【自動車保険】どの保証を重視すればいい?お得な選び方を徹底解説

自動車を購入するときに、同時に加入するのが保険です。保険は2種類あり加入しなければいけない「自賠責保険」と、自動車購入者が自由に選び任意で加入する「任意保険」があります。

任意保険は文字どおり「任意」なため、加入するかどうかは自由です。しかし多くの方が、自動車購入時にこの任意保険にも加入しています。

任意保険はもしもの事故の際に、重要な役割を果たすものです。今回は自動車の任意保険に関して、基礎的な部分から解説していきましょう。

任意保険の特徴を把握し、上手に活用していきましょう。

自動車保険は「任意」と「自賠責」の2種類!違いを解説

自動車保険は「任意」と「自賠責」の2種類!違いを解説
保険の種類
  • 自動車購入時に加入義務がある「自賠責保険」
  • 自動車購入時に購入者が選んで加入する「任意保険」

自動車購入時に加入する保険には、法的に加入しなければいけない「自賠責保険」があります。また法的な義務はないものの、多くの方が加入しているものが「任意保険」です。

まずはこのふたつの違いを解説し、任意保険にも加入しておいたほうがよい理由を説明していきます。それぞれの特徴を知ると、任意保険の重要性が理解できるでしょう。

自賠責保険は加入義務あり

自動車保険は「任意」と「自賠責」の2種類!違いを解説

自賠責保険は法律で加入することが義務づけられています。新車を購入しても中古車を購入しても同じです。

 原付をはじめすべての自動車・バイクを購入する際には、車両購入代金とともに保険料を支払うことになります。

自賠責保険に加入が義務づけられているのは、交通事故の被害者を守るためです。どういった自動車でもバイクでも、運転する以上事故のリスクがゼロになることはありません。

万が一の際、被害に遭った方が不利益を被らないために加入するものです。

交通事故被害者を守るために最低限必要なものが自賠責保険です。

事故を起こした際にも自賠責保険は有効

自動車保険は「任意」と「自賠責」の2種類!違いを解説

同時に自賠責保険は、事故を起こしてしまった運転者も守るための保険でもあります。

 交通事故で被害者にケガをさせる、最悪死亡させてしまうようなことがあれば、その賠償は膨大なものになります。その賠償の一部を担うのが、自賠責保険です。

ただし自賠責保険の補償は、非常に限定的なものになります。詳しくは後述しますが、自賠責保険だけでは事故の補償は賄いきれません。

そのために存在しているのが任意保険です。

自賠責保険で補いきれない部分を補うのが任意保険です。

自動車任意保険は加入しなくてもよい?

自動車任意保険は加入しなくてもよい?

任意保険は加入すべきか?
  • 万が一を考えると加入すべき
  • 任意保険の加入率は70%程度

任意保険はあくまでも任意なため、加入義務はありません。しかしハンドルを握る以上、万が一の備えとしては加入しておくべき保険といえます。

以下の表は2020年3月時点における、任意保険加入率のデータです。

保険名 加入率
対人賠償保険 75.0%
対物賠償保険 75.1%
搭乗者傷害保険 25.8%
人身傷害補償保険 70.2%
車両保険 45.7%

※出典:損害保険料率算出機構「自動車保険の概況」
※2020年3月末日現在

任意保険のなかにはさまざまな保険が含まれるものの、重要な保険は多くの自動車所有者が加入しています。任意保険には加入するのが一般的です。

任意保険にも加入しておくべき

自動車任意保険は加入しなくてもよい?

自動車・バイクに乗る以上、任意保険にも加入しておくべきである理由として、自賠責保険の補償が限定的であると書きました。まずは自賠責保険の補償内容を確認しておきましょう。

補償内容 補償金額上限
傷害 ひとり当たり120万円まで
死亡 ひとり当たり3,000万円まで
後遺症 ひとり当たり4,000万円まで

自賠責保険は交通事故の被害者を守るための保険なため、対象となるのは被害者つまり「人物」のみになります。

交通事故を起こしてしまった場合、賠償をすべき対象は「人物」だけではありません。相手の自動車や周辺の家屋に損傷がおよべば、当然ながらその「物」に対する賠償責任も生じます。

 自賠責保険ではこうした「物」に対する補償は一切なく、「物」に対する補償はすべて自腹になります。

事故で損害を負った民家・店舗、信号機・ガードレールなどの補償は、自賠責保険では対応できませ

自賠責だけだと賠償金額が足りなくなるかもしれない

自動車任意保険は加入しなくてもよい?

被害者への賠償も、自賠責保険の範囲では十分とはいえません。仮に相手にけがをさせてしまった場合、けがの治療費はもちろん、その間の休業補償なども必要となります。

 事故の度合いによっては、自賠責保険だけでは不十分であるケースも考えられます。さらに自賠責保険は「被害者」への補償のみです。

事故を起こしてしまった加害者側にも、ケガや自動車の破損など損害は発生するかもしれません。こうした加害者側に対する補償は一切ないことになります。

ものへの補償・自分への補償、そして自賠責保険では足りない被害者への補償を補ってくれるのが任意保険になります。

自動車任意保険の主な補償内容

自動車任意保険の主な補償内容

マイカー購入時に加入する任意保険は、多くの保険会社が取り扱う商品になります。

保険会社ごとに自社独自のプランや、付帯サービスが用意されています。まずは基本的にどの保険会社でも提供している、基本サービスを紹介していきましょう。

対人賠償保険

対人賠償保障は交通事故などを起こしてしまった際、被害に遭われた「人物」に対する補償です。

自賠責保険でも補償は可能です。しかし被害状況によっては十分な補償が受けられないケースもあるため、加入必須といえる保険でしょう。

対物賠償保険

自動車任意保険の主な補償内容

対物補償は自賠責保険では補償されない「物」に対する補償です。相手の乗っている自動車はもちろん、交通事故で破損したガードレール・電柱なども対象です。

また店舗の看板や建物など、補償対象は幅広く設定されています。自賠責保険にのみ加入していると、こういった「物」に対する補償は一切ありません。

すべて自腹で弁償・賠償になってしまいます。この保険も加入必須の保険といえるでしょう。

搭乗者傷害保険

搭乗者とは自身の車に同乗している方のことになります。保険を契約した車に乗っている同乗者の、死傷に対する補償を行うのがこの保険です。

対人賠償保険では補えない「人物」への補償と考えるとよいでしょう。

 搭乗者傷害保険の特徴は、事故の過失割合とは無関係で条件を満たせば補償をされるという点です。

対人賠償や対物賠償は、事故の過失割合によって補償金額が変わります。しかし搭乗者傷害保険は、過失割合と無関係で補償されます。

人身傷害補償保険

自動車任意保険の主な補償内容

人身傷害補償保険も搭乗者傷害保険と同様に、事故を起こした契約車に乗っていた方に対する保険です。

 搭乗者傷害保険との違いは契約者とその家族に限り、契約している車での事故以外でも補償を受けられることにあります。

例えば契約者が歩行中に、交通事故に巻き込まれたなどもあるでしょう。また契約者の家族が自転車に乗っているときに、交通事故に巻き込まれたといったケースでも補償を受けられます。

搭乗者傷害保険と比較すると、家族に限りですがより幅広い補償を受けられるのです。

人身傷害補償保険も搭乗者傷害保険と同様に、事故の過失割合に関係なく補償を受けられます。

車両保険

自動車任意保険の主な補償内容

対物賠償保険は事故を起こした相手および、事故により損害を受けた被害者の所有物に対する補償です。事故を起こした本人の所有物は、補償を受けられません。

ここをカバーするのが車両保険です。車両保険が補償するのは、契約した自動車です。車種やその車が走行している年数により、補償の上限額が変動する保険となります。

さらに事故だけに限らず当て逃げや自然災害、いたずらによる破損でも補償を受けられます。

自動車任意保険の選び方のポイント

自動車任意保険の選び方のポイント
任意保険の主な補償内容
  • 相手や第三者の「人物」に対する補償→対人賠償保険
  • 相手や第三者の車など「所有物」に対する補償→対物賠償保険
  • 自分の車に乗っている「人物」に対する補償→搭乗者傷害保険・人身傷害補償保険
  • 自分の「物」(車)に対する補償→車両保険

自動車を購入し、任意保険に加入する場合は、どのようなポイントに注目すべきかを考えてみましょう。

基本的にはできるだけ安い保険料で、より広範囲に十分な補償を受けられるようにするのが目的となります。そのための考え方やポイントを紹介していきましょう。

対人賠償保険と対物賠償保険は無制限推奨

自動車任意保険の選び方のポイント

任意保険に加入する際もっとも重要なのが対人賠償保険と、対物賠償保険です。

 考えたくもないかもしれませんが、万が一事故を起こして相手の方を死亡させてしまった場合多額の賠償金が必要になります。

死亡ではなくとも後遺症が残る・障害が残るといった場合も、将来的にも巨額の賠償金が必要になります。こういった万が一に備えるのが保険なため、ここは無制限を基本に考えるのがベストです。

交通事故の場合、賠償額が億を超えることもあります。

上限も無制限に考えておいた方がよい

自動車任意保険の選び方のポイント

対物賠償保険に関しては、上限があってもよいと考える方もいるかもしれません。

たとえ相手が高級車でも、1,000万円もあれば賠償できると考える方もいるでしょう。しかし事故で被害を受けるのは車だけではありません

 たとえば事故でとある店舗に衝突してしまったとしたら、建物の賠償はもちろん陳列されている商品も賠償する必要があります。

このほかにもガードレール・電柱、信号機などは自治体の持ちものです。自治体に対して賠償をする必要があります。

こうした最悪の事態を想定すると、最低でもひとつの建物を建てなおせる程度の補償額は必要です。最低でも3,000万円、できれば上限無制限が推奨となります。

想定している以上の被害が出る可能性も、考えておきましょう

重複する補償を見なおす

対人賠償や対物賠償はしっかりと保険料を支払う必要があると考えると、そのほかの部分を抑えることで保険料を抑えるのがポイントとなります。

この時注目すべきが重複する保険を抑えるという方法です。

 重複する部分の大きいものが、搭乗者傷害保険と人身傷害補償保険となります。

どちらもベースは自動車に同乗している方に対する保険であり、ある程度重複する部分がある保険です。搭乗者傷害保険と、人身傷害補償保険の違いを再確認しておきましょう。

ライフスタイルに合わせるのがベスト

自動車任意保険の選び方のポイント

たとえば加入する方が独身で家族を乗せる予定があまりないのであれば、人身傷害補償保険はさほど重要でないのです。

確かに契約している自動車と関係ない事故でも、補償を受けられるのは魅力です。

ほかの保険商品、たとえば入院保険や生命保険などで、十分カバーできるでしょう。

ほかの保険商品を考えると搭乗者傷害保険さえある程度しっかりと加入していれば、人身傷害補償保険は最低限で問題ありません。むしろ加入しなくても大きな問題はありません。

 当然逆のケースもあるため、ライフスタイルに合わせて選ぶのがベストです。

このあたりは自動車の利用方法やライフスタイル、家族構成などもありますから一概に「こうするのがベスト」とは言い切れません。

保険料を抑えるという点にて工夫できるポイントであることは、間違いありません。

任意保険に関する考察をしているブログなども多々あります。さまざまなものを調べてみたり保険会社の担当者と相談したりなどして、きっちり見なおしていきましょう。

車両保険は状況次第で外す選択も

自動車任意保険の選び方のポイント

もうひとつ保険料を抑えるという点で工夫できるのが車両保険です。車両保険は自身の自動車を補償する保険となります。

その車を非常に気に入っており、長期間乗る予定であればある程度重要です。しかし基本的にはさほど重要な保険でもありません。理由は使う機会が非常に少ないからです。

 事故を起こした際、自動車に損害があったらこの保険で修理をするというのはわかりやすいケースでしょう。

しかしそれ以外ではまず使うことが少ないことになります。自損事故などの場合、保険を使って修理することが将来的にマイナスになることもゼロではありません。

保険は利用するほど高くなっていく

自動車任意保険の選び方のポイント

後に詳しく説明しますが、自動車保険は利用すればするほど翌年以降の保険料は高くなるのが一般的です。

 いたずらや自損事故で自動車に損害が出たからといって、車両保険を利用していると保険料は次第に高額になってしまいます。

また車両保険の補償上限は、車種や新車登録からの年月で次第に下がっていきます。そう考えるととくに中古車などの場合は、そこまで重要な保険でもないといえるでしょう。

こちらもそれぞれの契約者の事情や考えもありますが、状況次第で車両保険は外すという選択もあります。

車両保険は「いらない」のではなく「不要なケースもありうる」ものです。

付帯サービスの充実にも注目

自動車任意保険の選び方のポイント

自動車の任意保険には、保険会社ごとにさまざまな付帯サービスがついています。この付帯サービスが充実している保険を選択するという方法もあります。

自動車の任意保険として、とくに注目したい付帯サービスがロードサービス弁護士費用です。

万が一の事態では、弁護士に間に入ってもらうこともあります。

しかし弁護士を利用した経験がある方もそう多くはないはずです。そういう方には非常に安心なサービスです。

弁護士費用は簡単な相談でも意外と高額になりがち。そんなとき弁護士費用サービスがあると、非常に安心でしょう。

ロードサービスは必要?

自動車任意保険の選び方のポイント

ロードサービスは自動車に乗っている以上、加入しておくべきでしょう。事故に限らず車の故障や鍵の閉じ込みなどの場合も利用でき、非常に安心です。

ロードサービスは有料のケースと、無料のケースがあります。料金だけではなく、サービス内容もしっかりとチェックしておくのがおすすめです。

すでにロードサービスに加入している方は、サービスが被らないように注意しましょう。

自動車任意保険の等級と保険料

自動車任意保険の等級と保険料

任意保険と等級の関係
  • 任意保険には「等級」という考え方がある
  • 「等級」が高いほど保険料は安くなる
  • 保険を利用すると「等級」が下がるケースもある

自動車任意保険の保険料は、「等級」によって変わります。

この等級は契約者個々に設定されております。同じ車種を同じ補償内容で契約しても、契約者の等級により支払う保険料にも差がつくのです。

 この等級は契約する自動車の車種によっても設定されていますので、基本的な部分を覚えておきましょう。

契約者や車種によって等級が決められており、等級によって支払う保険料が変わります。

一般的に等級は1~20等級まで

自動車任意保険の等級と保険料

自動車の任意保険では、1~20等級までと20段階になっています。等級が高いほど支払う保険料は安くなり、等級が低いほど高くなる仕組みです。

等級は何事もなければ次第に高くなっていきますが、保険を使用する機会があると基本的には下がるのです。

任意保険を契約している期間1年間で、なにもなければ等級はひとつ高くなります。

保険の利用実績で等級は変わる

自動車任意保険の等級と保険料

自動車の任意保険は、最初に加入する場合は6等級からスタートします。6等級で契約し、1年間保険を利用しなければ等級はひとつ上がり7等級となります。

 事故などで保険を利用するとその事故の度合いや内容により等級が据え置かれたり、下がることになるのです。

等級に影響を与える事故の分け方は細かくなりますので、ここでは細かく触れません。基本事故を起こすと基本的に3等級ダウン、自然災害などで保険を利用すると1等級ダウンとなります。

また事故で保険を利用しても、特約次第では等級に影響を与えないノーカウント事故もあります。

このあたりは契約の際、しっかり確認しておきましょう。

車種によっても等級は変わる

自動車任意保険の等級と保険料

また自動車の車種によっても、等級は細かく分けられています。あくまでも一般論となりますがファミリーカーなどは等級が高くスポーツカーなどは等級が低く設定されているのです。

単純に事故を起こす確率が高い車は等級が低く、事故を起こす可能性の低い車は等級が高いというイメージで間違いありません。

車種による等級はネット上でも簡単に検索できるため、気になる方は調べてみましょう。

購入する車種で迷っている方は、ディーラーなどで車種ごとの等級を聞いて参考にするのもよいでしょう。

保険会社同士の情報共有がある

自動車任意保険の等級と保険料

最初に契約するときは6等級であれば、もし6等級より低くなってしまった場合、ほかの保険会社で契約しなおせば6等級に戻ると考える方もいるかもしれません。

しかし任意保険の等級に関しては、保険会社同士で情報共有を行っています。保険会社を変更しても、以前の等級が引き継がれるのです。

 無事故を続け等級が上がっている方は、保険を見なおしてほかの保険会社に変更する場合でも等級は引き継がれることになります。

保険会社を変えたからといって、等級が上がる、または下がることはありません。

よくある質問

任意保険は加入すべき?
自賠責保険だけでは不足している部分が多いため、自動車に乗る以上可能することが推奨されます。
任意保険はどこで加入すればよいの?
車を購入したディーラーで紹介されるか、自分でネット保険などを探し加入するのが一般的です。
任意保険はどうやって選べばよいの?
補償範囲と補償内容に注目しましょう。保険料が安いからといって決めると、補償内容が不十分なケースもあります。
任意保険って年間いくらくらい必要?

補償内容や加入者の年齢、自動車の車種など多くの要素から保険料は決定されます。

乗っている車や乗っている方、さらに補償範囲や補償金額によっても大きく変わります。

任意保険は定期的に見なおすべき?
毎月見なおすなどは不要ですが、少なくとも更新の際は一度補償内容の確認をおすすめします。
任意保険の保険料を安くするコツは?
補償内容が重複している部分を見なおしたり、車両保険を見なおしたりするのが一般的です。ただし安ければよいものでもありません。慎重に見極める必要があります。
おすすめの任意保険会社や商品は?
各社ともの独自のサービスを提供しています。契約者ご自身の年齢や購入した車の車種、ライフスタイルなどに合わせて最適と思う保険会社を探してみましょう。

まとめ

自動車を購入した場合は、任意保険にも加入しておくのがおすすめです。

任意保険には自賠責保険では補償しきれない部分を、カバーしてくれる役割があります。しっかりと補償内容を吟味し、加入する任意保険を決めましょう。

任意保険を選ぶポイントはいくつかありますが、できるだけ費用を抑えるのであれば重複している保険を見なおすなどが有効です。

車両保険に関しても、不要と判断すると外すこともひとつの考え方となります。

保険は万が一の備えです。最悪の事態を想定し、安心できるようしっかりとした補償内容で契約しましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事