車査定

そろそろ車を買い替えたいと思った時、今乗っている車をどの様に手放すかを考えるのではないでしょうか。ここで登場するのが、「車買取」です。

自分の車の買取査定相場は価格はいくらくらいになるのか、どのように査定金額が決まるのかなど気になることもあるのではないでしょうか。

プライバシーが気になる方であれば、匿名の査定方法や、実際に自宅のトヨタや日産などの特定車種で見積もりを調べたい方など、お悩みも多種多様にわたると思います。

この記事では、車の買取の相場審査基準一括査定や匿名で買取相場を知る方法について詳しく解説していきます。この記事が車の査定に悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。

車の買取

車たくさん

初めに車の売却方法について話していきます。車を手放す方法には、廃車にする以外に以下の3つの方法があります。

・下取り
・買取に出す
・自身で売買する
ここではこれらの方法のメリットデメリットについて、それぞれ説明していきます。

下取り

初めに「下取り」について解説していきます。「下取り」は、ディーラーや販売店で車購入時に手続きできるサービスです。売却と購入をまとめて行えるので、手間の少ない売却方法と言えるでしょう。

メリット
  • 車の購入と同時に手続きができる
  • 新しい車が来るまで、車を引き渡さなくてもいい
  • 人気のない車などは、買取よりも高い値段が付く場合がある
デメリット
  • 下取り審査料や手数料がかかる場合がある
  • 人気のあったり、需要がある車などは買取の方が高値が付きやすい
  • 下取りの査定額が新車購入に当てられるため、明確な査定額がわかりずらい

買取に出す

契約

次に「買取に出す」方法です。この方法は、ディーラーでの下取りよりも買取に特化した買取店で行え、買取代金を現金で受け取れることが特徴です。

さらに、複数の買取業者に一括で査定を申し込めるサービスもあり、より高い値段で売れる買取店を簡単に探す事ができます。この「一括査定」のサービスについては後ほど詳しく解説します。

メリット
  • 人気がある車種などは、下取りよりも高い値が付きやすい
  • カスタマイズをプラスに査定してくれることがある
  • 売却で得たお金を車購入以外にも使用できる
デメリット
  • 購入とは別に取引しなくてはいけないので、下取りよりも手間がかかる
  • すぐに引き渡しになるので、購入するまで車のない生活になる

個人で売却する

「個人で売却する方法」は、主にオークションや個人間でのやりとりのことを指しています。今まで紹介してきた2つとは、仲介を挟まないことが大きな違いです。

メリット
  • 仲介を挟む必要がないので、高く売れる可能性がある
  • オークションの場合、買い手が多く見つかればより高く売れる可能性がある
デメリット
  • 車の名義変更などの手続きを自身で行わなくてはいけない
  • 買い手が見つからない場合もある
  • 取引相手とのトラブル対処も自身で行わなくてはいけない

車買取の査定相場は?

車カラフル

車の査定額の相場は「車種」「年式」「季節」によって変化しています。そして、相場と車それぞれの状態や付属品によって評価され、最終的な査定額が決まります。ここでは相場を決める3つの要素について詳しく解説していきます。

車種

「車種」の流行は買取査定相場に大きく影響を与えています。それは、買取店は買取だけでなく、中古車販売もしているためです。人気のある車は高い金額がつきやすく、需要がない車は安い値段がつく傾向があります。

そのため車のカラーやモデルチェンジも買取査定相場に影響します。車のカラーは白や黒などのベーシックなものの需要が多いとされているため、査定額が赤や青などの好みの別れる色よりも高くなることがあります。

モデルチェンジは数年に一度行われます。この新型が人気がある場合は、旧型の値段が下がってしまう事もあるのでモデルチェンジされる前に買取に出す、というのも高く売る手の一つです。

年式

次に「年式」です。車は新しいほど価値が高く、時間が経つにつれてどんどん価値が下がっていきます。5年、10年の節目で大きく価値が下がるので、買い替えを検討する際にはなるべく早く売却することをおすすめします。

「車種」や「年式」だけでの相場は中古車販売店などのサイトに掲載されています。買取査定に出す前に、自身の車の相場をおおよそ把握していると安心できるのではないでしょうか。

季節

カレンダー

車の買取価格は「季節」によっても変動します。一年のうち高く売れるとされるのは以下の時期です。

・1〜2月
・9〜10月
これらの時期は決算期にあたり、車の需要が高まる傾向にあります。さらに1〜2月は新生活に向けた準備の季節であること、9〜10月は夏のボーナスのあとということもあり車の売買が活発になる季節でもあります。このような需要が高まる直前の時期に売りに出すと、高く売れる傾向があるようです。
しかし、車は古くなるほど価値が下がってしまうので、これらの時期を待つより売りたい時に売ってしまった方が、高く売れることもあるので注意しましょう。

車の査定基準

チェックリスト

いざ自身の車を買取に出すとなるとどのような基準で査定されているのか気になりますよね。多くの買取店では「一般財団法人日本自動車査定協会(JAAI)」の定めた審査基準を元に価格を決めています。

査定基準
・年式や走行距離
・修復歴
・内部機能
・内装
・外装
・付属品の有無

年式や走行距離

年式は新しいほど、走行距離は少ないほど高い査定額がつきます。それは年式が古く、走行距離が増えるにつれて修理しなくてはいけない部分は増えるのに、パーツの流通は少なくなってしまうからです。

ある一定の年数と走行距離を超えるとさらに値段が下がることがあります。その大台は年式では10年走行距離では10万kmです。この理由は車の消耗部品の寿命が10年程度で、交換のタイミングがやって来るからだと言われています。

 普通車の一年の平均的な走行距離は約1万kmと言われています。10万kmの走行距離は10年乗ったのと同じぐらい消耗してると言えるでしょう。

このように、年式が新しく走行距離が少ない車の方が故障しにくい丈夫な車だと考えられ、査定価格が高くなります。買取を検討している場合は、できるだけ早く決断すると高く売れるでしょう。

トヨタアクア

《例》トヨタのアクア 年式2016年と2019年の査定額 走行距離は同じ20,000キロとする
2016年 42万〜101万
2019年 66万〜144万
最低額は約20万円、最高額は約60万円の差がついた。

事故修復歴

事故修復歴があると、買取額は大きく下がってしまいます。その理由は、修復歴のある車は購入者から嫌煙されているので需要が少ないからです。

それはしっかり修理や部品交換を行ったとしても、骨格のわずかな歪みは直す事ができない事にあります。この骨格の歪みは、新たな不具合や故障に繋がってしまうので注意しなくてはいけません。

事故修復歴とは
車の骨格部分を損傷し、直した履歴があることです。
フロントガラスのヒビやこすり傷など、骨格部分ではない故障は修復歴に当てはまらず「修理歴」になります。

内部機能

車修理

査定をする上で、エアコンやバッテリーなどの内部機能の状態も審査基準の一つになります。この内部機能の中でも一般的に、査定金額に大きく影響するのが「エンジン」です。

それは「エンジン」が車にとって一番重要な部品であることに加え、修理費用が高いことにあります。異音や異臭など軽度の異常であれば、修理費用も安い値段ですむ場合もあるので、査定価格に大きな影響はないこともあります。

しかし、それ以上の故障が見つかりオーバーホールの修理を行う場合は時間と費用がかかるので、査定価格が大きく下がってしまう傾向が見られます。

オーバーホールとは
エンジンを分解し、異常のある部品の交換や掃除をして再び組み立て、新品に近い状態を目指す修理方法です。エンジンの分解や組み立てには、時間だけでなく技術も必要なため、費用も高額になっています。
エンジンに少しでも異常が見られた場合はできるだけ早く修理することで、査定価格の大幅な下落を食い止められるかもしれません。

内装

車の中

内装では、座席のシートの状態を確認しましょう。大きなシミがあったり、穴が空いてるなどシートごと取り替える必要があると、修理費用が高くなってしまうので、査定額から大きく引かれてしまいます。

車内でもう一つ気をつけるべき点は「ニオイ」です。車内で喫煙していたり、ペットを乗せていた車にはニオイが残っているケースが見られます。ニオイが強く残っていると、査定額が大きく下がってしまうこともあるので注意が必要です。

外装

ボディに大きなキズはないか、大きく凹んでいるところはないかを確認しています。ボディが大きく凹んでいるなど、大掛かりな修理が必要な場合は、査定額が大きく下がってしまう傾向が見られます。

車を使用する中でどうしてもついてしまうキズですが、1cm未満のものは減額の対象にはなりません。それ以上のキズは大きさや程度によってランクが分けられていて、査定額から引かれる値段が変わります。

1cm以上の減額対象になるキズは直すべき
直さない方がいいと言われています。理由はキズを直しても、査定価格がが出ることはないからです。キズを直すためには費用と手間がかかるので、直さずに査定に持ち込むことをおすすめします。
修理はしなくても大丈夫ですが、掃除は行ってから買取に出しましょう。買取は取れない汚れやキズに対して減点しています。掃除がされていないと、落とせる汚れも減点対象のキズや汚れにされてしまう可能性があるからです。

付属品の有無

車の鍵

たいていの場合、新車の状態や買った時の状態に近ければ近いほど査定額は高くなります。そのため純正品以外の改造や、付属品が無い場合は査定が下がってしまうことがあります。

主に必要な付属品には、スペアのタイヤ、リモコンキーや灰皿などがあげられますが、その中には「取扱説明書」「定期点検整備記録簿」といった書類も含まれています。

定期点検整備記録簿とは
定期点検の記録が書かれています。この定期点検整備記録簿を確認することで、消耗部品の交換時期など、その車の状態を確認できる書類です。

独自の改良などは、新車の状態から離れてしまうため査定額は下がってしまいます。純正以外のパーツは取り外して個別で売った方が高く売れる場合もあるので、取り外しておくといいでしょう。一方純正パーツのオプションがついている場合は、プラスの評価になるので積極的にアピールしましょう。

一括査定とは

パソコン

一括査定とは、複数の買取業者に見積もりを同時に申し込めるサービスのことです。ここでは一括査定のメリットやデメリットについて解説していきます。

メリット

一括査定を行うメリットには、以下の点があげられます。

・同時に複数の買取業者に同時に見積もりに申し込める
・複数社の見積もり金額を比較できる
WEBでの申し込み1回で複数業者への申し込みが済んでしまうので、店舗に直接足を運ぶ必要がなくなるだけでなく、申し込み情報を入力する手間もなくなります。
簡単に複数の買取業者の見積もりを比較できるようになったことで、いい条件で買い取ってくれる業者をじっくり選ぶことができます

デメリット

一方、一括査定のデメリットは以下の点があげられます。

・自分で複数の業者とやり取りするので手間がかかる
・初めの段階では車を直接見ていないので、概算しかわからない
自分で買取店に足を運ぶ手間がない代わり、複数の業者と自分でやり取りする必要があります。そのため時間に余裕がある時に申し込むといいでしょう。
初めは、申し込み時に入力した情報のみで査定した概算なので、実際の買取金額と異なる場合があるので注意が必要です。

買取相場を匿名で知る方法

パソコン

車を買取に出すか迷っている時、自分の車の買取相場も検討する上で必要な情報です。先ほど紹介した一括査定も相場を把握する上で役立ちますが、個人情報の入力があるなど買取に出すことが前提のサービスと言えるでしょう。

そこで利用したいのが、査定シュミレーターです。この査定シュミレーターは、サイトによって少し異なりますが、主に以下の事項を記入すると、匿名で買取査定相場を概算してくれます。

・ブランドや車種
・年式
・グレード
・走行距離
必ずこの相場通りの値段で買い取ってもらえるわけではないので、注意しましょう。

まとめ

今回の記事では、「車買取の相場の決まり方」や「査定基準」などについて解説してきました。この記事のポイントは以下の3点です。

この記事のポイント
  • 車の売却方法には「下取り」「買い取り」「個人売買」がある
  • 査定相場価格は「車種」「年式」「季節」によって決まる
  • 査定基準は一般財団法人日本自動車査定協会(JAAI)の定めた基準を元にしている買取店が多い
  • 複数の買取業者を比較したい場合は「一括査定」が便利
  • 匿名で買取相場が知りたい場合は「査定シュミレーター」を使う
これらのポイントを踏まえて自身の車をより良い条件で買い取ってくれるお店を探してみてください。この記事が、車の買取査定で悩んでいる方の参考になれば幸いです。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事