他カテゴリ記事を絞り込んで探す

ホンダ 新型 ホーク11 試乗会! Part2 開発者インタビュー編

  • おすすめコラム
  • 2022.07.14

山梨県山中湖村で行われた 「Honda HAWK 11 報道試乗会」。今回は、開発者インタビュー編をレポートします!

山梨県山中湖村で行われた 「Honda HAWK 11 報道試乗会」。

この日は、製品説明、開発者インタビュー、試乗が行われました。

 

今回は、開発者インタビューをレポートします!

 

Part1 技術解説編

 

【目次】
1. 新たな価値観と充実したバイクライフを提案
2. 具現化に苦労した「ロケットカウル」
3. 特徴的なミラー構成

 

  • 新たな価値観と充実したバイクライフを提案

Honda HAWK 11

新型ロードスポーツモデル ホーク11は「日本市場専用モデル」として開発。

通常の量産機種開発における企画プロセスとは異なる、ASP(アーキテクチャー シリーズ プロジェクト)のアイデアから誕生。

 

ASP

・既存のフレーム / エンジン / 足まわりなどから構成される「車体」を活用。

・現行ラインナップとは異なる位置づけの派生モデル。

・市場規模 / 設定台数に対応した造り方も検討し、開発。

 

Honda HAWK 11

「アフリカツイン」の車体をオンロード向けに適合させた「NT1100」のフレーム / 足まわりをベースに、よりワインディングでの走りを楽しめるディメンションに再構成。

CRF1100L アフリカツイン

NT1100

 

Honda HAWK 11

想定ユーザーは、経験豊かなベテランライダーを中心にし、新たな価値観と充実したバイクライフを提案。

 

Honda HAWK 11

インタビューに参加していただいた5名を紹介。

 

吉田昌弘氏(開発責任者代行)(右から6人目)

三木聡介氏(左から2人目)

大和風馬氏(左から4人目)

倉澤侑史氏(左端)

(本田技研工業株式会社)

 

八重樫裕郁氏(右端)

(株式会社本田技術研究所)

 

尚、ホーク11開発責任者の後藤悌四郎氏は、2022年5月に定年を迎えてご勇退されています。

今回の試乗会は、残念ながら不参加でした。

 

  • 具現化に苦労した「ロケットカウル」

Honda HAWK 11

インタビューは、試乗の前に行われましたので、試乗時のチェックポイントを伺いました。

ホーク11の使い方は「半日ツーリング」を想定。

例えとして出たのが、開発部のある「埼玉県朝霞市」から「埼玉県秩父市」へのツーリング。

高速道路や一般道(ワインディング)を走る、片道約100キロほどの行程を想定したルート。

 

低いハンドルによる「前傾姿勢」によって、コーナーリングを楽しむライディングポジションを構築。

上体が起きて楽な「アップライトのポジション」になるNT1100とは異なる装備で「操る楽しさ」を表現。

 

フューエルタンクは専用品。

「ブルー」を「キースケッチ(デザインの鍵)」とし、「木漏れ日の中、光の加減で見え方が変わる」造形を意識。

 

「ロケットカウル」は、「カフェレーサー」イメージのデザイン達成のため、具現化に苦労したパーツ。

 

このカウルは、販売計画台数が「年間1200台」という生産ボリュームを考慮して「FRP製」を選択。

FRP製カウルの生産は、ホンダのバイクとしては1987年発売のVFR750R(RC30)以来とのこと。

(ちなみに、2015年発売のRC213V-Sは「ドライカーボン」を使用。)

FRPの選択により、通常の量産における「樹脂成型」の分割金型方式とは異なる、「一体成型」によって「パーティングライン(継ぎ目)」のない「綺麗な線」を実現。

 

カウル内側はFRPならではの「ザラザラ」とした面処理に。

これはRC30を知る「おっさん世代が喜ぶ」仕上がり。(ただし、FRPは「手張り」ではないとのこと。)

私も今回、カウルの内側をじっくり見て、ひとりで盛り上がりました(笑)。

 

カウルの塗装が「2色の塗り分け」になっているのも、注目のポイント。

この処理は「匠ライン」での手作業で行っています。

よく見ると、塗装の際の境界を「テープ」によって分けたことによる名残として、塗料の「盛り上がり」が僅かに見られます。

(実際には目立たなくなるように後処理を施しているとのことです。)

「デカール(転写シート)」にはない、個々のカウルによって異なる「表情の証」を聞いて、その価値を知ることが出来ました。

 

ロケットカウルは「カタチありき」によって採用されたので「空力」は考慮していない形状。

「FRPの内側は、リブを付けるなどの細かい細工が出来ない」という理由もあるそうです。

そこで空力を担うのが、ラジエーター左右横の樹脂パーツ「ラジエーターシュラウド」。

主に「低速域のふらつき」を抑制する目的の空力パーツで、形状決定まで何度も変更を行った、こだわりの一品。

「そんなの走って、違いが分かるんですか?」と思わず失礼な質問をしてしまいましたが、それを聞いて試乗がさらに楽しみになりました(笑)。

 

  • 特徴的なミラー構成

ミラー構成は、ホーク11の大きな特徴のひとつ。

ミラーはカウルの上から「ニョキっと生やしたくなかった」との想いから、この位置に。

後方確認は、目玉の移動だけで大丈夫ということです。

 

ラジエーターも、専用パーツ。

幅をNT1100比で-60mmとして小型化し、ロケットカウルとのマッチングを図っています。

これは日本で走る際の速度域を考慮し、NT1100より「少ない熱量」の冷却を想定したために可能になったサイズ。

 

見えないところでは、エアクリーナーも専用パーツ。

形状変更によって、吸気音をチューニング。

 

シートには「尻を引いて」後ろに座るのが「オススメ」とのこと。

カスタマイズパーツの「シートカウル」は「基本」だそうです。

 

車両重量214kgは、細かい積み重ねで実現。

撮影の際の押し歩きも、楽な印象でした。

 

ホーク11は、「少量生産で作るバイク」の「手始め」として企画されたバイク。

「ASP」の今後に期待したいと思います!

 

ホンダ ホーク11

 

次回は、試乗インプレッションをお届けします!

 

制作・協力

(取材協力)

本田技研工業株式会社

株式会社ホンダモーターサイクルジャパン

 

(写真・文)

森井智之

オークネット提供サービス一覧

© 2016- AUCNET INC.