TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの名車カタログ】第105回 ホンダ・CL72

  • おすすめコラム
  • 2020.08.16

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。 今週の名車は、「スクランブラー」というジャンルを開拓した「ホンダ・CL72」のご紹介です。

■ホンダ・CL72 ■エンジン:空冷4ストローク並列2気筒

■最大出力:24.5ps/9,000 rpm ■最大トルク : 2.06kg-m/7,500 rpm


オフロードバイクのワイルドさと、オンロードの快適性を併せ持つ

「スクランブラー」は、カスタムの定番で人気が高いジャンルだ。


日本での始まりは、1960年代。

当時は道路整備が進んでいなかったが、

まだ本格的なオフロードバイクは存在しなかった。


そこでホンダは、スーパースポーツバイクの「CB72」

のマフラーを高い位置に移設した「CL72」を1962年に発売。

「スクランブラー」というジャンルを開拓した。

オンロードベースで悪路も走れるというバイク需要に応えた。


CB72の250cc2気筒OHCエンジンを中低速重視にチューンして、

CL72専用のフレームに搭載。

トランスミッションもギア比をクロス化して、ラフロードでも

乗りやすいセッティングとした。

タイヤもブロックタイプを装着、ハンドルの位置も高めた。

さらに1966年には、300ccエンジンを積んだ「CL77」も追加している。


ホンダでその後「CL50」「CL90」「CL125」「CL175」「CL200」

「CL400」など排気量ごとに数々のCLを発売。

ライバルメーカーも追随したが、

やがて本格的なデュアルパーパスバイク「SL」が発売され、

さらに本格的なオフローダー「エルシノア」へと発展が進んでいくと

オンロードベースのスクランブラーは人気が下がっていき、

CLシリーズも1974年で終焉を迎えることになった。


近年では、冒頭で記した通りカスタムスタイルの一つとして

メーカーが純正でスクランブラーを発売するほどに認知された

ジャンルとなっているが、

あくまでも「オンロードバイクをオフロードバイク風に見せる」という

“スクランブラーの定義”は守られている。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 105-cl72