TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの名車カタログ】第103回 ヤマハ・YZR-R1

  • おすすめコラム
  • 2020.07.12

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。 今週の名車は、「ツイスティロード最速」と言われた「ヤマハ・YZR-R1」のご紹介です。

■ヤマハ・YZR-R1 ■エンジン:水冷4ストロークDOHC並列4気筒

■最大出力:200ps/13,500 rpm ■最大トルク : 11.5kg-m/11,500 rpm


ヤマハのフラッグシップスーパースポーツ、FZR1000や

YZF1000Rサンダーエースの後継モデルとして

1998年に登場した「YZR-R1」。


それまでのリッタークラスのスーパースポーツバイクは、

各社ともに優れた性能とハンドリングを持ちつつも

レーサーレプリカのようなカリカリな性格に振り過ぎず、

どことなくゆったりとした雰囲気と

ツアラー的な性格を持っていた。

YZF1000Rサンダーエースでは特にその傾向が強かった。


しかしYZR-R1では、その要素をバッサリと削っていた。

フロントフォークは倒立式、

エンジンは前任のYZF1000Rサンダーエースの145psから5psアップ、

そして驚くべきは車重を20kg以上減らして177kgとしたこと。

中型並みの車体に150psのパワー、

そして「カミソリ」とまで称されたハンドリングによって

さらに切れ味鋭い走りを手に入れていた。


峠道などの公道で性能を発揮できるバイクとして、

「ツイスティロード最速」というキャッチコピーが与えられていた。


今では当たり前になったツインヘッドライトを含め、

驚くほどの高性能が注目を集めたYZR-R1の出現は、

フラッグシップスーパースポーツを持っていた各社に

大きな衝撃を与えることとなり、

ホンダはCBR900RRの性格を変更して、さらに一年前倒しで発売。

カワサキZX-9R、スズキGSX-R1000など

過激な性能を持つフォロワーが次々と出現し、

スーパースポーツ戦国時代を迎えることとなった。


YZR-R1はその後、数年おきにモデルチェンジを繰り返し、

2015年発売の現行型は8代目を数えるが、

残念ながら日本では発売されていない。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 103-yzr-r