TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第103回 ヤマハ・シグナス

  • おすすめコラム
  • 2020.07.19

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。今週の珍車は、長距離移動やツーリングを可能とした大型スクーター「ヤマハ・シグナス」のご紹介です。

■ヤマハ・シグナス ■エンジン:4ストローク空冷単気筒

■最大出力:9.8ps/7,300rpm ■最大トルク : 1.5kg-m/6,000rpm


1980年代に入り、原付バイクは本格的なスクーター時代に突入。

一方でスクーターは近場のアシというイメージが強く、

遠出に使えるモデルという概念が薄かったのです。


そこでヤマハは、1982年に「シグナス180」を発売。

171ccエンジンを積んだ、当時としては大きなスクーターで

高速道路での走行も可能な、ツーリング向けモデルでした。

あの頃の新車で大きなスクーターがどのくらい珍しかったかというと、

シグナス180が軽二輪規格スクーターとしては

ラビット以来だったことで伺い知ることができます。


空冷単気筒エンジンは4スト。ヤマハのスクーターでは初採用でした。

モールを巻いた大きなボディは品もよく、

デジタル時計を備えるなど装備も充実していました。


スクーターでツーリング、ギアチェンジが不要なのでラク、

という考え方は現在では当たり前ですが、

当時では画期的なアイデア。

しかし画期的過ぎたため、

シグナス180はさほど売れることなく、

またコンセプトを継ぐモデルも出ませんでした。


シグナスという名前はその後、別のバイクで使用され、

現在でも「シグナスX」として

ラインナップに残っています。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 103