2021年最新|最安はどれ?自動車保険おすすめ人気比較ランキング

マイカーを保有しているのであればいざというときのために、自動車保険に加入したほうがいいでしょう。

保険料は毎月発生するものなので、できることなら安いに越したことはないでしょう。そこでここでは最安で保険に入るコツについてまとめました。

保険料を決めるにあたって3つの要素があり、これらをいかに工夫するかで掛け金は変わってきます。

また最安の保険についていくつかピックアップしてみました。

保険で悩んでいるのであれば、以下で紹介する商品から選んでみてはいかがでしょうか。

最安自動車保険を探す前に!保険料を決める3つの要素とは?

最安自動車保険を探す前に!保険料を決める3つの要素とは?
保険料を決めるにあたって、3つの要素が絡んでいるといわれています。その3要素とは何か、ここで詳しく見ていきましょう。

保障内容

まずは保障内容です。どこからどこまで保険で守るかによって、金額も変わってきます。基本的に保障範囲を広げると、それだけ掛金も高くなると考えてください。

また各保険で特約を設けています。定番からオリジナルのユニークなものまで、多岐にわたるのです。

特約はオーダーメイド方式でつけられますが、多く付けるとそれだけ保険料は高くつくのでバランスのとり方が求められます。

属性

最安自動車保険を探す前に!保険料を決める3つの要素とは?
運転する人の属性も重要な要素です。たとえば年齢が挙げられます。

 若いドライバーだと、中高年の運転手と比較して事故リスクが高いため掛金も高くなるのです。

基本的に事故リスクが高いと、保険料も上がると考えてください。例えば優良運転者の証であるゴールド免許を持っている人はいませんか?

5年以上無事故の人は今後も交通事故に遭遇する危険性は低いでしょう。このため、料金も安くなる傾向が見られます。

また走行距離なども重視され、走行距離が長い、運転頻度が多ければ、それだけ事故に遭う可能性も高まるので料金はあがると考えましょう。

保険会社

最安自動車保険を探す前に!保険料を決める3つの要素とは?
まったく同じ条件でも保険会社によって料金が変わることはままあります。これは各会社で独自に保険料率を設定しているからです。

どの程度資金がプールされているか、保険金の支払いがあったかなど各企業によって事情は異なります。

 また通販型と呼ばれる商品も少なくありません。従来のように代理店を作らず、ネットによるサービスに特化しているのが特徴です。

通販型は代理店タイプと比較して料金の安い傾向が見られます。通販タイプの場合、店舗や人件費のコストがあまりかかりません。その分をお客さんに還元する形をとっています。

掛金が少なくてもサービス面で代理店型にそん色ないところが、多く利用されている理由です。

自動車保険を最安に近づけるコツ

自動車保険を最安に近づけるコツ
保険料を最安にするためには、いろいろと条件を付けるなどの工夫が必要です。そこでここでは節約ポイントについていくつかピックアップしてみました。

もし今まで気にしていなかったのであれば、以下で紹介する項目を見直してみませんか?

運転条件を付ける

運転手を限定することで料金をカットできます。例えば自分しか運転しないのであれば本人限定、夫婦だけなら夫婦限定などです。

特定の人が運転した時だけ補償してもらう条件にすれば、掛金が安くなります。

 年齢条件を設定するのも料金を安くするためにおすすめの方法です。21歳と26歳、30歳以上といった条件を設けると掛金がダウンします。

21歳の条件を付けただけでも年齢条件なしと比較して同じ条件でも半額近く安くなる場合もあるのです。

ただしこれらの条件を付ける際に注意が必要なのは、限定した以外の運転手が事故を起こした場合となります。

この時一切補償は受けられなくなりますから、慎重に見直しましょう。

車両保険を見直す

自動車保険を最安に近づけるコツ
車両保険の見直しをすると、掛金が大幅にダウンする可能性があります。保険料の中でも多くのウエイトを占めるところだからです。では車両保険のどこを見直せばいいかについてまとめました。

車両保険とは

車両保険とは?
愛車に何らかの損害が発生した場合に保険金が支払われる保障です。

交通事故以外にもいたずらで傷つけられた、自然災害の被害を受けたときなどにも補償を受けられます。保険料の金額を左右するのが、この車両保険と言われているのです。

もし保険料が高くて家計を圧迫しているというのであれば、車両保険を見直しましょう。

もしかすると今のマイカーに対して過度に保障のつけられている可能性もあります。

以下で紹介するポイントなどを見直して、値引きが可能か検討しましょう。

車両保険を付けないと保険料が安くなる

自動車保険を最安に近づけるコツ

まず思い切って、車両保険を外す方法があります。車両保険なしにすれば、かなり保険料も引き下げられるはずです。

しかしそのようなことをしてもいいのかと、不安になる人もいるでしょう。基本的にあまり価値のない車であれば、外してしまってもあまり問題はありません

 車両保険を使って支払われる保険金ですが、時価で算出されます。価値のあまり高くない車の場合、車両保険を使ってもあまり保険金が出ない恐れがあるのです。

つまり保険料負担の方が大きくて、結局損する恐れがあります。

年式の古い車や長く乗り続けている車両は、あまり高い値が付かないかもしれません。

その場合にはいざというときは自己負担で行って、車両保険を丸ごと外してしまったほうがいいでしょう。

安いタイプの車両保険を付ける

自動車保険を最安に近づけるコツ

車両保険を完全に外すのははばかられるというのであれば、タイプの見直しをする方法がおすすめです。

 車両保険にはいくつか種類があって、一般タイプとエコノミータイプに分類できます。

一般タイプとはいわゆるフルスペックの保険です。

一方エコノミーとは一部補償の対象外になる代わりに、保険料が安いコースとなります。「車対車+A」という表記をしている会社もありますが、内容に違いはありません。

車同士の事故が補償の対象で、当て逃げなどは適用外になります。エコノミーに切り替えるのも一考です。

ダイレクト型に乗り換える

自動車保険を最安に近づけるコツ
従来の代理店型の保険に加入している人はダイレクト型に乗り換えるのも有効です。代理店型ともいいますが、ネットや電話で手続きをする保険です。

 同じ条件でもダイレクトタイプの方が掛金は安くなる傾向が見られます。これはコスト面が関係しています。代理店型のように店舗を構えなので維持費が必要ありません。

しかも人員も代理店と比較して少なく抑制できるので、人件費の圧縮も可能です。

コスト圧縮の分をお客さんに還元しているので、リーズナブルな価格で提供できるわけです。

自動車保険見直しのタイミングを理解して保険料を安くする

自動車保険見直しのタイミングを理解して保険料を安くする自動車保険を見直すことで保険料が安くなるといいますが、いつやればいいかわからないと思いませんか?

見直しのタイミングに適切な時期がありますので、ここで紹介します。運転環境が変わったときをきっかけにするといいでしょう。

運転者の年齢が変わった

運転手の年齢を限定することで保険料が安くなります。そこで年齢条件を満たすようになったのをきっかけに見直すのはおすすめです。たとえば子連れの家族でイメージしましょう。

子供が21歳未満で免許を取った、自宅の車を運転する場合年齢条件は設けられません。しかし子供が21歳、26歳…と年齢を重ねるたびに年齢条件が付けられます。

また子供が実家を出て自家用車を運転しなくなった時、夫婦の年齢で条件を付ければ掛金が安くなるはずです。

家族で運転する人が変わった

自動車保険見直しのタイミングを理解して保険料を安くする
運転する人が変わったのも一つのいいきっかけです。こちらも子連れの家族のケースを一例に見ていきましょう。

子供が運転しているのであれば、家族限定にしなければなりません。

しかし子供が独立した、結婚して家を出たなどで自家用車を運転しなくなったとします。その場合、夫婦限定にすれば保険料のコストカットができるでしょう。

このように運転する人が変更になったのを機に見直してみてはいかがでしょうか。

運転する目的が変わった

自動車保険見直しのタイミングを理解して保険料を安くする
保険料は愛車の用途によって変わってくる場合があります。もし用途が変わったのであれば、見直す機会といえるでしょう。

 業務や通勤・通学、日常・レジャーに分類されるのが一般的です。

例えばこれまで業務目的で利用していたけれどもリタイアして、日常・レジャーに切り替わったとします。

保険会社に申請すれば、日常・レジャーは最も安いので掛金の値引きにつながるのです。

車の使い方が変わったら、さっそく見直してみましょう。

年式が古くなった

自動車保険見直しのタイミングを理解して保険料を安くする
愛車に長年乗り続けているのであれば、見直しの時期といっていいでしょう。低年式になってくると、車の価値はダウンします。

 それほど時価の値が付かないようであれば、車両保険を外してもいいでしょう。車両保険はその時々の時価で保険金が決まるからです。

走行距離のトータルが10万kmを超えると、かなり買取価格は下がるといわれています。

10万kmを超えてくるようであれば、車両保険の切り離しを検討してみてもいいかもしれません。

おすすめ自動車保険5選

安くする方法についていろいろと見てきました。しかし具体的にどこがおすすめなのかと思うでしょう。

もちろんみなさんの条件によって保険料は変わってきます。しかし一般的に安いと評判の保険会社を5つピックアップしてみたので参考にしてみてください。

イーデザイン損保

イーデザイン損保

  • 専門家が選んだ自動車保険ランキング7年連続ナンバーワン
  • 無事故割引でさらにお得

イーデザイン損保は「専門家が選んだ自動車保険ランキング」で7年連続1位に輝いています。

お得な料金でありながら充実したサービスというバランスの良さが評価されている保険です。通販型なので保険料が安く設定されています。

 新規ネット申し込みで最大1万1000円ディスカウント!

通常20等級になると上限なので、これ以上無事故でも料金は値引きされません。しかしイーデザインであれば、20等級でも無事故割引で、1年間無事故なら翌年の掛金が割引になる特典があります。

安全運転を心がければ、どんどん保険料の家計負担が軽くなっていくのは魅力です。

早割や新車割、自動ブレーキ割引などほかにも値引きのサービスが充実しています。

イーデザイン損保の基本情報

運営会社 イーデザイン損害保険株式会社
WEB申し込み完結
主な補償内容
  • 対人・対物賠償保険
  • 対物超過修理費用特約
  • 人身傷害保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 無保険車事故傷害保険
  • 自損事故傷害保険
  • 車両保険
  • 車両全損自諸費用特約
  • 車両新価特約
  • 弁護士費用等特約
保険料支払い方法
  • クレジットカード
  • コンビニ払い
ロードサービス拠点数 約9,300ヵ所

出典:https://www.edsp.co.jp/

チューリッヒ保険

チューリッヒ保険

  • 無料ロードサービスが充実
  • 迅速対応の事故受付

チューリッヒの保険の特色は、業界最高峰といわれるロードサービスの充実ぶりです。

レッカーは100kmまでの移動が無料です。ガス欠の際は10リッターまで無料で給油してくれるので、最寄りのガソリンスタンドまで十分走行できるでしょう。

 ネット申し込みで最大2万1000円引き!

事故を起こした場合連絡すれば、夜8時までに連絡すれば、1時間以内に担当者が対応します。

事故を起こすと時としてパニックになりがちですが、スピーディに対応してくれると安心です。

インターネット申し込みだけでも2万円オフですからかなりお得になりますよね。

チューリッヒ保険の基本情報

運営会社 チューリッヒ保険会社
WEB申し込み完結
主な補償内容
  • 対人・対物賠償保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 人身傷害保険
  • 車両保険
  • 人身傷害(搭乗中のみ補償)特約
  • 無保険車傷害特約
  • 対物超過特約
  • 地震等による車両全損一時金特約
  • 弁護士費用等特約
保険料支払い方法
  • クレジットカード
  • コンビニ
  • 銀行振込
ロードサービス拠点数 約9,500ヵ所

出典:https://www.zurich.co.jp/car/

おとなの自動車保険

おとなの自動車保険

  • 40~50代が最安になる仕組みを導入
  • 手厚い現場におけるサポート

おとなの自動車保険はコマーシャルでもしばしば宣伝しているのでご存知の方も多いかもしれません。

40~50代の掛金が安くなるシステムを導入しているのが魅力です。

従来商品だと35歳を超えると掛金は変わりませんでした。しかしおとなの自動車保険は35歳以降も1歳刻みで料金設定を行っています。その結果、40~50代が割安になったのです。

 新規でも継続でも最大1万0600円引き!

値段の安さだけでなく、サービスも充実しています。もし事故を起こした場合、警備会社のALSOKが現場急行します。

迅速に適切な対応をするので、2020年度のサービス満足度は92.8%に達しています。

新規割引はよく見られますが、継続時でも値引きが適用されるところは珍しいです。

おとなの自動車保険の基本情報

運営会社 セゾン自動車火災保険株式会社
WEB申し込み完結
主な補償内容
  • 対人・対物賠償保険
  • 人身傷害保険
  • 無保険車傷害特約
  • 車両保険
  • 対物全損時修理差額費用特約
  • 搭乗者傷害特約
  • 車両全損修理時特約
  • 弁護士費用特約
保険料支払い方法
  • クレジットカード
  • コンビニ・郵便局(払込票払い)
ロードサービス拠点数 約13,000ヵ所

出典:https://www.ins-saison.co.jp/otona/

アクサダイレクト

アクサダイレクト

  • 平均節約額1万4713円
  • 年間8万件を超える事故対応

アクサダイレクトで契約をしている方の中には他社からの乗り換えのケースも少なくありません。乗り換えの理由で多いのが、掛金が安くなったからです。

平均するとアクサに切り替えたことで平均14,713円も年間安くなったといいます。

 子育て応援割引がスタート!

事故対応もしっかりしているのも魅力の一つです。2020年のデータによると年間で89,567件もの対応を行ったといいます。

電話だけでなく、訪問による対面の相談対応も手厚いので、いざというときでも安心です。

0~12歳の子供のいる家庭では最大3%保険料がオフになるため、何かと入用の多い世帯にとっては助かります。

アクサダイレクトの基本情報

運営会社 アクサ損害保険株式会社
WEB申し込み完結
主な補償内容
  • 対人・対物賠償保険
  • 自損事故保険
  • 無保険車傷害保険
  • 人身傷害保障特約
  • 搭乗者傷害保険
  • 車両保険
  • 対物全損時修理差額費用補償特約
  • 弁護士費用等補償特約
  • ファミリーバイク特約
  • 地震・噴火・津波危険「車両全損時一時金」特約
  • アクサ安心プラス
保険料支払い方法
  • クレジットカード
  • 口座振替
  • コンビニ払い(オンラインor払込票郵送方式)
ロードサービス拠点数 約10,915ヵ所

出典:https://www.axa-direct.co.jp/auto/

SBI損保保険

SBI損保保険

  • 契約件数110万件突破
  • 保険料満足度12年連続ナンバーワン

SBI損保保険はダイレクト型の自動車保険ということで、保険料の安さが魅力です。自社アンケートの結果、98.2%の人が価格に満足しているという結果が出ています。

また価格.comが行っている保険料満足度ランキングで、2010年から12年連続でナンバーワンを記録しているのもおすすめの理由です。

 最大1万2500円の値引き制度あり!

実績があるところもおすすめといわれる根拠です。自動車保険とがん保険、火災保険の3つで合計110万件の契約を記録しています。

24時間・365日いつでも迅速に事故対応してくれるところも安心ポイントです。

実績があり安心、かつネットからの申し込みと保険証券を発行しないだけで1万2500円割引となり誰でも気軽にできます。

SBI損保保険の基本情報

運営会社 SBI損害保険株式会社
WEB申し込み完結
主な補償内容
  • 対人・対物賠償保険
  • 人身傷害補償保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 自損事故保険
  • 無保険車傷害保険
  • 車両保険
  • 他の自動車運転危険補償特約
  • 被害者救済費用等補償特約
  • 弁護士費用等補償特約
保険料支払い方法
  • クレジットカード
  • Apple Pay
  • コンビニ払い
  • ネットバンク決済
  • 銀行振込
ロードサービス拠点数 約10,000ヵ所

出典:https://www.sbisonpo.co.jp/car/

おすすめ自動車保険 割引料金比較ランキング

※このランキングは2021年10月時点の情報をもとに作成しています。最新の情報とは異なる場合があります。
※このランキングは本記事で紹介した自動車保険会社各社の割引金額を比較し作成しています。

おすすめの自動車保険を5つピックアップしたところで「さらにどこがお得なのか」ネット割引をベースにランキング付けしています。

1チューリッヒ保険|最大21,000円割引

チューリッヒ保険
安さという部分で比較するのなら、チューリッヒ保険はやはり無視できないでしょう。ダイレクト型の保険で、中間マージンを徹底的に排除し低価格でお客様に還元しました。

大手損保3社から乗り換えた人799人にアンケートをとったところ、平均で20,387円節約できた※1,2といいます。これだけの節約効果があれば、家計のやりくりもだいぶ楽になるでしょう。

 しかもネット申し込みをすれば、最大2万1000円の割引ができるところもおすすめポイントです。

1万円台の値引きはしばしば見られます。しかし、2万円を超える申し込み割は、他にはなかなかありません

値段が安いだけではなく、ロードサービスはレッカー100km・給油10リットル・バッテリー上がりが無料です。

しかも契約車両が不具合で不動になった場合、無料でレンタカーを手配してくれるところも安心でしょう。

※1 2020年8月-2020年10月 大手損害保険会社(3社)から切替えた当社ご契約者アンケートより算出
※2 保険料を節約できたお客さまが申告された、加入中の保険会社から提示された継続保険料と当社契約保険料の差額であり、当社商品・補償内容が前契約保険会社と異なるケースも含まれます。

2アクサダイレクト|最大20,000円割引

アクサダイレクト
アクサダイレクトも保険料で見ればおすすめの商品といえます。新規契約の料金に関する満足度は96%を記録しています。

ネット申し込みをすれば2万円割引になるのも大きいです。保険料を節約したければ、ネットから申し込み手続きがおすすめです。

 また、平均節約額も14,713円です。これだけ年間で節約できれば、かなりプライマリーバランスも改善するでしょう。

アクサダイレクトはリスク細分型保険であるのもおすすめの理由の一つです。利用頻度や用途などの利用状況を見て、料金設定を行っています。

ですからみなさんにジャストフィットするような価格になるので、ユーザーの満足度も高いわけです。

※2020年11月 アクサダイレクト調べ 他社から切り替えた当社自動車保険新規ご契約者さまアンケート結果「とても満足」「満足」の合計割合

3SBI損害保険|最大12,000円割引

SBI損害保険
SBI損保ではネットから新規申し込みをすると、12,500円値引きになるサービスを実施しているのが魅力です。

公式ホームページに掲載されていた料金を見てみると、車両保険を付けていても1万円台という人が少なくありません。かかっても2万円台でした。

事故対応の満足度も91%※近くです。レベルの高いサービスということがうかがえます。

※公式サイトより

自動車保険料比較のポイント

自動車保険料比較のポイント

自動車保険を比較するにあたって、保険料を最安値にすることも大事です。しかし最安にしてもいざというときに十分な保障が受けられなければ意味がないです。

そこで他に重視すべき比較ポイントについてまとめましたので参考にしてください。

割引サービス

割引サービスの有無についてみる目も持ちましょう。ここでも見たように申し込みを工夫すれば、1~2万円も安くできる可能性があります。

いろいろな条件が設けられているので、加入する前にチェックすることが大事です。

 ネット申し込みで値引き、新車登録から一定期間内の車両を対象にした新車割引、安全装置の搭載されている車を対象にした値引きなどいろいろとあります。

また早割といって、保険が満期になる一定期間前に更新しても値引きされます。さらに通常等級は20等級がマックスです。しかし一部22等級までも受けている保険もあります。

より等級が多いとその分割引率も大きいです。それだけ掛金の節約もできるわけです。

ロードサービスの充実度

自動車保険料比較のポイント
車はいつどうなるかわかりません。運転しているときに急に不具合が起きて立ち往生することもあるでしょう。そんな時に重宝するのがロードサービスです。

ロードサービスがどの程度充実しているかで比較するのも一つのポイントです。どこまでの範囲をカバーできているのか、また無料でお願いできるかを確認しましょう。

またロードサービスの拠点もチェックしてください。日本全国に散在していれば、どこで問題が起きてもすぐに駆けつけてくれます。

実績

自動車保険料比較のポイント
実績についてもチェックするといいでしょう。より多くの契約件数を有しているところは、それだけユーザーの間で信頼されていると推測できるからです。

また業歴の長い老舗のところも安心感があるでしょう。

実績のある保険会社は、事故対応やロードサービスに関するノウハウを持っています。お客様の立場に立った、迅速な対応が期待できます。

満足度の高いところが多いのでどの程度の利用者や契約件数を誇っているかチェックしてみるといいでしょう。

よくある質問

運転者限定にはどのようなものがありますか?
本人と本人・配偶者、家族限定割引があります。もし家族以外の他人が運転することがなければ、限定をつけると保険料がお得です。
子供が免許を取得しましたが見直したほうがいいですか?
年齢条件を付けているのであれば子供の年齢に合わせて見直さないと子供が事故を起こしても保険の適用外になってしまいます。
子供が結婚しましたが家族限定に含まれますか?
同居の子供が家族に含まれますので結婚して別居すれば適用外です。夫婦限定や本人限定に見直すと保険料がお得です。
保険を使っていないのに保険料が高くなったのはなぜですか?
割引が適用されなくなった、契約距離区分を超えているなどの理由が考えられます。このように保険料の見直しで等級が上がっても値上げになってしまうこともあり得ます。
激安の商品を見つけたのですがきちんと保証されますか?
車両や運転手の特性、走行距離などをベースに算出されるので安いからと言って補償範囲が狭まることはありません。
事故を起こすと保険料が上がるのはなぜですか?
公平性の観点からです。保険を使っていない人は安く、使った人は高くすることで均さないといけません。保険による恩恵を受けた人は保険料が今後値上がり対象です。
通販型でも事故対応は大丈夫ですか?
はい、当ページで紹介しているところは日本全国いつでもスピーディに事故対応をしてくれるので心配はありません。

まとめ

自動車保険は運転手の条件を見直したり、申し込み方法を工夫したりすることで保険料を安くすることは可能です。

また同じ条件でも保険会社で料金も違ってきます。少しでも安く保険に入りたいと思っているのであれば、複数のところで見積もりを取って比較しましょう。

一般的な傾向として、通販型の方が代理店型よりも安いといわれています。ネットで手続きが問題なくできるような方なら、通販型でも大丈夫でしょう。

通販型の中で安上がりの保険があれば、乗り換えるのも一考です。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事