TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第108回 ビアンキ・ベルニナ125

  • おすすめコラム
  • 2020.10.04

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。今週の珍車は、最高時速100km/hという高性能を誇る「ビアンキ・ベルニナ125」のご紹介です。

■ヤマハ・チャンプRS ■エンジン:4ストローク単気筒OHV

■最大出力:6.8ps


自転車の世界では知らない人がいない、イタリアの名門「ビアンキ」。

1885年創業という、世界最古の自転車メーカーです。


そのビアンキ、かつてはバイクやクルマを作っていました。

しかもクルマ部門は

1899年の設立というのですから、驚きです。

ビアンキのクルマ部門は戦後になって経営難に陥りましたが、

フィアットとピレリによる救済を受け

1955年に「アウトビアンキ」として独立・再生。

それ以降フィアットに関係する車種を生産していましたが、

1990年代にブランドごと消滅しました。


バイク部門の歴史も古く、19世紀末から生産を始めています。

1910年に早くも500cc単気筒、

1916年には650ccのVツインエンジンを開発するなど

技術力は高く、レースでも数々の勝利を収めました。


戦後には50cc、75ccや125ccなどの小型バイクも発売。

中でも今回取り上げた1957年登場の「ベルニナ125」は、

6.8psを発生する123cc4スト 単気筒OHVエンジンを搭載。

最高時速100km/hという高性能を誇りました。


なお、ビアンキのバイク部門は1967年に解散、

生産の権利をピアジオに譲渡しています。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す