【2022年最新】レヴォーグの値引き最大額はいくら?実例も紹介

新車でレヴォーグを購入するのであれば、できるだけ安く値引きして購入したいと考えて方もいらっしゃるでしょう。

レヴォーグを新車購入する場合、ポイントを押さえて交渉できれば、大きな値引きを引き出せることがあります。

そこで今回は、レヴォーグを新車で購入する際に押さえておくべき値引きのポイントや、交渉術を紹介します。

あわせて、レヴォーグの目標値引き金額や値引きの実例も紹介しますので、参考にしてください。

レヴォーグの値引きの目標金額や相場とは?

値引き
まずはレヴォーグの値引きの目標金額や値引き金額の実例を見ていきましょう。

レヴォーグの値引き目標金額は?

車両本体値引き目標金額 137,000円~
オプション値引き目標金額 215,625円~
合計値引き目標金額 352,625円~

合計で35万円前後ほど値引きできれば、「お得に買えた」と言えるでしょう。

※参照:価格.com[トヨタ レヴォーグの値引き情報]購入日の新しい順に表示された100件のデータの平均値にて計算。

レヴォーグの値引き金額実例

車種(全て2020年モデル) 車両本体価格 車両値引き金額 オプション値引き金額 購入地域
1.8 GT-H 332万円 10万円 15万円 大阪府
1.8 GT 310万円 5万円 10万円 東京都
1.8 GT EX 348万円 15万円 0円 埼玉県
1.8 GT-H 332万円 10万円 15万円 福島県
1.8 STI Sport EX 409万円 10万円 0円 東京都
1.8 GT-H EX 370万円 15万円 0円 岐阜県
1.8 STI Sport EX 409万円 10万円 5万円 千葉県
1.8 STI Sport EX 409万円 5万円 5万円 千葉県
1.8 STI Sport EX 409万円 5万円 5万円 東京都
1.8 GT-H EX 370万円 0円 20万円 北海道
1.8 STI Sport EX 409万円 5万円 5万円 群馬県
1.8 STI Sport EX 409万円 10万円 10万円 北海道
1.8 STI Sport EX 409万円 0円 5万円 東京都
1.8 STI Sport EX 409万円 10万円 10万円 青森県
1.8 GT-H EX 370万円 5万円 30万円 新潟県
1.8 STI Sport EX 409万円 0円 0円 大阪府
1.8 STI Sport EX 409万円 15万円 10万円 東京都
1.8 STI Sport EX 409万円 5万円 5万円 静岡県
1.8 STI Sport EX 409万円 10万円 10万円 和歌山県
1.8 STI Sport EX 409万円 10万円 5万円 新潟県

全体的に見て5万円〜20万円ほどが、実際に値引きできている金額です。
※参照:価格.com[トヨタ レヴォーグの値引き情報]購入日の新しい順に表示された20件のデータ

レヴォーグを値引き価格で購入するための7つのコツ

リスト

レヴォーグは購入するタイミングや行動次第で、大幅に値引きされる可能性があります。ここでは、レヴォーグを値引き価格で購入するために押さえておきたいコツを紹介します。

具体的なコツは下記の通りです。

レヴォーグを値引き価格で購入するための7つのコツ

  • 決算期や四半期は購入に最適なタイミング
  • フルモデルチェンジ前は値引き額がマックスになりやすい
  • タイミングが合わなければ月の中頃に購入するのがおすすめ
  • 見積もりから下取りを外す
  • 車両本体以外からの値引きを目指す
  • 他メーカーのディーラーとの相見積もりは必須
  • オプション品の値引きも忘れずに

決算期や四半期は購入に最適なタイミング

レヴォーグを値引き価格で購入したいなら、決算期や四半期に購入するのが最適なタイミングです。特に決算時期は、販売台数実績を稼ぎたいという思惑があるため、新車が値引き販売されやすい傾向にあります。

また、決算時期は販売拡大のため、決算セールなどの催しが開催されることも多く、レヴォーグの値引き交渉をすれば、大幅な値引きが期待できます。

決算以外にも、四半期(短期決算時期)や6月・12月のボーナス商戦などは、通常よりも高い値引き額を期待できるでしょう。

フルモデルチェンジ前は値引き額がマックスになりやすい

競合車

レヴォーグだけではなく、どの車種を購入する場合に共通していえるのは、モデルチェンジ直後は値引き交渉が難しくなるということです。

一方、各モデルはモデルチェンジのタイミングに向かって値引き金額が拡大しやすいというのも、パターンです。特に、フルモデルチェンジが行われる直前は、新車の値引き金額がピークに達します。

レヴォーグを購入しようとするタイミングとフルモデルチェンジのタイミングが合致する場合は、マイナーチェンジ前のレヴォーグを低価格で購入できるチャンスです。

千載一遇のチャンスを逃さないようにしましょう。

タイミングが合わなければ月の中頃に購入するのがおすすめ

停まっている車

早急にレヴォーグを購入したいと考えているものの、決算時期やモデルチェンジのタイミングと合わないという場合は、月の中頃に購入するのがおすすめです。

なぜなら、ディーラーの営業担当者には毎月の販売台数ノルマが設定されているため。ノルマを達成してない担当者は、何としても購入して欲しいと考えているかもしれません。

ノルマを達成したいという欲があるため、値引き交渉もしやすくなります。

なお、毎月20日までに契約すれば、同月の登録に間に合い、担当者の月間実績となります。そのため、15日前後を目安に購入するようにしましょう。

見積もりから下取りを外す

電卓

ディーラーでレヴォーグの見積もりを依頼するなら、下取りは外した見積もりを出してもらいましょう。下取り車の価格に値引き金額を含めて提示してくる可能性があるからです。

車両本体や付属品などの値引き額と下取り金額と合算されると、詳細な値引き金額がわからなくなってしまい、交渉がしづらくなります。

 加えて、詳細は後述しますが、ディーラーで下取りしてもらうよりも、買い取り業者の買い取り金額のほうが高くなる可能性が高いです。

下取りを外して提示された見積もりをもとに、価格交渉を行っていきましょう。

車両本体以外からの値引きを目指す

車内

車両本体以外からも値引きを狙うのも、レヴォーグを値引き購入するためのポイントです。

カーナビゲーションやドライブレコーダーの設置、ガラスコーティングの施工など、ディーラーオプションを依頼した場合、ゆうに10万円を超える金額になることが多いでしょう。

また、ディーラーオプションは利益率が高い傾向にあるため、15%~20%程度なら値引きできる可能性があります。

値引きできるポイントをできるだけ逃さないようにすることが重要です。

他メーカーのディーラーとの相見積もりは必須

白い車

レヴォーグを新車で購入するなら、他社メーカーのディーラーとの相見積もりを必ず行いましょう。マツダのマツダ6ワゴンやマツダ3ファストパック、トヨタのハリアーやRAV4などが競合車に当たります。

競合車の見積もりを事前に取っておくことで、営業担当者の対応が変わる可能性があります。場合によっては、高い値引き金額が提示されるケースもあるでしょう。

余裕を持って行動できる場合は、競合車の見積もりは必ず取っておくようにしてください。

レヴォーグを値引き交渉するための5つのポイント

新車のレヴォーグを値引きして購入するには、営業担当者との価格交渉を行う必要があります。

ここでは、レヴォーグを値引きしてもらうための交渉のポイントについて紹介します。具体的なポイントは下記の通りです。

レヴォーグを値引き交渉するための5つのポイント

  • 競合車を引き合いに出す
  • 販売店同士で値引きを誘引する
  • 具体的な希望金額は最後まで提示しない
  • 最終手段は端数カットとガソリン満タンの要求
  • 担当者の質問やアンケートには正直に応えないこと

競合車を引き合いに出す

黒い車

新車のレヴォーグを値引き価格で購入するには、必ず競合車を引き合いに出して交渉するようにしましょう。

レヴォーグの購入以外考えていないと判断された場合、値引き交渉がうまく進まなくなる可能性があるからです。

 レヴォーグが有力な候補であるけれど、他メーカーの競合車についても検討していることを伝え、商談を進めることが重要です。

なお、レヴォーグの競合車となるのは下記の通りです。

  • マツダ:マツダ6ワゴン
  • マツダ:マツダ3ファストパック
  • トヨタ:ハリアー
  • トヨタ:RAV4

競合車で値引きを誘引したい場合は、価格の近いグレードを選び、オプションで装備の条件を揃えるといいでしょう。

販売店同士で値引きを誘引する

レヴォーグを値引き価格で購入するため、販売店同士での値引きを誘引しましょう。販売店同士でレヴォーグの値引きを競合させると、さらなる値引きを引き出せる可能性が高くなります。

値引きしやすい時期での購入やライバル車との競合などで、基準となる値引き金額を引き出すことができたら、その次のタイミングで他の販売店とも相見積もりを利用してみましょう。

具体的な希望金額は最後まで提示しない

静かに

新車のレヴォーグの値引き交渉をする場合は、具体的な希望金額をこちらから提示しないようにしましょう。交渉前に予算や目標金額を伝えてしまうと、値引き交渉が難しくなるからです。

担当者から予算を聞かれると思いますが、はじめのうちは明確な金額を伝えず、値引き交渉最終段階まで進んでから目標金額を伝えると、交渉材料にできる可能性があります。

値段の提示が2~3回あったくらいのタイミングが、希望金額を提示する目安と考えておきましょう。

最終手段は端数カットとガソリン満タンの要求

交渉が大詰めを迎えたら、購入金額の端数カットとガソリン満タンを希望しましょう。

これまで交渉してきた値引きと比較して、端数のカットは金額的に小さいもので、1万円ぐらいの金額なら担当者との交渉でも値引きできるからです。

さらに「今日決める」と伝えたうえで納車時のガソリンの満タンを希望すれば、高い確率で要望が通ります。

担当者の質問やアンケートには正直に応えないこと

拒否

新車のレヴォーグの値引き交渉を行う場合は、担当者の質問やアンケートに正直に応えてはいけません。相手に与える情報によっては、値引き交渉が不利になってしまうからです。

予算の金額はもちろん、車検の時期が迫っていること、購入の第一候補がレヴォーグであることなどは、値引きを引き出せない要因となるため、知られないようにしましょう。

レヴォーグの値引きが難しいケースの3つの対策

交渉を重ねても値引きが難しいケースもあります。そのような場合の対策について紹介しましょう。具体的には以下の 3点が重要です。

レヴォーグの値引きが難しいケースの3つの対策

  • 諸費用の一部をカットする
  • 付属品を社外品にして費用を抑える
  • 価格が安い展示品を狙う

諸費用の一部をカットする

値引き交渉が難しい場合は、諸費用の一部をカットしてみましょう。

レヴォーグの見積もりに提示されている下記の諸費用は、一部カットできる可能性があります。

  • 納車費用
  • 車庫証明代行手数料

納車費用は来店納車で、車庫証明は自分で申請対応すればカット可能です。少しでも購入費用を抑えたい場合は、試してみましょう。

付属品を社外品にして費用を抑える

社内インテリア

値引きうまくできない場合は、付属品を社外品にすることを検討しましょう。カーナビやコーティングなどの付属品は、ディーラーオプション購入しなければならないというわけではありません。

社外品を利用することで購入価格を抑えられる可能性があり、特にカーナビゲーションは社外品のほうが低価格かつ高性能なケースが多いといえます。

他にも、コーティングなど自分で施工できるタイプも販売されています。うまく活用して購入価格を抑えましょう。

価格が安い展示品を狙う

値引きが難しい場合は、ディーラーの展示品を狙うのもおすすめの方法です。

展示車は値引きしやすいという特徴があります。また、ディーラーの販売台数が厳しい月などでは、登録だけした車をディーラーに残すこともあります。

希望条件と展示車が合致しているなら、お得に購入できるかもしれません。

レヴォーグの値引きするなら買取査定がおすすめ

査定

新車のレヴォーグを大きく値引きするには、保有している車を下取りではなく買い取り業者に買い取ってもらうことが重要です。

ここでは、買い取り業者での査定や売却が重要になる理由について解説します。

レヴォーグの値引きする前に買取査定が必要な理由

レヴォーグの値引き交渉に買い取り査定が必要な理由は、中古車買い取り業者に買い取ってもらうことで、下取りよりも車が高く売却できる可能性があるためです。

中古車買い取り業者は、実際の中古車相場(業者オークション相場)から査定額を算出します。

 そのため、買い取り業者の査定額と比較することで、ディーラーの下取り額が妥当かどうか判断できるというわけです。

レヴォーグを新車で購入する場合、必ず買取査定を行いましょう

レヴォーグは下取りではなく買い取り専門店に売却すること

お金を渡す

中古車買い取り業者の査定額が下取り額を上回るなら、車を売却することで結果的にレヴォーグを安く購入できます。

またディーラーの担当者から「これ以上の値引きは見積書に出せない」「下取りで調整したい」といわれることがあります。

 中古車相場とかけ離れた金額が提示された場合、数万円~数十万円を簡単に損する可能性もあります。

査定額が大きい場合は、買い取り業者に売却するのが鉄則ですので、覚えておきましょう。

少しでも車を高く売るために必ずすべきたった1つのこと

大切な愛車を1円でも高く買い取ってほしいと考えたとき、車専門店に査定の依頼も良いですが、多くの車買取店が出してくれる買取価格を一括で査定してくれる「車買取一括査定サイト」の利用をおすすめします。

車一括査定サイトの仕組み

車買取一括査定サイトとは、大手から中小の車買取専門店と多数提携しており、いくつかの質問に答えていくだけで一括で同時に愛車の買取価格を査定してくれる無料サイトです。

多い会社だと最大30社もの車買取専門店に一括で査定依頼をしてくれるので、あなたはそこで提示された「一番高くで買ってくれる」買取会社を選ぶだけ!

ネットでの査定ならたった3分、電話ならたった1本でいずれも来店不要です。
買取相場から120万円もお得に売れた事例もありますので、使わない手はないでしょう。車の一括査定を利用すると、時間や労力を使わず、個人情報も渡さずに店舗査定額より高価買取をしてもらえる可能性があります。
車一括査定のメリット
ここからは、当サイトが厳選しておすすめできる車買取一括査定サイトを5選紹介します。大切な愛車です。納得がいく買取価格で売れるよう徹底比較してくださいね。

1カーセンサー

カーセンサー

カーセンサーのおすすめポイント

  • 無料で30社からの一括査定できる
  • 提携会社1000社以上あり
  • 運営元がリクルートグループだから安心
  • 電話対応は1社からのみ
    ※公式サイト

カーセンサーは名前を聞いたことがある人も少なくない、大手の自動車一括査定業者で有名です。事故車や不動車などの買い取りにも積極的です。

 他社では査定額がつかないときもカーセンサーなら買い取ってくれる場合が多いようです。

また、一度に査定依頼出来る業者の数についても、他社は10社前後の場合がほとんどですが、カーセンサーでは最大30社のため大きな強みだと言えます。

提携している買取業社はなんと1000社以上、その中から一度に最大30社まで一括査定の申し込みをすることができます。申し込みの入力は3分もあれば簡単に終わってしまいます。

大手ならではの実績と信頼。事故車や不動車にも強いです。

2ナビクル車査定

ナビクル

ナビクル車査定のおすすめポイント

  • 売却時の業者満足度92.1%
  • 最大10社の査定額を比較
  • ご利用実績400万件以上
  • 最新相場をWEBでチェック
  • 97.7%のお客様がお申込み後1ヶ月以内に売却
    ※公式サイト参照

ナビクル車査定は、最大10社の価格を比べられるため、高額査定が出る業者を比較できるが特徴です。

 2021年6月時点で400万件以上となる、豊富な買取実績があります。

匿名・個人情報なし、営業電話なしで調べられることが、シミュレーション機能を使うメリットです。

また、査定に出してから売却するまで1ヶ月以内で完了するスピーディーさも魅力的ですよ。

今だけ!お得なキャンペーン情報

ナビクル キャンペーン情報

  • ナビクル経由で売却をした方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券1万円分プレゼント!
  • アンケート回答者(成約プレゼントの当選者は除く)から、抽選で100名様にAmazonギフト券500円分プレゼント!

※キャンペーン期限:2022年8月31日(水)23:59まで
キャンペーン情報:ナビクル公式サイト

3【セルトレ】海外輸出も扱っているからどんな車も高額買取!

セルトレ

セルトレのおすすめポイント
  • 国内売却・海外輸出で最高額の査定額
  • 廃車や不動車も買取対象
  • 相場額がすぐわかる
  • 査定依頼は全国無料で来店も不要
  • 手続き無料で年中無休で受け付け

セルトレは海外へ中古車を輸出しているサービスで、どんな車でも査定・買取をすることができます。買取店舗や引き取り業者と連携することで、高額な査定額を提示することが可能です。

 国内で売却した車を海外に輸出しているため、他社よりも高い査定額を出せるのがセルトレの特徴です。

買取査定で金額が付きにくい廃車や不動車、他社で断られた車も0円以上の買い取りを目指しています。査定から契約まで、電話1本で完結する点も魅力でしょう。

全国に対応している会社なので、どこに住んでいても査定を受けることができます。

「オールインワン査定」で簡単に車の売却ができます。ネットからメーカー・年式・走行距離などの車両情報と本人情報を入力するだけです。

査定後、すぐに買取業者から査定案内の電話があるので相場額がすぐに分かるのも嬉しいですね。査定時にかかる手取り手数料や手続きの代行費用などもすべて無料にて行ってくれます。

ズバット車買取比較

ズバット車買取比較

ズバット車買取のおすすめポイント

  • シンプルで申込にかかる時間は1分未満
  • 年中無休の電話サポートサービス
  • 10年以上続く信頼と豊富な経験・実績

ズバット車買取比較は、日本マーケティングリサーチ機構の調査によると、2020年1月調べで顧客満足度、高価買取、信頼と安全の比較サイトの3つの部門でNo.1を達成しています。

査定時に役立つ情報が多く、自動車の専門家による中古車市場の分析や相場の説明、査定に出す自動車のここ数ヶ月の相場の変動などをチェックしてベストなタイミングで自動車を売却することができます。

 10年以上前からある老舗一括査定業社である「ズバット車買取比較」は累計利用者数200万人以上という実績と経験を持っています。

口コミでもズバット車買取比較のいい点として挙げられているのがカスタマーサポートサービス。電話対応で不明な点から買取業社へのクレームまで幅広く対応してくれることで評判です。

何かあったときのカスタマーサービス対応の良し悪しは重要ですよね。

今だけ!お得なキャンペーン情報

ズバット キャンペーン情報

  • キャンペーン期間中にズバット車買取比較経由で車を売却した方の中から抽選で現金10万円を1名様に、1万円を10名様にプレゼント!

※キャンペーン期限:2022年6月15日〜9月1日15時まで
キャンペーン情報:ズバット車買取比較公式サイト

ユーカーパック

ユーカーパック

ユーカーパックのおすすめポイント

  • オークション形式で最大5,000社からの入札あり
  • 営業電話は一切なし!連絡はユーカーパック1社のみ
  • 査定を行うのもユーカーパック1社のみ!複数業者との日程調整必要なし

ユーカーパックは一括査定業車でも一風変わったシステムで、ユーカーパック自体がオークションを行うというシステムになっています。

本来ならば一括査定申し込み後、複数の業者の出張査定を同じ日時に設定し、業者同士をはちあわせにすることで実質オークション形式を作り出すのが一般的です。

しかし、ユーカーパックは申込後にまずユーカーパックの査定士が出張査定を行います。その情報をもとに提携している全国で5000社以上の買取業社がオークション形式で競り合うという方法を採っています。

 この特徴的なシステムの大きなメリットが、複数の買取業者とやりとりをする必要がないということです。

ユーカーパックは、電話一本・査定一回で済んでしまうので、他社よりも手間が省けることはもちろん、気楽に申し込めます。

ユーザーの使い勝手を追求していています。

レヴォーグの値引きに関するよくある質問

そもそも新車のレヴォーグって値引きできるのですか?

レヴォーグをはじめ、新車を購入する場合は、通常価格から値引きしてもらうことができます。

購入時期や交渉次第では大きな値引きを期待することも可能です。

レヴォーグの値引きの目標金額はどれくらいですか?

車両本体価格・オプション価格を含めて30万円から35万円程度の値引きを目標にするといいでしょう。

もちろん、それ以上の値引きとなるケースもあるので、本記事を参考に交渉してみてください。

レヴォーグが値引きしやすいタイミングってあるのでしょうか?

決算時期や四半期では、販売台数を増やしたい思惑があり、比較的値引きされやすいといえます。

また、ボーナス商戦がある6月や12月も値引きを期待しやすいでしょう。

担当者には本音を話しても良いのでしょうか?

担当者とは本音で話しすぎてはいけません。

レヴォーグが第一候補であることや予算が決まっていること、車検の時期が迫っていることを知られてしまうと値引き交渉が難しくなる可能性が高いからです。

レヴォーグの値引き交渉に使いやすい競合車はありますか?

マツダのマツダ6ワゴン、マツダ3ファストパック、トヨタのハリアー、RAV4などが競合車となります。

競合車の見積もりを取っておけば、レヴォーグ購入時の交渉材料にできるでしょう。

値引きが難しい場合はどうすればいいですか?

見積もりに記載されている諸費用の一部をカットしたり、 付属品を社外品のものにしたりして費用を抑えましょう。

またディーラーの展示品ならお得な金額で購入できる可能性があります。

値引き交渉前に買取査定は必要ですか?

買い取り査定は必要です。

中古車相場での買い取り額を知っておかないと、ディーラーが見積もりで提示してくる下取り額が妥当かどうかが判断できないからです。

中古車買い取り業者の買い取り額が高ければ、結果的にレヴォーグを安く購入できます。

まとめ

今回は、レヴォーグを新車で購入する場合の値引きの目標金額や相場、値引き価格で購入するためのコツ、交渉のポイントについて紹介しました。

今回紹介したコツやポイントを意識すれば、値引き金額でレヴォーグを購入できる可能性が高まります

また、レヴォーグを安く購入するためにも、保有している車の買い取り査定は必ず行いましょう。

本記事を参考に、新車のレヴォーグを安く手に入れてください。

車買取関連記事

車種別関連記事
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事