ソリオを値引き購入したい!金額相場や事例、値引きのコツを紹介

新車のソリオを購入するなら、できるだけ値引きしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

実は、新車を購入する際はいくつかのポイントを押さえれば、ソリオを値引き価格で購入することができます。

そこで今回は、ソリオを値引き価格で購入できるコツを紹介します。

ソリオの値引きの目標金額や実例も紹介しますので、参考してください。

ソリオの値引きの目標金額や相場を把握

値引き

まずはソリオの値引きの目標金額や値引き金額の実例をみていきましょう。

ソリオの値引き目標金額はいくらくらい?

車両本体値引き目標金額 140,217円~
オプション値引き目標金額 66,847円~
合計値引き目標金額 207,064円~

※価格.com[スズキ ソリオの値引き情報]を参照。購入日の新しい順に表示された100件のデータの平均値にて計算。

ソリオの値引き金額実例を見てみよう

車種 車両本体価格 車両値引き金額 オプション値引き金額 購入地域
HYBRID MZ(2020年モデル) 202万円 10万円 10万円 千葉県
HYBRID MZ(2020年モデル) 202万円 30万円 5万円 埼玉県
HYBRID MZ 4WD(2020年モデル) 214万円 15万円 5万円 岐阜県
HYBRID MZ(2020年モデル) 202万円 15万円 15万円 埼玉県
HYBRID MZ 4WD(2020年モデル) 214万円 10万円 15万円 山形県
HYBRID MZ(2020年モデル) 202万円 10万円 15万円 宮城県
HYBRID MX(2020年モデル) 185万円 30万円 0円 神奈川県
HYBRID MZ(2020年モデル) 202万円 20万円 5万円 福岡県
HYBRID MZ(2020年モデル) 202万円 0円 10万円 大阪府
HYBRID MZ(2020年モデル) 202万円 15万円 10万円 千葉県
HYBRID MZ デュアルカメラブレーキサポート装着車(2015年モデル) 190万円 15万円 5万円 宮城県
G(2015年モデル) 148万円 0円 10万円 宮城県
HYBRID SZ(2015年モデル) 221万円 10万円 5万円 新潟県
HYBRID MX(2015年モデル) 173万円 20万円 5万円 東京都
HYBRID MX(2015年モデル) 169万円 0円 5万円 兵庫県
HYBRID SZ(2015年モデル) 221万円 5万円 10万円 静岡県
HYBRID MZ デュアルカメラブレーキサポート装着車(2015年モデル) 190万円 10万円 10万円 静岡県
HYBRID MX デュアルカメラブレーキサポート装着車(2015年モデル) 175万円 20万円 10万円 大阪府
HYBRID MX デュアルカメラブレーキサポート装着車(2015年モデル) 175万円 10万円 10万円 愛媛県
HYBRID MX 4WD(2015年モデル) 182万円 15万円 5万円 山梨県

※価格.com[スズキ ソリオの値引き情報]を参照。購入日の新しい順に表示された20件のデータ

ソリオを値引き購入に欠かせない6つのコツ

ポイント

ソリオの値引き購入に欠かせないコツを紹介します。ちょっとしたポイントを知っておけば、大きな値引きを引き出すことができるでしょう。具体的なコツは下記の通りです。

ソリオを値引き購入に欠かせない6つのコツ
  • 決算期や四半期に購入タイミングを合わせる
  • フルモデルチェンジ直前ならMAX値引きも期待できる
  • 月の中頃の購入を狙うのもおすすめ
  • 見積もりから車の下取りは外してもらおう
  • 車両本体以外からの値引きも狙うこと
  • 他メーカーとの相見積もりで値引き金額が上がるかもしれない

決算期や四半期に購入タイミングを合わせる

ソリオを値引き購入するコツの1つが、決算期や四半期に購入するということです。

 決算に向けてメーカーは販売台数を少しでも増やしたいと考えており、販売店も多少の値引きには目をつむって台数を稼ごうとします。

そのため、決算直前ではソリオを安く購入できる可能性があり、交渉次第では大きな値引きを引き出すことができます。

他にも、四半期の直前や夏・冬のボーナス時期なども、値引きがしやすいタイミングですので、新車の購入時期に適しているといえます。

フルモデルチェンジ直前ならMAX値引きも期待できる

車の一部分

大きな値引きを求めるなら、フルモデルチェンジの直前に購入するのがおすすめです。

 ソリオに限らず、多くの車種でモデルチェンジの直前に値引額は大きくなる傾向にあります。

そのため、ソリオを値引き価格で購入できる可能性が高くなります。

一方、モデルチェンジの直後は値引きが鈍化しやすいので、購入のタイミングとしてはよくありません。

月の中頃の購入を狙うのもおすすめ

手帳

決算時期やフルモデルチェンジ以外の時期に購入する場合は、月の中頃に購入することを検討しましょう。

 ディーラーでは、月の販売ノルマを設定しており、ノルマを達成していない担当者は、多少値引きをしても販売台数を増やしたいと考えているからです。

そのため、値引き交渉も積極的になりやすいといえます。

なお、同月中の実績にするには、毎月20日までには購入契約を結ぶ必要があります。そのため、毎月15日頃に購入するようにしましょう。

見積もりから車の下取りは外してもらおう

見積2

ソリオを値引き価格で購入したいなら、ディーラーの見積もりでは下取りを外してもらいましょう。

 下取り金額を含めた見積もりでは、詳細な値引き金額が判断できません。

また、ディーラー側が下取り価格を含めた値引き価格を提示することがあり、それ以上の値引き交渉に消極的になることもあります。

なお、下取りよりも買い取り業者の査定金額が高くなることが多く、売却+新車購入のほうが金額的に得をするケースが多いといえます。

見積もりを依頼する際は下取りを外してもらい、その後の値引き交渉に臨みましょう。

車両本体以外からの値引きも狙うこと

車内6

ソリオを値引き価格で購入したいなら、車両本体以外からの値引きを狙うのもポイントです。

 カーナビゲーションやドライブレコーダーなどの付属品、ガラスコーティングなど、ディーラーのオプションを購入すると、すぐに十万円単位の金額になってしまいます。

ディーラーオプションは利益率が高いので、20%程度の値引きは狙えるでしょう。

車両本体以外からの値引きが引き出せれば、ソリオをより安く購入できます。

他メーカーとの相見積もりで値引き金額が上がるかもしれない

ディーラー2

ソリオを安く購入したいなら、他メーカーの競合車と相見積もりを取ってください。

 ソリオの場合、トヨタのルーミー、日産のキューブ、ホンダのフィットなどが競合車となります。

競合車との相見積もりを取るだけで担当者の反応が変わり、値引き交渉に応じやすくなることがあります。交渉次第で大きな値引きとなることもあるでしょう。

値引き価格で新車を購入するために重要ですので、必ず競合車の相見積もりを取っておきましょう。

ソリオを値引きしたいなら知っておくべき交渉のポイント

ソリオの値引きしたいのであれば、営業担当者との値引き交渉は避けて通れません。大きな値引きにするためには、交渉のポイントはしっかり押さえておきましょう。

ここでは、ソリオの値引き交渉に重要な5つのポイントを紹介します。具体的なポイントは下記の5つです。

ソリオを値引き交渉するための5つのポイント
  • 競合車を値引きの材料にする
  • 販売店同士の販売ノルマも値引き材料に
  • 予算や希望金額は最後までいわないこと
  • 最後の最後で端数カットやガソリン満タンを希望しよう
  • 担当者の質問やアンケートに正直に答えすぎないこと

競合車を値引きの材料にする

自動車全体5

競合車を使った値引き交渉を行うというのが、ソリオを値引きするためのポイントです。

他社メーカーの競合車も検討していることがわかれば、値引き交渉を進めやすくなるからです。なお、ソリオの競合車となるのは下記の車です。

  • ホンダ:フィット
  • 日産:キューブ
  • トヨタ:ルーミー

なお、競合車を引き合いに出して交渉する場合は、購入したいモデルと近い価格・オプション装備のモデルを選んで相見積もりを掛けることが重要です。

ソリオ以外の車の購入を考えていないと判断されると、値引き交渉が進まなくなることもあるので注意しましょう。

販売店同士の販売ノルマも値引き材料に

販売店同士のノルマを値引き材料にするのも、ソリオを値引きするためのポイントです。同じスズキの販売店でも、店舗同士でノルマ(売上)を競っているからです。

 別の販売店で見積もりを出してもらい交渉材料にすれば、担当者が自分の販売店で買ってもらえるように値引きに応じるケースもあります。

場合によっては、大きな値引きとなることもあるでしょう。

いくつかのスズキ販売店での見積もりをもとに交渉して、お得な価格でソリオを購入しましょう。

予算や希望金額は最後までいわないこと

言わない

予算や希望金額は、最後まで担当者に教えないようにするのもポイントです。

 担当者に予算や希望金額を早いうちに知られると、その金額が値引きの基準になり、それ以上の値引きが難しくなることがあるからです。

そのため、交渉がある程度進むまでは予算を聞かれても言わないようにしましょう。

目安としては、見積りが2~3回提示されたタイミングで希望金額を明示するといいでしょう。

最後の最後で端数カットやガソリン満タンを希望しよう

交渉の最後の最後で、購入代金の端数のカットやガソリン満タンでの納車を希望すると通りやすくなります。端数のカットは金額的に小さいので、担当者の判断でも値引きしやすいといえます。

また、「値引きできれば今日購入を決める」と伝えたうえで、ガソリン満タンでの納車をお願いすると、要求が通りやすくなります。

担当者の質問やアンケートに正直に答えすぎないこと

はてな5

ソリオの値引き交渉では、担当者から質問やアンケートに正直に応えてはいけません

 値引き交渉が不利になる情報を与えてしまうケースがあるためです。

与えたくない情報というのは、購入の予算・車検の時期・ソリオ以外の購入を考えていないなど、金額や購入時期を限定する情報です。

担当者にとって値引きの基準をつくる重要な情報となるため、何とか聞き出そうとしてきますので注意してください。

ソリオの値引きが難しい場合の3つの対応策

値引き交渉をしても大きな値引きにつながらないこともあります。そんな場合の対処法について紹介します。具体的に以下のポイントを理解しておきましょう。

ソリオの値引きが難しい場合の3つの対応策
  • 諸費用のカットを狙う
  • 付属品は社外品を選択する
  • 展示品を狙うのもおすすめ

諸費用のカットを狙う

値引きがうまくできないときは、諸費用のカットを狙いましょう。

 新車の購入費用のうち、納車費用や車庫証明代行手数料はカット可能です。

納車費用は来店納車を行えば輸送費用分をカットできますし、車庫証明も自分が行えば費用カットにつながります。

購入費用をなるべく抑えたいのであれば、諸費用でカットできるものはないか探してみましょう。

付属品は社外品を選択する

オプション2

純正の付属品ではなく、社外品にして費用を抑えることも考えてみましょう。

 ソリオの付属品は、ディーラーでも購入できますが、カーショップやインターネット通販などで社外品を購入することもできます。

実際には社外品のほうが安いケースも多く、特にカーナビゲーションやドライブレコーダーは、社外品のほうが低価格でありながら高品質の商品が多く見られます。

付属品の選び方によって費用はカットできることを覚えておきましょう。

展示品を狙うのもおすすめ

値引きができなかった場合の最終手段として、ディーラーの展示品を狙うのもおすすめです。ディーラーに展示されている車は、値引き交渉がしやすいためです。

また、販売台数を追いたいディーラーが、登録を済ませた展示品を敢えて置いておくケースもあります。

希望条件に見合った展示品がディーラーにあった場合、ソリオをかなりお得に購入できる可能性があるので、ディーラーに問い合わせてみましょう。

ソリオの値引きには買取査定が有効

査定

新車のソリオを安く購入するために、中古車買い取り業者の査定は絶対に受けましょう。なぜ買い取り査定が必要なのか、その理由について紹介します。

なぜソリオの値引きに買取査定が必要なのか?

買い取りの査定額が下取り額よりも高くなりやすいというのが、新車購入時に所有する車の買い取り査定が必要になる理由です。

つまり、買い取り業者に売却したほうが、結果的にソリオを安く購入できる可能性が高くなるというわけです。

 買い取り業者の査定は、実際の中古車オークションの相場をもとに計算されます。

年式が新しい車や走行が少ない車、売れている車などは、査定額が高額となり、売却したほうがかなり得になることも多々あります。

ソリオを新車購入するのであれば、買い取り査定は何があっても行いましょう。

買い取り専門店に売却してソリオを総合的に安く買う

握手

ディーラーの下取り額と比較して、業者の査定金額が高いなら、迷うことなく業者に車を売却しましょう。

 下取りとの差額が大きい分だけ、ソリオを安く購入できるからです。

なお、ディーラーは下取り金を言い値で決めていることが多いうえ、下取り金額のアップを渋るケースが多いです。

そのままでは数十万円単位で損をすることあるので、買取査定は必ず行いましょう。

少しでも車を高く売るために必ずすべきたった1つのこと

大切な愛車を1円でも高く買い取ってほしいと考えたとき、車専門店に査定の依頼も良いですが、多くの車買取店が出してくれる買取価格を一括で査定してくれる「車買取一括査定サイト」の利用をおすすめします。

車一括査定サイトの仕組み

車買取一括査定サイトとは、大手から中小の車買取専門店と多数提携しており、いくつかの質問に答えていくだけで一括で同時に愛車の買取価格を査定してくれる無料サイトです。

多い会社だと最大30社もの車買取専門店に一括で査定依頼をしてくれるので、あなたはそこで提示された「一番高くで買ってくれる」買取会社を選ぶだけ!

ネットでの査定ならたった3分、電話ならたった1本でいずれも来店不要です。
買取相場から120万円もお得に売れた事例もありますので、使わない手はないでしょう。車の一括査定を利用すると、時間や労力を使わず、個人情報も渡さずに店舗査定額より高価買取をしてもらえる可能性があります。
車一括査定のメリット
ここからは、当サイトが厳選しておすすめできる車買取一括査定サイトを5選紹介します。大切な愛車です。納得がいく買取価格で売れるよう徹底比較してくださいね。

表は右にスクロールできます。

おすすめの車買取一括査定サイト
名称 カーセンサー ナビクル車査定 セルトレ ズバット車買取比較

ユーカーパック

カーセンサー ナビクル セルトレ ズバット車買取 ユーカーパック
同時
査定数
最大30社 最大10社 最大8社 最大10社
提携
業者数
1000社以上 49 300社以上 200社以上 最大8,000社
※オークション形式
詳細

※記事内でおすすめとして紹介したサービスの中で比較しています ※各公式サイトで2022年9月9日に公開されている数字を参考にしています。最新の情報とは異なる可能性があります。

1カーセンサー

カーセンサー

カーセンサーのおすすめポイント

  • 無料で30社からの一括査定できる
  • 提携会社1000社以上あり
  • 運営元がリクルートグループだから安心
  • 電話対応は1社からのみ
    ※公式サイト

カーセンサーは名前を聞いたことがある人も少なくない、大手の自動車一括査定業者で有名です。事故車や不動車などの買い取りにも積極的です。

 他社では査定額がつかないときもカーセンサーなら買い取ってくれる場合が多いようです。

また、一度に査定依頼出来る業者の数についても、他社は10社前後の場合がほとんどですが、カーセンサーでは最大30社のため大きな強みだと言えます。

提携している買取業社はなんと1000社以上、その中から一度に最大30社まで一括査定の申し込みをすることができます。申し込みの入力は3分もあれば簡単に終わってしまいます。

大手ならではの実績と信頼。事故車や不動車にも強いです。

2ナビクル車査定

ナビクル

ナビクル車査定のおすすめポイント

  • 売却時の業者満足度92.1%
  • 最大10社の査定額を比較
  • ご利用実績400万件以上
  • 最新相場をWEBでチェック
  • 97.7%のお客様がお申込み後1ヶ月以内に売却
    ※公式サイト参照

ナビクル車査定は、最大10社の価格を比べられるため、高額査定が出る業者を比較できるが特徴です。

 2021年6月時点で400万件以上となる、豊富な買取実績があります。

匿名・個人情報なし、営業電話なしで調べられることが、シミュレーション機能を使うメリットです。

また、査定に出してから売却するまで1ヶ月以内で完了するスピーディーさも魅力的ですよ。

今だけ!お得なキャンペーン情報

ナビクル

  • ナビクル経由で売却をした方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券1万円分プレゼント!
  • アンケート回答者(成約プレゼントの当選者は除く)から、抽選で100名様にAmazonギフト券500円分プレゼント!

※キャンペーン期限:2022年10月31日 23:59まで
キャンペーン情報:ナビクル公式サイト

3【セルトレ】海外輸出も扱っているからどんな車も高額買取!

セルトレ

セルトレのおすすめポイント
  • 国内売却・海外輸出で最高額の査定額
  • 廃車や不動車も買取対象
  • 相場額がすぐわかる
  • 査定依頼は全国無料で来店も不要
  • 手続き無料で年中無休で受け付け

セルトレは海外へ中古車を輸出しているサービスで、どんな車でも査定・買取をすることができます。買取店舗や引き取り業者と連携することで、高額な査定額を提示することが可能です。

 国内で売却した車を海外に輸出しているため、他社よりも高い査定額を出せるのがセルトレの特徴です。

買取査定で金額が付きにくい廃車や不動車、他社で断られた車も0円以上の買い取りを目指しています。査定から契約まで、電話1本で完結する点も魅力でしょう。

全国に対応している会社なので、どこに住んでいても査定を受けることができます。

「オールインワン査定」で簡単に車の売却ができます。ネットからメーカー・年式・走行距離などの車両情報と本人情報を入力するだけです。

査定後、すぐに買取業者から査定案内の電話があるので相場額がすぐに分かるのも嬉しいですね。査定時にかかる手取り手数料や手続きの代行費用などもすべて無料にて行ってくれます。

ズバット車買取比較

ズバット車買取比較

ズバット車買取のおすすめポイント

  • シンプルで申込にかかる時間は1分未満
  • 年中無休の電話サポートサービス
  • 10年以上続く信頼と豊富な経験・実績

ズバット車買取比較は、日本マーケティングリサーチ機構の調査によると、2020年1月調べで顧客満足度、高価買取、信頼と安全の比較サイトの3つの部門でNo.1を達成しています。

査定時に役立つ情報が多く、自動車の専門家による中古車市場の分析や相場の説明、査定に出す自動車のここ数ヶ月の相場の変動などをチェックしてベストなタイミングで自動車を売却することができます。

 10年以上前からある老舗一括査定業社である「ズバット車買取比較」は累計利用者数200万人以上という実績と経験を持っています。

口コミでもズバット車買取比較のいい点として挙げられているのがカスタマーサポートサービス。電話対応で不明な点から買取業社へのクレームまで幅広く対応してくれることで評判です。

何かあったときのカスタマーサービス対応の良し悪しは重要ですよね。

今だけ!お得なキャンペーン情報

ズバット

  • キャンペーン期間中にズバット車買取比較経由で車を売却した方の中から抽選で現金10万円を1名様に、1万円を10名様にプレゼント!

※キャンペーン期限:2022年9月1日〜12月1日15時まで
キャンペーン情報:ズバット車買取比較公式サイト

ユーカーパック

ユーカーパックLP

ユーカーパックのおすすめポイント

  • オークション形式で最大8,000店からの入札あり
  • 営業電話は一切なし!連絡はユーカーパック1社のみ
  • 査定を行うのもユーカーパック1社のみ!複数業者との日程調整必要なし

ユーカーパックは一括査定業車でも一風変わったシステムで、ユーカーパック自体がオークションを行うというシステムになっています。

本来ならば一括査定申し込み後、複数の業者の出張査定を同じ日時に設定し、業者同士をはちあわせにすることで実質オークション形式を作り出すのが一般的です。

しかし、ユーカーパックは申込後にまずユーカーパックの査定士が出張査定を行います。その情報をもとに提携している全国で8,000社以上の買取業社がオークション形式で競り合うという方法を採っています。

 この特徴的なシステムの大きなメリットが、複数の買取業者とやりとりをする必要がないということです。

ユーカーパックは、電話一本・査定一回で済んでしまうので、他社よりも手間が省けることはもちろん、気楽に申し込めます。

ユーザーの使い勝手を追求していています。

ソリオの値引きに関するよくある質問

新車のソリオは値引きしてもらえますか?

値引きは可能です。

購入するタイミングや交渉の内容次第で、大きな値引き金額となることもあります。

ソリオの値引きの相場や目標金額は?

ソリオの値引き金額は、車両本体とオプションを合わせて20万円から25万円を目標にしましょう。

また、実際にはそれ以上の値引きとなったケースもあります。

ソリオを値引きするならいつ購入するのがいいですか?

最も値引きしやすいのは決算時期。販売店側が売上実績を上げようとするために、値引き交渉がしやすくなるからです。

決算以外なら四半期決算やボーナス時期も値引きしやすいタイミングといえます。

担当者に予算などは話していいでしょうか?

最初のうちから伝えないほうがいいでしょう。予算を早いタイミングで知られると、値引きを渋られることもあるからです。

交渉が進んでから、予算や希望金額を伝えてみてください。

ソリオの競合車が知りたいです。

競合車となるのは、ホンダのフィット、日産のキューブ、トヨタのルーミーなどです。

他メーカーで相見積もりを行えば、ソリオの値引き材料にできるでしょう。

ソリオの値引きが期待できない場合はどうすればいいですか?

諸費用のカット、社外品の購入などを検討しましょう。

また、ディーラーの展示品は値引きしてもらいやすいので、それを狙うのもおすすめです。

ソリオの値引きに買取査定は必須ですか?

必須です。買い取り査定をしたほうが、ソリオを安く購入できる可能性が高いからです。

新車購入前の買い取り査定は、必ずやっておきましょう。

まとめ

今回は、ソリオを値引きして購入する場合のポイントについて解説しました。

紹介したポイントを理解しておくだけで、新車のソリオを安く購入できるようになります。

また、ソリオを購入する前には、必ず買い取り査定を行っておきましょう。高い査定金額で車を売却できれば、新車をお得に購入できます。

本記事を参考に、新車のソリオのお得に購入しましょう。

車買取関連記事

車種別関連記事

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事