自動車保険/乗り換えアイキャッチ画像

自動車保険の乗り換えをするにあたって、気になるのはタイミングや手順など方法ではないでしょうか。

 より自分に最適な保険を適用させるためには知っておくべきことです。

そこで今回は、自動車保険の乗り換えるタイミングや方法・手順、デメリットなどを紹介していきます。おすすめの自動車保険も厳選していますので、ぜひ乗り換えを検討する際の選択肢にできるようチェックしておきましょう。

自動車保険を乗り換える際の注意点やデメリットなども解説するので、参考にしてみてください。

乗り換えにおすすめの自動車保険8選

SBI損害保険

SBI損保

運営会社 SBI損害保険株式会社
WEB申し込み完結
主な補償内容
  • 対人・対物賠償保険
  • 人身傷害補償保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 自損事故保険
  • 無保険車傷害保険
  • 車両保険
  • 他の自動車運転危険補償特約
  • 被害者救済費用等補償特約
  • 弁護士費用等補償特約
保険料支払い方法
  • クレジットカード
  • Apple Pay
  • コンビニ払い
  • ネットバンク決済
  • 銀行振込
ロードサービス拠点数 約10,000ヵ所

出典:https://www.sbisonpo.co.jp/car/

特徴①保険料満足度12年連続1位

SBI損保の自動車保険は、カカクコム社が発表している「価格.com自動車保険満足度ランキング2021」にて第1位(※1)に輝いています。

 2010年~2021年の12年間にわたって連続1位を獲得しています。

さらに、2021年オリコン顧客満足度調査にてSBI損保自動車保険は、評価項目「保険料」にて第1位(※2)を獲得するなど非常に評価が高いです。

※1出典:https://hoken.kakaku.com/kuruma_hoken/ranking/1.html
※2出典:https://life.oricon.co.jp/rank_insurance/evaluation-item/premium.html

特徴②頼れるロードサービスを提供

乗り換えにおすすめの自動車保険8選

24時間365日受付、全国およそ10,000ヵ所もの拠点から駆けつけてくれるロードサービスを提供しています。無料で利用できるうえ手厚い内容なため、加入者は非常に安心です。

主なサービス内容

  • レッカーサービス
  • 緊急対応
  • 帰宅・宿泊・搬送・引き取り
  • 落輪引き上げ・引き降ろし
  • ガソリン補給

契約を継続して3年目以降などに一定条件を満たすと、SBI損保安心ロードサービスプレミアムへアップグレードされます。

プレミアムではキー紛失時の鍵開けや作成、さらには無料レッカー範囲が広くなるなど、より安心できる内容です。

事故受付は24時間365日となっており、休日でも初期対応をしています。

特徴③インターネットからの新規申し込みで12,500円割引

SBI損保をインターネットから申し込みすると、保険料が12,500円割引されます。

 内訳は、インターネット割引12,000円と証券不発行割引500円を適用した割引額です。

ネット環境さえあれば手軽に手続きができるうえ大幅な割引を受けられるため、ぜひチェックしておきましょう。

チューリッヒ保険

チューリッヒ保険

運営会社 チューリッヒ保険会社
WEB申し込み完結
主な補償内容
  • 対人・対物賠償保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 人身傷害保険
  • 車両保険
  • 人身傷害(搭乗中のみ補償)特約
  • 無保険車傷害特約
  • 対物超過特約
  • 地震等による車両全損一時金特約
  • 弁護士費用等特約
保険料支払い方法
  • クレジットカード
  • コンビニ
  • 銀行振込
ロードサービス拠点数 約9,500ヵ所

出典:https://www.zurich.co.jp/car/

特徴①不安にさせないスピーディーな対応

24時間365日にわたり、緊急ヘルプデスク・GPS緊急通報サービスにて事故・故障受付を実施しています。

 20時までの事故受付には1時間以内に担当者から連絡が入るため、その日のうちに対応可能です。

全国にある約390社1,360ヵ所以上の指定修理工場で大切な車を預かってくれる、安心の対応も大変魅力となります。

電話・メールでも事故の受付や経過報告をしてくれるため、状況を把握できる点も利用者にとって安心に繋がる要素です。

特徴②事故対応はスペシャリストが専任で担当

乗り換えにおすすめの自動車保険8選

事故対応の担当者は全員が専門の教育により高度な事故対応スキルを保有しており、専任で当たってくれるため大変心強いです。

 一事故一担当制となっているため、解決まで責任を持って担当してくれます。

仮に事故の相手が入院を伴うケガなど重症案件の場合であれば、土日でも自宅に訪問して事故の解決をサポートしてくれるのです。

特徴③他の保険会社からの乗り換えも安心

チューリッヒでは国内ほとんどの保険会社・一部共済間で等級の引継ぎが可能なため、他社からの乗り換えも安心です。

現在の保険料よりも安くするため、乗り換えを検討している人はチェックしておきましょう。

他社からチューリッヒに乗り換えた場合、支払い方法はクレジットカード払いやコンビニ払い、銀行振込にて対応しています。

イーデザイン損害保険

イーデザイン損保

運営会社 イーデザイン損害保険株式会社
WEB申し込み完結
主な補償内容
  • 対人・対物賠償保険
  • 対物超過修理費用特約
  • 人身傷害保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 無保険車事故傷害保険
  • 自損事故傷害保険
  • 車両保険
  • 車両全損自諸費用特約
  • 車両新価特約
  • 弁護士費用等特約
保険料支払い方法
  • クレジットカード
  • コンビニ払い
ロードサービス拠点数 約9,300ヵ所

出典:https://www.edsp.co.jp/

特徴①新規ネット申込で最大11,000円割引

新規インターネット申し込みで10,000円割引に加え、証券e割500円・早割500円で保険料がトータル11,000円割引となります。

それ以外にも多くの割引があり、一人ひとりに合ったお得な保険料での契約が可能です。主な割引は以下になります。

  • 新車割引
  • ASV割引(自動ブレーキ割引)
  • セカンドカー割引
  • 無事故割引
  • 継続割引

過去の事故実績や走行距離、運転免許証の色などでリスク実態に合った保険料を算出している点が特徴です。

特徴②保険料は走った分だけ

乗り換えにおすすめの自動車保険8選

保険料は走った分だけとなるため、無駄がない点は大きな特徴となります。契約される車の過去1年間に走った距離に当てはまる区分を、以下の6区分から選択する形です。

前年走行距離区分
3,000km以下/3,000km超5,000km以下/5,000km超10,000km以下/10,000km超15,000km以下/15,000km超20,000km以下/20,000km超

上記の通り走行距離に応じた保険料により、あまり車に乗らない人と乗る人それぞれに応じた保険料が適用されます。

特徴③充実のロードサービスと安心の事故対応

すべての契約に無料で付いており、事故・故障時には24時間365日、全国およそ9,300ヵ所から現場に駆けつけます。

主なロードサービス内容

  • レッカー
  • 引き揚げ・引き降ろし
  • 応急対応
  • 燃料切れガソリン配達
  • 故障相談

作業の内容によっては保険期間中1回の利用に限る場合もありますが、基本的には利用回数に制限はありません。

ソニー損害保険

ソニー損保

運営会社 ソニー損害保険株式会社
WEB申し込み完結
主な補償内容
  • 対人・対物賠償
  • 人身・搭乗者傷害
  • 車両保険
  • 新車売買特約
  • 事故時レンタカー費用特約
  • 車内身の回り品特約
  • 弁護士特約
  • 個人賠償特約
  • おりても特約
  • ファミリーバイク特約
保険料支払い方法
  • クレジットカード
  • コンビニ払い
  • 払込票
  • 銀行振込
  • インターネットバンキング
ロードサービス拠点数 約9,900ヵ所

出典:https://www.sonysonpo.co.jp/auto/

特徴①事故解決へ専任担当者がしっかりサポート

24時間年中無休の事故受付をしており、事故相手方と直接担当者が話しをしてくれるため安心です。専任担当者は示談交渉から解決までしっかりとサポートしてくれます。

 1つの事故に対して1人の専任担当者とサポートチームが事故を担当します。

さらに、契約者からの要望があり次第セコムの緊急対処員が事故現場へ駆けつけ状況を確認し、ソニー損保へ連携してくれるため安心です。

特徴②無料付帯で手厚いロードサービス

乗り換えにおすすめの自動車保険8選

ロードサービスは無料付帯となっており、パンクやバッテリー上がりはもちろん、応急作業や充実のサービスを用意しています。

仮に車が動かなくなった場合は、交通費や宿泊費までをサポートしてくれるため安心です。

 レッカーのけん引距離については、ソニー損保の指定する修理工場なら無制限となります。契約者指定でも100kmまでは無料です。

ロードサービスは24時間年中無休・約9,900ヵ所の拠点で全国をカバーしています。なお、ロードサービスを利用しても翌年の等級・保険料に影響しません。

特徴③専門スタッフが要望に合ったプランを作成

自動車保険を選ぶ際に、自分で補償内容を設定できるか不安に感じる人は少なくないでしょう。

ソニー損保では、専門スタッフが要望に合ったプランを作成し提案してくれます。相談は電話で気軽にできるため、知識がない人でも安心です。

現在加入している保険と同等の補償で見積もりをしてくれるため、乗り換え時の比較がしやすいくなっています。

セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)

おとなの自動車保険

運営会社 セゾン自動車火災保険株式会社
WEB申し込み完結
主な補償内容
  • 対人・対物賠償保険
  • 人身傷害保険
  • 無保険車傷害特約
  • 車両保険
  • 対物全損時修理差額費用特約
  • 搭乗者傷害特約
  • 車両全損修理時特約
  • 弁護士費用特約
保険料支払い方法
  • クレジットカード
  • コンビニ・郵便局(払込票払い)
ロードサービス拠点数 約13,000ヵ所

出典:https://www.ins-saison.co.jp/otona/

特徴①必要な補償を選び節約できる

基本補償に加えて、えらべる補償からは必要なものだけを選べるため賢く節約ができます。

 補償内容と保険料の内訳を確認しながら自由に組み立てられるため、一人ひとりに最適なものを提供できるのです。

簡単な10個の質問から必要な補償がわかる「補償診断サービス」を用意しているため、ぜひ活用してみましょう。

特徴②ALSOK隊員が事故現場をサポート

乗り換えにおすすめの自動車保険8選

もしもの事故のときは、ALSOK隊員が現場に駆けつけて契約者に寄り添いサポートしてくれます。24時間365日全国各地へ駆けつけるため、大変心強い存在です。

 事故現場でのサポートは、安全確保や救急車の手配、現場写真の撮影など多岐にわたります。

ALSOK事故現場安心サポートは、契約者全員に提供される無料のサービスです。

特徴③割引プランが豊富

おとなの自動車保険では豊富な割引プランが用意されており、インターネットで手続きをすると10,000円割引が受けられます。

さらに、契約開始50日前の契約で600円割引・自動ブレーキ(ASV)割引で保険料の9%割引など、幅広い人を対象とする内容です。

新規・継続のどちらにも対応する内容を提供しているため、ぜひチェックしておきましょう。

アクサ損害保険(アクサダイレクト)

アクサダイレクト

運営会社 アクサ損害保険株式会社
WEB申し込み完結
主な補償内容
  • 対人・対物賠償保険
  • 自損事故保険
  • 無保険車傷害保険
  • 人身傷害保障特約
  • 搭乗者傷害保険
  • 車両保険
  • 対物全損時修理差額費用補償特約
  • 弁護士費用等補償特約
  • ファミリーバイク特約
  • 地震・噴火・津波危険「車両全損時一時金」特約
  • アクサ安心プラス
保険料支払い方法
  • クレジットカード
  • 口座振替
  • コンビニ払い(オンラインor払込票郵送方式)
ロードサービス拠点数 約10,915ヵ所

出典:https://www.axa-direct.co.jp/auto/

特徴①万が一の事故や故障時も安心のサポート

無料のAXAプレミアムロードサービスでは、全国10,915拠点から迅速に駆けつけてくれるうえ、24時間365日対応となるため非常に安心です。

 経験豊富なスタッフがチーム一丸となり事故解決まで責任を持ってサポートする「チームアクサの事故対応力」は高い質を誇ります。

専任のスタッフが相手方との示談交渉もしてくれるため、突然の事故で不安を抱えているときも心強い存在でいてくれるでしょう。

特徴②リスク細分型で自身に合った保険料

乗り換えにおすすめの自動車保険8選

アクサダイレクトは「リスク細分型」といい、それぞれのリスク要因に基づき保険料を算出するという特徴があります。

保険料が変わる以下8つの要素を踏まえたうえで、契約者一人ひとりに合った保険料を提案してくれる点は大変魅力的です。

  • 免許証の色
  • 車の使用目的
  • 年間予想最大走行距離
  • 居住地域
  • 年齢
  • 用途車種・型式
  • 車齢
  • ノンフリート等級

これらの要素から最適な保険料の提案ができることにより、他社から乗り換えた新規契約者の保険料満足度は96%(※公式サイトによる)と高い数値を誇ります。

特徴③ニーズに対応した充実補償

アクサダイレクトでは基本補償をベースに、自由に選択できる追加補償を組み合わせて一人ひとりのニーズに合った自動車保険を組み立てられます。

選べる追加補償一例
対物全損時修理差額費用補償特約/弁護士費用等補償特約/ファミリーバイク特約/地震・噴火・津波危険「車両全損時一時金」特約/アクサ安心プラス

補償の種類は大変豊富なため、さまざまな視点から自分に最適なものを選びやすくなっている点は契約者にとって大変魅力的です。

損保ジャパン

損保ジャパン

運営会社 損害保険ジャパン株式会社
WEB申し込み完結 代理店での手続きが必要
主な補償内容
  • 対人・対物賠償
  • 人身傷害保険
  • 車両保険
  • 無保険車傷害特約
  • 人身傷害入院時諸費用特約
  • 人身傷害死亡・後遺障害定額給付金特約
  • 地震・噴火・津波車両全損時一時金特約
保険料支払い方法
  • クレジットカード
  • 口座振替
  • コンビニ払い
  • 払込票
  • QRスマホ決済
ロードサービス拠点数 265拠点

出典:https://www.sompo-japan.co.jp/kinsurance/automobile/

特徴①万全の事故・故障対応

24時間365日事故対応窓口は稼働しており、平日夜間や土日祝日などいつでも初動対応をすばやく行い不安を解消してくれます。

 全国に約275拠点のネットワークを持っており、およそ11,000人の専任スタッフが対応するという手厚い体制です。

損保ジャパンのロードアシスタンスはすべての契約者が対象となっており、さまざまなトラブルに対して責任を持ってサポートしてくれるため安心です。

特徴②充実の補償内容

乗り換えにおすすめの自動車保険8選

対人・対物賠償と人身傷害、車両保険といった4つの基本補償に加えて、自動セット特約やオプション特約などにより充実の補償内容を実現しています。

主な特約一覧
無保険車傷害特約/人身傷害入院時諸費用特約/人身傷害死亡・後遺障害定額給付金特約/車両新価特約/車両全損修理時特約

そのほか、多くの特約が用意されているため自身に合わせた内容を組める点は特徴です。

豊富な特約ラインナップは、損保ジャパンの魅力と言えるでしょう。

特徴③先進のサービスを提供

ポータブルスマイリングロードといい、カーライフを変えるカーナビアプリを提供しています。

安全運転をすることで保険料が安くなる「安全運転割引」を取り入れており、最大20%の割引が受けられるため大変お得です。

 目的に応じた最適なルートを選択でき、渋滞情報や駐車場の空きなどがわかるリアルタイムドライブ情報の発信など役立つ機能が付帯されています。

ポータブルスマイリングロードはすべて無料で利用できるため、ぜひダウンロードしてみましょう。

三井ダイレクト損害保険

三井ダイレクト損保

運営会社 三井ダイレクト損害保険株式会社
WEB申し込み完結
主な補償内容
  • 対人・対物賠償保険
  • 人身傷害保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 無保険車傷害特約
  • 自損事故傷害特約
  • 車両保険
  • 弁護士費用補償特約
保険料支払い方法
  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • コンビニ払い(オンライン・郵送方式)
ロードサービス拠点数 約4,300ヵ所

出典:https://www.mitsui-direct.co.jp/car/

特徴①1事故ごとに専任スタッフが対応

1事故ごとに人身事故・物件事故の専任スタッフが責任を持って対応してくれることから、万が一の事態でも安心です。

24時間365日・年中無休で事故受付をしてくれるうえ、すべての自動車保険にロードサービスは自動でセットされているため充実の内容となっています。

 契約2年目以降は、さらに安心なサービスを提供している点が特徴です。

事故解決のプロが対応してくれることに加えて手厚いサービスが付帯されているため、大変心強いサポート体制と言えるでしょう。

特徴②合理的な保険料

乗り換えにおすすめの自動車保険8選

ダイレクト販売となるため、販売経費・事務所費用・人件費といった中間コストのカットに成功しています。これが、安い保険料を実現できている理由です。

インターネット割引をはじめ、継続割引や長期無事故割引、複数台割引など割引制度が充実しています。

自分に必要な補償だけを選べるため、合理的な保険料となるのです。

特徴③手厚いサポート体制

24時間365日インターネット上で手続きができること、電話やチャットでも気軽に問い合わせができることなど、手厚いサポート体制も大変魅力となります。

 お客さま専用の「Myホームページ」からは、契約内容の照会や申し込み手続き、事故の連絡などが可能です。

お客さまセンターは土日祝日も営業しているため、平日はなかなか忙しく時間が設けられない人でも問い合わせやすい環境となっています。

自動車保険を乗り換えるタイミングとは?

自動車保険を乗り換えるタイミングとは?

保険の満期日に合わせる

基本的な乗り換えタイミングであり、仮に1年間無事故で過ごした場合は次の契約で1等級上がります。すると、乗り換え先の保険でも1等級上がった形で契約できるのです。

 満期日に乗り換える場合は、現状契約している保険会社に何も通知せず、新たな保険会社に申し込みをするだけと手続きも簡単になっています。

なお、契約内容によっては自動更新の場合もゼロではないため、必ず事前に確認しておきましょう。

契約満期日と乗り換え先での保険開始日を同一にして、空白・重複期間がないように気を付けましょう。

保険期間中に解約して乗り換える

自動車保険を乗り換えるタイミングとは?

満期を迎えず期間中に解約をして乗り換えた場合、新たな保険会社での等級は1年間同じです。

つまり、満期日を待たずして乗り換えると等級の上がるタイミングが遅くなると理解しておきましょう。

 事故を起こして等級が下がった場合、乗り換えるタイミングから等級が下がるためタイミングが早くなります。

また、乗り換えの際は解約をする必要があるため、現在契約している保険会社に申し出なければいけません。

事故を起こして乗り換えたい場合

等級が下がる事故を起こした場合、保険料が高くなることを避けるため乗り換えを検討する人は少なくないでしょう。

その際は、料金を比較することはもちろんですが、そもそも乗り換え可能か否かをチェックしてから手続きを進めなければいけません。

 場合によっては、事故件数や内容により乗り換えられない可能性があります。

事故歴があるうえで保険会社を乗り換える場合は、事前に問い合わせるなど乗り換えできるかを確認しておきましょう。

自動車保険を乗り換えるメリット

自動車保険を乗り換えるメリット

保険料を節約できる

自動車保険を乗り換えることは「保険料を安くするため」と言っても過言ではありません。

例えば、代理店型からネット型にした際は中間コストがカットされるため、同じような契約内容でも保険料を下げられる可能性があります。

ネットからの申し込みで割引が受けられるなど、保険料を抑えるためのサービスも豊富に用意されている点がネット保険の特徴です。

サービス内容を見直せる

自動車保険を乗り換えるメリット

自動車保険は基本補償に加えて、それぞれに最適な補償をプラスして万が一の事態に備えられる内容としています。しかし、現状がベストとは限りません。

その際に、自動車保険の乗り換えをきっかけとして補償内容等を見直すきっかけにできる場合があります。

 契約時と車の利用状況が変わっていれば、保険の乗り換えを機に見直すことで保険料を下げられるうえ、最適なプランに変更できたというケースも少なくありません。

特約等も含め、トータル的により良い補償内容・最適な料金となり得る可能性があることを理解し、突き詰めることをおすすめします。

新規契約の特典を受けられる場合がある

自動車保険によっては、新規契約特典を提供している会社があります。そのため、乗り換えることで各社の恩恵を受けられる可能性があるのです。

割引サービスによりお得な保険料で契約できるケースがあるため、各社の情報をチェックしておきましょう。

自動車保険の乗り換えるデメリット

自動車保険の乗り換えで起こり得るデメリット

必要な補償を失う場合がある

保険を乗り換える際、必要な補償が外れる可能性があることを理解しておきましょう。そのため、契約する際はきちんと内容を確認しなければいけません。

特に、保険会社からおすすめされたプランへの申し込みを検討する場合は、何が必要な補償かを整理してから手続きを進めるようにしましょう。

途中解約をすると解約払戻金が少ない可能性がある

保険の満期日を迎えることなく途中で解約すると、年間で支払った保険料の解約払戻金が少なくなる場合があります。

対策としては、満期日で乗り換える・月払いで契約するといった方法があるため、途中解約の可能性がある際は頭に入れておきましょう。

自動車保険の乗り換え方法・手順

自動車保険の乗り換え方法・手順

自動車保険の乗り換え手順は、基本的には以下の通りです。

  1. 乗り換え先の保険会社を決める
  2. 他社からの乗り換えで契約する旨を新たな保険会社に伝える
  3. 現状の契約先に解約の旨を伝える
  4. 新たな契約・解約それぞれの手続きをする

手続きの流れ等に関しては各保険会社で若干異なる場合もあるため、それぞれの指示に従いましょう。なお、乗り換えに必要な書類は以下です。

用意すべき書類
現在加入している自動車保険の保険証券/車検証/運転免許証

事前に手順と必要書類を把握し、スムーズに自動車保険の乗り換え手続きを進めましょう。

自動車保険を乗り換える際の注意点

自動車保険を乗り換える際の注意点

自動車保険を乗り換える際は、空白期間を作らないよう注意しましょう。自動車保険に加入していない期間は補償を受けられないうえ、等級の引継ぎに失敗する可能性があります。

 保険会社が変わっても等級は引き継げますが、満期日あるいは解約日から起算し8日以上空いてしまうと引き継げません。

補償をきちんと受けられる状態でいる、かつ等級を引き継ぎ保険料を抑えるなどの理由から、空白期間を作らないことは非常に重要です。

よくある質問

おすすめの自動車保険は?
保険料の安さが評価されている「SBI損害保険」や、手厚いロードサービスが付帯されている「チューリッヒ保険」、保険料は走った分だけと無駄がない「イーデザイン損害保険」などが挙げられます。自分に合う補償を選択できる保険も多いため、ぜひチェックしてみましょう。
自動車保険を乗り換えるタイミングは?
基本的に自動車保険を乗り換えるタイミングは、現在契約している保険が満期を迎えるときです。無事故で1年間過ごすと等級が上がり保険料が下がる可能性があります。その際、新たな乗り換え先でも1等級上がったものを引き継げるのです。
自動車保険を乗り換えるメリットは?
現在契約している保険の料金よりも安くできる可能性があること、より自分に合っている補償内容の保険に加入できる場合があることなどが挙げられます。サービス内容等を見直すきっかけになるケースはゼロではありません。また、新規契約をすることで特典を受けられる場合があります。
自動車保険を乗り換えるデメリットは?
自分にとって必要な補償を失ってしまう可能性があることは大きなデメリットです。保険会社のおすすめプランに加入するとなれば、必要な補償がきちんと付帯されているかをチェックしておきましょう。また、途中解約をすることで年間で支払った保険料の解約払戻金が少なくなる場合があることも把握しておくべきデメリットとなり得る点です。
自動車保険の乗り換え方法や手順は?
基本的な流れは、乗り換え先の保険会社を決めてから契約の旨を伝え、現状の契約先に対して解約の旨を伝えるという手順となります。決して難しい手続きはなく、それぞれ「新規契約」・「解約」の処理をするというイメージです。
自動車保険の乗り換えに必要な書類は?
基本的には、現在加入している自動車保険の保険証券と車検証、運転免許証を用意しておきましょう。なお、証券番号がわかれば手続きは可能です。また、共済の場合は無事故証明書も用意しておきましょう。
自動車保険の乗り換えにおける注意点は?
自動車保険に加入していない空白期間を作らないことです。その期間に事故等を起こした場合は補償を受けられないうえ、等級の引継ぎに失敗するというリスクもあります。満期日あるいは解約日から起算し8日以上空くと等級は引き継げないと覚えておきましょう。

まとめ

この記事では、自動車保険の乗り換えるタイミングや方法・手順、メリットなどを解説しました。

乗り換えるタイミングは、等級をうまく引継ぎ新たな契約先で少しでも保険料を安くできる「満期日」が最も良いと言えるでしょう。

手順については、新たな乗り換え先に契約の旨を伝える、そして現在契約している保険は解約する旨を伝えるというシンプルなものです。

乗り換えることで保険料が安くなる、補償の見直しができるというメリットがあるため、おすすめ保険会社の内容をチェックしておきましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事