TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第116回 ホンダ・ノビオ

  • おすすめコラム
  • 2021.02.07

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。今週の珍車は、1973年から発売されたPC50型の発展版「ホンダ・ノビオ」のご紹介です。

■ホンダ・ノビオ ■エンジン:空冷2ストローク単気筒

■最大出力:1.8ps/4,000rpm ■最大トルク : 0.36kg-m/3,000rpm


「数限りない」と形容してもおかしくないほど、

かつて日本に存在した原付バイクたち。

当時は売れたのだけど、現在では希少性が高いため

このコーナーでは「珍車」として扱ってきたバイクもあります。


でも中には、発売当時からあまり販売が芳しくなかったジャンルもあります。

「モペッド」は、その代表例かもしれません。


海外ではモペッドの運転に免許が不要な国が多く、

「トモス」「プジョー」「ソレックス」「ピアッジオ」などメーカーから

幾多のモペッドが販売され普及しました。

しかし日本では、免許の問題、原付の主力がホンダ・スーパーカブなど

ビジネスバイクに移行したことなどから、あまり日の目を見ませんでした。


1966年から発売を開始した「ホンダ・リトルホンダ(P25型)」は、

誰でも自転車感覚で乗れる経済的なファミリーバイクとして登場。

1969年には、レッグシールド・リアサスを装備して、よりバイクに近づいた

PC50型に進化しました。


今回ご紹介する「ホンダ・ノビオ」は1973年から発売された

PC50型の発展版で、フレームやペダル周辺にカバーを設けたことで

さらにバイクらしいスタイルに変身しています。


しかし、スーパーカブだけでなく、

ファミリーバイク部門でもモペッドは苦戦。

結果として、ノビオも1975年頃には製造を終了してしまいました。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 116