プリウスの高額値引きを狙うには?交渉テクニックについて詳しく紹介

プリウスは1997年の初代プリウス登場以来、現在の4代目にいたるまで、電気とガソリンで走るハイブリッド車として不動の地位を築いてきました。

低燃費で環境にやさしいプリウスを購入したいという方のなかには、できれば値引きして購入したいという意見があるでしょう。

この記事では、下取り車なしの場合と下取り車ありの場合という、ふたつのケースそれぞれで使える値引きテクニックをご紹介します。ぜひとも参考にしてください。

なるべく資金を節約して、プリウスを購入する方法も学んでみましょう。

プリウスの限界値引き額はどれくらい?

車の値引き交渉

まずは実際にプリウスを値引き交渉して、購入した方の口コミなどを参考に、限界値引き額の目標や相場を紹介します。

値引き目標は30~35万円程度

プリウスの値引きして購入した人や、営業マンの口コミ・SNSでの書き込みなどを探してみました。そこで30万円前後の値引きは、実際によくあることが分かります。

車両本体の値引きに加えて、オプション装備などの値引きも頑張って交渉してみてください。

総額30万円から35万円程度の値引き額を狙えるでしょう。

限界値引き額は35~40万円程度

プリウスの購入で30万円程度の値引きが実際のケースとしてあると、プリウスの限界値引き額は35万円から40万円程度と予想できます。

限界値以上の値引きをしつこく交渉すると、営業マンから嫌われてしまうでしょう。仮にプリウスを購入したとしても、ディーラーとのお付き合いがしにくくなる可能性もあります。

今後も車のメンテナンスや次の車の購入などで、何かとお世話になることも頭に入れておきましょう。

限界値引き額以上を値引き目標にするのではなく、それより少し手前を目標にしてみると、お互い不快な気持ちにならず値引きできる可能性が高まるでしょう。

下取り車なしでプリウスを値引きしてもらう方法・コツ

トヨタプリウス

プリウスの値引きを成功させるために、押さえておくべきポイントを4つ紹介します。

目標値引き額を達成するため使えそうなテクニックがあれば、ぜひ活用してください。

  1. プリウスのライバル車と競合させる
  2. トヨタディーラー同士で競合させる
  3. セール・フェアのタイミングで購入する
  4. 純正オプションの値引きを狙う

1プリウスのライバル車と競合させる

プリウス購入のためにディーラーに出掛ける前の段階で、プリウスのライバル車を数台選びましょう。できればその車の見積もりを取り寄せてください

プリウスと競合する他社の車はもちろん、同じトヨタでもハイブリッドの別の車種や価格帯が同じ車を選べます。たとえば次のような車が、プリウスのライバル車候補です。

  • ノート(日産)
  • インサイト(ホンダ)
  • インプレッサ(スバル)
  • マツダ3(マツダ)
  • アクア・ハリアー(トヨタ)

ライバル社の車を見積もりも取り寄せてから、ディーラーを訪問し最初の交渉を開始します。

プリウスの試乗などをおこないながら、さりげなく同価格帯の車や他社のハイブリッド車も検討していることを営業マンに伝えます

「ホンダのインサイトもよいのですが、プリウスも捨てがたいんですよね」といった具合に話をしてみましょう。

こうしてディーラーに「プリウスの値引きをしたほうが得だ」と思わせられれば、プリウスを値引き価格で購入できる可能性が高まります。

2トヨタディーラー同士で競合させる

トヨタのハイブリッド車

トヨタ店・トヨペット店・カローラ店、ネッツ店というどの系列のトヨタディーラーでも、プリウスは販売しています。

同じトヨタ系列のディーラーでも、各ディーラーを運営している会社が違う場合もあります。

そうなれば会社同士で競い合って顧客を確保しなければなりません。そこに交渉の余地が生まれます。

移動可能範囲にあるトヨタの系列店とその運営会社をネットで調べましょう。もし競い合わせられる店舗であれば、それぞれで見積もりを取り寄せてください。

「あちらの○○店ではある程度値引きしますよと約束してくれたのですが、こちらでも同じ程度もしくはもう少しがんばっていただけますか?」などと聞いてみるといいでしょう。

別のディーラーをいくつか訪問していることを伝えれば、値引き額アップのチャンスが訪れるかもしれません。

 その時にNGなのは「あちらは値引きして○○円だったけど、こっちは何とかならないのか」と高額の値引きを強いることです。

営業マンに無理なお願いをすれば「じゃあうちではなく、そちらのお店で購入してください」と交渉を打ち切られる恐れがあります。

3セール・フェアのタイミングで購入する

年に5回あるセール・フェアのタイミングで購入すると、値引き交渉がしやすいのです。

もし購入する時期にこだわりがなければ、セール・フェアのタイミングに合わせて交渉できるでしょう。

年5回のセール・フェアの時期
  • 新春初売りセール
  • 決算セール
  • 夏のボーナスセール
  • 中間決算セール
  • 冬のボーナスセール

この5つのチャンスにおいて、とりわけ狙い目は3月の決算セールです。各ディーラーが年度末の最終的な目標達成のために、追い込みとして決算時期の販売に力を入れています。

目標達成のために営業マンも気合が入っているため、値引き交渉がしやすい雰囲気も生まれます。さらに、この時期には通常よりもお得な購入プランが提案されるかもしれません。

また決算時期限定の特選車を用意するといった特典があるため、通常よりもお得にプリウスを購入できるチャンスです。

4純正オプションの値引きを狙う

値引き計算をする

ここまで紹介した3つのテクニックは、プリウス車本体の値引き交渉に使えます。そして、車本体の値引き交渉が済めば、次は純正オプションの値引きを交渉します。

車両本体の値引きと純正オプションの値引きを合わせて、さらなる値引き額アップを狙ってみてください。

プリウスにおすすめのオプション装備には以下のものがあります。

  • T-Connect SDナビゲーションシステム
  • 非常時給電システム付アクセサリーコンセント
  • エアロキット
  • 本革シフトノブとLEDキット
  • 電子インナーミラー
  • ドライブレコーダー

メーカーオプションは新車購入のときにだけ装備できます。いわば新車購入の特権です。自分がほしいと思うオプション装備を、ぜひ選んでください。

車本体の値引きとオプション装備の値引きという、両方を狙うのがコツです。

下取り車ありでプリウスを値引きしてもらう方法・コツ

車を売却する

下取りに出す車があるケースで、プリウスの値引きを成功させるために押さえておくべきポイントをふたつ紹介します。

  1. 下取りなしの条件で見積もりを出してもらう
  2. 車本体・純正オプションの値引きを確認後に下取り査定

1下取りなしの条件で見積もりを出してもらう

まずはじめに紹介するコツは、初回ディーラー訪問のときに、下取りなしの条件で見積もりを出してもらうことです。

下取りありの条件で次車における見積もりを出してもらうと、あまりよくありません

理由は「下取り価格をこれだけがんばるので、値引きの方はあまり期待しないでください」といわれてしまうケースがあるからです。これでは値引き額のアップは期待できません。

「今の車をどうするかは未定」と、下取りする可能性もあることを伝えましょう。

それながらに明確な回答を避けつつ、まずは車本体の値引き交渉に照準を合わせるのがコツです。

車本体・純正オプションの値引き交渉は、下取り車がない場合の交渉術と同じ

車両本体の値引き交渉と純正オプションの値引き交渉テクニックは、さきほど下取り車がないケースの部分で説明しました。下取り車がある場合でも、ぜひ同じ方法を使ってみてください。

車の値引き交渉と純正オプションの値引き交渉が済んで、支払総額が把握できてから下取り査定を依頼します。

2本体・純正オプションの値引きを確認後に下取り査定

車を査定してもらう

本体・純正オプションの値引きが合計いくらになるかを確認後に、下取り査定を依頼します。

下取り査定を依頼するまえに、下取りする車を買取に出した場合の価格を調べておくことがポイントです。一般的に下取り価格と買取価格を比較するならば、買取価格の方が高くなります

車を買取してもらい、受け取った金額をプリウスの購入費に充てましょう。

購入資金の節約が実現でき、結果として値引きと同じ効果を得られます。

下取り査定を依頼する前に愛車の買取相場を調べる

ネットで買取業者を探す

ディーラーで下取り査定を依頼する前に、愛車の現在における下取り、もしくは買取価格の相場を知っておくことが大切です。

それによりディーラーの下取り査定が、相場より高いか安いかを判断できます。

さらに買取価格の方がディーラーの下取り価格より高ければ、買取業者に車を売却しそれも次車の購入資金にできるでしょう。

ディーラーに下取り査定を依頼する前には、かならず買取価格を調査するようにしてください。

下取り・買取価格の相場を知る方法

下取り・買取価格の相場を知る方法には、3つがあります。

下取り・買取価格の相場を知る方法
  1. ディーラーの公式サイトにある下取り価格シミュレーション
  2. 買取業者のサイトからのオンライン査定や電話査定
  3. ディーラーや買取業者での実車査定

ネットや電話でできる査定はどれも、手間や時間をかけずにかんたんにおこなえます。実車査定についても、ネットから安心できる買取業者を探せるのです。

下取り価格シミュレーションはあくまで参考程度

シミュレーションは参考で

トヨタの公式サイトにある下取り価格シミュレーションや、買取業者のオンライン査定では価格調査が可能です。

車の車種・年式・走行距離などの情報を入力するだけで、簡単に下取り価格や買取価格を知れます。

 電話査定も車の車種・年式・走行距離などの、簡単な情報を伝えるだけで買取価格をすぐに教えてくれます。

こうした方法は手間こそかかりません。しかし提示される価格はあくまでおおまかな査定額です。そのことはしっかりと、念頭に置いてください。

正確な下取り・買取価格の相場を知るためには実査査定

車の正確な下取り・買取価格を知るためには、車の状態を査定士が見て判断する実査査定しか方法はありません。

車を買取業者までもっていく時間や方法がないという方には、査定士が家や職場まで出張してくれる出張査定対応の買取業者を利用できます。

車の正確な下取り価格・買取価格を調べて、それを値引き交渉のカードのひとつにしてみてください。

おすすめの自動車一括査定サイト3選

愛車の買取価格の相場を知りたい、どの買取業者が一番高い値段で買取してくれるのか知りたいという場合もあるでしょう。

その際には買取ネット一括査定サービスを利用するのがおすすめです。実車査定してくれる買取業者もすぐに探せるため、愛車の正確な買取価格を把握できます。

カーセンサーnet

カーセンサー

カーセンサーnetの特徴
  • 最大同時査定依頼社数は30社
  • 一括査定の手続きは90秒で完結
  • オークション形式での売却も可能
  • プリウスの最新の買取査定相場について情報がわかる

カーセンサーでは最大30社へ同時に査定を依頼が可能です。一括査定の申込はたった1回の情報入力だけで、90秒で完結します。

情報入力は非常にかんたんです。メーカー・車種・グレード・年式・走行距離など、車の情報といくつか個人情報を入力もしくは選択するだけです。

 カーセンサーの一括査定を利用すれば、買取価格の相場がわかります。さらにどの業者が、一番高く買取してくれるのかもわかります。

一番高く買取してくれる業者がわかれば、そこに実車査定を依頼できるでしょう。

カーセンサーnetでは、オークション形式の査定サービスも提供しています。興味のある方は、そちらの利用も検討してください。
提携業者数 1,000社以上
サービス利用料 無料
同時査定依頼社数 最大30社
運営会社 株式会社リクルート

出典:カーセンサー公式

カービュー

買取カービューの公式サイト

カービューの特徴
  • 査定提携は230社以上
  • 一括査定の申込は1分で完了
  • 最新のプリウスの買取査定における相場や、一括査定した人の口コミが読める

買取カービューにおける一括査定の申し込みは、とても非常にかんたんで1分あれば完了します。

専用フォームにメーカー・車種・年式、走行距離といった車の情報を入力します。さらに名前・住所・メールアドレス、電話番号などの個人情報を入力するだけです。

 買取カービューは230社以上の買取業者と提携しており、一括査定では同時に最大8社に見積もり依頼が可能です。

買取カービューと提携している買取業者の多くが、店舗持ち込み査定に加えて出張査定にも対応しています。

忙しくて持ち込み査定ができないという方は、出張査定サービスをご利用ください。

買取カービューではプリウスの最新買取価格などの相場情報や、買取を依頼した人のレビューが読めます。
提携業者数 230社以上
サービス利用料 無料
同時査定依頼社数 最大8社
運営会社 株式会社カービュー

出典:買取カービュー公式

ズバット車買取比較

ズバット車買取比較の公式ページ

ズバット車買取比較の特徴
  • 中古車の査定相場」のページが便利
  • 32秒のクイック診断で査定相場がすぐわかる
  • 同時に査定を依頼できる業者は10社
  • プリウスの査定相場・買取金額の情報が掲載されている

スバット車買取比較の「中古車の査定相場」のページは、非常に便利です。

メーカー・車種・年式・走行距離・利用頻度・ボディカラーの6項目を選択しましょう。車の現在の査定相場と、後半年間における査定相場の予測ができます。

 スバット車買取比較には、286社の買取業者が参加しております。そのなかから同時に10社へ買取査定を依頼できます。

一括査定の申込は、車のメーカー・車種などの8項目を入力するだけなので、1分未満で申込完了です。

ズバット車買取比較で車の査定相場を確認できたら、そのまま実際に買取価格の見積もりを依頼できます。

 

提携業者数 286社
サービス利用料 無料
同時査定依頼社数 最大10社
運営会社 株式会社ウェブクルー

出典:ズバット車買取比較公式

値引き交渉でのNG行為

交渉中に怒っている

最後に値引き交渉でやってはいけないNG行為をいくつか紹介します。強引な値引きは逆高価なので、注意してください。

最初から最大限の値引きを要求する

プリウスに限らず新車を購入する場合は、競合他社のディーラーからも見積もりを取り、それを交渉のカードにすることになります。

こうした作業が面倒になり「○○さんところではこれだけだったが、どれぐらいまで下げられますか」と最初から尋ねると、今後の付き合いが難しい客とみなされる可能性があります。

最初のディーラーへの訪問で、最大限の値引きを引き出すことはほぼ不可能です。最初はある程度の値引きもしてもらった見積もりを、入手する程度にするのがコツです。

2回目以降の交渉で値引きしてもらえる、別の部分を話し合えるでしょう。

責任者を出すように要求する

責任者の男性

値引き額に納得がいかないため、営業マンに対し責任者を出すように要求するのもNG行為です。

責任者と直接交渉しても、営業マンが提示した値引き額からさらにアップは期待できません。

逆に営業所所長の判断で「これ以上の値下げは無理です」と、はっきり断られる可能性があります。営業マンに好かれるように、好印象を残すもの交渉術のひとつです。

値引き額に納得がいかない場合でも、あせらず値下げできそうな他の部分を探しましょう。

プリウスの値引きに関する質問

プリウスの大幅値下げを狙うためのポイントには何がありますか?
プリウスのライバル車と競合させる、トヨタ系列のディーラー同士で競わせるなどです。
またセールやフェアの時期を狙う、純正オプションを値下げしてもらうというのがポイントでしょう。
値下げ交渉がしやすい時期はいつですか?

セールやフェアの時期は、お得に車を買える時期です。
とくに3月の決算セールの時期は、年度末の最終的な目標達成のために追い込みとして、決算時期の販売に力を入れています。
営業マンも気合が入っているので、値引き交渉がしやすいのです。

車本体以外にもどんな部分で値下げ交渉ができますか?
純正オプションを装備するなら、その部分で値下げ交渉が可能です。
車本体の値下げと純正オプションの値下げで、高額値下げを狙えます。
下取り査定を依頼する前に、車の下取り・買取価格の相場を調査するのがおすすめなのはなぜですか?
一般的に買取価格の方が下取り価格より、高額になるからです。
買取価格の方が高ければ車を売却し、それを次のプリウスを買うための資金の一部にできます。
下取り・買取価格の相場を調べる方法には何がありますか?

オンライン査定・電話査定で車の下取り・買取相場をかんたんに調べられます。
しかしオンラインや電話での査定は、おおまかな価格しかわかりません。
正確な下取り・買取価格が知りたければ、実車査定を依頼してください。

おすすめの買取ネット一括査定サービスには何がありますか?
カーセンサーnet・カービュー・ズバット車買取比較などが、おすすめの買取ネット一括査定サービスです。
一番高く買取してくれる買取業者をすぐに見つけられるでしょう。
値引き交渉でどういった行為は避けるべきですか?
最初から最大限の値引きを要求することです。
また値引き額に納得できず、営業マンに責任者を出すように要求するといった行為は、交渉決裂の原因となるためNGといえます。

まとめ

この記事ではプリウスの値引き交渉テクニックをいくつか紹介しました。

ポイントは車本体の値引き交渉と、純正オプションの値引き交渉をして2段階で値引きを狙うという点です。

さらに下取り車がある場合は、ディーラーで下取り査定を依頼する前に、車の下取り・買取価格を調査するようにしてください。

一般的には買取価格の方が、下取り価格より高くなります。買取を選択することで、プリウス購入のための資金をさらに増やせるでしょう。

交渉テクニックと買取ネット一括査定サービスをうまく活用すれば、予想以上の価格でプリウスが購入できるでしょう。

買取ネット一括査定サービスで、車の下取り・買取価格の相場を調査してください。

車買取関連記事

車種別関連記事
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事