自動車保険乗り換え

自動車保険の乗り換えをするにあたって、気になるのはタイミングや手順など方法ではないでしょうか。

 より自分に最適な保険を適用させるためには知っておくべきことです。

そこで今回は、自動車保険の乗り換えるタイミングや方法・手順、デメリットなどを紹介していきます。おすすめの自動車保険も厳選していますので、ぜひ乗り換えを検討する際の選択肢にできるようチェックしておきましょう。

自動車保険を乗り換える際の注意点やデメリットなども解説するので、参考にしてみてください。

自動車保険を乗り換えるタイミングとは?

自動車保険を乗り換えるタイミングとは?

保険の満期日に合わせる

基本的な乗り換えタイミングであり、仮に1年間無事故で過ごした場合は次の契約で1等級上がります。すると、乗り換え先の保険でも1等級上がった形で契約できるのです。

 満期日に乗り換える場合は、現状契約している保険会社に何も通知せず、新たな保険会社に申し込みをするだけと手続きも簡単になっています。

なお、契約内容によっては自動更新の場合もゼロではないため、必ず事前に確認しておきましょう。

契約満期日と乗り換え先での保険開始日を同一にして、空白・重複期間がないように気を付けましょう。

保険期間中に解約して乗り換える

自動車保険を乗り換えるタイミングとは?

満期を迎えず期間中に解約をして乗り換えた場合、新たな保険会社での等級は1年間同じです。

つまり、満期日を待たずして乗り換えると等級の上がるタイミングが遅くなると理解しておきましょう。

 事故を起こして等級が下がった場合、乗り換えるタイミングから等級が下がるためタイミングが早くなります。

また、乗り換えの際は解約をする必要があるため、現在契約している保険会社に申し出なければいけません。

事故を起こして乗り換えたい場合

等級が下がる事故を起こした場合、保険料が高くなることを避けるため乗り換えを検討する人は少なくないでしょう。

その際は、料金を比較することはもちろんですが、そもそも乗り換え可能か否かをチェックしてから手続きを進めなければいけません。

 場合によっては、事故件数や内容により乗り換えられない可能性があります。

事故歴があるうえで保険会社を乗り換える場合は、事前に問い合わせるなど乗り換えできるかを確認しておきましょう。

自動車保険を乗り換えるメリット

自動車保険を乗り換えるメリット

保険料を節約できる

自動車保険を乗り換えることは「保険料を安くするため」と言っても過言ではありません。

例えば、代理店型からネット型にした際は中間コストがカットされるため、同じような契約内容でも保険料を下げられる可能性があります。

ネットからの申し込みで割引が受けられるなど、保険料を抑えるためのサービスも豊富に用意されている点がネット保険の特徴です。

サービス内容を見直せる

自動車保険を乗り換えるメリット

自動車保険は基本補償に加えて、それぞれに最適な補償をプラスして万が一の事態に備えられる内容としています。しかし、現状がベストとは限りません。

その際に、自動車保険の乗り換えをきっかけとして補償内容等を見直すきっかけにできる場合があります。

 契約時と車の利用状況が変わっていれば、保険の乗り換えを機に見直すことで保険料を下げられるうえ、最適なプランに変更できたというケースも少なくありません。

特約等も含め、トータル的により良い補償内容・最適な料金となり得る可能性があることを理解し、突き詰めることをおすすめします。

新規契約の特典を受けられる場合がある

自動車保険によっては、新規契約特典を提供している会社があります。そのため、乗り換えることで各社の恩恵を受けられる可能性があるのです。

割引サービスによりお得な保険料で契約できるケースがあるため、各社の情報をチェックしておきましょう。

自動車保険の乗り換えるデメリット

自動車保険の乗り換えで起こり得るデメリット

必要な補償を失う場合がある

保険を乗り換える際、必要な補償が外れる可能性があることを理解しておきましょう。そのため、契約する際はきちんと内容を確認しなければいけません。

特に、保険会社からおすすめされたプランへの申し込みを検討する場合は、何が必要な補償かを整理してから手続きを進めるようにしましょう。

途中解約をすると解約払戻金が少ない可能性がある

保険の満期日を迎えることなく途中で解約すると、年間で支払った保険料の解約払戻金が少なくなる場合があります。

対策としては、満期日で乗り換える・月払いで契約するといった方法があるため、途中解約の可能性がある際は頭に入れておきましょう。

自動車保険の乗り換え方法・手順

自動車保険の乗り換え方法・手順

自動車保険の乗り換え手順は、基本的には以下の通りです。

  1. 乗り換え先の保険会社を決める
  2. 他社からの乗り換えで契約する旨を新たな保険会社に伝える
  3. 現状の契約先に解約の旨を伝える
  4. 新たな契約・解約それぞれの手続きをする

手続きの流れ等に関しては各保険会社で若干異なる場合もあるため、それぞれの指示に従いましょう。なお、乗り換えに必要な書類は以下です。

用意すべき書類
現在加入している自動車保険の保険証券/車検証/運転免許証

事前に手順と必要書類を把握し、スムーズに自動車保険の乗り換え手続きを進めましょう。

自動車保険を乗り換える際の注意点

自動車保険を乗り換える際の注意点

自動車保険を乗り換える際は、空白期間を作らないよう注意しましょう。自動車保険に加入していない期間は補償を受けられないうえ、等級の引継ぎに失敗する可能性があります。

 保険会社が変わっても等級は引き継げますが、満期日あるいは解約日から起算し8日以上空いてしまうと引き継げません。

補償をきちんと受けられる状態でいる、かつ等級を引き継ぎ保険料を抑えるなどの理由から、空白期間を作らないことは非常に重要です。

最適な自動車保険に加入するなら必ずすべきこと

いま現在おすすめで、かつあなたにとって最適な自動車保険に加入するためには、必ず一社のみでなく多数の損害保険会社の自動車保険商品を比較しましょう。

 一社しか見積もりを出さずに加入してしまうと、他社ではもっと割安で手厚い補償を受けられたのに、と後悔することが多くあります。

しかし、損害保険会社も数多くある中でご自身が求める価格と補償内容を有した自動車保険を見つけることは至難の業。そんなときにおすすめしたいのが、自動車保険の一括見積もりサイトです!

自動車保険一括見積もりサイトの仕組み

自動車保険の一括見積りサイトとは、簡単な情報を入力するだけで大手損害保険会社の自動車保険商品を一括で査定可能なうえ、無料で利用できる便利なサイトです。

 SBI損保やソニー損保、チューリッヒ、アクサダイレクトをはじめとする大手損害保険会社もだいたい提携先見積もり業者に含まれているため、幅広く、かつ確実な保険料を比較することが叶います。

サイトによっては最大20社もの損害保険会社の自動車保険商品を徹底比較・見積もりをしてくれます。

一括見積りを利用した人の69%が「自動車保険料が安くなった」と回答している一括見積りサイトもありますので、一度利用してみてください。
インズウェブ
保険スクエア Bang!
ズバット自動車保険比較
価格.com 自動車保険一括見積もり
インズウェブ
保険スクエアBang!
ズバット自動車保険比較
価格コム一括見積もり
見積もり料
無料
無料
無料
無料
見積もり保険会社数
20社
複数社
※数記載なし
複数社
※数記載なし
8社
特徴
見積もりで5万以上安くなった人
全体の24%!
見積もりで下がった金額
平均35,000円!
大手保険会社と多数提携
見積もりをするだけで
豪華プレゼントが当たる!

1インズウェブ!

自動車保険一括見積りおすすめインズウェブ

おすすめポイント
  • 自動車保険一括見積サイトNo.1
  • 簡単な情報入力のみで一括査定可能
  • 最短3分で一括査定の申し込みが完了
  • 利用料金は無料
  • 最大20社の一括見積が可能
  • 利用者数1,000万人突破

インズウェブ!の特長

インズウェブは、利用者実績が1,000万人を超え自動車保険一括見積サイトNo.1の実績をもつ会社です。

 最大20社の見積もり価格を同時に比較することができるのが特徴です。

愛車のメーカや車名、年式などの入力で最短3分で申し込みが完了します。

実際に利用した人のアンケート調査によると、安くなった平均額は3万6,682円で、中には5万円以上安くなった方人も全体の24%もいたことから、自動車保険加入前に必ず利用すべきサイトといえます。

無料で利用することができるので使わない手はないですね。

インズウェブ!の基本情報

取扱(比較可能)保険会社数 最大20社
取扱保険会社名
※2022年4月時点
  • アクサ損害保険株式会社
  • イーデザイン損害保険株式会社
  • ソニー損害保険株式会社
  • チューリッヒ保険会社
  • 三井ダイレクト損害保険株式会社
  • SBI損害保険株式会社
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • Chubb損害保険株式会社
  • あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
  • 共栄火災海上保険株式会社
  • 損害保険ジャパン株式会社
  • 東京海上日動火災保険株式会社
  • 日新火災海上保険株式会社
  • 三井住友海上火災保険株式会社
  • AIG損害保険株式会社
  • セコム損害保険株式会社
  • 株式会社リロケーション・ジャパン
  • リビン・テクノロジーズ株式会社
  • 一般社団法人日本自動車連盟
  • 株式会社じげん
  • 株式会社FJネクスト
見積もりで安くなった平均額 36,682円
見積もりにかかる時間 最短3分

保険スクエアバン

おすすめポイント
  • 保険比較サイトNo.1!三冠達成!
  • 利用者数650万人突破!
  • 利用料金は無料!
  • 最短3分で情報入力が完了
  • 弁護士やFP監修サイトなので自動車保険に詳しくない方でも安心

保険スクエアbang!の特長

保険スクエアbangは、保険料の見直しで平均35,000円安くなったと利用者が答えている会社です

 利用者数650万人を突破した実績を持つ、人気の一括見積もりサイトになっています。

入力にかかる時間は3分で、入力途中の一時保存も可能です。

見積もりにかかる時間も1秒と、ボタンクリックですぐに保険料が分かるのも特徴です。

保険スクエアbang!の基本情報

取扱(比較可能)保険会社数 複数社
※数記載なし
取扱保険会社名
  • あいおいニッセイ同和損保
  • 東京海上日動
  • 楽天損害保険
  • 損保ジャパン日本興亜
  • 三井住友海上火災
  • 共栄火災
  • ソニー損害保険
  • チューリッヒ保険会社
  • SBI損害保険
  • アクサ損害保険
  • 三井ダイレクト損害保険
  • セゾン自動車火災保険
  • イーデザイン損害保険
  • AIG損害保険
  • こくみん共済 coop
  • セコム損害保険
見積もりで安くなった平均額 35,000円
見積もりにかかる時間 最短1秒
※郵送の場合は1週間以内

※公式ページ参照

3ズバット自動車保険比較

ズパット自動車保険比較

おすすめポイント
  • 保険料がすぐにわかる
  • 大手自動車保険会社と多数提携
  • 見積もり結果はメールか郵送!じっくり比較して考えられる

ズバット自動車保険比較の特長

ズバット自動車保険比較では、愛車のメーカーを選ぶだけで一括見積もりができます

 見積もり結果はメールか郵送で届くようになっています。

郵送の場合、1週間以内に査定結果が届きます。どの会社にしようかじっくり考えることができるのが特徴です。

見積もりを依頼できる会社は、ソニー損保やあいおいニッセイ同和損保、アクサダイレクトなど、大手保険会社も多数参加しています。

ズバット自動車保険比較の基本情報

取扱(比較可能)保険会社数 複数社
※数記載なし
取扱保険会社名
  • あいおいニッセイ同和損保
  • 東京海上日動
  • 楽天損害保険
  • 損保ジャパン日本興亜
  • 三井住友海上火災
  • 共栄火災
  • ソニー損害保険
  • チューリッヒ保険会社
  • SBI損害保険
  • アクサ損害保険
  • 三井ダイレクト損害保険
  • セゾン自動車火災保険
  • イーデザイン損害保険
  • AIG損害保険
  • こくみん共済 coop
  • セコム損害保険
見積もりで安くなった平均額
見積もりにかかる時間 郵送の場合は1週間以内

4価格コム一括見積もり

価格コム一括見積もり

おすすめポイント
  • アクサダイレクトやSBI損保など満足度が高い有名大手損保が多数参加
  • 無料+簡単5分入力+最短当日に見積もりが届く!
  • 見積もりをするだけで豪華プレゼントが当たるキャンペーン中

満足度の高い大手損保が多数参加

価格コム一括見積もりでは、満足度の高い大手保険会社8社をまとめて比較できるため、自分に最適な自動車保険を見つけやすくなっています。

参加保険会社
アクサダイレクト/イーデザイン損保/SBI損保/セゾン自動車火災保険株式会社/ソニー損保/チューリッヒ/三井ダイレクト損保/楽天損保

1社ずつ依頼をすることは面倒なため、手間が省ける点は大きなメリットです。

情報入力はわずか5分程度

自動車保険シミュレーションの一括見積もりサイト6選

見積もりに必要な情報入力は5分程度で完了するため、簡単に依頼ができます。大まかな見積もり依頼の流れは以下です。

  1. 事前に免許証・保険証券(新規加入の場合は車検証)を準備する
  2. 自動車保険に加入する車両情報や希望する補償内容などを入力
  3. 保険会社から届く見積もり結果を比較
  4. 自分に合ったものがあれば申し込み

各自動車保険会社を実際に契約した人の口コミを参考にしつつ、申し込み先の検討もできます。

多くの口コミを参考にできる点は、豊富なレビューを保有する価格.comならではと言えるでしょう。

見積もりをするとプレゼントが当たる

見積もり依頼をすると、価格.comで人気の家電を抽選で20名様にプレゼントするキャンペーンに応募できます。

キャンペーン応募手順

  1. 見積もり条件を入力する
  2. 応募する賞品を選択
  3. 抽選で20名様にプレゼント

景品の内容は時期によって異なるため要チェックです!見積もり依頼をするだけで良いため、契約する必要はありません。

当選者には一括見積もりにて登録したアドレス宛に連絡があるため、楽しみができますね。
運営会社 株式会社カカクコム
保険会社数 8社
情報入力時間 5分
利用者数 不明

出典:公式サイト

1楽天自動車保険一括見積もり

楽天自動車保険一括見積もり

おすすめポイント
  • 最短5分で見積もり依頼が完了
  • 見積もり依頼は無料!
  • 楽天自動車保険一括見積りで保険を乗り換えた人の69%の料金が安くなった
  • メール見積もりなら最短当日、郵送でも1週間程度で見積もり結果を受け取れる

楽天自動車保険一括見積もりの特長

楽天自動車保険一括見積もりの利用者は、保険会社を切り替えた人の69%が保険料が安くなったと回答しています

 そのうち89%は1万円未満もオトクになったと答えている実績があります。

SBI損保やイーデザイン損保など、大手のネット自動車保険を厳選して一括で比較できるのもメリットの一つでしょう。条件達成で必ずもらえるキャンペーンも行っているので、ぜひチェックしてみてください。

楽天会員の方なら、最短5分で一括見積もりが可能です。

電話での営業を行っていないので、面倒な電話対応がなく安心して利用することができるでしょう。

楽天自動車保険一括見積もりの基本情報

取扱(比較可能)保険会社数 複数社
※数記載なし
取扱保険会社名
  • イーデザイン損保
  • SBI損保
  • セゾン自動車火災保険
  • チューリッヒ保険
  • 三井ダイレクト損保
  • 楽天損保
見積もりで安くなった平均額 87%が1万円未満と回答
見積もりにかかる時間 最短5分
※メールは最短当日・郵送の場合1週間程

※公式ページ参照

自動車保険の乗り換えに関するよくある質問

おすすめの自動車保険は?
保険料の安さが評価されている「SBI損害保険」や、手厚いロードサービスが付帯されている「チューリッヒ保険」、保険料は走った分だけと無駄がない「イーデザイン損害保険」などが挙げられます。自分に合う補償を選択できる保険も多いため、ぜひチェックしてみましょう。
自動車保険を乗り換えるタイミングは?
基本的に自動車保険を乗り換えるタイミングは、現在契約している保険が満期を迎えるときです。無事故で1年間過ごすと等級が上がり保険料が下がる可能性があります。その際、新たな乗り換え先でも1等級上がったものを引き継げるのです。
自動車保険を乗り換えるメリットは?
現在契約している保険の料金よりも安くできる可能性があること、より自分に合っている補償内容の保険に加入できる場合があることなどが挙げられます。サービス内容等を見直すきっかけになるケースはゼロではありません。また、新規契約をすることで特典を受けられる場合があります。
自動車保険を乗り換えるデメリットは?
自分にとって必要な補償を失ってしまう可能性があることは大きなデメリットです。保険会社のおすすめプランに加入するとなれば、必要な補償がきちんと付帯されているかをチェックしておきましょう。また、途中解約をすることで年間で支払った保険料の解約払戻金が少なくなる場合があることも把握しておくべきデメリットとなり得る点です。
自動車保険の乗り換え方法や手順は?
基本的な流れは、乗り換え先の保険会社を決めてから契約の旨を伝え、現状の契約先に対して解約の旨を伝えるという手順となります。決して難しい手続きはなく、それぞれ「新規契約」・「解約」の処理をするというイメージです。
自動車保険の乗り換えに必要な書類は?
基本的には、現在加入している自動車保険の保険証券と車検証、運転免許証を用意しておきましょう。なお、証券番号がわかれば手続きは可能です。また、共済の場合は無事故証明書も用意しておきましょう。
自動車保険の乗り換えにおける注意点は?
自動車保険に加入していない空白期間を作らないことです。その期間に事故等を起こした場合は補償を受けられないうえ、等級の引継ぎに失敗するというリスクもあります。満期日あるいは解約日から起算し8日以上空くと等級は引き継げないと覚えておきましょう。

まとめ

この記事では、自動車保険の乗り換えるタイミングや方法・手順、メリットなどを解説しました。

乗り換えるタイミングは、等級をうまく引継ぎ新たな契約先で少しでも保険料を安くできる「満期日」が最も良いと言えるでしょう。

手順については、新たな乗り換え先に契約の旨を伝える、そして現在契約している保険は解約する旨を伝えるというシンプルなものです。

乗り換えることで保険料が安くなる、補償の見直しができるというメリットがあるため、おすすめ保険会社の内容をチェックしておきましょう。