TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第117回 ホンダ・バリエ

  • おすすめコラム
  • 2021.02.21

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。今週の珍車は、ロードパルの流れを持つファミリーバイク「ホンダ・バリエ」のご紹介です。

■ホンダ・バリエ ■エンジン:空冷2ストローク単気筒

■最大出力:3.6ps/6,500rpm ■最大トルク : 0.44kg-m/4,500rpm


モペッドが普及しなかった日本ですが、

1970年代半ばになると、ファミリーバイクは大きく花開きます。

その始まりは、1976年発売の「ホンダ・ロードパル」でした。


モペッドと同じように、軽量・安価で操作は簡単、

女性でも気軽に乗れることをコンセプトとしたロードパルは

「ラッタッタ」の愛称とともに大ヒット。

「パルフレイ」「パルディン」「ハミング」といった

ロードパル兄弟を設けたほか、

ライバルメーカーにも「ヤマハ・パッソル」「スズキ・ユーディミニ」などの

さまざまなバイクを生む契機を作りました。


「ホンダ・ヴァリエ(NF50型)」は、

ロードパルが開拓したファミリーバイク需要に応えるべく、

1977年に登場しました。

自転車然としたロードパルと異なり、

アンダーボーンスタイルのフレーム周辺は

スタイリッシュなカバーで覆われていました。

また、ヴァリエには、世界初となる

Vベルト式オートマチックを採用していました。


その後のスクーターでは標準となった

Vベルト式オートマチックの初採用車が、

短命に終わって知名度も低いバイクだったのは面白いところです。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 117