車の下取りと買取の違いとは?下取り価格の相場を簡単に知る方法を紹介

車の売却方法には、下取りと買取の2種類があります。車の下取りを考えているなら下取りと買取の違い、下取り価格や買取価格の相場を知る方法も知っておきましょう。

価格交渉がしやすくなったり、期待以上の価格で売却できたりというメリットが生まれます。

この記事では下取りと買取の共通点と相違点、下取り価格や買取価格の相場を簡単に知る方法についてご紹介しましょう。また、下取り価格を少しでもアップするためのチェックポイントもご紹介します。

この記事を参考に、少しでもお得に車を売却できるようにしてください。

車の下取りと買取の共通点と相違点

ディーラーに下取り依頼

下取りも買取はどちらも「車を売却する」という点は同じです。下取りは査定された額を、次の車を購入するための資金として使います。下取りは車の売却と次の車の購入がセットになったものです。

買取は車の売却だけをおこなうもので、次に車を購入するかどうかは関係ありません。下取りと買取のメリット・デメリットを理解すれば、自分にとってお得な方法を選べます。

次に下取りと買取、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

車を下取りに出すメリット

下取りのメリット

車の下取りは購入した車を購入した同じディーラーや販売店にもっていき、そこで査定してもらいます。さらにその査定額が、新しい車における購入資金の一部になるというシステムです。

一般的に下取り価格はディーラーや販売店が設定している、下取り価格を基準にして車の走行距離や状態などによって減額されます。下取りには以下のメリットがあげられるでしょう。

  • 車の売却と次の購入手続きが同じタイミングでおこなえる
  • 車種・年式・走行距離にかかわりなく下取りしてもらえる
  • 車の売却と次における納車タイミングを合わせられる
  • 車を売った後次の納車を待つ必要があれば、代車を確保できる
  • 決算期やお正月などには、下取り強化キャンペーンが展開されることもあり、査定額アップが期待できる

    車を売却し次に購入が決まっている場合、売却と購入の手続きがひとつの場所で済むため時間と手間が省けます。

    また、車の売却と次の納車におけるタイミングを合わせられる点や代車が必要ならそれも確保できるという点も大きなメリットです。

    車を下取りに出すデメリット

    下取りには以下のデメリットが存在します。下取り価格の方が買取価格より低く設定されているため、なるべく高く車を売りたいという方は買取の方を選択できるでしょう。

    • 一般的な傾向として下取り価格の方が買取価格より低い
    • 他社メーカーの車である場合、下取り価格が下がる場合もある
    • 下取り価格で多少金額アップした分、次の購入価格における値下げには応じられない場合がある
    • ディーラーオプションやメーカーオプションが評価対象にならない
    • 社外品の高級な装備(カーナビやカーステレオ)が搭載されていても、評価対象にはならない
    • 査定費用や代行費用がかかる場合もある

      しかし車の乗り換えをスムーズに行いたい、いつもの販売店に信頼できるスタッフがいるといったケースでは、下取りの方が便利です。

      車を買取に出すメリット

      車買取のメリット

      参考までに車を買取に出す場合の、メリットについても紹介します。

      • 下取りよりも高値での買取を期待できる
      • 車を現金化できる
      • 複数の買取業者に見積もりを依頼し、買取価格の比較ができる
      • メーカーや車種に左右されることなく、評価の基準や査定力がきちんとしている
      • 店頭での査定はもちろん、出張査定にも対応している業者がある
      • 一般的に店頭査定・出張査定どちらでも査定料や出張料は無料
      • 人気のある装備品などは買取価格アップにつながる
      • 名義変更手続きの代行・ローン残債がある車の買取、代車無料貸し出しといったサービスを提供している業者がある

        買取の最大の魅力は下取りよりも、高く買取してもらえる可能性があるという点です。さらに車を現金化できるのも魅力です。

        そのお金を次の車を購入するための資金にできれば、計画していた別の用途へ利用もできます。

        車を買取に出すデメリット

        買取のデメリットとしては、次のものがあるでしょう。

        • 車の購入を計画している場合、売却と購入を同時に行えない
        • 買取価格は中古車市場の動向に左右されるため、タイミングを誤ると買取価格が下がることもある

          買取の場合は売る時期の見極めがポイントです。そのためには愛車の、買取価格について相場を知る必要があります。

          愛車の買取価格をリサーチするには、買取ネット一括査定サービスの利用がおすすめです。

          車の下取りを利用するときの注意点

          下取りの注意点

          下取りは次の購入と一体化した契約なため、実際どれくらいの査定額がついたのか不透明な部分もあります。そこが注意すべきポイントです。

           販売店側は新車の購入に迷っている人へ、まず高額な下取り価格を提示して購買意欲を掻き立てるという方法を取ることがあります。

          期待以上の査定額に気分が高まり新車の購入を決めたとしましょう。しかし新車の値引き交渉をはじめると「高額で下取りしたため値引きは難しい」と、いわれるケースがあります。

          下取りを利用する場合は、そのようにいわれる可能性があることを理解してください。

          おすすめは下取りよりも買取

          下取りよりも高額査定が期待できるため、車を高く売りたいという方には買取がおすすめです。高く買取してもらえれば、それだけ次の車を購入するための資金が節約できます。

          買取してもらってから次の車を購入する場合は下取りと比較すると、手続きや店側との交渉に時間や手間が必要になります。しかしそれが苦にならないという方には、買取がおすすめです。

          下取り価格の相場を知る方法

          ネットで下取り価格の相場を知る

          下取り価格の相場を知る方法には、次のふたつがあります。

          下取り相場を知る方法

          • ディーラーや買取専門店に出向いて実車を査定してもらう方法
          • ネットの一括買取査定サービス下取り価格シミュレーションを利用して知る方法

          おおまかな下取り価格を手軽に知りたい方や、実車査定のため店頭に車をもっていく時間がないという方もいるでしょう。その場合はネットでの査定がおすすめです。

          おおまかな相場が知りたければネットを利用

          下取り価格や買取価格の相場は、ネットの一括買取査定サービスを利用すればすぐにわかります。最近ではディーラーの公式サイトでも、下取り価格シミュレーションのサービスを提供しているのです。

          下取り・買取価格の相場査定おすすめサイト

          相場がわかるサイトを利用する男性

          おおまかな下取り価格や買取価格を、簡単に査定できるサービスを5つご紹介します。

          カーセンサーnet

          カーセンサーnet

          カーセンサーnetの特徴
          • 90秒で完結する一括査定の申込
          • 最大同時査定依頼社数は30社査定依頼可能
          • 買取業者への売却だけでなくオークション形式での売却も可能

          カーセンサーの一括査定サービスを利用すれば、愛車の買取価格相場を簡単にリサーチできます。一括査定の申込は90秒で完結するので思い立ったらすぐ調べてみるのも良いでしょう。

          メーカー・車種・グレード・年式・走行距離・次回の車検時期とった車の情報といくつかの個人情報を入力もしくは選択するだけとカンタンな情報入力で調べられるのもポイントです。

          また、カーセンサーnetでは最大で同時に30社へ見積もりを依頼可能です。一番高いところがどこなのか、すぐに把握することが出来るでしょう。

           カーセンサーの一括査定を利用すれば、買取価格の相場がわかります。さらにどの業者が、一番高く買取してくれるのかもわかります。

          カーセンサーnetではオークション形式による、複数社の入札にも対応しています。さらに、車の最高落札額がいくらになるか教えてくれるというサービスも提供しています。

          オークション形式の査定では、1社からしか連絡がきません。複数の買取業者と、やり取りする時間や手間を省けます。
          提携業者数 1,000社以上
          サービス利用料 無料
          同時査定依頼社数  最大30社
          運営会社 株式会社リクルート

          出典:カーセンサー公式

          ナビクル

          ナビクル

          ナビクルの特徴
          • 買取・査定相場 簡易シミュレーションは簡単便利機能
          • 45秒で申込可能な一括査定サービス
          • 同時に査定依頼できる買取業者は10社

          下取り価格を手早く知りたいという方におすすめなのが、ナビクルの「買取・査定相場 簡易シミュレーション」という機能です。

          入力フォームにメーカーと車種を入力するだけで愛車の買取価格や下取り価格の相場がわかります。住んでいる場所から近く、安心して査定が依頼できる買取業者を探しているという方にもおすすめです。

           その際にはナビクルにおける「車買取業者の評価ランキング」という、コンテンツを利用してみましょう。

          もう少し詳細な買取価格の相場が知りたい、一番高い買取価格を提示してくれる買取業者が知りたいという方もいるでしょう。

          その際にはぜひナビクルの一括査定を利用してみましょう。車の基本的な情報と名前などの11項目を入力するだけなので1分以内で申込は完了します。

          ナビクルの買取・査定相場 簡易シミュレーションは、おおまかな下取り・買取価格の相場がわかるのです。使い勝手にすぐれています。
          提携業者数 約150社
          サービス利用料 無料
          同時査定依頼社数  最大10社
          運営会社 株式会社エイチームライフスタイル

          出典:ナビクル公式

          ズバット車買取比較

          ズバット車買取比較

          ズバット車買取比較の特徴
          • 中古車の査定相場のページから買取相場をリサーチ可能
          • エリア別 車買取業者一覧・口コミのコンテンツがとても便利
          • 32秒のクイック診断で査定相場がすぐわかる
          • 同時に査定を依頼できる業者は10社

          スバット車買取比較で、おすすめのページは「中古車の査定相場」です。

          メーカー・車種・年式・走行距離・利用頻度・ボディカラーを選ぶだけで、現在の査定相場後半年間の査定相場の予測がチェックできます。

          このページでのリサーチ結果を踏まえて、下取りもしくは買取に出す時期を決められるでしょう。

           スバット車買取比較の「エリア別 車買取業者一覧・口コミ」では、自分の住んでいる地域における買取業者の口コミを読めます。

          下取り・買取価格の相場だけでなく、最高値で買取してくれる業者がどこか知りたいという方は、一括査定を申し込んでください。車のメーカー・車種などの8項目を入力するだけで、申込完了です。

          ズバット車買取比較の一括査定は、入力項目が8つしかありません。30秒と少しだけで、申込が完了します。
          提携業者数 278社
          サービス利用料 無料
          同時最大査定依頼社数  最大10社
          運営会社 株式会社ウェブクルー

          出典:ズバット車買取比較公式

          トヨタ 下取り参考価格シミュレーション

          トヨタ 下取り参考価格シミュレーション

          トヨタのシミュレーション特徴
          • トヨタ以外の国産メーカーの下取り価格もわかる
          • 入力は選択式で簡単
          • 売却のみならトヨタのクルマ買取に依頼も可能

          トヨタの公式サイトには、下取り参考価格シミュレーションのページがあります。トヨタのクルマにおける、参考下取り価格がわかるだけではありません。

          ニッサン・ホンダ・マツダ・三菱といった、国内他社メーカーのクルマについても、参考下取り価格が調査可能です。

           トヨタの下取り参考価格シミュレーションでは、国内メーカー9社のクルマについて参考下取り価格がリサーチできます。

          下取り参考価格シミュレーションでは、車の情報を選択して入力するだけなため、だれでも簡単に利用できるでしょう。

          トヨタでは買取サービスも提供しています。下取りではなく売却を選択するなら、トヨタのクルマ買取も選択肢のひとつです。
          査定対象メーカー 国内メーカー9社
          サービス利用料 無料
          運営会社 トヨタ自動車株式会社

          出典:トヨタの車買取公式

          日産のかんたんクルマ査定

          日産のかんたんクルマ査定

          日産のかんたんクルマ査定の特徴
          • 写真を3枚撮影して送信するだけで査定できる
          • Webで査定結果がすぐ確認できる
          • 国内外を問わず全メーカー対応

          日産のかんたんクルマ査定は、パソコン・スマホのどちらからでも利用可能です。日産のかんたんクルマ査定のページで、車の種別を選択します。

          そしてナンバープレートが撮影されている車全体、走行距離がわかるメーターパネル・車検証のQRコード部分、郷希恵3枚の写真をアップロードします。次にボディーカラー・車の状態・保管場所について、簡単な質問に答えたら査定の申込は完了です。

           こちらの査定結果は、すぐに表示されます。一部の販売会社で実施中の「最低保証価格」も確認できます。

          日産のかんたんクルマ査定は全メーカー対応なため、国産車だけでなく輸入車の参考下取り価格もシミュレーションできるのです。

          日産のかんたんクルマ査定を利用すれば、次の購入まできちんとサポートしてくれます。
          査定対象メーカー 全メーカー
          サービス利用料 無料
          運営会社 日産自動車株式会社

          出典:日産のかんたんクルマ査定公式

          下取り価格アップ!チェックすべきポイント

          下取り価格アップのチェックポイント

          次になるべく高く下取り、もしくは買取してもらうために普段からチェックしておくべきポイントをご紹介します。主なポイントは以下の6つです。

          • 年式
          • 走行距離
          • ボディーカラーや外装
          • 内装
          • エンジン
          • 装備品

          年式

          年式とは該当する車が製造された年・もしくは国内ではじめて登録された年、つまり初年度登録年月を意味します。初年度登録からかなりの年月が経過した車は低年式、数年程度の車は高年式と表現します。

           初年度登録から3年、走行距離3万kmである国産車の下取り・買取価格の相場は新車購入価格の4割〜6割程度です。

          中古車市場に出回っている車は、新車購入から3年から5年経過した車が多いため、低年式の車は高年式の車よりも在庫になる確率が高いのです。

          そうした理由で新車購入から5年以上経過した車は、査定額がかなり下がります。なるべく高く下取りもしくは買取してほしいなら、新車購入から5年以内低年式のうちに売却するのがお得です。

          走行距離

          走行距離

          1年間の走行距離の平均は普通自動車で1万km、軽自動車は8,000kmで計算されます。

           初年度登録から3年経過した普通自動車なら、走行距離が3万km以内に収まっていればそれほど多く走っていないとみなされます。

          逆に初年度登録から4年で、すでに走行距離が10万kmに届きそうという車もあるでしょう。この場合走りすぎているとして、高値の売却を期待するのは難しいでしょう。

          さらに走行距離が10万kmを超えると、消耗部品の交換が必要な車になるため下取り・買取価格ともにガクンと下がります。

          走行距離に注意することも、査定額をアップするコツのひとつです。

          ボディーカラーや外装

          下取りや買取を検討している車について、それがその車種の人気のあるカラーであればプラス査定のポイントになります。

          新車購入時に将来売却することを見越して、人気のあるカラーを選んでみましょう。さらに外装についても、普段からきれいな状態の維持することを意識してください。

          • たとえば、鍵を開けるときに鍵穴に鍵がうまく差し込めず鍵穴周辺に傷をつけることがないように注意したり、運転ミスで車をぶつけてバンパーや車体をへこませたりしないように気をつけてみましょう。

          板金修理や補修跡などがなく、マイナス査定に該当するへこみ・傷などがない外装のきれいな車については、プラス査定されます。

          普段からきれいに乗るよう心掛けることも、査定額アップを狙うポイントです。

          内装

          内装では天井やシートに、汚れやニオイが付着しないように注意しましょう。たばこのにおいやヤニ汚れが天井・内張りに付着している、シートにたばこの焦げ跡があるとよくありません。

           またシートにペットのニオイや毛が付着している状態は査定の減点ポイントです。

          減点ポイントがまったくない内装の状態がよい車は査定のポイントがプラスされます。普段から汚れやニオイが定着する前に綺麗にしておきましょう。

          エンジンとその周辺

          下取り・買取価格のアップを狙うなら、エンジンと足回り関係は走行に支障のない良好な状態に維持することが大切です。

          エンジン周辺で大きく減点される状態には、エンジンからの異音・タイミングベルトからの異音があります。またオイル漏れ、排気ガスの色が黒いあるいは白いといったものがあげられるでしょう。

          ボンネットを開けてエンジンの状態やオイル漏れの有無、定期的に整備点検を依頼するなどエンジンとその周辺の状態を良好なものに維持してください。

          装備品

          装備品

          自動ブレーキ・バックモニター、電動スライドドア・ETC・純正のカーナビなどの装備品があるでしょう。これらに故障や部品の欠品がない状態であれば、買取価格がプラスされます。

           カーオーディオについては基本装備なので、査定額に大きく影響することはありませんが例外もあります。

          例えば、harman/kardon(ハーマン/カードン)・BOSE(ボーズ)などの有名オーディオブランドのサウンドシステムを搭載している場合は、査定額アップが適用されることがあります。

          よくある質問

          車の下取りと買取の違いはなんですか?

          どちらも車を売るという点は同じです。ただし下取りの場合は、車を売ったお金を次の車も購入する資金とするため、売却と購入がセットになっています。

          買取の場合は車を売却するだけで、次の購入は関係ありません。

          下取りのメリット・デメリットにはなにがありますか?
          車の売却と次の購入手続きが同時に行える、車の売却と次の車における納車のタイミングを合わせられるといったメリットがあります。デメリットは下取り価格の方が、買取価格より安いという点です。
          買取のメリット・デメリットにはなにがありますか?

          買取のメリットは買取価格の方が下取り価格より高い、複数の買取業者から見積もりを取って、価格を比較できるなどがあります。

          デメリットは買取価格が中古車市場の動向に左右されるため、タイミングを外すと買取価格が下がるケースもあるという点です。

          自分の車における下取り・買取価格の相場は、どうすれば調べられますか?
          ネット一括査定サービスや、買取業者やトヨタ・日産の公式ページ内にある、価格シミュレーションを利用しましょう。下取り・買取価格のリサーチができます。
          おすすめのネット一括査定サービスにはなにがありますか?
          カーセンサーnet・ナビクル、ズバット車買取比較といったネット一括査定サービスがおすすめです。複数の買取業者に査定を依頼できるため、自分の車の買取相場・一番高く買取してくれる業者を把握できます。
          ネット一括査定サービスを利用すればかならず車を売らなければなりませんか?
          その必要はありません。買取価格の相場を調査するためだけに利用も可能です。
          査定額アップにつながるポイントにはなにがありますか?

          新車登録から5年以内・走行距離が短い、外装がきれい・人気のボディーカラーなどです。

          また内装の状態が良好・エンジンや足回りのメンテナンスが、きちんとされているといった点が査定額アップにつながるポイントといえます。

          まとめ

          この記事では下取りと買取の違いやメリット・デメリット、簡単に下取り・買取価格の相場をリサーチする方法についてご紹介しました。

          車をなるべく高く売りたいという方には下取りよりも買取がおすすめですが、おおまかな下取り価格や買取価格であれば、店頭査定を依頼しなくてもネットからリサーチができます。

          買取ネット一括査定サービスであればたった1回の情報入力複数の買取業者の見積もりを取れるので、その情報をもとに自分の車の買取相場や一番高く買取してくれる業者を把握できるでしょう。

          車の下取りを検討している方は実車査定を依頼する前に、こうした方法もぜひ試してみてください。

          関連記事

          ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
          ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
          ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
          ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
          ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
          おすすめの記事