カーリースの審査ポイントとは?審査に通過するためのコツも解説

各種ローンを組む・クレジットカードを発行するときのように、カーリースを利用する場合も審査に通過する必要があります。

そのため、過去に審査に落ちたことがある場合は、カーリースの審査に通過できるかどうか心配する人もいるはずです。そうした方は、審査ポイントや通過するためのコツなどを知りたいのではないでしょうか。

そこでこの記事では、カーリースで審査が必要な理由や審査されるポイントを解説。また、カーリースの審査に通過する確率を上げるためのコツなども紹介します。

審査に通過できるかどうか不安、審査に落ちたことがあるという方は参考にしてみてください。

カーリースは審査なしで利用できる?

質問

カーリースで審査が必要な理由としては、利用者が問題なくリース契約期間満了まで、毎月定められたリース料金を支払えるかどうか判断するためです。

 同じ車を借りるサービスでもレンタカーは審査不要です。レンタカーの場合は基本的に前払いで、Web予約であれば予約完了時点で支払いが完了することも珍しくありません。

つまり、店頭での支払いでも出発前に料金を支払うことから審査は不要です。同じ車を借りるサービスでも支払い方法に違いがあるため、カーリースの利用に審査が必要であることを認識しておきましょう。

カーリースの審査は厳しい?それとも甘い?

質問

消費者金融カードローンの審査より、カーリースは審査が通りやすいというのが通説です。そのため、カードローンの審査に落ちたと場合でも、カーリースの審査に通過できないわけではありません。

カードローンの審査より、カーリースの審査の方が通過しやすい理由として、カーリースの審査は総量規制の対象外だからだと言われています。

 総量規制とは多重債務などから消費者を保護するためのものです。年収などを基準に3分の1を超える貸付けを原則禁止とするもので、貸金業法にその内容が含まれています。

例えば、年収300万円の人が貸金業者から借入れできる合計額は最大で100万円です。しかし、総量規制の適用は貸金業者である消費者金融・事業者金融などであり、カーリースと総量規制は関係ありません。

また、貸している車が担保になるという点も審査を通過しやすい理由です。利用者が月々のリース料を滞納すれば、リースしている車を回収できるため、カードローンよりカーリースの審査は通りやすいでしょう。

審査は通りやすいですが、ある程度の基準は満たして置く必要があります。

カーリースで審査されるポイント・基準

カーリスで審査されるポイント
  • 収入
  • 職業・雇用形態
  • 保有資産
  • 支払額と支払い能力のバランス
  • 債務整理
  • 債務状況

    収入

    給与

    一般的には年収が200万円以上あれば、カーリースの審査は通過できる可能性があります。ある程度の収入があれば、1万円台~数万円程度のリース料金を問題なく支払えると判断されることが理由です。

    しかし、年収さえクリアしていれば、審査に必ず通過できるわけではありません。他の項目も審査しながら、総合的に見た支払い能力がチェックされます。

    職業・雇用形態

    毎月定額料金を支払うので、年収とともに安定した収入があるかどうかも同時に審査されます。そのため、職業や雇用形態も審査に影響していると言い換えられるでしょう。

     パートやアルバイト・非正規雇用や自営業などの場合、公務員や正社員で働いている方と比較すると審査において、不利になると言われています。

    また、勤続年数も審査に影響します。勤続年数が長いと安定した収入があると判断できますが、勤続年数が短いと収入の安定性に欠けると判断される可能性も考えられるでしょう。

    しかし、アルバイト・非正規雇用などでも審査に通過できない訳ではありません。毎月のリース料を滞納せず払い続けられる能力支払いを補う資産があると判断された場合は通過できる可能性があります。

    保有資産

    不動産

    保有資産とは、持ち家や土地などの不動産・マイカーなど自分名義の資産です。保有資産がないと審査に通過できないというわけではありませんが、保有資産があれば審査通過が有利になるでしょう。

    例えば、年収が低いという人でも持ち家なら家賃を支払う必要がありません。リース料金に支払うだけの余裕があるという具合に判断される可能性があるため、カーリース審査時は有利に働くはずです。

    審査の通過に有利になりそうな資産があれば、積極的に伝えましょう。

    支払額と支払い能力のバランス

    支払い

    毎月の支払額支払い能力のバランスも審査のポイントです。例えば、高級車で一番グレードが高いものを選び、オプションもフル装備にした場合は、毎月の支払額は高額になるでしょう。

     ある程度年収があっても毎月の支払額と収入のバランスを考えて、支払いが難しくなる可能性があると判断されれば審査に落ちる可能性は否定できません。

    そのため、リース契約期間を長くして毎月1万円程度で乗れるプランを選ぶ方法も有効です。年収がそれほど高くなくても毎月問題なく支払えると判断されて、審査に通過できることもあります。

    債務整理

    弁護士

    返済できなくなった借金の減額や帳消しのために、個人再生や自己破産で債務整理をした経験があるかどうかも審査対象です。債務整理をした場合は、信用情報機関に金融事故の情報が5年〜10年間記録として残ります。

     カーリース会社と提携している信販会社は、信用情報機関に登録された情報を確認可能です。さらに、借金の返済が遅れた長期延滞も確認できます。

    また、住宅ローンや家賃の返済ができなくなり、保証会社がそれを肩代わりして支払った代位弁済(だいいべんさい)も、金融事故情報として記録に残ることは注意したいポイントでしょう。

    信用情報機関に債務整理や延滞などの記録が残っている場合、カーリースの審査に通過するのは難しいかもしれません。

    債務状況

    審査を申し込む時点での債務状況、つまりカードローンや住宅ローンなどの返済状況も審査の対象です。収入と比較して毎月の返済額が多い場合は、支払い能力が乏しいと判断されて、カーリースの審査に落ちるかもしれません。

    そのため、カーリースの審査を申し込む前に複数の借金があれば、ある程度完済してから申し込むことをおすすめします。

    カーリースの審査に通過するためのコツ

    カーリスに審査に通過するためのコツ
    • 頭金を入れる
    • 連帯保証人を付ける
    • 信用情報を確認する
    • 車のグレードを下げる
    • 虚偽申告をしない
    • 各社の公式サイトにある「お試し審査」でシミュレーションする

      頭金を入れる

      お金と車

      基本的にカーリースは頭金0円で契約できますが、審査に通過する確率を高めるために、あえて頭金を準備する方法も審査に通過しやすくする方法として有効です。

      頭金を入れれば総支払額のいくらかを減らせるので、毎月のリース料金を抑えられます。そのため、年収が低くても審査に通過できる可能性を広げられるでしょう。

      連帯保証人を付ける

      カーリースでは基本的に連帯保証人をつけなくても契約が可能です。しかし、審査に通らない不安を感じる場合は、家族や信頼できる親族に連帯保証人になってもらうことができます。

       契約者がリース料を支払わない・払えない場合、カーリース会社は連帯保証人に対し、契約者に代わり支払いをするよう求められて、連帯保証人は支払いを拒否できません。

      連帯保証人は支払い能力がある親・兄弟・親戚などに頼めますが、トラブルを回避するためにも帯保証人の責任についてきちんと説明しておくことが重要です。

      信用情報を確認する

      調査する男性

      借金の長期延滞・代位弁済・債務整理といった金融事故情報が、信用情報機関に記録として残っているのが心配と考える人がいるかもしれません。その際は、以下の信用情報機関に情報開示を依頼できます。

      情報開示ができる信用情報機関
      • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
      • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
      • 株式会社CIC

        全国銀行個人信用情報センターでは、本人の信用情報が現在センターに登録されているか、どのように登録されているかをインターネットまたは郵送手続きで確認できます。

        審査が心配であれば申し込み前に、情報開示を請求してみることがおすすめです。

        車のグレードを下げる

        毎月の支払額が高額になれば、支払いが難しくなると判断されて審査に通過できない可能性があります。そうした状況を避けるためには、月額料金が安くなるプランで申し込みましょう。

        例えば、リースする車のグレードを下げる・契約期間を長めに設定する、オプション装備を必要最低限にするなどのちょっとした工夫で、毎月の支払額を下げられます。

        虚偽申告をしない

        注意

        ここまでカーリースの審査に通過するのが難しくなる条件も解説しました。しかし、審査に通過できないのが心配でも、年収や勤務形態について虚偽申告することは控えましょう。

         例えば、パート・アルバイトの人が、正社員と虚偽申告をしたとします。カーリースでは勤務先への在籍確認を実施する場合があるため、虚偽が発覚しかねません。

        在籍確認で本人が記入した会社に所属していないことが分かれば、契約解除違約金を請求される可能性も考えられます。そのため、カーリースの契約に必要な情報は正確に記載することが重要です。

        各社の公式サイトにある「お試し審査」でシミュレーションする

        計算機

        カーリース各社が公式サイトで「お試し審査」で、シミュレーションできるサービスを提供しています。そのため、まずシミュレーションを利用して、審査に通過できるかどうか確認する流れがおすすめです。

         例えば、定額カルモくんのお試し審査では、希望の月額料金から仮の車種で審査を行い、後から審査に通る範囲でオーダーメイドのプランを立てられます。

        もちろん、お試し審査を利用した場合でも契約しなければならないという決まりはありません。審査に通過できるかどうか気になるが、本格的に契約するまでは考えていないという方でも気軽に試せます。

        出典:定額カルモくん公式

        主婦や年金受給者はカーリースの審査に通らない?

        主婦でもカーリースの審査に通過できる

        専業主婦

        主婦やパート・アルバイトの方がカーリースの審査に申し込む場合は、安定した収入がある親や配偶者を連帯保証人にすれば、審査に通過する確率を上げることが可能です。

        カーリースでは月1万円程度で利用できる軽自動車のリースもあります。ご主人は通勤でマイカーを使っているので、奥さんはカーリースをセカンドカーにして、買い物やお出かけに使えるでしょう。

         月額1万円ならお小遣い程度の額なので、家計にそれほど負担をかけることもありません。

        さらに、カーリースではメンテナンスパックを付けることで、オイル交換などの定期的なメンテナンスをプロの整備士におまかせできます。メンテナンス費用は定額料金に含まれるので、出費の管理も簡単です。

        カーリースは年金受給者にお得なサービス

        免許返納

        カーリース会社の多くは、申し込みできる年齢を75歳以下としているため、年金を受給しているシニア世代の方でもカーリースは利用可能です。そこで、主要なカーリース会社での申し込み年齢の上限をまとめました。

        定額カルモくん 契約時に75歳以下
        KINTO 契約期間満了時の年齢が90歳を超える場合は契約できない
        コスモMyカーリース 契約満了時75歳未満
        MOTAカーリース 75歳以下
        ニコノリ 制限なし

        年金受給者のシニア世代でも経済状況や信用状況をチェックして、審査に通過できればカーリースの契約が可能です。また、シニア世代はカーリース会社が提供しているオプションもチェックしましょう。

         出光オートフラットの「あんしんキャンセルサポート」やSOMPOで乗ーるの「免許返納オプション」では、免許返納をして車を運転できなくなった場合に、リース契約期間中でも中途解約金なしで解約できます。

        年金受給者は将来の免許返納を考えて、中途解約しても中途解約金の請求がないオプションが選択できるカーリースを選べば便利に利用できるはずです。

        パート・アルバイトでもカーリースの審査に通過できる

        ドライブ

        カーリースの審査に通過するコツは安定した収入があることです。そして、金融事故情報の記録が信用情報機関にないこと、今現在返済が必要な借金がないことなども重要と言えます。

        そのため、パート・アルバイトでも200万円近くの年収がある場合は雇用形態をあまり意識する必要はないでしょう。信用情報機関に金融事故情報の記録がなく、返済が必要な借金がなければ審査に通過する可能性は十分あります。

         軽自動車やコンパクトカーなど、比較的車両本体価格が安い車両を選ぶことも審査通過するために重要なポイントです。

        また、パート・アルバイトとしての勤続年数がないが、勤務先の資本金・総資本額・従業員数などの経営資源は大きいかもしれません。この際も安定性があると判断されて、審査に有利です。

        ただし、あくまで審査に通過できる要素を押さえているだけに過ぎないため、条件を満たせば必ず審査が通過できるわけでないと理解しておきましょう。

        審査が心配な人にもおすすめのカーリース

        おすすめ人気のカーリース5社を徹底比較!

        初期費用がかからず頭金なしで気軽に車を所有できることで人気が高まっているカーリースですが、カーリースを展開している会社も近年非常に多くなってきています。

        どのカーリース会社も特徴が異なりますので、ご自身やご家族が希望する車が所有できるカーリース会社を上手に選びましょう。

        カーリース会社の上手な選び方は以下のとおりです。

        カーリース会社の上手な選び方
        • お気に入りの車種で選ぶ
        • 料金体系で選ぶ
        • リース満了時の選択肢で選ぶ

        上記を参考に、当サイトが厳選して紹介するおすすめのカーリース会社を5社徹底比較紹介します。

        KINTO

        KINTO

        KINTOのおすすめポイント
        • トヨタとレクサスの新車を扱っている
        • カーリースだけでしか乗れないKINTO専用車がある
        • 事故に遭い車が故障しても、自己負担額を5万円までに抑えられる

        KINTOは、トヨタとレクサスの新車を扱っているカーリース会社です。ルーミーやハリアーなどの人気車種がある中、カーリースだけでしか乗れないKINTO専用車もあります。

         KINTOの魅力は、月額料金に任意保険料が含まれている点で、対人・対物補償だけではなく安心の車両保険付きです。

        万が一事故に遭い車が故障しても、自己負担額を5万円までに抑えられます。

        KINTOの「解約金フリープラン」は、申込金として月額5ヶ月分の頭金を用意すると中途解約しても違約金がかかりません

        中途解約の可能性がある方には、KINTOの「解約金フリープラン」がおすすめです。
        サービス名 KINTO
        運営会社 株式会社KINTO(KINTO Corporation)
        取り扱いメーカー トヨタ
        走行制限

        初期費用フリープラン / 解約金フリープランともに以下のとおり

        • 3年プラン:54,000km
        • 5年プラン(再契約1回目含む):90,000km
        • 7年プラン(再契約2回目含む):126,000km
        外国車の取り扱い なし
        設定可能リース期間 3年/5年/7年
        契約形態 オープンエンド方式
        メンテナンスプラン 車検、整備、消耗品交換あり
        中途解約 不可(損代金発生)
        契約期間内乗り換え 不可
        満期時の車の扱い 返却、乗り換えのなかから選択
        支払方法 銀行口座引き落とし
        ルーミー 14,740円〜
        ヤリス 14,960円〜
        パッソ 15,730円〜
        ヤリス 18,480円〜
        ノア 19,910円〜
        ヤリスクロス 21,010円〜
        GR 86 21,450円〜
        カローラクロス 21,780円〜
        ヴォクシー 22,660円〜
        C-HR 22,880円〜

        参考:KINTO公式サイト
        ※すべて税込・月額

        定額カルモくん

        定額カルモくん

        定額カルモ君のおすすめポイント
        • 最長11年契約が可能で新車に手軽に乗れる
        • 車がもらえるオプションなどオプションの種類が充実している
        • 取り扱い車種が多く中古車リースにも対応可能

        定額カルモ君はナイル株式会社が運営するカーリースサービスです。リース契約可能期間は最短1年から1年単位で設定可能、最長11年契約が可能なので月額料金を低く抑えることができます。

         また、7年以上の契約なら、乗っていた車を最後にもらえる「もらえるオプション」も選択可能で、月額500円プラスするだけで加入できます。

        傷や汚れを気にせずに乗りたい方や、愛着を持った車に長く乗り続けたい方におすすめです。

        専用アプリやカスタマーサポートなどが充実し、納車後のフォロー体制が整っているため、安心して利用できるサービスといえます。
        サービス名 定額カルモ君
        運営会社 ナイル株式会社
        料金内訳 自賠責保険料、自動車税、重量税、環境性能割、登録費用、その他諸費用、仲介手数料、お客様サポート料
        取り扱いメーカー トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、スバル、スズキ、ダイハツ、三菱
        走行制限 6年以下の契約の場合、月間平均1,500km
        ※7年以上は制限なし
        外国車の取り扱い なし
        設定可能リース期間 1年~11年 ※1年単位
        契約形態 クローズエンド方式
        メンテナンスプラン 返却時の原状回復費用補償、車検点検料、法定12ヶ月点検、エンジンオイル交換、オイルフィルター交換、タイヤローテーション・ホイールバランス調整、エアコンフィルター交換、ワイパーゴム交換、ブレーキオイル交換、ブレーキパッド交換、延長保証
        中途解約 不可(損代金発生)
        契約期間内乗り換え 不可
        満期時の車の扱い 延長(再リース)、返却、乗り換え、もらう(※)のなかから選択
        ※もらえるオプションへの加入が必要
        支払方法 銀行口座引き落とし
        スズキ ジムニー 27,510円~
        スズキ スペーシア 23,440円~
        スズキ ハスラー 25,970円~
        ダイハツ タフト 25,420円~
        ダイハツ タント 23,440円~
        ダイハツ ミライース 15,950円~
        トヨタ ヤリス 28,544円~
        トヨタ ライズ 32,240円~
        ホンダ N-BOX 25,310円~
        ホンダ ヴェゼル 42,295円~

        出典:定額カルモ君公式サイト
        ※カーリースの人気車種を独自に調査
        ※7年のリース契約で最も安いプランから金額を算出

        SOMPOで乗ーる

        SOMPOで乗〜る

        SOMPOで乗ーるのおすすめポイント
        • 国産車から輸入車まで幅広く選択できるカーリースサービス
        • 免許返納や中途解約に対応したオプションプランあり
        • 契約満了時の選択肢が幅広い

        SOMPOで乗ーるは株式会社DeNA SOMPO Carlifeが運営するカーリースサービスです。一般的なカーリースサービスでは国産車の提供がメインですが、SOMPOで乗―るでは輸入車のカーリースにも対応しています。

         BMW、メルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲンなど、さまざまな輸入車ブランドの車の乗れるのは大きな魅力でしょう。

        また、将来的に免許の返納を考えている方に向けた解約手数料が0円になる免許返納オプションや、ライフスタイルの変化に対応しやすい中途解約オプションなど、独自のオプションサービスを提供しています。

        契約満了時には新契約・再契約・車の返却・車がもらえる(条件あり)など選択肢が幅広いのも特徴です。
        サービス名 SOMPOで乗ーる
        運営会社 株式会社DeNA SOMPO Carlife
        料金内訳 車両代金(オプション含む)登録諸費用、自動車税、重量税、自賠責保険料、車検費用、オイル交換メンテナンス費用、自動車保険
        取り扱いメーカー トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、スバル、三菱、ダイハツ、スズキ、レクサス、BMW、メルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲン、アウディ、ジープ、ボルボ、プジョー、ルノー、フィアット、ジャガー、シトロエン、ミツオカ、スマート、アルファロメオ、ランドローバーなど
        走行制限 1,000km、1,500km、2,000km、3,000km
        外国車の取り扱い あり
        設定可能リース期間 3年、5年、7年、9年
        契約形態 クローズエンド方式、オープンエンド方式
        メンテナンスプラン 車検、法定点検、スケジュール点検、オイル交換、エンジン点検整備、ギア点検整備、ブレーキ点検整備、エアコン点検整備、消耗品の交換、バッテリー交換、一般整備、代車、夏冬タイヤ交換
        中途解約 5年リースは2年目以降、7年リースは5年目以降、9年リースは7年目以降に中途解約可能(中途解約オプション加入時)
        契約期間内乗り換え 不可
        満期時の車の扱い 返却、乗り換え、再契約
        支払方法 クレジットカード
        スズキ ジムニー 18,590円~
        スズキ スペーシア 20,130円~
        スズキ ハスラー 18,480円~
        ダイハツ タフト 21,230円~
        ダイハツ タント 19,360円~
        ダイハツ ミライース 15,950円~
        トヨタ ヤリス 21,780円~
        トヨタ ライズ 27,610円~
        ホンダ N-BOX 20,210円~
        ホンダ ヴェゼル 33,330円~

        出典:SOMPOで乗―る公式サイト
        ※カーリースの人気車種を独自に調査
        ※7年のリース契約で最も安いプランから金額を算出

        MOTAカーリース

        MOTAカーリーストップページ

        MOTAカーリースのおすすめポイント
        • 全車種残価設定なしのカーリースサービスで車が必ずもらえる
        • 走行距離制限なしで自由度が高い
        • 契約満了時に破損や故障の修理費用請求なし

        MOTAカーリースは株式会社MOTAが運営するカーリースサービスです。

         提供する全車種で残価設定をしていないため、契約満了時に車がもらえるサービスとなっています。

        また、一般的なカーリースサービスでありがちな月間の走行距離制限もないため、車を自由に利用することができるでしょう。

        さらに、契約満了時に車の破損や故障に対する修理費用の請求がく、カスタムも自由にできる数少ないカーリースのサービスの1つです。
        サービス名 MOTAカーリース
        運営会社 株式会社MOTA(モータ)
        料金内訳 登録時諸費用、車検基本料、自動車税、自賠責保険料、自動車重量税
        取り扱いメーカー トヨタ(+レクサス)、日産、ホンダ、マツダ、スバル、スズキ、ダイハツ、三菱
        走行制限 なし
        外国車の取り扱い なし
        設定可能リース期間 5年、7年、11年
        契約形態 クローズエンド方式
        メンテナンスプラン 車検整備、
        法定12か月点検、
        オイル交換、オイルフィルター、ワイパーゴム、ブレーキオイル交換、エアコンフィルター、ロングライフクーラント交換、タイヤ交換、バッテリー交換、ブレーキパッド交換、その他消耗品(点火プラグ交換、ATオイル交換、Vベルト交換)
        中途解約 不可(損代金発生)
        契約期間内乗り換え 不可
        満期時の車の扱い 返却、延長(再リース)、乗り換え、もらえる
        支払方法 銀行口座引き落とし
        スズキ ジムニー 25,630円~
        スズキ スペーシア 22,550円~
        スズキ ハスラー 21,780円~
        ダイハツ タフト 23,650円~
        ダイハツ タント 21,560円~
        ダイハツ ミライース 15,950円~
        トヨタ ヤリス 26,070円~
        トヨタ ライズ 30,580円~
        ホンダ N-BOX 24,200円~
        ホンダ ヴェゼル 40,040円~

        出典:MOTAカーリース公式サイト
        ※カーリースの人気車種を独自に調査
        ※7年のリース契約で最も安いプランから金額を算出

        カーコンカーリース

        カーコンカーリーストップページ

        カーコンカーリースのおすすめポイント
        • 残価設定0円のカーリースサービスで契約満了時に車がもらえる
        • お得なもろコミ特選車を選択可能
        • ボーナス払い対応で月額料金を抑えられる

        カーコンカーリースはカーコンビニ倶楽部株式会社が運営するカーリースサービスです。残価設定を0円にしており、契約が満了した際に車がもらえるのが同サービスの特徴。契約後の生産トラブルや手続きなどは一切不要です。

         また、手軽にカーライフを楽しめるもろコミ特選車を用意しており、カーアクセサリーやメンテナンスパックなどがセットになっているのもうれしいポイントといえるでしょう。

        リース契約期間は7年・9年・11年から選択可能で、さまざまな車種から自由に選択できます。

        さらに、ボーナス払いにも対応しており、月額料金を抑えながらカーリースサービスを利用できるのも魅力です。
        サービス名 カーコンカーリース
        運営会社 カーコンビニ倶楽部株式会社
        料金内訳 登録時諸費用、車検基本料、自動車税、自賠責保険料、自動車重量税
        取り扱いメーカー トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、スバル、スズキ、ダイハツ、三菱
        走行制限 なし
        外国車の取り扱い なし
        設定可能リース期間 7年、9年、11年
        契約形態 クローズエンド方式
        メンテナンスプラン タイヤ交換、バッテリー交換、エンジンオイル交換、オイルエレメント交換、オートマチックオイル交換、ブレーキオイル交換、ブレーキパッド交換、Vベルト交換、LLC交換、点火プラグ交換、ワイパーゴム交換
        中途解約 契約終了2年前から原則解約金なしで規約修了可能(それ以前はの解約は中途解約金が発生
        契約期間内乗り換え 契約終了2年前から乗り換えOK
        満期時の車の扱い 車をもらう、返却
        支払方法 銀行口座引き落とし
        スズキ ジムニー 14,850円~
        スズキ スペーシア 12,980円~
        スズキ ハスラー 14,300円~
        ダイハツ タフト 14,410円~
        ダイハツ タント 12,540円~
        ダイハツ ミライース 9,130円~
        トヨタ ヤリス 14,960円~
        トヨタ ライズ 18,920円~
        ホンダ N-BOX 13,750円~
        ホンダ ヴェゼル 23,100円~

        出典:カーコンカーリース公式サイト
        ※カーリースの人気車種を独自に調査
        ※7年のリース契約で最も安いプランから金額を算出

        まとめ

        この記事では、カーリースに審査が必要な理由や審査のポイント、審査に通過する確率を上げるためのコツを紹介しました。

        カーリースの審査では安定した収入・信用情報機関に金融事故の情報がないことは重要です。また、複数社への借金がない、毎月支払うリース料と支払い能力のバランスなどが審査されます。

        そのため、審査に通過できるか不安な場合は、頭金を入れる・連帯保証人を付けるなどの工夫をしましょう。また、車のグレードを下げるなどの手間をかければ、審査に通過する確率をあげられます。

        カーリースのサービスが気になるという方は、審査に通過するための準備をして申し込んでみてくださいね。
        ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
        ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
        ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
        ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
        ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
        おすすめの記事