TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第13回 スズキ・ギャグ(1986)

  • おすすめコラム
  • 2016.10.24

イラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。 今週の珍車は、パロディ?とも思える原付、「スズキ・ギャグ」のご紹介です。

■スズキ・ギャグ(1986)SOHC空冷4サイクル49cc

■最高出力:5.2ps/7000rpm ■最大トルク:0.57kg-m/6000rpm


1980年代に入り、バイクはレーサーレプリカブームに乗って様々なモデルが発売された。

一方、原付(50cc)も、当サイトの「珍車コーナー」に頻繁に登場するような、

ちょっと変わったバイクが次々と生み出されていた。


 その2つをかけあわせたようなバイクが、スズキ・ギャグ。


ギャグは、原付史上初のフルカウルで覆った「レーサーレプリカのお気軽レプリカ」というバイク。

つまりメーカー自身のセルフパロディ的モデルだった。


あくまでもサイズは原付。エンジンもビジネスバイクであるバーディー用。

でも見た目はスズキのフラッグシップ・レーサーレプリカであるGSX-R750を

本格的に縮小コピーしているようなスタイル、おまけにボディカラーはGSX-Rそのまま、

アメリカの軍用機風など4種類が用意され、“ギャグ”という車名がぴったりだった。



(※当時のメーカーカタログより)


ギャグが生み出した「原付にフルカウル」という斬新?なアイデアは、

早速他のメーカーがラインナップに流用した。


だが、その中の一台、ホンダ・NSR50は、「見た目だけレーシー」だったギャグとは異なり、

本格的に走りを楽しめるバイクとして登場。規制値いっぱいの7.2psのエンジンを搭載、

ギャグと、ギャグに近い「気軽にレプリカを楽しもう」というキャラのヤマハ・YSR50の

その存在を無きものにしてしまったのだった。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す