クラウドローンとは?口コミ評判からわかるメリット・デメリット
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

銀行などの金融機関でマイカーローンを組みたいけれど、どのようなところを選べばよいかわからないし、審査に通るかわからないと悩んでいませんか?

低金利で融資を受けられる銀行は数多く、自分の借りたい条件に合ったところで融資を受けたいという方が多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、マイカーローンをはじめとするローンを効率よく借りられる銀行を探せる「クラウドローン」というサービスです。

この記事では、そんなクラウドローンの仕組みや審査落ちなどがあるのかといった情報とともに、当サイトが実際の利用者へ独自で調査したアンケート調査結果をもとに具体的なメリット・デメリットなどをご紹介します。

利用方法や融資を受けるまでの流れについても解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則って運営しています】

クラウドローンとは?サービス概要や特徴

クラウドローンとはネットから希望条件を申し込むことで、提携している銀行から融資の提案をしてもらえるローンマッチングサービスです。

一般的にローンを借りたいときは個人で直接金融機関に申し込み、審査を受けるものですが、クラウドローンを利用すれば複数の銀行に一括で申し込めるというメリットがあります。

消費者と銀行の仲介役の役目をしているのがクラウドローンです。

2020年1月にサービス開始がされてからその需要から多くの人に支持されているローンマッチングサービスです。2022年には東京金融賞において3位に入賞するなど直近での実績もあるため、信頼性も高いといえるでしょう。

さらに、日本経済新聞をはじめとするさまざまなメディアで取り上げられるほど注目を集めているサービスです。そんなクラウドローンのサービス概要を以下紹介していきます。

クラウドローンの運営会社情報

ここでは、クラウドローンを運営しているクラウドローン株式会社が信頼できる会社なのかどうか基本情報について見ていきましょう。

会社名クラウドローン株式会社
設立2018年7月5日
代表取締役村田 大輔
会社住所東京都新宿区西新宿8-1-2 PMO西新宿6F
加盟団体一般社団法人Fintech協会
登録実績(2023年6月時点)6万人以上

融資を受けられるローンの種類

クラウドローンを利用することで受けられる融資の種類は以下の通りとなります。

融資を受けられるローンの種類
    • マイカーローン
    • 医療ローン
    • 教育ローン
    • カードローン
    • おまとめローンなど

各銀行が用意するさまざまなローンを利用することができるのはメリットといえます。生活資金や自動車関連などの借入目的に加えて、医療ローンにも対応しているのであらゆる目的に応じて資金調達が可能です。

 一般的には無担保ローンのみを提案されることが多いですが、クラウドローンを利用すれば目的に合ったローンを見つけられるでしょう。

クラウドローン加盟銀行

クラウドローンに加盟している銀行は地方銀行をはじめ大手銀行や金融機関も参加し始めています。具体的にどのような銀行や金融機関があるのかは以下を参考にしてみてください。

クラウドローン加盟銀行・金融機関
    • 横浜銀行
    • 大光銀行
    • 三井住友銀行
    • 滋賀銀行
    • 清水銀行
    • 池田泉州銀行
    • みなと銀行
    • スルガ銀行
    • 伊予銀行
    • 千葉興業銀行
    • みずほ銀行
    • オリックス銀行
    • きらぼし銀行
    • 北海道銀行
    • 中国銀行
    • 京都銀行
    • 愛知銀行
    • アコム
    • SMBCモビットなど

    上記以外の地方銀行とも提携を結んでおり、自分の家の近くにある銀行にて融資を受けられる可能性が高いです。今後サービスがより展開していけば、提携銀行も今以上に増えていくでしょう。

    提携銀行が増えれば自分の希望条件に合う銀行をより見つけやすくなります。

    クラウドローンの口コミ評判

    クラウドローン おすすめ度

    アンケート調査結果詳細
    マイカーローン希望者にクラウドローンをおすすめしますか?
    おすすめする22名
    どちらでもない7名
    おすすめしない1名
    合計30名

    アンケート調査結果詳細はこちら

    ここからは、クラウドローンの口コミ・評判についてご紹介していきます。実際に利用した方の意見を参考に利用を検討してみてください。

    • 手軽に使えて便利
      クラウドローンは一括で借りられるところを見つけられるので、非常に便利だなと思います。条件次第にはなるのでしょうが、高望みしなければ普通に提案が複数のところからもらえるので使いやすかったですよ。普通は一個ずつ直接申し込まないといけないから非常に時間がかかるし、万が一落ちるとその後も落ちやすいとネットの情報で聞いていたので、そういうデメリットを無くしてくれるのはクラウドローンの強みなんじゃないかなと思います。その分の時間を短縮できますし、使い勝手がとても良いです。
    • 銀行融資がこんなに簡単にできると思わなかった
      融資について結構抵抗があって、なるべく信頼できるところで借りたいなと思っていました。すぐ借りられる消費者金融もいいけど、できれば低金利の銀行が良くてクラウドローンを利用しました。希望条件入力後の次の日には提案が届き、結構あっさり進んでいったなと今では感じています。審査も通って融資を受けられたので、満足しています。提案を受け取った後は銀行側と直接のやり取りになるので、変に介入してくることもなく、使いやすかったなと感じています。
    • 普通の人が借りるなら非常におすすめ
      借りられるところを複数見つけられると知人に聞いてクラウドローンを利用しました。最初は希望条件に合うところがなかったので、すこし条件を下げて申し込んだら複数の銀行から提案が届きました。簡単に比較できるし、それぞれの銀行は信頼できるところなので安心して使えました。おそらくですが、金融事故とかクラウドローンを使う前に銀行に申し込んで審査に落ちたとか、傷がついていなければ普通に利用できるのではないかなと感じます。

    クラウドローン 良かったポイント

    アンケート調査結果詳細
    クラウドローンを選んでよかった点は?
    複数の銀行から最適なプランを提案された9名
    低金利のローンがすぐ提案された9名
    来店が不要だった4名
    教育や税金、医療ローンもまとめられた4名
    借入可能な目安額を10秒で確認できた4名
    合計30名

    アンケート調査結果詳細はこちら

    当サイトが独自で調査したアンケート調査においても、クラウドローンのメリットとして「複数の銀行から最適なプランを提案されたこと」をよかったと感じていることがわかります。

    また、「低金利のローンがすぐ提案されたこと」について評価している声も多数ありました。

    クラウドローン 満足度

    アンケート調査結果詳細
    クラウドローンの満足度は?
    とても満足している26名
    満足している3名
    どちらともいえない1名
    不満だ0名
    とても不満だ0名
    合計30名

    アンケート調査結果詳細はこちら

    当サイト開催の独自調査結果では、クラウドローンの満足度として満足と回答した方は全体の(96.7%)にまで及び、利用者のほとんどが内容に満足していている結果となりました。

    本審査を通過し、希望に沿った提案が通れば高い満足度が得られるサービスだといえるでしょう。

    クラウドローンを利用する5つのメリット

    ここからは、クラウドローンを利用するにあたってどのようなメリットがあるのかご紹介していきます。強みを知っておくことでうまく利用することができるのでしっかり確認しておきましょう。

    クラウドローンのメリット
      • 低金利ローンを選ぶことができる
      • 多くの金融機関で一括事前審査を受けられる
      • 信用情報へ申し込み履歴が残らない
      • 多数の優良金融機関が参加している
      • 審査に通りやすく融資を受けやすい

      低金利ローンを選ぶことができる

      クラウドローンは申し込みをすることで、条件次第では複数の金融機関から融資の提案を受けることができます。金融機関の中には金利の低い銀行もあるため、低金利ローンを選ぶことが可能です。

      また、一般的に低金利ローンの融資をしている銀行は申し込みから融資までに時間がかかることが多いです。しかし、クラウドローンなら早く提案を受けられる上に、より自分の条件に合ったローンを選べます。

      何度でも無料で利用できるので、自分に最適な融資プランを見つけやすいでしょう。

      多くの金融機関で一括事前審査を受けられる

      クラウドローンを利用すればさまざまな金融機関で一括事前審査を受けられるので、手間と時間を大幅に省くことができるというメリットがあります。

      ローンを借りるときは通常、1つずつ申し込みや審査を受けて審査結果を受けてから次の金融機関へ申し込みを行うため、かなり時間がかかりやすいです。しかし、クラウドローンなら条件に合う金融機関を1度に見つけられるでしょう。

       なるべく早くローンを借りたいという人が多いので、非常に魅力的といえます。

      ローンを借りるまでに膨大な時間をかけたくないなら、クラウドローンは特におすすめです。

      信用情報へ提案履歴が残らない

      個人で金融機関にローンの融資を申し込む場合、その情報は一定期間金融機関に残る仕組みとなっています。契約しても審査に落ちても、信用情報に履歴は残ってしまうのはデメリットです。

      そのため、個人で複数の金融機関に申し込むと信用情報を確認された際に、審査落ちの結果を見て自社でも審査落ちにすることがあり得ます。

      そんなデメリットを無くしてくれるのがクラウドローンの大きなメリットです。

      クラウドローンであれば、申込時の融資条件に応じて金融機関から融資の提案を受けるという形のため、信用情報に履歴が残りません

      提案後に直接申し込みや融資を受けた際は履歴が残りますが、リスクを取って審査落ちすることがなくなるため融資も受けやすくなるでしょう。

      多数の優良金融機関が参加している

      クラウドローンは一括事前審査によって自分の条件に合うローンを提案してもらえるという画期的なシステムですが、融資を受けられる金融機関が信用に欠けると利用したくはないですよね。

      しかし、提携している銀行や金融機関は貸金業法という国の法律に基づいた信頼できるところだけのため、安心して利用することができるでしょう。

       いわゆるヤミ金業者はすべて弾かれているので、詐欺に遭うこともありません。

      また、今後提携を結ぶ金融機関のことを考えても、さまざまな優良金融機関から融資の提案を受けられるのはメリットといえます。

      審査に通りやすく融資を受けやすい

      クラウドローンで一括事前審査を受けた場合に提案をしてくれる金融機関は、申し込み条件をすべて確認した上で提案してくれています。

      そのため、提案後に申し込みをした際、個人で申し込みをするよりも審査に通りやすく、融資を受けられる確率が高いというメリットがあります。さらに、スピード感もあるため効率よく融資を受けられるでしょう。

      手あたり次第にローンの申し込みをするよりも手軽かつ、ストレスがかかりにくいのが人気の理由の1つです。

      クラウドローンを利用する2つのデメリット

      多くのメリットがあるクラウドローンですが、懸念されている点も少なからずあります。ここでは、そんなクラウドローンのデメリットについてご紹介しますので参考にしてみてください。

      クラウドローンのデメリット
      • 必ず融資してもらえるわけではない
      • 希望の条件で借りられるかはわからない

        必ず融資してもらえるわけではない

        クラウドローンは自分の条件に合わせてさまざまな金融機関から融資の提案を受けられるサービスですが、希望条件によっては提案が受けられないこともあります。

        また、提案を受けられたとしても実際に申し込みをした際、審査の過程で申込者に問題があって審査に落ちてしまうということも考えられます。そのため、クラウドローンを利用したからと言って必ず融資が受けられるわけではありません。

         提携している地方銀行は営業エリア外の場合、条件に合っていても申し込めないので注意が必要です。

        希望の条件で借りられるかはわからない

        クラウドローンを利用した際、自分の希望条件を入力しますが条件によっては提案が受けられないこともあるため、妥協点を見つけて条件を変える必要があります。

        また、提携している金融機関からしか融資の提案は受けられないので、提携金融機関ではないところの方が条件が良かったという場合もあるでしょう。特に融資額や金利は金融機関によって異なるため、懸念点となりえます。

        利便性の高いサービスですが、すでに利用したい金融機関が決まっているならどちらを利用すれば後悔がないか検討してみるとよいでしょう。

        クラウドローンで審査落ちはあり得る?

        クラウドローンを利用する際に最も気になるのは審査に落ちることはあるのか、落ちる場合どのようなケースが考えられるのかということでしょう。ここでは、以下2つのケースについてご紹介しますので参考にしてみてください。

        クラウドローン利用で審査落ちするケース
        • 事前審査で落ちる可能性
        • 加盟金融機関の本審査で落ちる可能性

          事前審査で落ちる可能性

          クラウドローンを利用すると、クラウドローンを経由して提携している金融機関において事前審査が行われます。申し込み条件に応じて、ローンを貸し出せる金融機関から提案が届くのですが、条件によっては提案が1つもない場合もあります。

          過去に自己破産などの金融事故を起こしてしまった方でも登録して申し込むことはできますが、提案してくれる提携金融機関が必ずあるというわけではないため注意しましょう。

          事前審査で落ちても再度条件を変えて申し込むことは可能なため、条件についてよく考えるとよいです。

          提携銀行の本審査で落ちる可能性

          クラウドローンの事前審査を経て提案してくれた銀行に本審査を申し込んだとしても、申込者によっては審査に落ちることはあり得ますので注意しましょう。

          一般的に考えられる本審査で落ちる理由は以下の通りとなります。

          提携銀行の本審査で落ちる理由
            • 事前審査時に虚偽の申告をした
            • 審査基準に満たしていなかった
            • 大きな金融事故を起こしたことがある

              銀行によって審査基準は異なり、公開していることはないので本審査に落ちてしまってもその理由ははっきりわかりません。そのため、より高い確率で審査に通りたいなら審査が比較的甘いといわれている金融機関に直接申し込むことも視野に入れましょう。

              クラウドローンの利用手順や始め方

              ここからは、クラウドローンの利用を検討している方に向けて、具体的な利用手順についてご紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。

              クラウドローンの利用手順
                1. 基本情報の入力
                2. 事前審査・金融機関から融資プランを提案
                3. 融資申し込み・本審査
                4. 審査結果の連絡・融資

                    1基本情報の入力

                    まずは、クラウドローンの公式サイトにてプロフィールの登録を行います。実際に入力する基本情報については以下の通りとなります。

                    入力する基本情報
                      • 年齢
                      • 住んでいる都道府県
                      • 配偶者の有無
                      • 同居家族の人数
                      • 住居形態
                      • 自分の年収
                      • 雇用形態
                      • 勤続年数
                      • 借入目的
                      • 借入希望額
                      • 借入希望日
                      • 現在の金融借入件数
                      • 現在の借り入れ金額
                      • 過去の滞納の有無
                      • 住宅ローン月々返済額もしくは家賃

                    登録した基本情報は、マイページにていつでも編集することができますが、提案が来る前に編集しておくことをおすすめします。登録は最短で3分程度で完了することができるでしょう。

                    また、登録しなくてもクラウドローン加盟銀行と一般的な消費者金融の金利差を、公式サイトにある簡単シミュレーションでどのくらいお得になるのか比較することが可能です。

                    2事前審査・金融機関から融資プランを提案

                    登録が完了すると保証会社が事前審査を行い、どのようなプランが提案できるのか吟味します。審査は基本的に登録から当日中には審査結果を受け取れますが、平日18時以降の申し込みは翌営業日となるので注意してください。

                    事前審査を経て、提携している銀行から融資プランを提案してもらい、その中から選んで本審査に申し込むという形になります。提案してくれた銀行はマイページにていつでも確認可能です。

                    希望金額が高いなど厳しい条件だと提案が来ないこともあります。

                    3融資申し込み・本審査

                    融資プランの提案が届いたら申し込みが可能となるので、銀行の融資申し込みページに飛び、必要事項などを改めて入力して審査申し込みをしましょう。

                    注意点として必要事項を入力するときは、クラウドローンに登録した情報と同じにしなければなりません。情報に差異があると虚偽の申告として処理されかねないのでよく確認してから申し込むとよいです。

                     銀行にもよりますが、審査は数日かかることが多いので急ぎの方は早めに決めて申し込みましょう。

                    4審査結果の連絡・融資

                    審査結果が届いたら銀行の決まりに従い融資が行われます。結果についてはクラウドローンに通知などは来ず、銀行に申し込んだときに入力した連絡先に直接届きますので覚えておくとよいです。

                    クラウドローンを活用して効率よく、銀行から融資を受けましょう。

                    クラウドローン利用者の声

                    ここでは、クラウドローンを実際に利用した方の意見について3つご紹介するので見ていきましょう。

                    • マイカーローンで契約
                      普段仕事で忙しく、時間がなかったのでクラウドローンを利用しました。1回登録するだけで複数の金融機関から選ぶことができるので時間も手間もかからなかったのがとても良かったです。
                    • 教育ローンで契約
                      お金のことについて他の人に相談することはできなかったので、インターネットにていろいろ探しました。目的に応じて利用できるローンサービスだったので非常に使いやすく、利率や信頼性などを見ることができるのは非常に良かったです。
                    • 医療ローンで契約
                      普段利用することの少ないローンだったので、あまり知識がなく不安でした。しかし、クラウドローンなら1つのサイトで比較することができるので重宝しました。地銀は金利が低いので他のローンよりも利用しやすかったです。

                    クラウドローンの最大の魅力である1回の申し込みで、複数の銀行から提案を受けられることが好評のようです。時間がない方でもネットから簡単に申し込める上に、銀行に直接申し込むよりもスピーディなのは大きなメリットといえます。

                    まとめ

                    サービスが開始されてから間もないクラウドローンですが、数年で多くの実績を上げており、今注目されているローンマッチングサービスです。

                    一度の申し込み登録で多くの銀行から融資プランを提案してくれるだけでなく、直接融資してもらえるところを探すよりもスピーディに見つけられるなどさまざまなメリットがあります。

                    しかし、申し込み条件によっては提案が来なかったり、必ずしも融資を受けられるわけではないということを忘れてはいけません。

                    融資を受けたいけど手間をかけたくない、信頼できる金融機関を効率よく見つけたいという方はぜひクラウドローンの利用を検討してみてください。

                    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
                    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
                    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
                    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
                    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
                    おすすめの記事