フィットの値引き相場や値引きのポイント・交渉術を一挙公開!

新車のフィットを購入するならば、できるだけ安く購入したいものです。実は、新車の購入時にコツや交渉術を理解していれば、大きく値引きしてもらえる可能性があります。

そこで今回は、フィットを新車で購入する際の値引きポイントや交渉術をくまなく紹介します。

フィットの値引きの目標金額や実例も紹介しますので、参考してください。

フィットの値引きの目標金額や相場を把握しよう

値引き

まずはフィットの値引きの目標金額や値引き金額の実例をみていきましょう。

フィットの値引き目標金額とは

車両本体値引き目標金額 114,500円~
オプション値引き目標金額 69,500円~
合計値引き目標金額 184,000円~

※価格.com[ホンダ フィットの値引き情報]を参照。購入日の新しい順に表示された100件のデータの平均値にて計算。

フィットの値引き金額実例とは

車種(すべて2020年モデル) 車両本体価格 車両値引き金額 オプション値引き金額 購入地域
e:HEV LUXE 242万円 20万円 5万円 埼玉県
e:HEV HOME Maison 226万円 10万円 5万円 静岡県
e:HEV HOME 211万円 15万円 5万円 神奈川県
e:HEV LUXE 242万円 10万円 30万円 愛知県
e:HEV HOME 211万円 10万円 10万円 愛知県
e:HEV HOME 206万円 20万円 0円 大阪府
HOME 171万円 20万円 5万円 神奈川県
CROSSTAR 193万円 10万円 5万円 京都府
e:HEV HOME 206万円 30万円 0円 佐賀県
e:HEV CROSSTAR 228万円 5万円 15万円 兵庫県
e:HEV CROSSTAR 228万円 10万円 5万円 群馬県
LUXE 4WD 218万円 15万円 15万円 北海道
HOME 171万円 10万円 10万円 埼玉県
e:HEV LUXE 4WD 253万円 10万円 20万円 新潟県
e:HEV CROSSTAR 228万円 15万円 10万円 埼玉県
e:HEV CROSSTAR 228万円 20万円 0円 東京都
e:HEV HOME 206万円 20万円 10万円 神奈川県
e:HEV CROSSTAR 228万円 5万円 5万円 京都府
e:HEV HOME 206万円 10万円 10万円 神奈川県
e:HEV HOME 206万円 5万円 5万円 宮城県

※価格.com[ホンダ フィットの値引き情報]を参照。購入日の新しい順に表示された20件のデータ

フィットを値引き購入するには知っておきたい6つのポイント

ポイント

フィットを新車で購入するときは、いくつかあるポイントを知っておくだけで大きく値引きしてもらえることがあります。ここでは、フィットを値引き金額で購入するポイントを紹介します。

具体的なポイントは下記の通りです。

フィットを値引き購入するには知っておきたい6つのポイント

  • 購入するなら決算期や四半期に
  • 高額値引きを狙うならフルモデルチェンジ直前に
  • タイミングが合わなければ月の中頃を狙う
  • 車の下取りは見積もりから外す
  • 値引きは車両本体以外から可能
  • 他メーカーとの相見積もりで値引き額UPを

購入するなら決算期や四半期に

フィットを値引きしてもらうポイントの1つが、決算期や四半期に購入するということです。

 特に決算時期は、メーカーが販売実績を上げたいと考えているので、値引きした金額でフィットを購入できるケースがあります。

また、売上アップのために決算セールが企画されることもあり、交渉次第では大きな値引きをしてもらって新車のフィットを購入できる可能性があります。

ほかにも、四半期や6月・12月のボーナス商戦なども値引きされやすいです。

上手くタイミングを計って、大きな値引きを勝ち取りましょう。

高額値引きを狙うならフルモデルチェンジ直前に

車の一部分

高額値引きを狙うのであれば、フルモデルチェンジ直前のタイミングでの購入がおすすめです。

 フィットに限らず、ほとんどの車種でモデルチェンジの直後は値引きが渋くなる傾向にあります。

逆に、モデルチェンジの直前のタイミングでは、値引きが金額は大きくなりやすいので、お得にフィットを購入できることがあります。

フルモデルチェンジ直前のタイミングと新車購入の時期が合えば、大きな値引きも期待できるでしょう。

タイミングが合わなければ月の中頃を狙う

手帳

決算時期やモデルチェンジのタイミングに合わないなら、月の中頃の購入を検討しましょう。ディーラーでは販売台数のノルマを設定していることが多いです。

  • ノルマを達成していない場合、値引き覚悟で販売台数を増やしたいと考えていることもあります。

このように、販売側の事情によって値引き交渉が進めやすくなるのです。なお、同月中の実績とするためには、毎月20日までには購入契約を締結する必要があります。

そのため、15日頃を目安に購入できるようにしましょう。

車の下取りは見積もりから外す

見積4

フィットを安く購入したいなら、ディーラーの見積もりから所有車の下取りは外してもらいましょう。

下取り金額が含まれた見積もりを提示し、下取り価格と値引き金額を合算して提案してくることがあるためです。

 これでは、詳細な値引き金額がわからず、値引き交渉がしづらくなってしまいます。

また、下取りよりも買い取り業者で査定をしてもらうほうが、金額が高くなりやすく、売却したほうが得になることも多いといえます。

下取りを外した見積もりを作成してもらい、値引き交渉の武器としましょう。

値引きは車両本体以外からも可能

車内2

フィットを安く購入するために、車両本体以外からも値引きを狙ってください。

 カーナビゲーションやドライブレコーダーなどの付属品の購入や設置、ガラスコーティングなど、ディーラーでオプションを購入するとすぐに十万円単位の金額になります。

ディーラーオプションは利益率が高いケースが多く、20%前後の値引きは十分に狙えるでしょう。

車両本体以外でも値引きができれば、より安くフィットを購入できるはずです。

他メーカーとの相見積もりで値引き額UPを

ディーラー1

フィットを安く購入したいのであれば、他社ディーラーとの相見積もりは必ず行いましょう。

  • フィットの場合、トヨタのヤリス、日産のノートe-POWERなどが競合車となります。

競合車の見積もりがあれば、担当者が値引き交渉に積極的になるケースもあり、対応次第では大きな値引きを勝ち取れることもあります。

新車購入時の相見積もりは、新車を安く購入するための大切なポイントです。必ず相見積もりをしておきましょう。

フィットの値引きするための5つの交渉術

フィットの値引き価格で購入するには、営業担当者との値引き交渉を行う必要があります。そして、大きな値引きを得るためには、交渉のコツを把握しておくことが大切です。

ここでは、フィットを値引きするために重要な5つの交渉術を紹介します。具体的に以下の5つが重要です。

フィットの値引きするための5つの交渉術

  • 競合車を使って値引きを引き出そう
  • 販売店同士に競わせて値引きしてもらおう
  • 予算や希望金額はいわないこと
  • 最終局面での端数カットやガソリン満タンは叶いやすい
  • 担当者の質問やアンケートに本音で応えるのは禁物

競合車を使って値引きを引き出そう

自動車全体3

フィットを値引きするための交渉術の1つが、競合車を引き合いに出すということです。

 「フィットの購入しか考えていない」と担当者に判断された場合、値引き交渉に応じてくれなくなり、大きな値引きは期待できなくなります。

フィットが有力候補であると同時に、他社メーカーの競合車も検討材料であることを伝えて、値引き交渉を進めることが大切です。なお、フィットの競合車となるのは下記の車です。

  • トヨタ:ヤリス
  • 日産:ノートe-POWER

競合車を値引き材料にする場合は、購入したいモデルと近い価格のモデルを選び、オプション装備などの条件を揃えるようにしましょう。

販売店同士に競わせて値引きしてもらおう

フィットを安く購入するには、販売店同士での値引きを誘引して交渉しましょう。販売店同士での値引きを引き出せれば、大きな値引き金額を期待できるためです。

他のホンダ販売店との見積もりを武器に交渉すれば、想定以上に安い金額でフィットを購入できる可能性があります。

予算や希望金額はいわないこと

口を隠す

予算や希望金額は、担当者にいわないようにするのも交渉術の1つです。

 比較的早い段階で担当者に予算や希望金額を把握されてしまうと、その金額を基準にされてしまいます。

そのため、値引き交渉に応じてもらいにくくなり、大きな値引きは期待できなくなってしまうのです。予算について聞かれても、交渉がある程度のところまで進まない限り、明確に伝えないようにしましょう。

具体的な希望金額を明かすのは、見積りの提示が2~3回あったタイミングが目安となります。

最終局面での端数カットやガソリン満タンは叶いやすい

交渉の最終段階では、購入代金の端数のカット、ガソリン満タンでの納車を要求しましょう。

 端数のカットは金額が小さく値引きしやすいため、担当者の判断で値引きしてくれるケースがあります。

また、「値引きをしてくれたら今日購入を決定する」と話したうえで、ガソリン満タンでの納車を希望した場合も、要求に応じてくれるケースが多いでしょう。

担当者の質問やアンケートに本音で応えるのは禁物

はてな3

フィットの値引き交渉において、担当者から質問やアンケートでいろいろ質問されても、本音で応えてはいけません

 提供する情報によっては、値引き交渉が難しくなることがあるためです。

購入の予算・車検の時期・フィット以外の購入を考えていないなどの情報は、担当者にとって値引きの基準をつくる重要な情報となってしまいます。

相手が聞き出そうとしても、本音で応えるのは禁物です。

フィットの値引きが難しいときの3つの手段

フィットの値引き交渉を頑張ったとしても、大きな値引きとはならないケースがあるのも事実です。そんな場合、どのように対処すればいいのか解説します。具体的に以下のポイントを理解しておきましょう。

フィットの値引きが難しいときの3つの手段

  • 諸費用のカットで少額値引きを
  • 付属品は社外品を選択してコストダウン
  • 展示品なら安く購入できるかも

諸費用のカットで少額値引きを

諸費用のカットによって少額の値引きを狙うのが、対処法の1つです。

  • フィットの購入に必要な費用にはいくつかありますが、「納車費用」や「車庫証明代行手数料」は対応次第でカットすることができます。

納車費用は来店納車を行うことで無駄な費用が発生しませんし、車庫証明は自分で行うことができます。

購入費用を少しでも抑えたいという場合は、諸費用のカットを行いましょう。

付属品は社外品を選択してコストダウン

車内7

社外品の付属品を選択することでコストダウンを図るというのも、値引きができなかった場合の対処法です。

 フィットの付属品は、カーショップなどで購入することももちろん可能です。絶対にディーラーで購入しなければならないものではありません。

また、社外品のほうが付属品の価格が安く、カーナビゲーションやドライブレコーダーなどは、カーショップや家電量販店などのほうが低価格で高品質なものが手に入ります。

付属品を工夫すれば費用をカットできやすいので、うまく活用してみてください。

展示品なら安く購入できるかも

値引きができなかった場合の最最後の対処法が、ディーラーの展示品を狙うということです。

 ディーラーに展示されている車は、比較的値引き交渉がしやすいという特徴があります。

また、販売台数を追い求めるディーラーが、登録だけを済ませた展示品を残すケースもあります。

条件に合った展示品がディーラーにあれば、お得にフィットを購入できるかもしれません。

一度ディーラーに問い合わせてみましょう。

フィットの値引きには買取査定が必要

タブレット

新車のフィットを安く購入するなら、買い取り業者の査定が必要不可欠です。なぜ、買い取り業者の査定が必要なのか、その理由を紹介します。

フィットの値引きに買取査定が必要な理由

買い取り査定が欠かせない理由は、査定額が下取り額よりも高くなりやすく、結果的にフィットを安く購入できる可能性が高いからです。

  • 査定を行う買い取り業者は、実際の中古車オークションの相場をもとに査定額を割り出します。

年式が新しい車や走行が少ない車などは査定額は高くなりやすく、下取り額よりも売却したほうが得になるケースも多々あります。

フィットを新車購入するなら、買い取り査定を必ず行いましょう。

買い取り専門店に売却することを前提に

握手

ディーラーの下取り額と比較して、買い取り業者の査定金額が高いのであれば業者に車を売却しましょう。その差額分だけ、フィットを安く購入できることになります。

 また、ディーラーの担当者は下取り金額を上げることを渋るケースが多いです。しかし、その言葉に負けてしまうと、数十万円単位の「損失」が発生することになります。

担当者の意見にブレる必要はありません。査定額が高額の場合は、買い取り業者に売却しましょう。

少しでも車を高く売るために必ずすべきたった1つのこと

大切な愛車を1円でも高く買い取ってほしいと考えたとき、車専門店に査定の依頼も良いですが、多くの車買取店が出してくれる買取価格を一括で査定してくれる「車買取一括査定サイト」の利用をおすすめします。

車一括査定サイトの仕組み

車買取一括査定サイトとは、大手から中小の車買取専門店と多数提携しており、いくつかの質問に答えていくだけで一括で同時に愛車の買取価格を査定してくれる無料サイトです。

多い会社だと最大30社もの車買取専門店に一括で査定依頼をしてくれるので、あなたはそこで提示された「一番高くで買ってくれる」買取会社を選ぶだけ!

ネットでの査定ならたった3分、電話ならたった1本でいずれも来店不要です。
買取相場から120万円もお得に売れた事例もありますので、使わない手はないでしょう。車の一括査定を利用すると、時間や労力を使わず、個人情報も渡さずに店舗査定額より高価買取をしてもらえる可能性があります。
車一括査定のメリット
ここからは、当サイトが厳選しておすすめできる車買取一括査定サイトを5選紹介します。大切な愛車です。納得がいく買取価格で売れるよう徹底比較してくださいね。

表は右にスクロールできます。

おすすめの車買取一括査定サイト
名称 カーセンサー ナビクル車査定 セルトレ ズバット車買取比較

ユーカーパック

カーセンサー ナビクル セルトレ ズバット車買取 ユーカーパック
同時
査定数
最大30社 最大10社 最大8社 最大10社
提携
業者数
1000社以上 49 300社以上 200社以上 最大8,000社
※オークション形式
詳細

※記事内でおすすめとして紹介したサービスの中で比較しています ※各公式サイトで2022年9月9日に公開されている数字を参考にしています。最新の情報とは異なる可能性があります。

1カーセンサー

カーセンサー

カーセンサーのおすすめポイント

  • 無料で30社からの一括査定できる
  • 提携会社1000社以上あり
  • 運営元がリクルートグループだから安心
  • 電話対応は1社からのみ
    ※公式サイト

カーセンサーは名前を聞いたことがある人も少なくない、大手の自動車一括査定業者で有名です。事故車や不動車などの買い取りにも積極的です。

 他社では査定額がつかないときもカーセンサーなら買い取ってくれる場合が多いようです。

また、一度に査定依頼出来る業者の数についても、他社は10社前後の場合がほとんどですが、カーセンサーでは最大30社のため大きな強みだと言えます。

提携している買取業社はなんと1000社以上、その中から一度に最大30社まで一括査定の申し込みをすることができます。申し込みの入力は3分もあれば簡単に終わってしまいます。

大手ならではの実績と信頼。事故車や不動車にも強いです。

2ナビクル車査定

ナビクル

ナビクル車査定のおすすめポイント

  • 売却時の業者満足度92.1%
  • 最大10社の査定額を比較
  • ご利用実績400万件以上
  • 最新相場をWEBでチェック
  • 97.7%のお客様がお申込み後1ヶ月以内に売却
    ※公式サイト参照

ナビクル車査定は、最大10社の価格を比べられるため、高額査定が出る業者を比較できるが特徴です。

 2021年6月時点で400万件以上となる、豊富な買取実績があります。

匿名・個人情報なし、営業電話なしで調べられることが、シミュレーション機能を使うメリットです。

また、査定に出してから売却するまで1ヶ月以内で完了するスピーディーさも魅力的ですよ。

今だけ!お得なキャンペーン情報

ナビクル

  • ナビクル経由で売却をした方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券1万円分プレゼント!
  • アンケート回答者(成約プレゼントの当選者は除く)から、抽選で100名様にAmazonギフト券500円分プレゼント!

※キャンペーン期限:2022年10月31日 23:59まで
キャンペーン情報:ナビクル公式サイト

3【セルトレ】海外輸出も扱っているからどんな車も高額買取!

セルトレ

セルトレのおすすめポイント
  • 国内売却・海外輸出で最高額の査定額
  • 廃車や不動車も買取対象
  • 相場額がすぐわかる
  • 査定依頼は全国無料で来店も不要
  • 手続き無料で年中無休で受け付け

セルトレは海外へ中古車を輸出しているサービスで、どんな車でも査定・買取をすることができます。買取店舗や引き取り業者と連携することで、高額な査定額を提示することが可能です。

 国内で売却した車を海外に輸出しているため、他社よりも高い査定額を出せるのがセルトレの特徴です。

買取査定で金額が付きにくい廃車や不動車、他社で断られた車も0円以上の買い取りを目指しています。査定から契約まで、電話1本で完結する点も魅力でしょう。

全国に対応している会社なので、どこに住んでいても査定を受けることができます。

「オールインワン査定」で簡単に車の売却ができます。ネットからメーカー・年式・走行距離などの車両情報と本人情報を入力するだけです。

査定後、すぐに買取業者から査定案内の電話があるので相場額がすぐに分かるのも嬉しいですね。査定時にかかる手取り手数料や手続きの代行費用などもすべて無料にて行ってくれます。

ズバット車買取比較

ズバット車買取比較

ズバット車買取のおすすめポイント

  • シンプルで申込にかかる時間は1分未満
  • 年中無休の電話サポートサービス
  • 10年以上続く信頼と豊富な経験・実績

ズバット車買取比較は、日本マーケティングリサーチ機構の調査によると、2020年1月調べで顧客満足度、高価買取、信頼と安全の比較サイトの3つの部門でNo.1を達成しています。

査定時に役立つ情報が多く、自動車の専門家による中古車市場の分析や相場の説明、査定に出す自動車のここ数ヶ月の相場の変動などをチェックしてベストなタイミングで自動車を売却することができます。

 10年以上前からある老舗一括査定業社である「ズバット車買取比較」は累計利用者数200万人以上という実績と経験を持っています。

口コミでもズバット車買取比較のいい点として挙げられているのがカスタマーサポートサービス。電話対応で不明な点から買取業社へのクレームまで幅広く対応してくれることで評判です。

何かあったときのカスタマーサービス対応の良し悪しは重要ですよね。

今だけ!お得なキャンペーン情報

ズバット

  • キャンペーン期間中にズバット車買取比較経由で車を売却した方の中から抽選で現金10万円を1名様に、1万円を10名様にプレゼント!

※キャンペーン期限:2022年9月1日〜12月1日15時まで
キャンペーン情報:ズバット車買取比較公式サイト

ユーカーパック

ユーカーパックLP

ユーカーパックのおすすめポイント

  • オークション形式で最大8,000店からの入札あり
  • 営業電話は一切なし!連絡はユーカーパック1社のみ
  • 査定を行うのもユーカーパック1社のみ!複数業者との日程調整必要なし

ユーカーパックは一括査定業車でも一風変わったシステムで、ユーカーパック自体がオークションを行うというシステムになっています。

本来ならば一括査定申し込み後、複数の業者の出張査定を同じ日時に設定し、業者同士をはちあわせにすることで実質オークション形式を作り出すのが一般的です。

しかし、ユーカーパックは申込後にまずユーカーパックの査定士が出張査定を行います。その情報をもとに提携している全国で8,000社以上の買取業社がオークション形式で競り合うという方法を採っています。

 この特徴的なシステムの大きなメリットが、複数の買取業者とやりとりをする必要がないということです。

ユーカーパックは、電話一本・査定一回で済んでしまうので、他社よりも手間が省けることはもちろん、気楽に申し込めます。

ユーザーの使い勝手を追求していています。

フィットの値引きに関するよくある質問

新車のフィットを値引きすることができるのでしょうか?

新車のフィットは値引きしてもらって購入できます。

また、タイミングや交渉によって、かなり大きな値引き金額を引き出せることもあります。

フィットの値引きはいくらを目標にするべきですか?

車両本体とオプションを合わせて15万円から20万円程度を目標に交渉してみてください。

もちろん、それ以上の値引きになることもありますので、頑張って交渉してみましょう。

フィット値引きに適したタイミングはありますか?

フィットの値引きに適しているのは、決算時期のタイミングです。販売店側ができるだけ多く車を売ろうとするため、値引き交渉がしやすくなります。

他には四半期決算・夏冬のボーナス時期も値引きを期待しやすいといえます。

担当者には本音で話さない方がいいですか?

その通りです。本音を話すことで、値引きを渋られるケースもあります。

建前をうまく使いながら交渉を行い、交渉がある程度進んだら予算や希望金額を伝えましょう。

フィットの競合車はありますか?

競合車となるのは、トヨタのヤリスや日産のノートe-POWERなどです。

他メーカーで見積もりを出してもらい、交渉材料にしてフィットの値引きを狙うのがおすすめです。

値引きが期待できない場合の対策は?

諸費用のカットや付属品を社外品にするなどの方法で少しだけなら費用を抑えられます。

もしディーラーに展示品があれば、値引きしてもらいやすい可能性がありますので聞いてみるといいでしょう。

フィットを値引きするのに買取査定は必要ですか?

必要です。買取査定の結果次第で、フィットを十万単位で安く購入できる可能性があるからです。

新車購入前に所有する車の買い取り査定を行うのは、鉄則ともいえるポイントですので必ず覚えておきましょう。

まとめ

今回は、フィットを値引きして購入する場合のポイントや交渉術について解説しました。

新車のフィットを安く購入するために、本記事で紹介したポイントなどを把握しておいてください。

また、フィット購入する前に、買い取り査定も行いましょう査定金額が高ければ、下取りではなく売却することで、購入金額を抑えることができます。

本記事を参考に、新車のフィットのお得に購入しましょう。

車買取関連記事

車種別関連記事

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事