。

          ユーザーの使い勝手を追求していています。

          まとめ

          この記事では、車を個人売買する方法やメリット、買い手側・売り手側それぞれの注意点などを紹介しました。

          個人売買では、業者の中間マージンが必要なく、売り手は高く売れる・買い手は安く買えるなどのメリットがあります。そのため、双方が希望価格で売却もしくは購入できることが魅力です。

          しかし、実車確認や契約書の作成などを怠ると、思わぬトラブルに発展するという一面もあります。そのため、車の個人売買取取引で、実際に起こり得るトラブルを確認しておきましょう。

          自分にあった売買の方法を選んで、素敵なカーライフを楽しんでくださいね。
          ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
          ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
          ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
          ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
          ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
          おすすめの記事