TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第110回 プフ・250SG

  • おすすめコラム
  • 2020.11.08

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。今週の珍車は、オーストリアのバイクメーカープフが製造した「プフ・250SG」のご紹介です。

■プフ・250SG ■エンジン:空冷2スト250cc

■最大出力:16.5ps/5,800rpm ■最大トルク : 2.32kg-m/3,300rpm


オーストリアの「シュタイア・ダイムラー・プフ」といえば、

一部のクルマ好きならピンとくるかもしれません。

現在はその一部門が「マグナ・シュタイア」となって、

「メルセデス・ベンツGクラス」、「BMW・Z4」などを生産しているためです。


しかしそのプフが、以前バイクを作っていたことは、

あまり知られていないかもしれません。

このコーナーでも、以前、一度取り上げたことがあります。

https://www.moto-auc.com/report/column/60-puch-max...


プフのバイクのひとつ「プフ250SG」は、

1953年から1969年まで作られたバイクです。

エンジンは空冷2スト250ccですが、

2つのシリンダーを持ちながら、燃焼室がひとつという

「スプリット・シングル」(ダブルピストンエンジンともいう)

構造を採用していたことが特徴でした。

バリエーションも多く、ツーリング仕様の「SG」、

スポーツ仕様の「SGS」などが存在しました。


アメリカでは、百貨店大手の「シアーズ」が

「シアーズ・オールステートSR250トゥイングル」として販売していましたが、

なんと、通販カタログから購入できたそうです。


なお、この「シアーズ・カタログ」は、

アメリカでは「聖書の次に読まれる」とまで言われ、

衣料品・日用品・DIY用品・カー用品などあらゆるジャンルの商品が

掲載されていました。

その歴史は1800年代末に始まるというのですから、驚きです。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す