TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの名車カタログ】第118回 カワサキ・Z1300

  • おすすめコラム
  • 2021.02.28

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。 今週の名車は、最高のフラッグシップマシンとして開発され、10年以上に渡るロングセラーモデルとなった「カワサキ・Z1300」のご紹介です。

■カワサキ・Z1300 ■エンジン:水冷4ストロークDOHC2バルブ2直列6気筒

■最大出力:120ps/8,000rpm ■最大トルク : 11.8 kg-m/6,500rpm


1970年代に入り、国内バイクメーカー各社は、

直4エンジンを積んだオーバーナナハンを次々と発売していった。

1978年には、ついに前代未聞の直6を搭載した「ホンダ・CBX」がデビュー。

コンパクトに収めているとはいえ、やはり直6エンジンは巨大で、

1047ccという排気量が絞り出す103psという数値も驚異的だった。


そして同年、歩調を合わせるかのようにカワサキも

直6エンジンのビッグバイク「Z1300」をケルンショーで発表した。

排気量はCBXをさらに上回る水冷DOHC 1286ccエンジンは、

2バレル3連CVキャブによって120psという、

当時としては異次元のハイパワーを発生。

300kg近い車体を220km/hオーバーまで加速させた。

1984年にはインジェクション化して、

130psにパワーアップを果たしている。

巨大なエンジンを抱えたスクエアな巨体も、インパクト抜群だった。


メイン市場として想定された北米で、

大型ツアラーバイクの需要が高まっていたこともあり、

Z1300はツーリングモデルという性格が与えられていた。

そのため、エンジンの静粛性を高め、ソフトな足回りを採用していた。

同時に、カワサキの旗艦でもあったため

装備は極めて充実していた。

なお、北米仕様は「KZ1300」と称していた。


ドイツでは「バイクに120psもパワーがあっては危ない」ということで

なんとZ1300の登場に合わせて最高出力100ps規制が敷かれたため、

欧州では99ps仕様が発売されることになった、という逸話が残る。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 118-z1300