他カテゴリ記事を絞り込んで探す

いま乗れる“Z” 50周年記念車、そしてこれからの50年

  • 中古バイクカタログ
  • 2022.09.09

今回は、カワサキのZ900RSをご紹介します!

2017年に発売されて4年半。カワサキの「最新Z」ことZ900RSは、大方の予想通りの大人気で、それどころかその大人気がずっと続いて、登場以来ずっとベストセラーの座をガッチリつかんでいる。

 当のカワサキも、もちろん「似せた」わけではないけれど、カワサキZシリーズのイメージをきちんと再現した新しいロードスターは、ルックスのZっぽさはもちろんレトロ感たっぷりだけれど、走りはきちんと現代風。82psをマークした’72年式の空冷4気筒900ccは、111psをマークする水冷4気筒に進化している。

 

【目次】

1.Z900RSの特徴

2.Z1を受け継いでいるZ900RS

3.車両詳細

 

Z900RSを探す

 

  • Z900RSの特徴

乗り始めから、Z900RSはどっしりと穏やかな手ごたえがあって、ベースモデルとなったZ900をはじめとしたライバルモデルとも一風変わっている。

パワー特性は発進の回転域から充分にトルクがあって、アイドリングすぐ上の1500rpmからスーッと加速する力がある。街中で走る分には2000rpmも回していれば充分で、トップ5速で50km/hくらいで走っていると、回転数は2000rpmにも満たないくらい。

こんな回転域でも、息つきもせずズオォォォと走っているのが、なんともZっぽい。思い返せばZの元祖たるZ1も、低速からブ厚いトルクがあって高回転を回すというより、その余りあるトルクを使って走るようなオートバイだった。

 

もちろん、現代の水冷4気筒は、もっとフリクションなく高回転のパワーが湧き出てくる。けれど、出力に関しては、ベースとなったZ900から特性を大きく変えて、ピークパワーを14psも削ってZ900RS専用としているから、軽快にひゅんひゅん回るZ900と比べて、Z900RSのそれは、重厚にトルクが出ている──そんな印象なのだ。

 軽快に走るには、もっとベースモデルからの変更を少なくすればいいんだけれど、Z900RSはあえて専用の味付けとした。俊敏に走るより、おおらかに、どっしりと走るロードスターにしたい、というのがカワサキの意思だったのだろう。その狙いはきちんと体感することができる。

 

  • Z1を受け継いでいるZ900RS

ハンドリングも、やはり重量級のキャラクター。決して俊敏には仕上げず、どっしりと接地感があって、これはキャリアの浅いライダーにも不安のない、怖くないハンドリング。もちろん、ワインディングに入ってメリハリあるアクセル開閉やブレーキングをしていけば、スポーツバイクのテイストを味わうことができる。それでもキレがあるとか、クイックにコーナリングというよりは、気持ちよくワインディングを流すことができるのだ。

 思えばZ1は、カワサキが作った当時の世界戦略車。何かのキャラクターに偏ったバイクというよりも、オールラウンダーで、誰にでも愛されるモデルづくりをしたはずだ。

 

その意味で、Z900RSはしっかりZ1の血統を受け継いでいるといえる。スタイリングだけじゃないのだ、Zっぽいのは。ちなみに跨って、ハンドルに両手を添えた瞬間、そのハンドル幅の広さにニヤリとしてしまうのは、70年代の空冷Zを知っているベテランだろう。おそらく、カワサキの遊び心なんだろうけれど、理想のハンドル幅よりちょっと広いような気がするのだ。

 

今回の試乗車は、Z900RSのZ生誕50周年記念モデル。サイドカバーのエンブレムがZ1そっくりだったり、50周年記念車以外では純正アクセサリーで用意されているメッキのグラブバーも標準装備されている。

「オレもZ欲しいな」っていう若いファンは少なくない。けれど、もう40~50年前の空冷Zは、もう手が届かない価格帯のプレミアモデルだし、ずっとノントラブルで乗り続けられるわけでもない。

 だからZ900RSがあるのだ。Z1誕生から50年。Z900RSも、この後50年、生き続けるバイクになるのだろう。

 

  • 車両詳細

火の玉カラーのタンクに、控えめに入る50周年記念モデルの専用ロゴ。もう少し目立ってもいいのに。

 

ラジアルマウントの4ピストンキャリパーに倒立フォーク。ホイールもスポーク風デザイン。

 

OFF/1/2と3段階のトラクションコントロールも備える水冷4気筒。ブラック仕上げもZっぽさ満点。

 

マフラーの美しさは市販車トップクラス。角型アルミスイングアームはきれいな直線を描く。

 

シート下まで伸びる形状の17Lタンク。Zのスラリとした形状よりちょっとファットだが、これもZっぽさ。

 

シート表皮も50周年記念車専用。標準装備のメッキグラブバーも、50周年車以外では別売りパーツだ。

 

アナログ2眼メーター中央に液晶パネルをビルトイン。オド&ツイントリップ、瞬間&平均燃費などを表示。

 

通常車は「Z900RS」のエンブレムが、50周年記念車はこれ。Z1そのままのデザインだ。

 

制作・協力

■試乗・文:中村浩史 ■撮影:富樫秀明 ■協力:カワサキモータースジャパン ■ウエア協力:アライヘルメット、クシタニ

オークネット提供サービス一覧

© 2016- AUCNET INC.