ヴォクシーを値引き価格で購入できるコツやポイントを一挙紹介!

新車のヴォクシーを購入するのであれば、できるだけ値引して購入したい、と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

新車を購入する際はいくつかのポイントを押さえれば、ヴォクシーを値引き価格で購入することができます。

そこで今回は、ヴォクシーを値引き価格で購入できるコツやポイントを紹介します。

ヴォクシーの値引きの目標金額や実例も紹介しますので、参考してください。

ヴォクシーの値引きの目標金額や相場

値引き

まずはヴォクシーの値引きの目標金額や値引き金額の実例をみていきましょう。

ヴォクシーの値引きの目標金額は?

車両本体値引き目標金額 271,000円~
オプション値引き目標金額 110,500円~
合計値引き目標金額 381,500円~

※価格.com[トヨタ ヴォクシーの値引き情報]を参照。購入日の新しい順に表示された100件のデータの平均値にて計算。

ヴォクシーの値引き金額の実例は?

車種(すべて2014年モデル) 車両本体価格 車両値引き金額 オプション値引き金額 購入地域
ZS 煌 III (7人乗り) 294万円 35万円 35万円 大阪府
ZS 煌 III 4WD (7人乗り) 313万円 60万円 0円 福岡県
ZS 煌II (7人乗り) 294万円 0円 50万円 富山県
ZS 煌II 4WD (7人乗り) 313万円 30万円 20万円 北海道
HYBRID ZS 煌II 344万円 35万円 5万円 大阪府
ZS 煌II (7人乗り) 294万円 40万円 5万円 東京都
ZS 煌II 4WD (7人乗り) 313万円 0円 0円 北海道
ZS 煌II (7人乗り) 294万円 50万円 20万円 福岡県
ZS 煌 (7人乗り) 275万円 35万円 10万円 東京都
ZS 煌 (7人乗り) 286万円 60万円 20万円 愛知県
HYBRID ZS 煌 336万円 30万円 10万円 大阪府
ZS 煌 (8人乗り) 283万円 35万円 25万円 大阪府
HYBRID ZS 煌 336万円 20万円 30万円 大阪府
ZS (7人乗り) 277万円 5万円 20万円 大阪府
ZS 煌 (7人乗り) 275万円 20万円 20万円 静岡県
HYBRID ZS 煌 336万円 35万円 25万円 東京都
HYBRID ZS 煌 336万円 35万円 25万円 埼玉県
ZS 煌 4WD (8人乗り) 303万円 20万円 15万円 宮城県
ZS 煌 (7人乗り) 286万円 55万円 0円 埼玉県
X 4WD (8人乗り) 267万円 0円 0円 宮城県

※価格.com[トヨタ ヴォクシーの値引き情報]を参照。購入日の新しい順に表示された20件のデータ

ヴォクシーを値引きして購入するためのコツ

ポイント

ヴォクシーを値引き価格で購入するためのコツを紹介します。ちょっとしたことを知っておくだけで、大きな値引きを引き出すことができるでしょう。具体的なコツは下記の通りです。

ヴォクシーを値引きして購入するためのコツ
  • 購入のタイミングは決算期や四半期
  • 高額値引きを狙うならフルモデルチェンジ直前がおすすめ
  • 月の中頃を狙って購入するのもおすすめ
  • 見積もりから車の下取りは外してもらう
  • 車両本体以外からも値引きを狙おう
  • 他メーカーとの相見積もりは値引きに欠かせない

購入のタイミングは決算期や四半期

ヴォクシーを値引き価格で購入するコツの1つが、決算期や四半期に購入するということです。

  • 決算に向けてメーカーは販売台数を増やしたいと考えます。販売店も値引き覚悟で販売台数を稼ごうとするため、ヴォクシーを安く購入できる可能性があります。

決算直前では、決算セールなどの催しが実施されることもあり、交渉次第では大きな値引きを引き出すことができます。

決算時期以外なら、四半期決算の直前や夏・冬のボーナス商戦なども、比較的値引き価格で新車を購入しやすいといえるでしょう。

高額値引きを狙うならフルモデルチェンジ直前がおすすめ

車の一部分

大きな値引きを希望するなら、フルモデルチェンジになる直前のタイミングが絶好のタイミングです。

 ヴォクシーに限らず、ほとんどの車種でモデルチェンジの直前に値引額は非常に大きくなります。

そのため、お得にヴォクシーを購入できる可能性が高くなります。

逆に、モデルチェンジの直後は値引きが渋くなる傾向にあるため、購入のタイミングとしてはよくありません。

月の中頃を狙って購入するのもおすすめ

カレンダー

決算時期やフルモデルチェンジのタイミングに合わないのであれば、月の中頃にヴォクシーを購入することをおすすめします。

 ディーラー(販売店)では、月の販売ノルマを設定していることが多いです。ノルマを達成していない場合、値引きをしてでも販売台数を増やしたいと考えることがあります。

このような販売店側の事情により、値引きについて交渉しやすくなるのです。なお、同月中の実績とするためには、毎月20日までには購入契約を締結しなければなりません。

そのため、目安として毎月15日頃に購入するようにしましょう。

見積もりから車の下取りは外してもらう

見積3

ヴォクシーを値引きして購入したいなら、ディーラーの見積もりから下取りは外してもらうことが大切です。下取り金額を含めた見積もりでは、詳細な値引き金額がわかりづらいためです。

 また、ディーラー側が下取り価格と値引き価格を合算して提案してくることがあり、それ以上の値引き交渉が難しくなることもあります。

実際には下取りではなく、買い取り業者の査定金額が高くなることが多いので、売却したほうがお得に新車を購入できるケースが多いといえます。

見積もり作成時には下取りを外したもらった金額をもとに、値引き交渉を行いましょう。

車両本体以外からも値引きを狙おう

車内3

ヴォクシーを値引き価格で購入したいなら、車両本体以外からの値引きを引き出しましょう。

 ドライブレコーダーなどの付属品やガラスコーティングなど、ディーラーでオプションを購入した場合、あっという間に十万円単位の金額になってしまいます。

ディーラーオプションは利益率が高いケースが多いので、20%程度の値引きは十分狙えます。

車両本体以外からの値引きが引き出せれば、ヴォクシーをさらに安く購入できるでしょう。

他メーカーとの相見積もりは値引きに欠かせない

ディーラー4

ヴォクシーを安く購入したいなら、他メーカーのディーラーに相見積もりを取りましょう。

 ヴォクシーの場合、ホンダのステップワゴンや日産のセレナ、トヨタのノアなどが競合車となります。

競合車との相見積もりを取っておくと、担当者が値引き交渉に応じやすくなるケースがあり、交渉次第で大きな値引き金額を引き出せることもあります。

新車購入時の相見積もりは、値引き価格で新車を購入するために重要ですので、必ず取っておいてください。

ヴォクシーの値引き交渉で意識したい5つのポイント

ヴォクシーの値引き価格で購入するには、営業担当者と値引きの交渉を行わなければなりません。大きな値引きを獲得するために、交渉のコツは押さえておきたいところでしょう。

ここでは、ォクシーを値引きするために重要な5つのポイントを紹介します。具体的なポイントは下記の5つです。

ヴォクシーの値引き交渉で意識したい5つのポイント
  • 競合車を使った値引き交渉を行うこと
  • 販売店同士の値引き合戦も有効
  • 予算や希望金額は教えないようにしよう
  • 最後のお願いは端数カットやガソリン満タン
  • 担当者の質問やアンケートに正直すぎる返答は禁物

競合車を使った値引き交渉を行うこと

自動車全体4

ヴォクシーを値引きするためのポイントとして、競合車を使った値引き交渉を行うことが挙げられます。

ヴォクシーが有力な候補であることに加えて、他社メーカーの競合車も検討していることを伝えれば、値引き交渉を進めやすくなります。なお、ヴォクシーの競合車となるのは下記の車です。

  • ホンダ:ステップワゴン
  • 日産:セレナ
  • トヨタ:ノア

なお、競合車を使って交渉する場合は、購入したいモデルと近い価格・オプション装備のモデルを選ぶことが大切です。

また、ヴォクシー以外の車の購入を考えていないと判断されると、値引き交渉が渋られることもあるので注意してください。

販売店同士の値引き合戦も有効

ヴォクシーを値引きするためのポイントとして、販売店同士での値引き合戦に持ち込むことも重要です。

 ヴォクシーの見積もりを異なる販売店で出してもらえば、担当者が自分の販売店で買ってもらえるように値引きする可能性があります。

場合によっては、大きな値引き金額を引き出せるでしょう。

他のホンダ販売店での見積もりをもとに交渉すれば、想定以上にお得な金額でヴォクシーを購入できるかもしれません。

予算や希望金額は教えないようにしよう

口を隠す2

予算や希望金額は、担当者に教えないようにするのも交渉のポイントです。担当者に予算や希望金額を知られてしまうと、その金額が値引きの基準になってしまうからです。

 基準金額以上の値引き交渉が難しくなるので、大きな値引きは期待しにくくなってしまうでしょう。

そのため、交渉がある程度進んだ状態になるまで、予算を聞かれてもあからさまに教えてはいけません

具体的な希望金額は、見積りが2~3回提示されたタイミングで明示するといいでしょう。

最後のお願いは端数カットやガソリン満タン

交渉が大詰めを向かえた場面では、購入代金の端数のカットやガソリン満タンでの納車を「最後のお願い」として希望しましょう。

 端数のカットは金額的に小さいため、担当者の判断でも値引きしやすいのです。

また、「値引きできれば今日購入を決める」と伝えて、最後にガソリン満タンでの納車を希望すれば、高い確率で要求が通ります。

担当者の質問やアンケートに正直すぎる返答は禁物

はてな4

ヴォクシーの値引き交渉では、担当者からの質問やアンケートに正直に応えすぎてはいけません

 値引き交渉が難しくなる情報を与えてしまうことがあるためです。

与えたくない情報としては、購入の予算・車検の時期・ヴォクシー以外の購入を考えていないなどの情報が挙げられます。

担当者にとって値引きの基準をつくる重要な情報となってしまうので、相手が聞き出そうとしても、本音で応えないようにしましょう。

ヴォクシーの値引きが難しい場合に考えること

ヴォクシーの値引き交渉が経過しても、大きな値引きを引き出せないこともあります。そんな場合に考えたい3つのポイントについて紹介します。

ヴォクシーの値引きが難しい場合に考えること
  • 諸費用のカットができないか考える
  • 付属品は社外品を検討する
  • 展示品の購入を視野に入れる

諸費用のカットができないか考える

値引きがうまくできなかったときは、諸費用のカットができないかを考えましょう。ヴォクシーの購入費用のうち、納車費用や車庫証明代行手数料は自分次第でカットできます。

 納車費用は来店納車を行えば輸送費用が浮かせられますし、車庫証明も自分が行えば費用削減につながります。

購入費用を極力抑えたい場合は、諸費用でカットできるものはないか探してみましょう。

付属品は社外品を検討する

オプション1

付属品を純正品ではなく、社外品にすることで、コストダウンを図ることができます。

 ヴォクシーの付属品は、ディーラーでも購入できますが、純正品である必要がなければカーショップなど社外品を購入することも可能です。

社外品のほうが付属品が安いこともあり、カーナビゲーションやドライブレコーダーなどは、社外品のほうが低価格で高品質であることも多いです。

付属品の選び方で費用はカットできるので、試してみてください。

展示品の購入を視野に入れる

値引きができなかった場合は、ディーラーの展示品を狙うのもおすすめです。

 ディーラーに展示されている車は、値引き交渉がしやすいからです。

また、販売台数を追い求めるディーラーが、登録を済ませた展示品を置いておくケースもあります。

条件に合った展示品がディーラーにあるなら、ヴォクシーをお得に購入できるかもしれません。

ヴォクシーの値引きには買取査定が優良な武器になる

タブレット

新車のヴォクシーを安く購入したいなら、買い取り業者の査定は絶対に行っておきましょう。その理由について紹介します。

ヴォクシーの値引きに買取査定が必要な理由とは?

新車の購入に所有する車の買い取り査定が欠かせないのは、査定額が下取り額よりも高くなりやすいからです。

 つまり、買取業者に売却したほうが、結果的にヴォクシーを安く購入できる可能性が高くなります。

買い取り業者の査定は、実際の中古車オークションの相場の価格をもとにしています。

年式が新しい車や走行が少ない車、人気の高い車などは、査定額は高くなりやすく、下取り額よりも売却したほうが得になるケースも多々あります。

ヴォクシーを新車購入するなら、買い取り査定を必ず行いましょう。

買い取り専門店に売却して高額買取を目指そう

握手

ディーラーの下取り額との比較で、業者の査定金額が高いなら、業者に車を売却しましょう。

 下取りとの差額分だけ、ヴォクシーを安く購入できます。

また、ディーラーの担当者は下取り金額のアップを渋るケースが多いです。しかし、その言葉に負けてしまうと、数十万円単位で損をすることにもなります。

査定額のほうが高額の場合は、迷わず買い取り業者に売却しましょう。

少しでも車を高く売るために必ずすべきたった1つのこと

大切な愛車を1円でも高く買い取ってほしいと考えたとき、車専門店に査定の依頼も良いですが、多くの車買取店が出してくれる買取価格を一括で査定してくれる「車買取一括査定サイト」の利用をおすすめします。

車一括査定サイトの仕組み

車買取一括査定サイトとは、大手から中小の車買取専門店と多数提携しており、いくつかの質問に答えていくだけで一括で同時に愛車の買取価格を査定してくれる無料サイトです。

多い会社だと最大30社もの車買取専門店に一括で査定依頼をしてくれるので、あなたはそこで提示された「一番高くで買ってくれる」買取会社を選ぶだけ!

ネットでの査定ならたった3分、電話ならたった1本でいずれも来店不要です。
買取相場から120万円もお得に売れた事例もありますので、使わない手はないでしょう。車の一括査定を利用すると、時間や労力を使わず、個人情報も渡さずに店舗査定額より高価買取をしてもらえる可能性があります。
車一括査定のメリット
ここからは、当サイトが厳選しておすすめできる車買取一括査定サイトを5選紹介します。大切な愛車です。納得がいく買取価格で売れるよう徹底比較してくださいね。

表は右にスクロールできます。

おすすめの車買取一括査定サイト
名称 カーセンサー ナビクル車査定 セルトレ ズバット車買取比較

ユーカーパック

カーセンサー ナビクル セルトレ ズバット車買取 ユーカーパック
同時
査定数
最大30社 最大10社 最大8社 最大10社
提携
業者数
1000社以上 49 300社以上 200社以上 最大8,000社
※オークション形式
詳細

※記事内でおすすめとして紹介したサービスの中で比較しています ※各公式サイトで2022年9月9日に公開されている数字を参考にしています。最新の情報とは異なる可能性があります。

1カーセンサー

カーセンサー

カーセンサーのおすすめポイント

  • 無料で30社からの一括査定できる
  • 提携会社1000社以上あり
  • 運営元がリクルートグループだから安心
  • 電話対応は1社からのみ
    ※公式サイト

カーセンサーは名前を聞いたことがある人も少なくない、大手の自動車一括査定業者で有名です。事故車や不動車などの買い取りにも積極的です。

 他社では査定額がつかないときもカーセンサーなら買い取ってくれる場合が多いようです。

また、一度に査定依頼出来る業者の数についても、他社は10社前後の場合がほとんどですが、カーセンサーでは最大30社のため大きな強みだと言えます。

提携している買取業社はなんと1000社以上、その中から一度に最大30社まで一括査定の申し込みをすることができます。申し込みの入力は3分もあれば簡単に終わってしまいます。

大手ならではの実績と信頼。事故車や不動車にも強いです。

2ナビクル車査定

ナビクル

ナビクル車査定のおすすめポイント

  • 売却時の業者満足度92.1%
  • 最大10社の査定額を比較
  • ご利用実績400万件以上
  • 最新相場をWEBでチェック
  • 97.7%のお客様がお申込み後1ヶ月以内に売却
    ※公式サイト参照

ナビクル車査定は、最大10社の価格を比べられるため、高額査定が出る業者を比較できるが特徴です。

 2021年6月時点で400万件以上となる、豊富な買取実績があります。

匿名・個人情報なし、営業電話なしで調べられることが、シミュレーション機能を使うメリットです。

また、査定に出してから売却するまで1ヶ月以内で完了するスピーディーさも魅力的ですよ。

今だけ!お得なキャンペーン情報

ナビクル

  • ナビクル経由で売却をした方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券1万円分プレゼント!
  • アンケート回答者(成約プレゼントの当選者は除く)から、抽選で100名様にAmazonギフト券500円分プレゼント!

※キャンペーン期限:2022年10月31日 23:59まで
キャンペーン情報:ナビクル公式サイト

3【セルトレ】海外輸出も扱っているからどんな車も高額買取!

セルトレ

セルトレのおすすめポイント
  • 国内売却・海外輸出で最高額の査定額
  • 廃車や不動車も買取対象
  • 相場額がすぐわかる
  • 査定依頼は全国無料で来店も不要
  • 手続き無料で年中無休で受け付け

セルトレは海外へ中古車を輸出しているサービスで、どんな車でも査定・買取をすることができます。買取店舗や引き取り業者と連携することで、高額な査定額を提示することが可能です。

 国内で売却した車を海外に輸出しているため、他社よりも高い査定額を出せるのがセルトレの特徴です。

買取査定で金額が付きにくい廃車や不動車、他社で断られた車も0円以上の買い取りを目指しています。査定から契約まで、電話1本で完結する点も魅力でしょう。

全国に対応している会社なので、どこに住んでいても査定を受けることができます。

「オールインワン査定」で簡単に車の売却ができます。ネットからメーカー・年式・走行距離などの車両情報と本人情報を入力するだけです。

査定後、すぐに買取業者から査定案内の電話があるので相場額がすぐに分かるのも嬉しいですね。査定時にかかる手取り手数料や手続きの代行費用などもすべて無料にて行ってくれます。

ズバット車買取比較

ズバット車買取比較

ズバット車買取のおすすめポイント

  • シンプルで申込にかかる時間は1分未満
  • 年中無休の電話サポートサービス
  • 10年以上続く信頼と豊富な経験・実績

ズバット車買取比較は、日本マーケティングリサーチ機構の調査によると、2020年1月調べで顧客満足度、高価買取、信頼と安全の比較サイトの3つの部門でNo.1を達成しています。

査定時に役立つ情報が多く、自動車の専門家による中古車市場の分析や相場の説明、査定に出す自動車のここ数ヶ月の相場の変動などをチェックしてベストなタイミングで自動車を売却することができます。

 10年以上前からある老舗一括査定業社である「ズバット車買取比較」は累計利用者数200万人以上という実績と経験を持っています。

口コミでもズバット車買取比較のいい点として挙げられているのがカスタマーサポートサービス。電話対応で不明な点から買取業社へのクレームまで幅広く対応してくれることで評判です。

何かあったときのカスタマーサービス対応の良し悪しは重要ですよね。

今だけ!お得なキャンペーン情報

ズバット

  • キャンペーン期間中にズバット車買取比較経由で車を売却した方の中から抽選で現金10万円を1名様に、1万円を10名様にプレゼント!

※キャンペーン期限:2022年9月1日〜12月1日15時まで
キャンペーン情報:ズバット車買取比較公式サイト

ユーカーパック

ユーカーパックLP

ユーカーパックのおすすめポイント

  • オークション形式で最大8,000店からの入札あり
  • 営業電話は一切なし!連絡はユーカーパック1社のみ
  • 査定を行うのもユーカーパック1社のみ!複数業者との日程調整必要なし

ユーカーパックは一括査定業車でも一風変わったシステムで、ユーカーパック自体がオークションを行うというシステムになっています。

本来ならば一括査定申し込み後、複数の業者の出張査定を同じ日時に設定し、業者同士をはちあわせにすることで実質オークション形式を作り出すのが一般的です。

しかし、ユーカーパックは申込後にまずユーカーパックの査定士が出張査定を行います。その情報をもとに提携している全国で8,000社以上の買取業社がオークション形式で競り合うという方法を採っています。

 この特徴的なシステムの大きなメリットが、複数の買取業者とやりとりをする必要がないということです。

ユーカーパックは、電話一本・査定一回で済んでしまうので、他社よりも手間が省けることはもちろん、気楽に申し込めます。

ユーザーの使い勝手を追求していています。

ヴォクシーの値引きに関するよくある質問

新車のヴォクシーの値引きは可能ですか?

値引きできます。

購入するタイミングが良かったり、うまく交渉できたりすると、大きな値引きになることもあります。

ヴォクシーの値引きはどれくらいを目標すればいい?

ヴォクシーの値引きの目標金額は、車両本体とオプションを合わせて35万円から40万円程度を目安にしてください。

実際にはそれ以上の値引きとなったケースもあります。

ヴォクシーを値引きするのに良いタイミングってあるの?

最も値引きしやすいのは決算のタイミングです。販売店側が売上実績を上げようとするために、値引き交渉がしやすくなるからです。

それ以外なら四半期決算やボーナス時期も値引きにおすすめのタイミングです。

担当者に予算は伝えない方がいいですか?

最初のうちから伝えないほうがいいでしょう。予算を早くから知られると、値引きを渋られることもあります。

交渉がある程度進んでから、予算や希望金額を伝えてみてください。

ヴォクシーの競合車を教えてください。

競合車となるのは、ホンダのステップワゴン、日産のセレナ、トヨタのノアなどです。

他メーカーで見積もりを出してもらえれば、ヴォクシーの値引き交渉の材料にできることがあります。

ヴォクシーが値引きできない場合はどうすればいい?

諸費用をカットしたり、付属品を社外品にしたりするなどの方法が考えられます。

また、ディーラーの展示品は値引きしてもらいやすいので、それを狙うのも1つの方法です。

ヴォクシーの値引きに買取査定は必要ですか?

必要です。買い取り査定の結果によっては、ヴォクシーをかなり安く購入できるからです。

新車購入前の買い取り査定は、必ずやっておきたいことですので、覚えておいてください。

まとめ

今回は、ヴォクシーを値引きして購入する場合のポイントや交渉術について解説しました。

紹介したポイントやコツを把握しておけば、新車のヴォクシーを安く購入できるはずです。

また、ヴォクシー購入する前に、買い取り査定を行うことも大切です。高い査定金額で車を売却できれば、購入金額を抑えられます。

本記事を参考に、新車のヴォクシーのお得に購入しましょう。

車買取関連記事

車種別関連記事

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事