他カテゴリ記事を絞り込んで探す

ホンダ レーシングサンクスデー 2022 イベントレポート Part3

  • おすすめコラム
  • 2023.03.17

2022年11月27日(日)に開催された「ホンダ レーシングサンクスデー 2022」のイベントレポート Part3です!

2022年11月27日(日)に、モビリティリゾートもてぎで行われたホンダ・レーシングサンクスデー2022。

 

今回で14回目となる同イベントは、もてぎでの開催は3年ぶりとなりました。

 

ホンダのモータースポーツ活動を応援するファンに、感謝の想いを伝えるためのイベントです。

国内外の二輪・四輪さまざまなレースカテゴリーの選手とマシンが勢ぞろい。

幅広い年齢層に共演イベントや多彩なコンテンツを通して、サーキットでの「非日常な体験」を提供。

 

各種プログラム、チケットなどの詳細情報は下記サイトから!

ホンダレーシングサンクスデー2022 公式サイト

 

今回は、ロードレースのライダーとマシン、参加プログラムをレポートします!

 

ホンダ レーシングサンクスデー 2022 イベントレポート Part1

ホンダ レーシングサンクスデー 2022 イベントレポート Part2 ロードレース編

 

  • 本格的なコースで行われた「トライアルスペシャル」

「トライアルスペシャル」は、常設のトライアル専用エリアで開催。

ここは国際、国内のトライアル選手権で使用されている本格的なコースです。

プログラムは午前と午後に2回行い、いずれも大勢の観客が集まりました!

 

プログラム開始前に、参加ライダーの二人が撮影に応じてくれました。

トライアル世界選手権で活躍し、2021年シーズン終了後に引退した藤波貴久選手が参加。

2004年シーズンでは、日本人として初めて世界チャンピオンを獲得!

 

全日本トライアル選手権 IASクラスの2022年シーズンチャンピオン 小川友幸選手。

選手権では10年連続、通算12度目の全日本チャンピオンを獲得しました!

 

MCは、トライアルデモンストレーターの小林直樹さん。

この日は、ライダーにマイクがなかったことから、進行に専念してイベントを盛り上げました。

 

  • トップライダーが集結!

プログラムに参加した各カテゴリーのライダーとマシンを紹介。

全日本トライアル選手権

チーム ミタニ ホンダから、IASクラスに参戦の氏川政哉選手(ホンダ RTL300R)。

 

氏川選手は、2022年シーズンの第7戦で初優勝し、総合3位を獲得。

 

チーム ミタニ ホンダから参戦の小川友幸選手(ホンダ RTL300R)。

2022年シーズンは全8戦のうち、4戦で勝利しました。

 

競技区間「セクション」の斜面を、大ジャンプでターン!

2023年シーズンは、4月2日の愛知・岡崎大会からスタート!詳細は下記サイトから!

MFJ全日本トライアル選手権シリーズ

 

藤波貴久選手は、現役時代のマシン(COTA4RT)と、ヘルメット、ウェアで参加。

登場すると、観客席の熱心なファンから大きな歓声が上がりました!

 

世界選手権で活躍の時と同様のテクニックを見せてくれました!

 

トライアル世界選手権

レプソル ホンダ チームから参戦のガブリエル・マルセリ選手(COTA4RT)。

2022年シーズンでチームに加入し、総合5位にランクイン。

 

ジャンプするマルセリ選手。後で紹介するカートのイベントにも参加。

 

レプソル ホンダ チームから参戦のトニー・ボウ選手(COTA4RT)。

2022年シーズンのチャンピオン獲得で、インドアトライアルと合わせた世界選手権で通算200勝達成。

両選手権をともに制して、16連覇となりました。

 

世界チャンピオンが華麗なテクニックの連続を披露して、観客を魅了しました。

 

選手権以外でトップライダーによる走りが競技エリアで見られるプログラムです!

 

  • 藤波選手の引退セレモニーも

「ホンダ レーシング カート カップ」参戦のボウ選手が、鋭い眼差しでピットアウト!

 

レース後はマルセリ選手とのツーショットで、おどけた表情を見せていました(笑)。

 

カートでストレートを疾走する小川選手。なかなかレアな光景です。

 

F1ドライバーの角田裕毅選手と参戦して、3位表彰台を獲得!

 

藤波選手の引退セレモニーは、オーバルコース上に設置された特設トライアルコースを走行。

 

その後は、スタンドのファンとレーシングコース上に並んだライダーたちが功績を称えました。

 

最後のプログラムである「フィナーレ」で、ボウ選手がコースイン。

トライアルライダーとマシンがレーシングコースを走ります。

 

小川選手もコース上に出て、イベントの終わりが近づいてきました。

 

マルセリ選手のほか、トライアルライダーはストレートをウィリーで駆け抜けました!

 

氏川選手も、ウィリーで走行。

 

トライアルライダーの素晴らしいテクニックを堪能出来た一日でした!

 

最後の整列ではボウ選手が「バーンアウト」で、後輪から派手に白煙を上げました!

 

次回は、モトクロスのライダーとマシンが参加したプログラム詳細をレポートします!

 

制作・協力

(取材協力)

本田技研工業株式会社

 

(写真・文)

森井智之

オークネット提供サービス一覧
© 2016- AUCNET INC.