カーリースは審査なしで利用できる?審査に通りやすくなるコツも解説

カーリースは月々定額の料金を支払えば、頭金や維持費を支払わなくても車に乗れるサービスのことです。車を購入しなくても月々の料金を支払えば乗れるので、魅力的に感じている方は少なくないでしょう。

しかし、カーリースを利用する際に「審査なしでも利用できるの?」「審査に通りやすくなるポイントはあるの?」と考えている方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、カーリースは審査なしで利用できるのかについてまとめていきます。

審査に通りやすくなるコツも併せてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

カーリースの審査は不要?それとも必ず行われる?

書類の作成

「カーリースの審査は絶対に必要なの?」と考えている方も多いでしょう。結論から言うと、カーリースを契約する際の審査は基本的に行われます

 カーリースの審査は、契約が終了するまでにリース料金を滞ることなく支払えるかどうかを判断されることが一般的です。

契約者がリース料金を支払わなければ、会社側は損をすることになります。また、会社側もサービスを続けるためには、リース料金を利用者に滞りなく支払ってもらわなければいけません。

そのため、カーリース会社は利用者がリース料金に見合った支払い能力があるかを判断するために審査を用いているのです。

基本的にカーリースの審査は、会社側が提携している信販会社を通して行われるため、審査基準はカーリース会社によって異なります。

カーリースの審査は主に5つのポイントがチェックされる

カーリースの審査基準
  • 年収
  • 年齢
  • 職業
  • 信用情報
  • 現在の借り入れ状況

年収

現金

カーリースの審査では年収が判断されているポイントの1つです。「年収〇〇万円以上」と明確な決まりがあるわけではありませんが、年収200万円以上が1つの基準だと言われています。

そのため、年収200万円を下回ると審査に落ちる可能性は高くなるかもしれませんが、年収だけを基準に審査されるわけではありません。

 カーリースの審査時には、年収以外にも毎月のリース料金などが考慮されるので、年収200万円を下回っているからといって利用できないということはないのです。

例えば、専業主婦や年収200万円に満たないアルバイトやパート勤務の方でも、保証人がいる場合や担保にできるものがあれば審査に通る可能性はあります。

カーリースを利用したい場合は、年収200万円以上を1つの目安にしておくと良いでしょう。

年齢

契約書を書く

カーリースの審査では年齢も重要な判断材料の1つです。例えば、20歳未満や高齢の方などは収入の安定性が低い傾向にあります。

 学生だとアルバイト勤務、高齢の方は年金での収入がメインになる方もいるでしょう。特にアルバイト勤務だと安定した収入になりにくいので、審査に影響が出る場合があるのです。

そのため、20歳未満や高齢の方などは連帯保証人が必要な場合もあります。また、カーリース会社によっては年齢制限が設けられているケースがあることは注意したいポイントです。

満75歳未満の年齢制限がある場合は、審査申し込み時の年齢に注意しなければいけません。

職業

ビルが立ち並ぶ

カーリースの審査では職業によっても影響が出る場合も少なくありません。フリーター・自営業者・非正規雇用の場合は収入が安定していないとみなされて、審査に影響する可能性があります。

 カーリースの審査で重要なのは収入の安定性なので、年収が高くても不利になってしまうかもしれないことは注意したいポイントでしょう。

公務員や正社員として働いている方なら安定した収入があるとみなされるので審査に通る可能性が高いです。また、3年以上同じ会社に勤めていれば、長期的に安定した収入が得ていると見なされる可能性もあります。

3年以上同じ会社に勤めている公務員・正社員であれば、審査に通りやすいでしょう。

信用情報

営業電話

カーリースの審査では個人の信用情報も確認されます。なお、信用情報とは過去の債務歴借入状況などのことです。

 審査する際は信用情報機関に情報照会が行われ、これまで支払いの延滞が起きていないか、現在の借入額はどうかなどが確認されます。

そのため、ローン・消費者金融・クレジットカードなどの支払いなどでブラックリストに載っていると審査に通らない可能性があります。また、過去に任意整理自己破産をした場合も注意が必要です。

信用情報機関の情報は一定期間登録されているため、情報が消えない間は審査に通過するのは難しいでしょう。

現在の借入状況

ミニカーと現金

銀行・消費者金融の借入状況カードローンの利用状況などもカーリースの審査でチェックされます。そのため、複数のローンを利用している場合は審査に影響があるかもしれません。

 カーリースの審査では住宅ローンも影響してきます。住宅ローンの返済中は、審査に通りにくい可能性があるので注意が必要です。

それだけではなく、現在の支払い状況もチェックされます。ローンがある場合は毎月どれだけの料金を支払っているか、携帯電話料金など分割払いの総額などが確認されることも確認しておきたい項目です。

カーリースを申し込む前に、一度自分の支払い状況を整理してみると良いでしょう。

カーリース審査に通りやすくなるコツ

カーリース審査に通りやすくなるコツ
  • 料金の安いカーリースを利用する
  • 頭金を用意する
  • 滞納の有無など支払い状況をチェックしておく
  • 信用情報の確認
  • 収入を証明できる書類を用意する

料金の安いカーリースを利用する

スマートフォンを操作する人

審査に通るか不安な方は料金の安いカーリースを利用すると良いでしょう。カーリース会社によって料金が異なるので、いくつかの会社を比較することがおすすめです。

 料金の安いカーリースであれば審査対象の金額を抑えられるので、審査に通りやすくなる可能性が考えられます。

ただし、料金の安いカーリースだと好きな車を選べない可能性があることは注意点です。車種やカラーが限定されて、好きな車が選べない場合もあるので、希望の車がある方は向いていないかもしれません。

審査の通りやすさで検討するなら、料金の安いカーリースを確認しましょう。

頭金を用意する

カーリースの審査に受かりやすくなるためには頭金を用意する方法も1つの手です。基本的にはカーリースを利用する際は頭金などの初期費用がかかりません

しかし、頭金を支払えば審査対象となる金額が抑えられるので、審査に通りやすくなる可能性もあるでしょう。ただし、契約する際に多くの出費が必要になることは注意したいポイントです。

頭金を支払う際は、家計状況やマネープランなどを検討して決めることが重要と言えます。

滞納の有無など支払い状況をチェックしておく

コイン

カーリースを申し込む際には、自分の滞納の有無など現在の支払い状況も確認することが重要です。もし、携帯電話料金やクレジットカートの支払いに遅延がある場合は、審査に大きく影響してしまうかもしれません。

 現在契約中のサービスや公共料金、電話料金などの払い忘れや遅延がないかを確認してみましょう。

遅延が見つかった場合は、審査に申し込む前に支払いを終わらせておくことがポイントです。また、現在支払い中の合計総額も審査に影響するため、チェックしておくことをおすすめします。

審査に受かりやすくなるためにも、滞納の有無と現在の支払い総額を確認しておきましょう。

信用情報の確認

車についてネットで調査する

自分の信用情報も審査を行う前に確認してみましょう。過去に自己破産を経験した場合や支払いの遅延を繰り返していた場合は、審査に通らない可能性も考えられます。

自分の信用情報は信用情報機関に開示請求すれば簡単に確認することが可能です。主に以下が信用情報機関なので、自身の信用情報を確認したい場合は連絡してみることをおすすめします。

自分の情報が

登録されている信用情報機関の一例

  • CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)
  • JICC(株式会社日本信用情報機構)
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)

なお、信用情報機関によっては情報開示請求する際に手数料が必要する場合があるので注意しましょう。

開示請求する際に必要な書類も異なるので、利用する前に確認しておくことが重要です。

収入を証明できる書類を用意する

ネットで調べ物をする

個人事業主・アルバイト勤務の方だと、収入が安定しているかどうかが審査に響いてきます。そのため、審査に受かりやすくために収入を証明できる書類を用意しておくことがポイントです。

 収入証明書にも様々な種類がありますが、源泉徴収票・課税証明書・給与明細書などがカーリースの審査時に利用できます。

源泉徴収票は事業主から発行してもらえるもので、紛失した場合でも所定の書類を明記すれば事業者に再発行手続きを依頼可能です。なお、課税証明書は住んでいる地域の役場で発行してもらえます。

発行時には本人確認書類の提示が求められるので、あらかじめ準備しておきましょう。

カーリースの審査に通らなかった場合の対処法

カーリースの審査に落ちた場合の対処法
  • 連帯保証人を立てる
  • 契約内容の見直し
  • 借入分を精算する
  • 家族名義で契約する
  • カーリース会社を変える

連帯保証人を立てる

車の運転

カーリースの審査に落ちてしまった場合は連帯保証人を立てることで審査に通る可能性があります。なお、連帯保証人は収入が安定している家族にお願いすると良いでしょう。

 カーリース会社によっては、家族以外の連帯保証人でも許可される場合があります。

また、カーリース会社によっては審査結果の連絡が来たときに連帯保証人が必要だと教えてくれる場合もあるので、審査結果の内容はよく確認しておくことが重要です。

連帯保証人が必要だと連絡が来た場合は、家族や知人にお願いして協力してもらいましょう。

契約内容の見直し

話し合い

カーリースに落ちた場合は、申し込んだ際の契約内容を見直すことも有効な方法です。例えば、自分の収入に合わない車種を選んだ場合は、審査に落ちる可能性があります。

 年収だけで審査が決まるわけではありませんが、あまりにも見合わない内容だと審査に落ちてしまう可能性は否定できません。

そのため、審査に落ちてしまった場合は、安い車種を選ぶ・グレードを下げるなどの対策を行えば、再審査に通る可能性が高まります。また、契約期間を短くすることも1つの手段です。

まずは審査に落ちた際の契約内容を確認して、何を削るか検討してみましょう。

借入分を精算する

海外紙幣

現在まで複数の借入がある際は、一部だけでも繰り上げ返済するか完済してから再度申し込むのがおすすめです。ローンやクレジットカードなどの支払いが残っていると、審査に大きく影響する場合があります。

 全ての借り入れを一気に支払う必要はありませんが、支払える分だけでも返済しておくと審査に受かる可能性が高まるでしょう。

なお、再度審査を受ける際には少し時間をおかなければいけません。その間に審査が不利となる要因を解消しておくことで、カーリースの審査に通る確率を少しでも上げられます。

無理して借入分の清算をすると月々の支払いが困難になる場合もあるので、マネープランを綿密に立てることが重要なポイントです。

家族名義で契約する

カーリースの審査に落ちた場合は安定した収入がある家族が申し込むのも1つの手です。特にファミリーカーとして家族で車を使う際には、家族が申し込む方法を活用できるでしょう。

ただし、リース会社によっては、契約者と実際に車を運転する人が同じでなければならない規約が決められていることは注意したいポイントです。

カーリース会社ごとに決まりは異なるので、事前に確認しておきましょう。

カーリース会社を変える

書類を書く

1つのカーリース会社で審査落ちしたのなら、別のカーリースで審査を受けると良いでしょう。審査落ちしたからといって、全てのカーリース会社に落ちたわけではありません。

 料金が安いカーリース会社や信販会社を通していないカーリース会社であれば、同じ条件でも審査に通る可能性があります。

また、短期リース中古車リースなども審査に通りやすい傾向があることは覚えておきたいポイントです。もちろん、申し込み内容も重要であるため、カーリースの内容なども見返してから申し込みましょう。

審査が通りやすいカーリースなら定額カルモくんがおすすめ

定額カルモくん

定額カルモくんの

おすすめポイント

  • 最長11年契約が可能
  • 中古車リースにも対応している
  • 7年以上の契約だと「もらえるオプション」が選べる

定額カルモくんは、最長11年の契約が可能であるため、毎月の料金を抑えて車に乗りたいと思っている方におすすめです。また、最短1年から1年単位で期間を設定できるので、自身の都合に合わせて契約期間を決められます。

 7年以上の契約をした場合は、乗っていた車を最後にもらえる「もらえるオプション」が利用可能なことも魅力の1つです。

もらえるオプションは月額500円(税込)をプラスするだけで加入できるため、傷・汚れを気にせず乗りたい、自分でカスタマイズしたいと考えている方にメリットが大きいと言えます。

さらに、分からないことがあればすぐに相談できるサポート体制も定額カルモくんの魅力です。

納車後のフォロー体制も整っているので、安心してカーライフが楽しめるでしょう。
サービス名 定額カルモくん
運営会社 ナイル株式会社
料金内訳 自賠責保険料、自動車税、重量税、環境性能割、登録費用、その他諸費用、仲介手数料、お客様サポート料
中途解約 不可(損代金発生)
支払い方法 銀行口座引き落とし

※JALA会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う新車の月額料金(支払条件が頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド方式)において日本最安級。(2021年7月13日時点 ステラアソシエ調べ)

まとめ

この記事では、カーリースの審査について解説しました。

カーリースの審査の基準を知っておけば、ある程度準備してから申し込みができるため、事前にチェックしておくことがおすすめです。

また、カーリースの審査は落ちてしまっても、再度申し込むことが可能です。しかし、再申し込みの場合も事前の準備は欠かせないため、今回ご紹介したポイントをチェックしてから審査を受けると良いでしょう。

利用するカーリースに迷った人は、最長11年の契約が可能な定額カルモくんも検討してみてくださいね。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事