TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第18回 ヤマハ・SC1(1960)

  • おすすめコラム
  • 2016.12.30

イラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。 今週の珍車は1960年発売の大型スクーター「ヤマハ・SC1」のご紹介です。

■ヤマハ・SC1(1960) 空冷2サイクル単気筒175cc

■最高出力:10.3ps/5500rpm ■最大トルク:1.53kg・m/3600rpm


1950年代はまだ、クルマは手が届くものではない時代でした。

そのため、2輪車、とりわけ機動力が高い大型スクーターは、

手軽な輸送手段・移動手段として定着し、

2輪車市場の一角を担うほどのスクーターブームを形成していました。


富士重工のラビット、新三菱重工のシルバーピジョンが

その市場を席巻していましたが、

ホンダやヤマハも指をくわえて見ている訳もいかず、

ホンダは1954年に「ジュノオ」を、

そしてヤマハは1960年に「SC1」を発売しました。


ヤマハSC1は美しいデザインを持つモノコックボディを持ち、

当時ではまだ装着が少なかったセルスターターを採用して始動を容易とし、

175cc空冷単気筒2ストエンジンに組み合わせられたトランスミッションは

トルクコンバーターとしてイージードライブを実現。

シャフトドライブ、片持ちサスなどの斬新な機構も備えていました。

スクーターブームでは後発であったことを差し引いても、

独創的で画期的なアイデアに満ちたモデルだったのです。


ですが時既に遅し。

スクーターブーム自体が1960年代に急速に普及した軽自動車によって

下火になっていったこともあって、SC1の販売は苦戦。

SC1と同年に発売した意欲作だった50ccモペット「MF1」ともども

市場からひっそりと消えて行ってしまったのは残念でなりません。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル


(出典)ヤマハ発動機 1960年 SC-1 展示コレクションの情報

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す