オデッセイの値引き額の相場や目標金額は?交渉術を一挙紹介!

オデッセイを新車で購入するとき、できれば値引き金額で購入したいと考えるのが自然だと思います。新車の購入時は、いくつかのコツを知っておくことで、大きな値引きを引き出せることがあります。

そこで今回はオデッセイを新車で購入する際の値引きのポイント・交渉術について紹介します。

オデッセイの目標値引き金額や値引きの実例も紹介しますので、参考してください。

オデッセイの値引きの目標金額や相場

お金

まずはオデッセイの値引きの目標金額や値引き金額の実例を紹介します。

オデッセイの値引き目標金額

車両本体値引き目標金額 281,875円~
オプション値引き目標金額 90,625円~
合計値引き目標金額 372,500円~

※価格.com[ホンダ オデッセイの値引き情報]を参照。購入日の新しい順に表示された100件のデータの平均値にて計算。

オデッセイの値引き金額実例

車種(すべて2013年モデル) 車両本体価格 車両値引き金額 オプション値引き金額 購入地域
eHEV アブソルート・EX ホンダ センシング 458万円 30万円 20万円 神奈川県
アブソルート・EX ホンダ センシング 381万円 40万円 15万円 神奈川県
eHEV アブソルート・EX ホンダ センシング 458万円 35万円 5万円 東京都
eHEV アブソルート・EX ホンダ センシング 458万円 40万円 10万円 埼玉県
eHEV アブソルート・EX ホンダ センシング 458万円 30万円 15万円 東京都
eHEV アブソルート・EX ホンダ センシング 458万円 30万円 10万円 埼玉県
eHEV アブソルート・EX ホンダ センシング 458万円 30万円 20万円 兵庫県
eHEV アブソルート・EX ホンダ センシング 458万円 30万円 5万円 埼玉県
アブソルート・ホンダ センシング (7人乗り) 358万円 25万円 10万円 東京都
eHEV アブソルート・EX ホンダ センシング 458万円 50万円 15万円 神奈川県
アブソルート・EX ホンダ センシング 4WD 392万円 25万円 10万円 青森県
eHEV アブソルート・EX ホンダ センシング 458万円 40万円 5万円 埼玉県
eHEV アブソルート・EX ホンダ センシング 458万円 10万円 10万円 京都府
オデッセイ 2013年モデル 392万円 10万円 35万円 石川県
HYBRID アブソルート・ホンダ センシング (8人乗り) 431万円 40万円 10万円 福島県
HYBRID アブソルート・EX ホンダ センシング 330万円 35万円 15万円 兵庫県
アブソルート・ホンダ センシング (8人乗り) 422万円 50万円 0 神奈川県
HYBRID アブソルート・EX ホンダ センシング 360万円 35万円 0 新潟県
アブソルート・EX ホンダ センシング 392万円 35万円 0 栃木県
HYBRID アブソルート・ホンダ センシング (8人乗り) 422万円 40万円 0 愛知県

※価格.com[ホンダ オデッセイの値引き情報]を参照。購入日の新しい順に表示された20件のデータ

オデッセイを値引きしたいなら知っておくべき6つのポイント

値下げ

新車のオデッセイを購入する場合、重要なポイントを知っておくだけで、大幅に値引きされることがあります。ここでは、オデッセイを値引きで安く購入するためのポイントを6つ紹介します。

具体的なポイントは下記の通りです。

オデッセイを値引きしたいなら知っておくべき6つのポイント

  • 購入のタイミングは決算期や四半期
  • フルモデルチェンジ直前はMAX値引きの大チャンス
  • 決算期・四半期以外なら月の中頃がおすすめ
  • 下取りは見積もりから必ず外す
  • 値引きは車両本体以外からも可能
  • 他メーカーとの相見積もりも値引きのための常套手段

購入のタイミングは決算期や四半期

オデッセイを値引きするためには、決算期や四半期に購入しましょう。

 特に決算時期は、メーカー側が販売台数実績を増やしたいと目論んでいます。そのため、新車の大幅値引きが実現する可能性があります。

さらに、決算時期はセールが開催されることも多いので、交渉次第で大きな値引きとなるかもしれません。

決算以外であれば、四半期や6月・12月のボーナス商戦などが良いタイミングです。通常時よりも値引きしやすいといえるでしょう。

フルモデルチェンジ直前はMAX値引きの大チャンス

お金

オデッセイを購入するタイミングが新しいモデルの発売と重なった場合、旧モデルのオデッセイが大幅値引きになる可能性があります。

 オデッセイに限らず、モデルチェンジ直後の新車購入は値引き交渉が難しくなるものです。

一方で、モデルチェンジのタイミングに近いほど、値引き金額は大きくなります。

フルモデルチェンジ前なら、新車の値引き金額はかなり大きくなると覚えておきましょう。

決算期・四半期以外なら月の中頃がおすすめ

手帳

決算時期やモデルチェンジの時期に購入できないなら、月の中頃を狙いましょう。

 ディーラーの営業担当者には、販売台数がノルマとして課せられている可能性があります。

ノルマ未達の担当者は、多少の値引きは覚悟の上で、販売台数を増やしたいと考えているかもしれません。そのため、値引き交渉は比較的有利に進められます。

購入契約が毎月20日までなら同月中の登録に間に合います。担当者の当月販売実績となるため、15日前後を狙って購入するのがおすすめです。

下取りは見積もりから必ず外す

下取り

オデッセイの見積もりを出してもらう場合は、車の下取りは外してもらいましょう。下取り込みの見積もりでは、値引き金額を含めて見積もりを出すケースがあるためです。

 これでは、値引き金額について正確に判断ができないうえ、交渉も難しくなります。

また、買い取り業者に査定をしてもらうほうが、ディーラーの下取りよりも金額が高くなることが多いです。

下取りを抜いた見積もりを出してもらってから、価格交渉を行いましょう。

値引きは車両本体以外からも可能

車内

オデッセイの値引きをするなら、車両本体以外からの値引きも狙いましょう。

 カーナビゲーションやコーティングなど、ディーラーでオプションを購入すると、すぐに十万円単位の金額になってしまいます。

ディーラーでのオプションは利益率が高いので、20%程度であれば値引きできると考えて差し支えありません。

値引きできるところは、逃さないようにするのがポイントです。

他メーカーとの相見積もりも値引きのための常套手段

競合車

新車のオデッセイを値引きするために、他社ディーラーとの相見積もりを必ず行ってください。

 オデッセイの競合者は、日産のエクストレイルやセレナ、ホンダのステップワゴン、トヨタのアルファードなどです。

競合車の見積もりを見せることで、担当者の交渉に対する姿勢が大きく変化する可能性があります。交渉次第で高い値引き金額を引き出せるでしょう。

新車購入時には、競合車の見積もりをセットで考えましょう。

オデッセイの値引き購入に欠かせない交渉術を5つ紹介

新車のオデッセイを値引きするためには、値引き購入のための交渉が必要です。

ここでは、オデッセイを値引きするために欠かせない5つの交渉術について詳しく解説します。具体的なテクニックは下記の通りです。

オデッセイの値引き購入に欠かせない交渉術を5つ

  • 競合車を引き合いに値引きを引き出す
  • 販売店同士で値引きを競ってもらう
  • 具体的な希望金額は最後まで教えない
  • 端数カットやガソリン満タンは最後に言えば叶いやすい
  • 担当者の質問やアンケートに本音で対応しない

競合車を引き合いに値引きを引き出す

車

オデッセイの値引きを狙うための交渉術の1つが、競合車を引き合いに出して値引きを誘うということです。

オデッセイの購入しか考えていない判断されると、値引き交渉が難しくなり、値引きが期待しにくくなってしまいます。

オデッセイが有力候補であること、他メーカーの競合車も視野に入れていることを伝えて、商談を進めましょう。

なお、オデッセイの競合車となるのは下記の車です。

  • 日産:エクストレイル
  • 日産:セレナ
  • ホンダ:ステップワゴン
  • トヨタ:アルファード

競合車を交渉材料にする場合は、価格が近いモデルを選択して、オプション装備の条件を揃えておくといいでしょう。

販売店同士で値引きを競ってもらう

オデッセイの値引きを引き出すためには、ホンダの販売店同士で値引きし合うよう仕向けるのも1つの方法です。販売店同士の値引き競争にすることで、値引きの金額が大きくなっていきやすいためです。

 これまでの値引きのポイントに加えて、さらなる一手として他の販売店との相見積もりを武器に交渉してみましょう。

具体的な希望金額は最後まで教えない

言わない

新車のオデッセイを購入する際は、希望金額をできるだけ教えないのも交渉術の1つです。

 担当者に予算が知られてしまうと、交渉は非常に難しくなります。

明確な金額はできるだけ教えず、交渉の最終段階で明かすようにしてください。

値段の提示が2~3回あったタイミングを、金額提示の目安と考えておきましょう。

端数カットやガソリン満タンは最後に言えば叶いやすい

交渉が大詰めを迎えたときには、購入金額の端数のカット・ガソリンの満タン給油での納車を希望してみましょう。

1万円未満のカットは大きい値引きではないため、担当者の権限だけでも値引きしてもらえる可能性が高いです。

 加えて「値引きできれば今日決める」という言葉と引換えに、満タン給油での納車を求めれば、応えてくれるケースが多いでしょう。

担当者の質問やアンケートに本音で対応しない

オデッセイの値引き交渉を行う場合は、担当者の質問やアンケートに本音で応えてはいけません。先述しているとおり、こちらが不利になる情報を与えてしまうと、交渉が難しくなるからです。

 車検の時期、購入の第一候補、購入に避ける金額などの情報は提供しないよう、注意してください。

オデッセイの値引きが難しいときの対策

必死で交渉したとしても、あまり値引きしてもらえないこともあります。そのようなケースでの対策を紹介します。

オデッセイの値引きが難しいときの対策

  • 諸費用のカットで費用を抑えよう
  • 付属品は社外品を検討しよう
  • 展示品を購入して費用を抑えよう

諸費用のカットで費用を抑えよう

シート

交渉が難しい場合は、諸費用をカットを目指しましょう。オデッセイ購入に必要な費用のなかには、カットできる可能性がある項目があります。

  • 納車費用
  • 車庫証明代行手数料

納車費用は来店納車に、車庫証明は自分で行うことで、コストをカットできます。

購入費用を極力低く抑えるなら、諸々の費用をカットすることを考えてください。

付属品は社外品を検討しよう

交渉が想定通りに進まないなら、付属品は社外ブランドを導入して費用を抑えてください。付属品は、ディーラーオプションではなく、カーショップや通信販売などで購入できます。

例えば、カーナビゲーションは社外品のほうが低価格かつ高品質であることが多いです。

購入品目次第で費用はさらに節約可能ですので、うまく活用しながら、費用削減を目指しましょう。

展示品を購入して費用を抑えよう

交渉が不調に終わった場合は、ディーラーにある展示品を狙うのもおすすめです。

展示車は比較的値引きがしやすく、ディーラーによっては販売台数が厳しい月に登録を済ませた車を残しているケースもあります。

あなたの求める条件に適した展示車がディーラーにある場合は、思っているより安く購入できるかもしれません。

オデッセイの値引きに買取査定は避けて通れない

アウディ

新車のオデッセイを値引きしたいなら、保有する車を買い取り業者に査定してもらうことが大切です。ここでは、買い取り業者に査定をしてもらうことがなぜ大切になるのか、その理由について紹介します。

オデッセイの値引き前に買取査定が必要なたった1つの理由

保有車の買取査定が大切な理由は、買取業者の査定額のほうが下取り金額よりも高くなりやすいためです。

中古車買取業者は、業者間のオークションでの相場から査定額を計算します。そのため、下取り金額よりも高くなりやすく、ディーラーの担当者が提示する下取り金額が妥当かどうかも判断しやすくなるのです。

査定額が高いのでれあれば、そのまま売却すればオデッセイを安く購入できます。

オデッセイの新車購入を考えているなら、買取査定は絶対に行ってください。

オデッセイは買い取り専門店に売却しよう

お金をしまう

買い取り業者の査定金額が下取り額よりも高いなら、あとは売却すればオデッセイを安く購入できます。

 ディーラー担当者が「これ以上の値引きは難しい」「下取り金額で調整したい」と提案することがあります。

しかし、実際の相場とかい離した金額が提案されれば、数十万円単位で値引きしそこなう可能性もあります。

査定額が大きい場なら、業者への売却が鉄則です。必ず覚えておきましょう。

少しでも車を高く売るために必ずすべきたった1つのこと

大切な愛車を1円でも高く買い取ってほしいと考えたとき、車専門店に査定の依頼も良いですが、多くの車買取店が出してくれる買取価格を一括で査定してくれる「車買取一括査定サイト」の利用をおすすめします。

車一括査定サイトの仕組み

車買取一括査定サイトとは、大手から中小の車買取専門店と多数提携しており、いくつかの質問に答えていくだけで一括で同時に愛車の買取価格を査定してくれる無料サイトです。

多い会社だと最大30社もの車買取専門店に一括で査定依頼をしてくれるので、あなたはそこで提示された「一番高くで買ってくれる」買取会社を選ぶだけ!

ネットでの査定ならたった3分、電話ならたった1本でいずれも来店不要です。
買取相場から120万円もお得に売れた事例もありますので、使わない手はないでしょう。車の一括査定を利用すると、時間や労力を使わず、個人情報も渡さずに店舗査定額より高価買取をしてもらえる可能性があります。
車一括査定のメリット
ここからは、当サイトが厳選しておすすめできる車買取一括査定サイトを5選紹介します。大切な愛車です。納得がいく買取価格で売れるよう徹底比較してくださいね。

表は右にスクロールできます。

おすすめの車買取一括査定サイト
名称 カーセンサー ナビクル車査定 セルトレ ズバット車買取比較

ユーカーパック

カーセンサー ナビクル セルトレ ズバット車買取 ユーカーパック
同時
査定数
最大30社 最大10社 最大8社 最大10社
提携
業者数
1000社以上 49 300社以上 200社以上 最大8,000社
※オークション形式
詳細

※記事内でおすすめとして紹介したサービスの中で比較しています ※各公式サイトで2022年9月9日に公開されている数字を参考にしています。最新の情報とは異なる可能性があります。

1カーセンサー

カーセンサー

カーセンサーのおすすめポイント

  • 無料で30社からの一括査定できる
  • 提携会社1000社以上あり
  • 運営元がリクルートグループだから安心
  • 電話対応は1社からのみ
    ※公式サイト

カーセンサーは名前を聞いたことがある人も少なくない、大手の自動車一括査定業者で有名です。事故車や不動車などの買い取りにも積極的です。

 他社では査定額がつかないときもカーセンサーなら買い取ってくれる場合が多いようです。

また、一度に査定依頼出来る業者の数についても、他社は10社前後の場合がほとんどですが、カーセンサーでは最大30社のため大きな強みだと言えます。

提携している買取業社はなんと1000社以上、その中から一度に最大30社まで一括査定の申し込みをすることができます。申し込みの入力は3分もあれば簡単に終わってしまいます。

大手ならではの実績と信頼。事故車や不動車にも強いです。

2ナビクル車査定

ナビクル

ナビクル車査定のおすすめポイント

  • 売却時の業者満足度92.1%
  • 最大10社の査定額を比較
  • ご利用実績400万件以上
  • 最新相場をWEBでチェック
  • 97.7%のお客様がお申込み後1ヶ月以内に売却
    ※公式サイト参照

ナビクル車査定は、最大10社の価格を比べられるため、高額査定が出る業者を比較できるが特徴です。

 2021年6月時点で400万件以上となる、豊富な買取実績があります。

匿名・個人情報なし、営業電話なしで調べられることが、シミュレーション機能を使うメリットです。

また、査定に出してから売却するまで1ヶ月以内で完了するスピーディーさも魅力的ですよ。

今だけ!お得なキャンペーン情報

ナビクル

  • ナビクル経由で売却をした方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券1万円分プレゼント!
  • アンケート回答者(成約プレゼントの当選者は除く)から、抽選で100名様にAmazonギフト券500円分プレゼント!

※キャンペーン期限:2022年10月31日 23:59まで
キャンペーン情報:ナビクル公式サイト

3【セルトレ】海外輸出も扱っているからどんな車も高額買取!

セルトレ

セルトレのおすすめポイント
  • 国内売却・海外輸出で最高額の査定額
  • 廃車や不動車も買取対象
  • 相場額がすぐわかる
  • 査定依頼は全国無料で来店も不要
  • 手続き無料で年中無休で受け付け

セルトレは海外へ中古車を輸出しているサービスで、どんな車でも査定・買取をすることができます。買取店舗や引き取り業者と連携することで、高額な査定額を提示することが可能です。

 国内で売却した車を海外に輸出しているため、他社よりも高い査定額を出せるのがセルトレの特徴です。

買取査定で金額が付きにくい廃車や不動車、他社で断られた車も0円以上の買い取りを目指しています。査定から契約まで、電話1本で完結する点も魅力でしょう。

全国に対応している会社なので、どこに住んでいても査定を受けることができます。

「オールインワン査定」で簡単に車の売却ができます。ネットからメーカー・年式・走行距離などの車両情報と本人情報を入力するだけです。

査定後、すぐに買取業者から査定案内の電話があるので相場額がすぐに分かるのも嬉しいですね。査定時にかかる手取り手数料や手続きの代行費用などもすべて無料にて行ってくれます。

ズバット車買取比較

ズバット車買取比較

ズバット車買取のおすすめポイント

  • シンプルで申込にかかる時間は1分未満
  • 年中無休の電話サポートサービス
  • 10年以上続く信頼と豊富な経験・実績

ズバット車買取比較は、日本マーケティングリサーチ機構の調査によると、2020年1月調べで顧客満足度、高価買取、信頼と安全の比較サイトの3つの部門でNo.1を達成しています。

査定時に役立つ情報が多く、自動車の専門家による中古車市場の分析や相場の説明、査定に出す自動車のここ数ヶ月の相場の変動などをチェックしてベストなタイミングで自動車を売却することができます。

 10年以上前からある老舗一括査定業社である「ズバット車買取比較」は累計利用者数200万人以上という実績と経験を持っています。

口コミでもズバット車買取比較のいい点として挙げられているのがカスタマーサポートサービス。電話対応で不明な点から買取業社へのクレームまで幅広く対応してくれることで評判です。

何かあったときのカスタマーサービス対応の良し悪しは重要ですよね。

今だけ!お得なキャンペーン情報

ズバット

  • キャンペーン期間中にズバット車買取比較経由で車を売却した方の中から抽選で現金10万円を1名様に、1万円を10名様にプレゼント!

※キャンペーン期限:2022年9月1日〜12月1日15時まで
キャンペーン情報:ズバット車買取比較公式サイト

ユーカーパック

ユーカーパックLP

ユーカーパックのおすすめポイント

  • オークション形式で最大8,000店からの入札あり
  • 営業電話は一切なし!連絡はユーカーパック1社のみ
  • 査定を行うのもユーカーパック1社のみ!複数業者との日程調整必要なし

ユーカーパックは一括査定業車でも一風変わったシステムで、ユーカーパック自体がオークションを行うというシステムになっています。

本来ならば一括査定申し込み後、複数の業者の出張査定を同じ日時に設定し、業者同士をはちあわせにすることで実質オークション形式を作り出すのが一般的です。

しかし、ユーカーパックは申込後にまずユーカーパックの査定士が出張査定を行います。その情報をもとに提携している全国で8,000社以上の買取業社がオークション形式で競り合うという方法を採っています。

 この特徴的なシステムの大きなメリットが、複数の買取業者とやりとりをする必要がないということです。

ユーカーパックは、電話一本・査定一回で済んでしまうので、他社よりも手間が省けることはもちろん、気楽に申し込めます。

ユーザーの使い勝手を追求していています。

オデッセイの値引きに関するよくある質問

新車のオデッセイは値引きできるのでしょうか?

もちろん可能です。

また、購入のタイミングや交渉によっては、大きな値引き額を引き出せるケースもあります。

オデッセイの値引きの目標金額を教えてください。

車両本体価格とオプション価格を合わせて35万円から40万円程度の値引きを目標にしましょう。

もちろん、それ以上の値引きも可能ですので、本記事を参考に値引き交渉を行ってください。

オデッセイが値引きしやすいタイミングはありますか?

決算時期もしくは四半期が適したタイミングです。また、ボーナス商戦の6月・12月なども比較的値引が大きくなります。

決算時期は、メーカーや販売店が販売台数を増やしたいので、値引き交渉がしやすいですよ。

担当者には本音で話した方がいいですか?

本音で話をするのは避けましょう。与える情報によっては値引き交渉が難しくなる可能性があるからです。

オデッセイが第一候補であることや予算が決まっていることなどは、できるだけ話さないようにしてください。

オデッセイの値引きに有効な競合車は?

オデッセイの競合車となるのは、日産のエクストレイルやセレナ、ホンダのステップワゴン、トヨタのアルファードなどです。

競合車の見積もりは交渉材料にできますので、オデッセイの値引きに有効活用しましょう。

値引きが難しいケースはどうしたらいいですか?

諸費用の一部をカットや、社外品の付属品を購入して費用を抑えてください。

また、ディーラーの展示品がある場合は、安く購入できるケースもありますので、問い合わせましょう。

値引きのためには買取査定が必要なのでしょうか?

絶対に必要です。

買い取り業者の査定額が下取り金額より高ければ、結果的にオデッセイを安く購入できます。

中古車市場での相場も把握できるため、ディーラーの下取り額が妥当かどうかも判断できます。

まとめ

今回は、オデッセイを値引き価格で手に入れるための目標金額や値引き購入するためのポイントについて紹介しました。

今回紹介したポイントを理解しておけば、オデッセイを大きく値引きして購入できる可能性があります。

また、新車でできるだけ安く購入するには、車の買い取り査定も重要です。下取り金額と比較して査定金額が高いときは、迷わずに買い取ってもらいましょう。

本記事を参考に、新車のオデッセイの値引きを目指しましょう。

車買取関連記事

車種別関連記事
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事