ガリバー評判

ガリバーは、中古車買取において国内大手と言える一社です。全国各地に店舗があり、海外にも販路を有するなど高く買い取ってくれる要素を多く持っています。

しかし、いくら大手とはいえ実際に利用した人のリアルな評判を気にする人は少なくありません。

そこで今回は、ガリバーの口コミ・評判を調査していきます。また、高価買取を実現するコツも解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

ガリバーのメリット・デメリットについても紹介するため、あわせてチェックしておきましょう。

ガリバーの基本情報

ガリバー

ガリバーとは

ガリバーは、全国に約480店舗が展開されており、身近な場所にある中古車販売・買取店と言っても過言ではありません。

全国各地に店舗を展開しているため、「せっかく安い中古車を見つけても遠方で受け取りに行けない」「車を売りたくても店舗まで行けない」という心配が軽減されます。

 今まで取り引きをした中古車の台数は約390万台という確かな実績があるため、中古車の売買に不安がある人でも安心して利用できるでしょう。

また、ガリバーは1日あたりの中古車入荷数が多いため、毎日チェックすることで自分のお気に入りが見つかる可能性に期待が持てます。

オプション・サービス内容について

ガリバーでは、中古車を売買するうえでさまざまなオプションやサービスがあります。

国産車は納車後100日までは返品できる場合があるため、実際に乗ってから車の状態を確かめたい人にとっては嬉しいサービスと言えるでしょう。

 10年保証をオプションで付けられるため、万が一購入した車に不備があった場合でも、余計な修理代を負担する必要がありません。

また、どのような中古車を購入すれば良いかわからない人は、ガリバー公式サイト内の「クルマ選びのサービス」を利用してみてください。

生活スタイルや使用目的などから、簡単にぴったりな中古車を見つけられます。
運営会社 株式会社IDOM
設立 1994年10月25日
本社所在地

〒100-7026

東京都千代田区丸の内二丁目7番2号 JPタワー26階

買取地域 全国

出典:ガリバー公式

ガリバーの良い口コミ・評判

まずは、ガリバーの良い口コミ評判を確認していきましょう。ガリバーの主な良い口コミ評判は以下の通りです。

主な良い口コミ評判

  • 外車を含め欲しい車に出会える可能性がある
  • 店舗や担当者によっては柔軟なサービスを受けられる
  • 店舗によっては他社より自動車を高く売れる

①外車を含め欲しい車に出会える可能性がある

ガリバーで車を売る

ガリバーは店舗数や毎日の入荷数が多いため、求めている車と出会える可能性が高いです。目当ての車がマイナーなものであっても、ガリバーで探せば見つかるかもしれません。

 国産車だけでなく、外車もガリバーで検索すると見つかる可能性に期待できます。

外車は購入手続きが国産車と比較して手間になりがちですが、ガリバーはサポートが充実していることから簡単に売買できる点は大きなメリットと言えます。

②店舗や担当者によっては柔軟なサービスを受けられる

また、ガリバーでは店舗や担当者によっては柔軟なサービスを受けられる場合があります。在庫チェックや疑問点の説明など、丁寧に対応は良い評判に繋がっている理由です。

③店舗によっては他社より自動車を高く売れる

ガリバーの口コミ・評判を調べる

そして、ガリバーで車を売ると他社よりも高く買い取ってくれるケースがあります。大切な車は1円でも高く買い取ってほしいと、ほとんどの人が考えるでしょう。

ガリバーは買取実績が多いため、培ってきたノウハウを車やバイクを高く売れる期待が持てます。

ガリバーのイマイチな口コミ・評判

ガリバーを利用する際、気になるのがイマイチな口コミ・評判です。ネガティブな意見を確認しておけば、より安心してガリバーを利用できるでしょう。

主なイマイチな口コミ評判

  • 一度見積もりを頼むと営業電話がしつこい
  • 担当者によって態度や対応がよくない・見積もりと実際の買取金額が違った
  • 車によってはメンテンナンスが行き届いておらず品質に問題がある

一度見積もりを頼むと営業電話がしつこい

ガリバーの口コミ・評判を調べる

ガリバーに見積もりを依頼したところ、営業電話がしつこかったという口コミがあります。

もちろん親身に対応してくれる場合もありますが、あまりに連絡が多いとストレスになり、悪い印象に繋がる可能性は否めません。

担当者によって態度や対応がよくない・見積もりと実際の買取金額が違った

ガリバーで車を売る

担当者の態度や対応に苦言を呈している声もあります。納車が遅れている状況で担当者の対応に誠実さが感じられず、クレームを入れた人もいるようです。

当然ですが、不手際の際に対応者がいい加減な態度をとってしまうと、評判ダウンに繋がってしまいます。

 納車が遅れると次回車検までの期間が短くなるため、購入者が車検代を負担しなければならない点もイマイチな口コミに繋がっています。

そして、見積もり金額と実際の買取金額が異なるという口コミも見受けられました。

見積もりに対する説明が不十分だったため、利用者にとっては余計に納得できない気持ちが湧いてしまい、イマイチな口コミへ繋がったようです。

車によってはメンテンナンスが行き届いておらず品質に問題がある

中古車のメンテナンス

ガリバーの中古車は安い点が特徴として挙げられますが、一方でメンテナンスが不十分なまま店頭に並んでいるという口コミもあります。

自動車は定期的なメンテナンスができていないと、年式や走行距離に関わらず品質が劣化してしまいます。中古車本体の価格が安くても、自分で修理代を支払うことになると意味がありません。

 特に外国産の中古車は修理が難しいため、どれだけ本体価格が安くてもメンテナンスが行き届いていないものは購入しない方が無難です。

ガリバーで中古車を購入する前に、「修理が必要な箇所は無いか」「メンテナンスの履歴がわかるものはあるか」など、しっかりチェックしておくことをおすすめします。

自動車は一度契約してしまうとキャンセルや処分が難しく、クーリングオフ期間外では品質に問題があったとしても確実に返品や無料修理が保証されるとは限りません。

ガリバー5つのメリット

  • 買取実績が豊富
  • 中間マージンが少ない
  • 車種ごとに高価買取できる仕組みがある
  • 独自システムでプラス査定を期待できる
  • オプションがプラス査定できる

買取実績が豊富

ガリバーの買取実績は、累計で約390万台におよびます。買取実績が豊富なため、中古車の品質や買取金額などに不安を持つ人でも安心して利用可能です

ガリバーで車を売る

また、買取実績に加えて10年保証・修復歴車ゼロ・納車後100日間返品可能といったサービスやオプションも付いています。

なお、修復歴車とは過去に事故などで車のボディや機能が損傷し、修理したことがある車です。修復歴車は価格が低い一方で、不具合が出てくると懸念する人は少なくありません。

 その点について、ガリバーでは修復歴車を販売していません。

ガリバー店頭には品質に問題のない車が並んでいますが、万が一の事故が気になる人には10年保証オプションがおすすめです。

さらに、国産車は納車後100日以内であれば返品可能というサービスも利用できます。

返品理由として、「購入後に車が不要になった」「デザインが気に入らない」などでもOKなため、気軽に中古車を購入可能です。

このようなオプションやサービスも、ガリバーの買取実績が豊富な理由となっているかもしれません。

販売も実施しており中間マージンがない

海外紙幣

中古車を販売する際、他の業者を通すと中間マージンが発生し、余分なコストがかかってしまいます。例えば、買取は自社・販売は他社に依頼する場合、販売手数料を支払わなければなりません。

 車の買取だけでなく販売も自社で行っているため、中間マージンをカットできます。カットした分は買取査定に上乗せするため、高額な買取額を期待できるのです。

また、ガリバーの店舗は日本だけでなく海外にもあり、外車の取り扱いも自社で完結しています。

車種ごとに高価買取できる仕組みがある

ガリバーは、輸入車・ファミリーカーなど車の取り扱いジャンルが分かれているため、それぞれ需要が高い店での高価買取が期待できます。

また、どこのエリアでどういった車種の需要が高いかというデータから査定しているため、自分の車を一番高く売れる可能性が高いです。

独自システムによりプラス査定が狙える

海外紙幣

ガリバーは独自システムによりカットしたコストを、査定額に上乗せしているため車を高く買い取ってもらえる可能性が高いです。

ガリバーのコストをカットする独自システムには、中間マージンカットの他にも以下のようなものがあります。

独自システム例

  • 車の展示をカットする
  • オプションやアクセサリをプラスで査定する

ガリバーは店頭の展示を減らし、ネット販売を取り入れることで無駄なコストをカットしています。

多くの実店舗型の中古車販売店は、店頭にて展示販売をしています。店頭に展示することはスペースや管理費用がかかり、無駄なコストが発生するリスクがあるのです。

 店頭に展示した車が売れない期間が長くなるほど、車をキープするためのコストがかかるうえに車の価格も下がってしまいます。

また、ガリバーは業者から買い取った車はネットで販売し、売れなかった場合は2週間で売却するシステムを取り入れていることで、無駄な展示代をカットできているのです。

節約できたコストを車の買取に上乗せできるため、プラス査定を狙える可能性が高いです。

オプションがプラス査定できる

ガリバーで車を売る

ガリバーは車のオプションやアクセサリにも査定がつくため、さらに高額での売却を狙えます。

車のオプションやアクセサリは、買取業者によっては査定の対象外になる可能性もあるため注意してください。

ガリバー2つのデメリット

  • 査定結果の電話がかかってくる
  • 買取価格にバラつきがある

査定結果の電話がかかってくる

電話

担当者によっては、査定の電話がしつこい場合があります。一般的に中古車販売店は、車を売った人にそのまま新しい車も買ってほしいと考えます。

そのため、早く査定を進めて車を売らせ、次の車を買わせたいと感じられる営業電話がかかってくるケースがあるのです。

 なかには利用者のことを想い自動車の購入を勧めてくれる担当者もいます。しかし、査定の電話がしつこい場合は、担当者側の都合で勧めている可能性は否めません。

営業電話がしつこいからと言って納得しないまま中古車を購入してしまうと、処分や返品などの手間やコストがかかってしまうリスクもゼロではないのです。

あまりに営業電話がしつこい場合は、毅然とした態度で断るか店舗にクレームを入れることも検討してみてください。

さらに、イマイチな口コミにもあったように、担当者によって態度に問題がある場合もあります。査定の電話がしつこいうえ担当者の態度も良くないと、ガリバーを利用しづらいででしょう。

買取価格にばらつきがある

ガリバーで車を売る

ガリバーには高価買取のための独自システムがありますが、すべての車が必ず高値で売れるとは限りません。

 店舗や担当者によっては査定にバラつきがあるため、同じ車でも査定金額が異なる可能性はゼロではないのです。

車によっては査定に数十万円の差が出るケースもあり、安く売ってしまった後ではどうしようもないため、車の売却は慎重に進めましょう。

ガリバーだけで査定を済まさず、他の中古車販売店の査定を併せて利用し相場をしっかりチェックすることをおすすめします。

ガリバーで高価買取を実現する6つのコツ

ガリバーで車を売る

大切な愛車を売るにあたって、1円でも高く買い取ってもらいたいと誰もが考えると言っても過言ではありません。売却にあたって、以下を意識しておきましょう。

ガリバーで車を高く売るコツ

  • 相場をリサーチしておく
  • 売却の時期を見極める
  • 純正オプションでプラス査定を狙う
  • 車は可能な限り綺麗にしておく
  • メンテナンスを記録しておく

相場をリサーチしておく

自分の車を売るにあたって、市場の相場を知らなければ低額だったとしても言われるがまま売却に至ってしまう可能性があります。

そのようなリスクを防ぐためにも、事前に自分の車の相場は知っておきましょう。

 相場よりも査定が高額または同額の場合は売却、査定の方が低い場合は売却しないというように、自分のなかで確固たるルールを決めておくことをおすすめします。

車の相場はインターネットで簡単に調べられます。ガリバーのサイト内でも「中古買取相場」のコーナーがあるため、ぜひ利用してみてください。

売却の時期を見極める

ガリバーで車を売る

中古車は売る時期によって金額に差が出ます。車を高く売りたい場合は、1月~3月もしくは9月~10月の、中古車販売店や買取業者の決算期が狙い目です。

決算期は車を売買する流通量が多くなる傾向にあり、車が高値で売れやすくなるタイミングと言えます。

 1月~3月は引越しや就職などのイベントが多いため、車を手放したい・買い替えたいという人が増えやすい時期です。

つまり、車を売りたい人だけでなく買いたい人も増えるため、業者は多くの中古車を仕入れなければいけない時期とも言えます。

このような時期は、中古車販売店も売るための車を仕入れなければいけないため査定を強化しやすいです。また、走行距離や年式などの条件も日頃より優しく見られる傾向にあります。

自分の車の走行距離が長い、年式が古いという場合、売却の時期を工夫すれば少しでも高く売れるかもしれません。

市場も考慮する

ガリバーの評判を調べる

売却をするタイミングは、季節以外にもその車の市場も考慮すると効果的でしょう。

 例えば、現行モデルが最新のものであれば、次のモデルが発売される前に売る方が高額査定となりやすいです。

また、車検のタイミングはあまり査定に関係しないため、近々車検を控えている車でも損をする確率は決して高くはないでしょう。

純正オプションでプラス査定を狙う

純正オプションとは、後から取り付けができない最初から設計されたオプションのことです。

純正オプションには、ブラインドモニター・衝突回避ブレーキなどの安全装置・高級革シート・自動スライドドアなどが挙げられます。

純正オプションが付いた車の場合、しっかり査定士にアピールすることでプラス査定を狙える可能性が高まるのです。

車は可能な限り綺麗にしておく

ガリバーで車を売る

車の見た目が綺麗という点も、高額査定に繋がる要素です。ボディの洗浄だけでなく小さな傷やへこみの修理、さらには車内の掃除など自分でできる範囲は事前に対応しておきましょう。

ただし、大きな傷やへこみは売却後に業者に任せた方が安く抑えられる場合もあるため、すべてを自分で修理すれば良い訳ではありません。

業者に任した方が良い点も把握し、いかにして高額査定に結び付けるかを考えましょう。

メンテナンスを記録しておく

メンテナンスを記録した「メンテナンスノート」を見せることで、査定額はアップする可能性があります。

 メンテナンスノートには保証書と点検記録簿がセットになっており、今までの点検履歴がわかるようになっているのです。

中古車の価値を計る項目の一つに、「定期的にメンテンナンスが行われているか」という点があります。

メンテナンスノートがあれば、過去にどういったメンテナンスを実施したかという証明になり、高評価に繋がる可能性が高いです。

まとめ

この記事では、ガリバーの口コミ・評判を調査し、高価買取を実現するコツについても解説しました。

店舗・スタッフの対応が丁寧で柔軟であること、他社より高く売れるなど高評価な口コミは複数見られます。客観的な目線で評価できるよう、イマイチなものにも目を向けておきましょう。

相場をリサーチすることや売却の時期を見極めるなど、愛車を高く売るコツについては事前に把握しておくことをおすすめします。

メンテナンスの実施も高額査定の要素となるため、きちんと記録しておきましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事