自動車保険の見直し10のポイントを徹底解説!ベストなタイミングは?

インターネットを見ていると「自動車保険の見直しがおすすめ!」といった文言をしばしば見かけます。しかし「なぜ保険を見直しするのか?」といまいちよくわからないと思いませんか?

実は自動車保険の見直しをすると、人によってメリットがあるかもしれません。例えば保険料が安くなる可能性はあります。

そこでここでは「なぜ見直しの必要があるのか」、「いつどこを見直せばいいか」についてまとめました。

自動車保険料を節約しようと検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。
バイク買取店
最大20社に最短3分で一括見積もりできる!
自動車保険一括見積りおすすめインズウェブ

インズウェブのおすすめポイント

5万円以上安くなった人が全体の24%

最大20社へ同時に査定依頼可能

安心のSBIホールディングス運営

自動車保険は保険会社によって金額が異なるため比較検討が必須!インズウェブなら最短3分最大20社からの見積もりをリアルタイム表示!
ソニー損保やアクサダイレクトなど、お馴染みの保険会社も一括見積もりが可能です。利用料はもちろん無料。下記のボタンから今すぐ見積もりしてみましょう!

自動車保険見直しのメリット・必要性

自動車保険見直しのメリット・必要性
なぜ自動車保険を見直さないの行けないのか、それがそもそもよくわからないという方も多いでしょう。なぜ必要なのか、見直しするとどんなメリットがあるかについてまずは見ていきます。

見直ししたほうがいい理由

なぜ見直したほうがいいのか、端的にいうとカーライフの変化です。長年自動車を保有している人は多いですが、時代によって主な用途は違ってくるでしょう。

例えば現役時代は通勤のために主に使っていた、しかしリタイアをしたらレジャーで使用することが多くなるでしょう。

また車を乗り換える方も多いはずです。古くなった中古車から新車に乗り換えることもあるでしょう。

 このように車の用途や愛車が変われば、最適な自動車保険も変わってきます。たとえば古い年式の車なら車両保険はあまり必要ないでしょう。

しかし新車に乗り換えるとなると話は別です。このようにドライブのターニングポイントのたびに見直しすると、最もふさわしい保障内容にカスタマイズできるわけです。

見直すメリット

自動車保険見直しのメリット・必要性
保険見直しで、いろいろな恩恵が受けられるかもしれません。主だったメリットとして以下のようなものがあります。

保険料が安くなる

乗り換えや用途の変化で必要ない保障が出てくれば、見直しの際に外します。そうすれば、掛金のコストカットが可能です。

毎月発生するコストなので、家計の負担もかなり軽減できるでしょう。

保障を手厚くできる

その時々において必要な保障は変わってくるでしょう。定期的に見直しをすることで、その都度必要な保障を付けられるのもメリットです。

見直しをしなかったためにいざ保険を使おうと思ったら保障の対象外だった、といった事態を回避できます。

最新の保険に乗り換えられる

自動車保険見直しのメリット・必要性

見直しをし、加入している自動車保険以外の商品をチェックすることでより掛金が安く、保障の手厚いものが見つかるのもメリットの一つです。

自動車保険業界では日々新しい商品が開発されています。加入した段階ではベストの選択肢だった商品が、ずっとそうだとは限りません。

定期的な見直しを習慣づければ、より自分たちに合った魅力的な保険が見つかるかもしれないのです。

自動車保険を見直すタイミングとは?

自動車保険を見直すタイミングとは?
保険見直しで、さまざまな恩恵を受けられるかもしれないことはお分かりいただけたでしょうか?

では具体的にいつ見直せばいいのか、代表的な時期についてみていきます。その時期とは以下のようなものです。

  • 契約通知
  • 車の使用状況が変わった
  • 免許の種類が変わった
  • 複数台所有した

なぜこの4つのタイミングで見直したほうがいいかについて詳しく説明します。

また保険を乗り換える際の注意点についてもまとめましたので、参考にしてみてください。

契約通知をきっかけにする人が多い

自動車保険を見直すタイミングとは?
自動車保険に加入している人は、年に1回契約更新のハガキが届きます。このタイミングで見直しを行っている人は多いようです。

実は更新のはがきの中に、見直しのヒントになる情報が掲載されています。例えば新しいプランが記載されているでしょう。これは皆さんが現在加入しているプランで不足している内容を付加して提案しています。

「この保障、ついていなかったのか?」と気づくきっかけになるのです。

ハガキが届いてもきちんとその内容を見てこなかったのであれば、一度文面を読んでみるといいでしょう。

車の使用状況が変わった

自動車保険を見直すタイミングとは?

自動車保険に加入する際に、使用目的を選択したでしょう。使用目的の選択肢は主に以下のようなものがあります。

  • 業務
  • 通勤・通学
  • レジャー

    この使用目的が変わったのをきっかけに保険見直しを行うのもおすすめです。例えばそれまで「通勤・通学」だったのがリタイアして「レジャー」に変更します。

    通勤目的からレジャー目的に変更すると、一般的に掛金は安くなります。

    意外と目的変更は行っていない方も多いので、チェックしておくとお得です。

    免許の色が変わった

    自動車保険を見直すタイミングとは?
    ゴールド免許を持っていると、事故リスクが低いと評価され掛金が安くなります。免許を取得した最初のうちは有効期限の帯はブルーです。

    これは5年間無事故・無違反であれば、金色の帯になります。正式名称を優良運転者と言います。ゴールド免許の保有者はゴールド割引の対象です。

     ゴールドになっても保険会社で自動的に割引を適用するわけではありません。自分で申請しなければならないので、忘れずに手続きしましょう。

    複数の車を所有することになった

    自動車保険を見直すタイミングとは?
    車が趣味の方など、複数台愛車を保有している人もいるでしょう。2台目のマイカーを購入した際に自動車保険の見直しを行うのもおすすめです。

    というのも保険会社の中にはセカンドカー割引を導入しているところも多いからです。また複数台の保険契約をすると、最初の契約で他の車の保障をカバーしている場合もあります

     うっかりしていると保障内容が重複して、余計な掛金を支払うことになりかねないので注意しましょう。

    ちなみに重複することの多い保険は以下のようなものです。

    • 人身傷害保険
    • ファミリーバイク特約
    • 弁護士費用等補償特約

      車を複数台保有することになった場合、被っている保険がないか見直しすることで掛金の無駄な支払いを回避できます。

      保険乗り換えの際の注意点

      自動車保険を見直すタイミングとは?
      見直しにより自動車保険を別の会社に乗り換えたとしても、基本それまでの等級は引き継がれます。この時満了日後に乗り換えるように心がけましょう

      等級は1年間無事故だと、翌年には1等級アップします。

       もし満了日前に乗り換えてしまうと、今の等級で新しい保険会社の契約がスタートします。つまり1等級分損してしまうわけです。

      事故を起こして保険を使うと翌年は1もしくは3等級落ちてしまいます。この場合、満了日を待ってから乗り換えを行うと等級がダウンするのを先延ばしできます。

      このように状況によっておすすめのタイミングは異なりますので、満了日を意識した乗り換えを検討しましょう。

      自動車保険見直しの際の10個のポイントとは?

      自動車保険見直しの際の10個のポイントとは?
      自動車保険の見直しの時期のわかったところで、今度は具体的にどこをチェックすればいいかについてみていきます。

      ここでは10個のポイントについて紹介します。広範囲にわたるので、自分に当てはまるものはないか確認してみてください。

      1年齢条件を見直す

      自動車保険には年齢条件を付けることができます。運転するドライバーの年齢を制限することで、掛金を安くできるシステムです。年齢条件は以下で紹介する4つのコースがあります。

      • 条件なし
      • 21歳以上
      • 26歳以上
      • 30歳以上

        年齢が上になればなるほど、掛金は安くなります。もし家族全員21歳以上であれば、年齢条件を付ければお得です。

         ただし注意しなければならないのは、子供が運転するようになった時です。それまでは夫婦の年齢で契約していても、子供が運転すれば子供の年齢も考慮しなければなりません。

        見直しを行っていないと子供が運転中事故を起こしたときに、年齢条件の適用外で保障が受けられないということもあり得ます。

        子供が免許を取ったら、速やかに年齢条件を見直しましょう。

        2運転者限定を見直す

        自動車保険見直しの際の10個のポイントとは?
        自動車保険は運転者を限定することも可能です。特定の運転手がドライブして事故を起こしたときに限り補償が受けられるというものです。

         本人限定や夫婦限定、家族限定といった条件があります。運転する人数が少ない、つまり本人限定の契約をすると最も掛金が安くなります。

        ちなみに家族限定とは主たる運転手と同居している親族、未婚の子供なら別居していても範囲内です。

        運転者限定をする際には、他人にハンドルを握らせないでください。もし友だちや同僚が運転しているときに事故を起こしたら、保険金がでません。

        3年間走行距離の見直し

        自動車保険見直しの際の10個のポイントとは?
        契約するときに1年でどのくらい運転するか、距離を申請しませんでしたか?もし車の使い方が変わって、当初申告したほどドライブしていないのであれば、見直してみるのもいいでしょう。

         走行距離を減らすことで、掛金が安くなるかもしれないからです。走行距離が長ければ、それだけ事故に遭遇するリスクも高まります。距離は掛金を決める一つの要素です。

        地方在住から都市部に引っ越すと公共交通機関が充実しているので、運転する機会が少なくなるでしょう。そんな時に自動車保険の見直しで掛金を浮かせてみませんか?

        中には当初申請していた距離よりも多く運転したというケースもあるでしょう。

        そんな時には保険会社に通知する義務がありますので、こちらも忘れないでください。

        4用途の見直し

        自動車保険見直しの際の10個のポイントとは?
        ライフスタイルが変化するのであれば、保険の見直しを進めましょう。前にも紹介したように使用目的が通勤・通学からレジャーに変更すると、掛金が安くなります。

        この使用目的ですが、どれを選択すればいいかわからないという声もしばしば聞かれます。

         一般的に週5日以上もしくは月15日以上、何の目的で使用しているかで決めましょう。

        営業先への訪問や自営業者で現場に向かうのがメインであれば業務を選択します。通勤・通学の場合、家族が最寄り駅まで送り迎えしているケースもあるでしょう。

        これが通勤・通学になるのか、レジャーになるのかは保険会社によって判断が分かれます。契約する際に確認しておきましょう。

        5人身傷害と搭乗者傷害の見直し

        自動車保険見直しの際の10個のポイントとは?
        保障内容を見てみると、同じような保障がダブっていることもあるかもしれません。特に多いのが人身傷害と搭乗者傷害保険のカブりです。

        人身障害があれば、実際の損害分はカバーできるので搭乗者傷害をカットしても問題はありません

        またほかの保険とセットで見る視点もあります。例えば生命保険や医療保険に入っていれば、事故で亡くなった場合の補償はここでカバーする方法も一考です。

        そう考えると人身傷害は必要最低限の金額にして掛金を安くすることもできます。

        6車両保険の見直し

        自動車保険見直しの際の10個のポイントとは?
        保険見直しで押さえておきたいのは車両保険です。実は掛金の中でも多くのウエイトを占めているのが車両保険と言われているからです。

        車両保険の見直しだけでも、かなり掛金を節約できるかもしれません。具体的にどのようなところをチェックすればいいか、以下にまとめました。

        保険の種類を変更する

        車両保険の中には2種類のコースがあります。一般型とエコノミー型です。両者の違いをまとめると以下のようになります。

        一般型 エコノミー型
        車両との衝突
        自転車との衝突 ×
        単独事故 ×
        当て逃げ ×
        火災などの自然災害や爆発
        転覆・墜落 ×
        盗難や落書きなどのいたずら
        飛び石などによる窓ガラスの損害

        出典:車両保険にはどんな種類がありますか? | よくあるご質問 | 自動車保険のSBI損保
        一般型と比較してエコノミー型の方が保証範囲が狭い分、掛金も低めです。一般型に加入しているのであれば、エコノミー型に変更してみましょう。

        例えば低年式の車など車の価値がさほど高くないマイカーであれば、エコノミータイプに変更しても問題ありません。

        免責額を見直す

        自動車保険見直しの際の10個のポイントとは?

        車両保険では免責金額を設定できます。免責金額とは車両保険を使って車の修理をする場合、自己負担となる部分です。通常であれば、免責ゼロから10万円まで設定されている商品が多いです。

        免責設定することで、修理に出す際保険を使っても自己負担は発生します。しかしその分掛金を安くできます。

        保険見直しで毎月の負担を少しでも軽減したければ、車両保険に免責をつけることも検討してみてください。

        7特約の見直し

        自動車保険見直しの際の10個のポイントとは?

        自動車保険に特約を付けていませんか?各保険会社で独自性を出すために、各種ユニークな特約を提供しているところも少なくありません。

         特約を見直し、不必要なものをはずすことで掛金を節約できます。

        例えば今までバイクや自転車を所有していたけれども手放したのであれば、ファミリーバイク特約や自転車傷害特約などは必要ないでしょう。

        また車内携行品補償特約はレジャーが趣味で、関連するアイテムを車の中に入れっぱなしにしている人のための特約です。

        しかし、例えば旅行保険に入っていれば、こちらで保障を受けられるので特約は外しても問題ないでしょう。

        このように契約した当時は必要だった特約も、時間の経過とともに不要になる場合も考えられます。このような余計な特約がカバーしていないかチェックしてみましょう。

        8通販型の自動車保険の乗り換えも

        自動車保険見直しの際の10個のポイントとは?
        もし代理店で加入したなら、通販型に乗り換えてみるのはいかがですか?両者の違いは以下のようなものです。

        代理店型
        • 対面方式で契約する
        • 専任のスタッフがサポートしてくれる
        • 書類作成や各種手続きもフォローしてくれる
        通販型
        • ネットもしくは電話で手続きをする
        • 原則自分ですべての手続きを行う

        通販型の場合、店舗を持たず、必要最低限の人員で運営されています。このため、代理店型と比較すると運営コストが少ないです。

        その分同じ保障内容であれば、掛金の安くなる可能性が高いです。自分で保険を決めたい、ネット取り扱いに慣れている人は乗り換えを検討しましょう。

        9割引特典を確認する

        自動車保険見直しの際の10個のポイントとは?
        保険会社の中には一定の条件を満たした場合、掛金が割引になる制度を提供しているところもあります。

        保険会社によって異なりますが、主だった割引制度として以下のようなものが挙げられます。

        割引制度 サービス内容
        インターネット割引 見積もりや契約をネットで行うと掛金が割引になる制度
        早期割引 保険開始日の一定期間前に契約をすれば掛金が割引になる制度、期間は保険会社によって異なる
        証券不発行割引 紙の保険証券を発行しないことで割引できる制度、保障内容はインターネットで確認できる

        現在加入している保険でも、このような割引が利用できるかもしれません。

        見直しするときに割引適用できるものはないか確認してみましょう。

        10複数年契約への乗り換えを検討する

        自動車保険見直しの際の10個のポイントとは?
        通常自動車保険というと1年契約で、毎年更新する形です。しかし中には3年契約など、複数年契約の商品も出ています。

         複数年契約の場合、期間中は最初に決めた掛金が適用されます。たとえ市場相場の変化で掛金が値上げになっても変わりません。

        また契約期間中に事故を起こし保険を使ったとしても、期間中は等級ダウンしません

        例えば3年契約で3等級ダウンになる事故を1年目に起こしたと仮定しましょう。通常なら翌年度には3等級ダウンになってしまいます。

        ところが3年契約であれば、4年目の更新時にはじめてダウンします。もし2年目と3年目無事故であれば1等級ずつアップしますので、4年目の更新時には1等級ダウンしているだけになるわけです。

        複数年契約にはこのようなメリットもありますので、乗り換えも検討してみる価値はあります。

        最適な自動車保険に加入するなら必ずすべきこと

        いま現在おすすめで、かつあなたにとって最適な自動車保険に加入するためには、必ず一社のみでなく多数の損害保険会社の自動車保険商品を比較しましょう。

         一社しか見積もりを出さずに加入してしまうと、他社ではもっと割安で手厚い補償を受けられたのに、と後悔することが多くあります。

        しかし、損害保険会社も数多くある中でご自身が求める価格と補償内容を有した自動車保険を見つけることは至難の業。そんなときにおすすめしたいのが、自動車保険の一括見積もりサイトです!

        自動車保険一括見積もりサイトの仕組み

        自動車保険の一括見積りサイトとは、簡単な情報を入力するだけで大手損害保険会社の自動車保険商品を一括で査定可能なうえ、無料で利用できる便利なサイトです。

         SBI損保やソニー損保、チューリッヒ、アクサダイレクトをはじめとする大手損害保険会社もだいたい提携先見積もり業者に含まれているため、幅広く、かつ確実な保険料を比較することが叶います。

        サイトによっては最大20社もの損害保険会社の自動車保険商品を徹底比較・見積もりをしてくれます。

        一括見積りを利用した人の69%が「自動車保険料が安くなった」と回答している一括見積りサイトもありますので、一度利用してみてください。

        表は右にスクロールできます。

        おすすめの自動車保険一括見積もりサービス
        名称 インズウェブ! 保険スクエア
        bang!
        ズバット
        自動車保険比較
        価格コム
        一括見積もり
        楽天自動車保険
        一括見積もり
        インズウェブ 保険スクエアBang! ズバット自動車保険比較 価格コム一括見積もり 楽天自動車保険一括見積もり
        最大一括
        見積もり社数
        20社 複数社
        ※数記載なし
        複数社
        ※数記載なし
        8社 ※記載なし
        提携保険
        会社数
        20社 16社 16社 8社 ※記載なし
        安くなった
        平均額※
        3万6,682円 3万5,000円 ※記載なし ※記載なし ※記載なし
        利用者数 1000万人 470万人 ※記載なし ※記載なし ※記載なし
        詳細

        ※2022年9月時点・各公式サイトより引用
        出典:各カーシェアリング会社サイト公式サイト

        上表のランキングに掲載している各社について、詳細を徹底調査している記事は以下にございます。

        最適な補償内容と保険料で自動車保険に加入するために、ぜひ参考にしてみてくださいね。

        自動車保険の見直しに関するよくある質問

        見直しは定期的に行ったほうがいいですか?
        はい、特に結婚したときや子供が生まれたときなどライフステージが変わったときなどに見直してみるといいでしょう。
        保険見直しで必要なものはありますか?
        現時点の保障内容を確認するために保険証券を準備しておくといいでしょう。
        今の自動車保険から乗り換えようと思っているのですが等級は引き継がれますか?
        等級の引継ぎは可能ですが、運転環境や免許証の色などでも掛金は変わってくるので見積もりしてもらってから乗り換えることをおすすめします。
        家族がおのおの自動車を購入して掛金がかさんでいるのですが節約する方法はありますか?
        自動車保険の契約を一本化することで、2台目以降の掛金も安くできるかもしれないので見直してみることをおすすめします。
        保険の相談のできるお店が近所に合って無料で受け付けていましたがこれは本当ですか?
        保険会社から手数料をもらっているので、無料で相談受付が可能です。
        保険相談サービスを利用したいのですがお店に行く時間がありません。どうすればいいですか?
        お客さんの指定する場所にスタッフが趣相談に乗ってくれるところもあるようです。またコロナ禍の現在、Zoomなどオンラインで相談に乗ってくれるところも出てきています。
        保険の乗り換え手続きはどうすればいいですか?
        代理店があればこちらで手続きを進められます。通販型に乗り換える場合には自分でインターネットから手続きする形です。わからないことがあれば、サポートデスクがありますので電話で問い合わせてみましょう。

        まとめ

        長年車を運転していると、運転する状況がいろいろと変わってくるかもしれません。

        当初は契約した保険で十分だったのが、徐々に不十分だったり、不要な保険が出てきたりする可能性は十分あります

        そこで定期的に自動車保険の見直しを行いましょう。

        保険会社でも新商品をどんどん出しています。新しいものに乗り換えたほうがお得になる可能性も十分あるでしょう。

        契約更新の通知が来てもすぐにごみ箱に捨てるのではなく、より良い保険がないかチェックしてみるのはいかがですか?
        ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
        ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
        ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
        ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
        ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
        おすすめの記事