車の免許は最短何日で取得可能? 教習所通いでかかる期間などを紹介!

車の免許を取るには、それなりのスケジュール確保が必要です。働きながら取るために免許にかける時間をなるべく短くしたい方もいるでしょう。

そこで重要なのが最短での免許取得の方法を知ることです。本記事では車の免許の種類や最短何日で取得できるのか?などを解説していきます。

おすすめの免許合宿サイトや取得後の注意点などもまとめています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

車の免許を取る方法3つ

車と免許証

車の免許を取る方法は「教習所通学」「免許合宿」「一発試験」の主に3つです。それぞれの特徴と最短で可能な日程を解説します。

教習所通学なら1か月程度で取れる

教習所に通うなら1か月程度で取得可能です。しかし、多くの人は学業や仕事との両立が必要なので、実際は土日中心の通学となるので1か月以上は見積もった方がよいでしょう。

一般的に教習所への平均的な通学期間は約2か月です。1カ月は平日の通学日も含める形で、より切り詰めた場合とみましょう。

1日の教習時間も限定的です。そのため学業や仕事との両立を意識しながら、無理のないスケジュールで通いましょう。

合宿なら半月程度で取れる

免許証

合宿に参加すれば半月での取得も可能です。宿泊施設に滞在し短期集中のような形でカリキュラムを受けられます

 このケースは技能教習の定員にあぶれたり、長期的な通学スケジュールの確保が難しい場合に対応できます。

従来の教習所通学とカリキュラムはほとんど同じですが、短期集中なので最短で免許を取れます。合宿に向けたスケジュール確保は必要ですが、手っ取り早く取得したいならこちらを選びましょう。

一発試験は最短7日も合格率が低い

一発試験なら最短7日での免許取得も可能です。運転免許センターでの試験では独学でもチャレンジできます。ただし車の未経験者だと合格の可能性が低いでしょう。

一発試験に臨む方は免許が失効したり取り消されたりした場合がほとんどです。免許取得後に車をスムーズに扱うためにも、教習でスキルを身につけた方が安全でしょう。

今後の車利用を考えれば、しっかりと時間をかけて教わるのが良いと感じますね。

自動車学校通いで免許を最短で取れる日数は?

免許証をゲット

免許を取るために自動車学校に通った場合に最短で取れるのは条件によって異なります。また、土日のみか平日にも通うかにより卒業までの期間も違うでしょう。

MT車とAT車で異なる

車と免許

免許を取るまでの最短期間はMT車とAT車で違います。MTはギアを手動で動かすなど、必要な操作がATより多いからです。その結果習得までの日数の相場は以下になります。 

MT車 AT車
技能第一段階 8日 6日
技能第二段階 7日 7日
仮免許試験 1日 1日
卒業試験 1日 1日
合計 17日 15日

MT車はAT車よりも免許取得に約2日長くかかります。AT車は操作の手間が少なくて、スムーズに免許を取りやすいのがメリットです。

教習所通いはどれだけ続く?

ポイント車

教習所に通う期間は多くの人の場合3~4カ月はかかります。こちらは平日が忙しくて、週末にしか通えない社会人のケースです。

 教習所への通学期間は毎日そこに通うという意味ではなく都合のよい日だけに通った結果になります。あくまでも通いはじめから免許取得までの期間と考えましょう。

一方で平日にも教習所に通うようにすれば、1カ月~2カ月だけで済みます

このようにスケジュール次第で、免許を取るまでの期間が変わるのです。

合宿通いなら車の免許を最短で取れる可能性

車免許可能性

教習所の合宿に通えば、車の免許を最短で取れる可能性があります。短期集中なので仕事との兼ね合いを考える度合いは少ないでしょう。

おおよそ場合は2~3週間の合宿になります。メリットやデメリットと合わせて確かめてみてください。

2~3週間の滞在で取得を目指す

教習所の合宿は2~3週間の滞在が多く短期での免許取得に向いています。仕事や学業との兼ね合いで教習所に通えないケースが多く、免許取得までの日程が延びる方もいるでしょう。

合宿はそうしたリスクを解決できます。合宿ならAT車の場合、14日~15日で卒業というケースが多いようです。MT車の場合は運転時の操作が多くなるので、16日~17日程度が相場でしょう。

いずれにしても1か月足らずで取得となれば、本業にもそれほど影響しないでしょう。

免許合宿のメリット

チェックポイントメリット

合宿免許のメリットは通学よりも料金相場が低いことです。短期集中なのでカリキュラムを組みやすい背景があるからでしょう。合格まで追加料金を求めない教習所もあります。

また、一度合宿に参加すれば2~3週間の滞在が決まることもポイントです。本来の通学のように、スケジュールの都合で通う予定を引き延ばすことはありません。

予算面だけでなく、免許取得までの見通しを立てやすいといえます。

免許合宿のデメリット

免許合宿のデメリットは、自己都合キャンセルのリスクです。遅刻や体調不良でのキャンセルによって追加料金を求められるケースもあるので手痛い出費になります。

また拘束期間の長さが気になる方もいるでしょう。教習所の合宿では基本的に一時帰宅を認められないので、仕事とのスケジュールとの兼ね合いが必要です。

有給休暇のように、勤め先に理解してもらう形で休みを取れるようにしましょう。

通学で最短取得するなら短期集中コースもあり

運転席と合宿

合宿でなくても短期集中コースに入れば最短で免許を取れる可能性があります。教習所次第では「スピードプラン」などとも呼ばれているので、ぜひチェックしてください。

教習所次第では「スピードプラン」とも呼ばれる

教習所次第では短期集中コースを設けているので、すぐに免許がほしいなら選ぶとよいでしょう。場所によっては「スピードプラン」というように呼び方が変わっています。

 短期集中コースでは免許取得まで、あらかじめスケジュールが決まっているのも特徴です。

合格には最後まで積極的に参加する必要があり、免許の取得に集中しやすいでしょう。

短期集中コースのメリット

教習所への申し込み

短期集中コースは、自宅から教習所に通う形なので合宿のように拘束期間が続きません。合宿のように一定期間、生活の大部分を犠牲にするよりも短期集中の方が柔軟に対応しやすいでしょう。

短期間にスケジュールが詰まっていながら、教習のない時間帯では自由にできるのが集中コースのメリットになります。

短期集中コースのデメリット

短期集中コースになると通学より費用が高いのは難点です。交通費も毎回かかるため、家計への配慮も重要になります。ある程度予算に余裕がないと受けるのは厳しいでしょう。

 また、短期集中コースはカリキュラムがあらかじめ決まっているので1回でも予定どおりに受けられないことでフォローが難しくなります。

試験本番も近いため1回でも教習を逃すと不利になります。そのため、短期集中コースでは免許取得を優先したスケジュールも徹底しましょう。

通学で免許を最短取得するポイント

チェックポイント最短の

通学で免許を早く取るには教習所のコース選定が重要になります。他にも仕事や学業との両立を目指し、試験は一発合格するように入念な準備を整えてください。

ここでは通学による免許取得に向けたポイントを解説します。

教習所なら閑散期や短期集中コースがおすすめ

教習所に通うなら閑散期や短期集中コースを狙いましょう。教習には定員があるため、なるべく受けやすいタイミングを狙うのがおすすめです。

 教習所における閑散期は4月後半~6月・10月・11月とされます。世間が新しい生活に集中している時期ととらえましょう。

また、短期集中コースは割高であるぶん需要が少ないのですぐに予約できるかもしれません。

教習所は予約によってカリキュラムを押さえるのがほとんどです。スケジュールどおりに受けられるように予約の段階から工夫しましょう。

仕事や学業とのスケジュール調整が重要

免許証を最短で

通学で免許を最短取得するにはスケジュール調整が重要です。仕事や学業をしながら免許を目指す方はどちらにも支障が出ないように心がけてください。

ポイントは仕事や学業を邪魔しない形で通う日を決めることです。最短で取れるタイミングがわかったら、そこを目指して免許取得に集中しましょう。

一発合格が最短での免許取得のカギ

最短で免許を取得するには一発合格するのも手です。免許試験に落ちてしまうと学習段階からやりなおさなければならないので、時間がかかってしまいます。

不合格にならないように、入念な準備を忘れないでください。

最短で免許取得したあとに注意すべきこと

運転席と注意点

最短で免許を取得できても気を抜いてはいけません。取得後は免許センターへ向かうことを忘れないでください。取得から1年間は車に初心者マークをつけるなどの義務があります。

ここでは免許取得後に注意するべきことをまとめています、しっかりと確認しておきましょう。

免許取得後も更新手続きが必要

免許取得後も更新手続きを忘れてはいけません。新規取得者の免許は3年が有効期限だからです。

 さらに更新時は2時間にわたる初回更新者講習が必要になり、更新費用も3000円以上がかかります。

また、それまでに交通違反や事故を起こした場合は違反運転者講習を受けなければなりません。このように更新手続きにも条件が決まっています。

晴れて免許取得ができたら、このあたりは基本になってきますので覚えておきましょう。

取得から1年間は初心者マークをつける

運転席とチェックポイント

初めて免許を取得した場合には初心者マークが必要です。このマークは免許取得から1年未満の場合は車に常時つけなければなりません

レンタカーやカーシェアリング・営業車などでも、乗る人の免許が1年未満の場合はそのとき走らせる車に貼りましょう。初心者マークは義務なので、貼っていないと交通違反に問われます

おすすめ免許合宿まとめサイト3選

運転免許の最短取得におすすめな合宿まとめサイトの例を紹介します。ここではとくに優良とされる3か所をあげるので、ぜひチェックしてください。

免許合宿ドリーム

運手免許センター ドリーム

おすすめポイント

・サポートシステムでお悩みを質問できる
・仮申し込みをキャンセルした場合も違約金はかからない
・出発や行先などから合宿の場所を探せる

合宿免許ドリームは、希望者のさまざまな事情に合わせたサービス内容が特徴です。サポートシステムがあったり、合宿場所・企画・目的などに合わせて条件を決めて検索したりできます。

 自身の行ってみたい地域があったり、自宅からなるべく近いところで済ませたいという方は合宿先を選びやすいでしょう。

友人やカップル向けのプランもあるなど、バラエティに富んでいます。自身が取りたい運転免許や合宿内容に合わせてプランを頼みましょう。

普通自動車免許の入会よりもお得な金額設定なので、多くの人にとって選びやすいといえます。
運営会社 株式会社ナンバメイト
対応エリア 全国
受付時間 平日・土日祝:10:00~19:00

出典:免許合宿ドリーム

合宿免許受付センター

合宿免許受付センター

おすすめポイント

・ネット申し込みで5,000円割引
・免許取得でTポイント獲得
・あんしん傷害保険に1,000円で加入・5つの補償つき

合宿免許受付センターは全国各地の運転免許取得合宿を網羅しています。センター自体は合宿先の紹介や仲介をする形です。

 東北地方から九州地方まで対応しており、居住地に合わせたチョイスをしやすいでしょう。

ネット申し込みによる割引や、あんしん傷害保険など安心のサービスも揃っています。

ネット申し込みならパソコンやスマートフォンで時間や場所を問わないので、手軽に手続きを進められるでしょう。
運営会社 株式会社aruku
対応エリア 全国
受付時間 平日:9:30~19:00
土日祝:10:00~17:00

出典:免許合宿受付センター公式

免許合宿ライブ

おすすめポイント

・入校21日前までならキャンセルしても違約金はかからない
・国内旅行傷害保険への加入が可能
・3食の食事代や温泉チケットなどの特典も見られる

免許合宿ライブはリアルタイムで申請状況をチェックできます。評判の合宿所や混み具合を見るのによいでしょう。

 入校21日前なら無料でキャンセルできたり、特典がついたりするので、自身の理想に合わせてプランを決めやすいといえます。

国内旅行傷害保険にも加入できるので、教習中や合宿中の事故のリスクにも対処しやすいでしょう。

卒業者に限って往復交通費のサポートも受けられるなど、手厚いサービスが強みです。
運営会社 株式会社ドリーム(ドリーム運転免許センター)
対応エリア 全国
受付時間 平日:10:00~19:00
土日祝:10:00~18:00

出典:免許合宿ライブ公式

よくある質問

車の免許を最短で取る方法はなんですか?

AT車で15日、MT車で17日程度はかかるでしょう。短期集中コースや合宿では、そのとおりの日数で免許取得がみえていきます。

通学の場合は、仕事や学業との兼ね合いがあるため、1週間に通える日が限定的です。最終的に免許を取るまでの期間が長くなるでしょう。そうした意味でも短期集中コースや合宿が、最短の免許取得に向けた選択肢になります。

教習所に通いたいと思っています。最短で免許を取る方法はなんですか?

短期集中コースがおすすめです。あらかじめ免許取得までのスケジュールが決まっています。2週間強のなかに、さまざまなカリキュラムの詰まっていることが特徴です。

ただし1日でも休んだり遅刻をしたりすると、教習のおくれを取り戻すのは難しいといえます。とくに車を運転する実戦練習ではハンドルやアクセル、ブレーキなどの使い方を体で覚えなければなりません。

合宿通いなら免許を取れるまでの期間はどれくらいなのですか?

合宿ならAT車免許で14日~15日が相場です。MT車免許はもう少し長くなって16日~17日になります。MT車の方が運転中の操作が複雑だからです。

ただし体調不良や急な事情で合宿を事態すると、免許は取れません。最初から通いなおすことに気をつけましょう

MT車とAT車で免許を取れるまでの期間が短いと聞きました。本当はどうなのですか?

MT車よりAT車の方が、免許取得にかかる期間が短いといえます。日数の相場としては前者が約17日、AT車が約15日です。

効率的に免許を取りたいと思ったら、AT車に決めましょう。免許を取ったあとも、実際の運転が比較的楽になるからです。ギアの操作などが必要ないことも大きいでしょう。車のタイプに応じて取りやすい免許の種類を見極めてください。

教習所の「スピードプラン」とはなんですか?

短期集中コースという意味です。短期間にカリキュラムが詰まっており、その構成は合宿並みとされます。ただし短期集中コースは教習所に通うだけで、合宿のような泊まりはありません。

その日の教習が終われば自宅に帰り、プライベートをすごせます。以上が合宿との違いといえるでしょう。

最短で免許を取るうえでの注意事項はなんですか?

スケジュールどおりに通う習慣の徹底です。1回でも授業に出られないと習熟度に影響が出ます。とくに短期集中コースの授業を受けられなかったり、合宿を辞退したりするとよくありません。

免許取得までのスケジュールに大きな影響がおよぶでしょう。なにより試験は一発合格を心がけてください。不合格だと最初から学びなおす必要があるからです。以上から運転免許を取ると決めたら、集中して臨みましょう。

免許を取ったあとで気をつけることはなんですか?

免許の更新手続きと若葉マークです。更新手続きは定期的に済ませなければなりません。とくに初回更新の場合は専用の講習を受けなければなりません。

免許取得から1年未満のドライバーは、若葉マークが必要です。自分の車だけでなくレンタカーやカーシェアリングとして使っている車にも、自分のものを貼らなければなりません。

まとめ

運転免許を最短で取得するなら総合して教習所や合宿がおすすめです。週末だけでなく平日の一部も通うようにすれば、最短1か月で取得が可能です。

ただし社会人や学生の方は、本業とのスケジュールをしっかりと計算した上での予約することを意識しましょう。

本記事では最短で取得できるプランが探せる、免許合宿まとめサイトも紹介しました。ぜひ活用してみましょう!
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事