【年代別】自動車保険の月額相場はいくら?6等級の目安や選び方も解説

自動車保険への加入を検討するにあたって、一体どれくらいの費用がかかるかは気になるところです。必要なものですが毎月の出費になるため、事前にどれくらいかかるのか把握しておきたい人も多いでしょう。

そこで今回は、年代別に自動車保険の月額相場はいくらになるかを調査していきます。また、はじめて自動車保険に加入する6等級の目安や、保険の選び方も解説します。

保険料が決まるポイントや高い人・安い人の特徴についても触れていくため、ぜひ参考にしてくださいね。

自動車保険相場|20代・30代・40代・50代別に紹介

保険に加入する際、保険料がいくらになるのかが特に気になるポイントだと言えます。ここでは各年代別に、保険料はどれくらいかかるかをそれぞれの条件に基づいて算出します。

※イーデザイン損保の自動車保険1クリック概算保険料見積もりをもとに算出(https://www.edsp.co.jp/lp/shisan/)
※保険料は2021年9月6日時点のものです

20代の自動車保険相場

自動車保険相場|20代・30代・40代・50代別に紹介

20代は21歳以上と26歳以上という区分に分けられています。まず、21歳以上で以下の条件を指定した際の保険料相場を算出しました。

21歳ではゴールド免許でないケースも多いため免許の色はブルーを、初めて自動車保険に加入すると想定して等級は6を指定しました。

車の種類 3ナンバー
運転手の免許証の色 ブルー
車の使用目的 日常・レジャー
運転する人の範囲 メインで運転する人だけ
等級 6等級
過去1年間の走行距離 3,000km~5,000km以下
車両保険の有無 無し
概算価格 35,740円/年間

あくまで概算価格となります。なお年齢が26歳以上でゴールド免許となれば概算保険料は28,020円/年間です。

年齢の高く、ゴールド免許のほうが安くなりますね。

30代の自動車保険相場

【20代・30代・40代・50代】自動車保険相場

30代になると家族を持つ人が増え、配偶者にも保険を適用させたい人も多くなるのではないでしょうか。これを踏まえ、以下の条件で保険料の相場を算出します。等級は13を指定しました。

車の種類 3ナンバー
運転手の免許証の色 ゴールド
車の使用目的 日常・レジャー
運転する人の範囲 メインで運転する人+配偶者
等級 13等級
過去1年間の走行距離 3,000km~5,000km以下
車両保険の有無 無し
概算価格 17,810円/年間

本人だけでなく配偶者にも保険の範囲を広げたことで、本人のみよりは若干高くなります。

配偶者に保険の範囲を広げても17,810円となり、20代よりかなり安く済みますね。

40代の自動車保険相場

【20代・30代・40代・50代】自動車保険相場

40代は後半にさしかかると子どもが車を運転できる年齢になる人も多くなってくるため、メインで運転する人に加えて家族も対象にする場合が考えられるでしょう。

運転する人の範囲を家族に広げた場合の40代の保険料相場は以下のとおりです。等級は18を指定しました。

車の種類 3ナンバー
運転手の免許証の色 ゴールド
車の使用目的 日常・レジャー
運転する人の範囲 メインで運転する人+家族
等級 18等級
過去1年間の走行距離 3,000km~5,000km以下
車両保険の有無 無し
概算価格 16,990円/年間

保険料は高くなりますが、家族まで補償範囲を広げることで万が一にも備えられます。

保険の範囲を家族にまで広げても16,990円と、30代の相場とさほど変わらないのが特徴です。

50代の自動車保険相場

自動車保険相場|20代・30代・40代・50代別に紹介

50代になり、車を使う人の範囲が広くなったと仮定して、運転する人の範囲を限定しない」場合として算出してみましょう。等級は20を指定しました。

車の種類 3ナンバー
運転手の免許証の色 ゴールド
車の使用目的 日常・レジャー
運転する人の範囲 限定しない
等級 20等級
過去1年間の走行距離 3,000km~5,000km以下
車両保険の有無 無し
概算価格 14,900円/年間

なお、仮に勤務先で役職に就き車通勤をするようになった場合は、概算保険料が15,890円にまでアップします。

50代では運転する人の範囲が限定されていなくても、車両保険なしで15,000円程度の月額です。

【6等級】はじめて自動車保険に加入する場合の相場

【6等級】はじめて自動車保険に加入する場合の相場

はじめて保険に加入する場合は、原則6等級で算出されます。6等級の人が自動車保険に加入した場合、以下の条件での概算価格を算出しました。

車の種類 3ナンバー
運転手の免許証の色 ゴールド
車の使用目的 日常・レジャー
運転する人の範囲 メインで運転する人だけ
等級 6等級
過去1年間の走行距離 3,000km~5,000km以下
車両保険の有無 無し
概算価格
  • 21歳以上:29,800円
  • 26歳以上:28,020円
  • 30歳以上:23,090円

車の用途や走行距離、免許証の色などの各条件が異なれば保険料は変動します。そのため、あくまで目安として把握しておくのが良いでしょう。

自動車保険の等級は1〜20まであり、20等級が最大の割引率です。

自動車保険の選び方

自動車保険には適切な選び方があります。ここでは以下の4つのポイントを紹介します。

  1. 補償内容の充実度
  2. 保険料
  3. 事故対応力
  4. 代理店型・ネット型

1.補償内容の充実度

自動車保険の選び方

自動車保険を選択するにあたって、やはり補償内容の充実度が重要です。安心を得るためにも、事前に各保険会社の補償内容についてはしっかりとチェックしておきましょう。

主な基本補償

  • 対人・対物賠償責任保険
  • 人身傷害補償保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 無保険車傷害保険
  • 車両保険

上記が主な基本補償となっており、これらに加えて補償内容を自身で選択できる場合があります。

選択できる補償一例
弁護士費用/個人賠償責任/ロードアシスタンス/車両身の回り品補償

自分にとって必要な補償を付けられるタイプの保険が多くなっており、一人ひとりに合わせやすい点は契約する側にとって大変魅力的です。

2.保険料

保険料がいくらかかるかによって、保険選びは大きく変わってきます。少しでも安いものを選びたい人も多いでしょう。

 補償内容や走行距離など、保険料が決まる要素はそれぞれ違い一概には言えないため、各社で見積もりを取ることをおすすめします。

必要な補償を付帯しつつ、どれだけ保険料を抑えられるかが重要です。事前に基本補償と選ぶ補償などを整理しておくと、最適な保険を選びやすいでしょう。

3.事故対応力

自動車保険の選び方

万が一事故を起こした場合の対応力は、極めて重要な判断材料です。各社でサービス内容が異なるため、自分が求める条件を満たしているかを把握しておく必要があります。

主な事故対応

  • 事故相手との折衝
  • 修理工場・病院等の手配
  • 相手方保険会社との連絡
  • ロードアシスタンス

事故を起こしてしまうと冷静さを欠いてしまうだけでなく、不慣れな対応をしなければならず、自分ひとりでは適切な対処が難しいです。

 専任担当者がきちんとサポートしてれるかなど、事故対応力についてリサーチしておくと安心です。

また、ロードアシスタンスについてもしっかりと調べておきましょう。緊急時対応の迅速さ・丁寧さは、もしもの時の心強さにも関わってきます。

主なロードアシスタンス内容
ロードサービス/バッテリー上がり/キー閉じ込み/ガス欠による給油/パンク修理/落輪・脱輪引き上げ

宿泊費やレンタカー費用などを補償してくれるなど、緊急時に対応できる内容には注目しておきましょう。

4.代理店型・ネット型

自動車保険の選び方

自動車保険は代理店型とネット型に分かれます。それぞれの特徴について見ていきましょう。

代理店型 ネット型
加入方法
  • 代理店を介して保険に加入
  • 基本的に手続きは対面でのやり取り
WEB・電話などで直接申し込み
補償内容の決め方 代理店担当者に相談しながら決定 自身でWEBにて決定(保険会社に相談可能)
事故対応
  • 代理店担当者を通してやり取り
  • 事故現場へは代理店担当者が駆けつけてくれる
  • 保険会社と直接やり取り
  • 事故現場へは警備会社のスタッフが駆けつけてくれる

保険料は、代理店型は代理店手数料が発生するため、基本的にネット型より高めに設定されています。そのため、料金ではネット型がおすすめですが、手続き時の手厚いサポートは期待できません。

以下にそれぞれの保険が向いている人の特徴をまとめたのでご参照ください。

向いている保険の種類

  • 代理店型:対面で話を聞きたい・手続きのサポートが欲しい
  • ネット型:保険料を抑えたい・対面手続きが煩わしい

保険料が決まるポイント

保険料が決まるポイント

自動車保険の保険料は、主に以下の6項目で決まります。

  1. 事故の有無
  2. 補償内容
  3. 運転手の条件
  4. 車の使用目的
  5. 走行距離
  6. 車の条件

1.事故の有無

前に契約していた保険がある場合、事故の有無によって保険料が変わってきます。自動車保険の保険料は等級により異なり、1等級~20等級まであります。

 等級により保険料の割増引率が異なり、20等級が最も割引率が高いです。

はじめて保険に加入する場合は原則6等級になります。

なお、等級は仮に契約してから1年間使わなかった場合は1等級上がり、その分割引率もアップします。逆に事故をして保険を使った場合は、等級が下がるという仕組みです。

等級は、契約している保険の自動車保険証券で確認しましょう。デジタル保険証券の場合はマイページにて確認可能です。

2.補償内容

保険料が決まるポイント

補償内容も保険料には大きく関係する要素で、基本的には内容が充実しているほど高くなります。また、補償内容の範囲がメインで運転する人だけなのか、配偶者や家族も含むのかも影響します。

 補償される運転者の範囲を限定するほど保険料は安くなるため、どの人まで対象とするかで大きく変わってくるでしょう。

親族だけでなく友人や知人なども含められる場合もあります。また、補償範囲となる人物だけでなく年齢も範囲により保険料が異なります。

年齢問わず補償される内容であれば高くなり、年齢制限が強ければ安くなるという考え方です。

3.運転手の条件

保険料が決まるポイント

運転手の条件として、免許証の色は保険料に関わる要素となります。運転免許証は以下の3カラーがあり、割引率が変わってくるのです。

 免許証は取得後3年以内はグリーン、次にブルー、過去5年間無事故・無違反でゴールドとなります。

一般的にはグリーンのドライバーは運転能力がそこまで備わっていないことから、保険料の割引率は低めの設定です。

一方、ゴールドのドライバーは事故を起こす確率が低いことから、保険料の割引率は高くなっている場合がほとんどです。

運転手の年齢も保険料に関わる要素であり、若い方が事故発生率が高いため保険料は高く設定される傾向にあります。

4.車の使用目的

車をどういったときに使用するかによっても保険料は左右されます。一般的には、以下の使用目的に分けられているため、保険料の高い・安いを判断する要素として把握しておきましょう。

区分 一般的な保険料の設定
主に日常・レジャー リスクが低いことから安い設定
主に通勤・通学 リスクが決して低くないため安くはない設定
主に業務 リスクが想定されるため高い設定

あくまで一例にしか過ぎませんが、車の運転頻度が高いほど事故のリスクは上がるため、それに伴い保険料も高めに設定されています。

5.走行距離

保険料が決まるポイント

走行距離に応じて保険料が変わります。一般に、走行距離が短いほど事故を起こす確率は下がるため、保険料が安くなります。

基本的には過去1年間の走行距離に応じて保険料が算出されるようになっており、無駄なく一人ひとりに合わせた設定となる点は魅力的です。

一般的には3,000km・5,000km・10,000kmといった区分に分けられています。

6.車の条件

保険料は所有する車によっても異なります。車種や型式により異なり、自家用の普通乗用車や小型乗用車、軽四輪乗用車の場合は、型式ごとに料率クラスが設定されていることがほとんどです。

 自家用普通乗用車や小型乗用車の場合、1~17クラス・軽四輪乗用車は1~3クラスに区分されています。

ドライバーだけでなく車体自体も保険料に関係してくるため、事前に割引制度に反映されるかを確認しておきましょう。

ASV割引(自動ブレーキ割引)という割引制度を設けて保険料に反映させている保険会社があります。

保険料が高い人・安い人の特徴

保険料が高い人・安い人の特徴

保険料が高い人・安い人の特徴として、主に以下のように分けられます。あくまで目安となりますので、参考として捉えておきましょう。

保険料 使用目的 年間走行距離
日常・レジャー 3,000km以下
通勤・通学使用 5,000km~10,000km以下
業務使用 10,000km~15,000km

普段からどのような使い方をしているかで保険料は大きく変わります。

1年間の走行距離を、ある程度把握してからシミュレーションをしてみましょう。

よくある質問

おすすめの自動車保険は?
イーデザイン損保やソニー損保、アクサダイレクトなどがおすすめです。いずれの自動車保険も事故対応が迅速で、充実したサポート体制が整っているため万が一の事態でも安心できます。また、保険料は走った分だけなど、一人ひとりに合わせやすい設定も魅力的です。
各年代の自動車保険の相場(年間)は?
20代は21歳以上で35,740円・26歳以上で28,020円となります。30代で17,810円・40代で16,990円・50代で14,900円です。ただし、保険料は条件により大きく差が開くため、各自動車保険サイトにてシミュレーションをしてみましょう。
自動車保険の選び方は?
補償内容の充実度や保険料は要チェックポイントとして挙げられます。また、事故対応力も保険選びにおいて重要で、どこまでサポートしてくれるか、ロードアシスタンスの内容は充実しているかもあわせてチェックしておきましょう。
保険料が決まるポイントは?
前に保険を契約していた場合は、事故の有無により等級が変わってきます。基本的には1~20等級まであり、高い方が保険料は安いです。また、補償内容の範囲をメインで運転する人のみ、あるいは配偶者や家族など、範囲を広げるほど保険料は高くなります。その他、免許証の色や車の使用目的なども保険料に関わってくる要素です。
保険料が高い人・安い人の特徴は?
保険料が安い人の特徴としては、使用目的が日常使いやレジャーなどで、年間走行距離が短い人です。一方、高い人は普段から仕事などで車に乗る機会が多く、年間走行距離が多い人になります。車の運転頻度が高いほど事故のリスクは上がるため、それに伴い保険料も高めに設定されています。
自動車保険は代理店型とネット型どちらが良い?
担当者と顔を合わせてやり取りをしたい場合は、代理店型がおすすめです。一方で、対面でのやり取りを希望せず、WEB上で手軽に契約したい人はネット型が向いています。保険料はネット型の方が安い傾向にありますが、代理店型の方が相談しながら決めやすいため、知識量によって選ぶことをおすすめします。
自動車保険の6等級とは?
6等級とは、はじめて自動車保険に加入する人です。6等級からスタートして、事故の有無により翌年に等級がアップする・ダウンするなどが決まります。

まとめ

この記事では、年代別に分けて自動車保険の月額相場はいくらになるかを調査し、6等級の人がはじめて自動車保険に加入する場合の目安や、保険の選び方なども解説しました。

保険料は車両保険の有無や免許のカラー、年齢によっても大きく変わります。

本記事でご紹介した相場価格はあくまで目安なので、自身の用途やマイカー情報などを踏まえて、きちんと事前にシミュレーションすることをおすすめします。

保険選びの際は、補償内容や事故対応力、料金などを比較して求めるラインに達しているかを調査しておきましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事